トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

乱視のある人の強い味方になるかもしれない”乱視対策用レンズ”

2021.08.20

スタッフ今堀です。

 

最近、単焦点レンズユーザーのお客様に販売する機会が増えているレンズがあります。

 

 

乱視対策用レンズ、SMART TORIC(スマートトーリック)

 

レンズメーカーの東海光学から今年発売された新しい単焦点レンズなのですが、これまでのレンズとはちょっと違ったコンセプトで開発された眼鏡用レンズです。

 

 

実は、このレンズ、乱視補正の必要がある眼鏡ユーザーをターゲットに開発されたレンズで、レンズ周辺部の歪みを軽減することで、乱視レンズ装用時の装用感が良くなるように設計されています。

 

 

乱視があると、物がダブって見えたり、視力が低下します。

夜に月を見ると、月が何重にも見えてしまったりします。

 

乱視補正用のレンズを使えばそうしたダブりも解消され、すっきりと見えるようになります。

 

 

ただ、乱視補正用のレンズは方向によってレンズの度数(屈折力)が異なるため、方向によって拡大や縮小の程度も変わって像の歪みが発生してしまいます。

人によって感じ方は違うのですが、床や柱が傾いて見えたり、フワフワした感じがしたり、歩くのが怖く感じてしまうことがあります。

 

実は、こうした像の歪みは、脳が修正をしてくれるので次第に慣れて気にならなくなってきます。

(初めからあまり気にならないというタフな方もたまにおられます。)

 

ただ、どうしても最初のネガティブな印象が強く残ってしまい、「気持ち悪くて掛けられない!」「乱視レンズは無理!」と(お客様が)一度思ってしまうと、そのメガネは使ってもらえなくなります。

その結果、乱視の度数を弱くしたり、乱視度数の入っていないレンズに交換する、そういうことがよくあります。

 

乱視を補正することによってクレームにつながったりする場合もあるので、なるべく乱視度数を入れなかったり、弱めの度数にして販売するお店もあるようです。

 

 

ただ、乱視をしっかり補正すれば、視力が良くなるだけでなく、立体視も良くなることが多いです。

車の運転やスポーツをする人にとってはメリットも大きいので、個人的には、できるだけ乱視は補正した方が良いなと思っています。

 

僕も乱視があるので、乱視度数の入ったレンズを長年使用しております。

乱視が入ってないメガネでもそこそこの視力は出るのですが、どうしてもすっきり見えないので、非常に鬱陶しいです。

 

ただ、お客様のメガネを作る場合には、先ほど述べたような理由もあり、やはり慎重にならざるを得ません。

 

これまでに乱視度数の入ったメガネを使った経験がある方なら良いのですが、そういうメガネを使った経験が全くない方の場合は、乱視を補正するかどうか迷うことも多いです。

 

 

そのような場合に、このスマートトーリックをおすすめさせていただいております。

スマートトーリックにすれば絶対大丈夫というわけではないのですが、お客様に対してご提案できる選択肢が増えることは良いことだと思いますし、せっかくこういうレンズがあるのであれば、試してみる価値はあるのかなと思っています。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です