トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

時短営業を今月末で終了し、10月1日より通常通りの営業時間に戻します

2021.09.29

スタッフ今堀です。

 

緊急事態宣言も解除されることが決まりました。

一時はどうなることかと心配しておりましたが、感染者数も減ってきているので本当に良かったです。

 

当店でもスタッフ長尾が先日2度目のワクチン接種を終え、僕も来週の水曜日に予約をしております。

当店にご来店いただいたお客様やスタッフが感染してしまって、病院に行けずに自宅待機なんてことになったらどうしようかと心配しておりましたが、何とか無事に緊急事態宣言中の営業を終えることができてほっとしております。

 

緊急事態宣言中は営業時間を短縮させていただいておりましたが、10月1日より通常通りの営業時間に戻させていただきます

 

時短営業は終了しますが、お客様と従業員の安全のためにも引き続き感染対策に徹底して取り組んでいきたいと思っております。

 

ご来店時の際は、マスクの着用および入口でのアルコール消毒にご協力をお願いいたします。

 

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

反射が目立ちにくいレンズコート + 機能カラーで ブルーライト、WEBカメラ映り対策もばっちり!

2021.09.28

 

スタッフ長尾です。

 

先日スタッフ今堀が紹介しましたレンズの反射光が目立ちにくいレンズコート。

WEB会議などカメラ映りも良いので(メイク映えもします)注目のレンズコートです。詳しくはこちらをお読みください

 

実際のメガネになるとこんな感じになります。

 

奥のメガネと比較していただくとその差ははっきりしますね。

 

ZOOMを使ってのやり取りの多いお客様にお作りいただきました。

普段からカメラの向こうの人のメガネの反射の目立ちが気になっておられたそうです。

メガネを掛けている自分自身もきっとこんなふうに見えているんだろうと・・・。

 

そこで、

反射のしにくいコートをおすすめしたところ、「これはいいわ!」と即断でした。

 

でも一つ問題が。

ブルーライトをカットできなくなってしまうことです。

当初の目的はブルーライトカット機能付きのメガネをご希望だったのです。

 

でも、大丈夫!!

パソコン・タブレットの眩しさやちらつき、ブルーライトを抑えてくれるカラーがあるんです。薄い色でも効果があり、機能カラーと呼ばれています。

 

お客様のメガネには濃度10%ほどのグレーの色が入っています。(白い紙の上に直接置かないとと分からない)

 

パソコン(タブレット)画面のチラツキ眩しさをしっかり軽減。

カメラ映りも損なわない。

ブルーライト対策にWEBカメラ映り対策がばっちりできるメガネが出来上がりました。

 

 

レンズカラーの種類も(意外?!と)豊富で、濃度も色々あります。各レンズメーカーがレンズのオプションとして用意しています。

 

興味がありましたら、ぜひ店頭で試してみてください。

室内だけではなく、屋外での見え方がよくなることもあります!

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

bothをお使いのお客様に専用のFlip Up Sunglassesをご購入いただきました

2021.09.27

スタッフ今堀です。

 

当店で人気急上昇中の眼鏡ブランド、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)。

先日、展示会(新作発表会)の案内が届きました。

来月にはいよいよ秋冬の新作が発表される予定となっており、どんな新作なのか今から楽しみにしております。

 

新作の情報はまた詳細が分かり次第ご報告ということで、本日はこちらの商品をご紹介したいと思います。

 

Flip Up Sunglasses
13,200円(税込)

 

昨年発売されたbothというモデルがあるのですが、このbothには専用の着脱式サングラス(別売)も用意されています。

 

 

今年の夏にbothをご購入いただいたお客様から、着脱式のサングラスも欲しいというリクエストをいただきましたので、取り寄せさせていただきました。

(※bothにつきましては、発売時に仕入れた分は全て完売となっており、現在店頭在庫はございません。)

 

 

お客様にお願いして、サングラスを付けた状態で写真を撮らせていただきました。

カッコいいです!

 

グレー、ブラウン、グリーンの3色からレンズのカラーを選ぶことができます。
今回のお客様はbothのグリーンカラーをご購入いただいていたので、、レンズのカラーもフレームに合わせてグリーンをお選びいただきました。

 

実際にお客様のメガネに取り付けることこんな感じです。

 

 

フリップ式となっており、レンズ部分を跳ね上げることもできますので、運転中にトンネルなどの暗い場所に入っても安心してお使いいただけます。

 

お買い上げいただいたきありがとうございました。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

メガネがズレにくいspec espace(スペックエスパス) 下を向いても大丈夫です

2021.09.26

 

スタッフ長尾です。

 

とにかくカッコいいと当店でも人気のブランドspec espace(スペックエスパス)

 

 

カラーバリエーションも豊富なので、女性からの支持もとっても高いです。

 

そして掛け心地がとても良く、ずれ難いメガネなんですよね。

 

スペックエスパスのテンプル(ウデ)は頭を抱き込むような独特の形状になっています。

 

 

側頭部が膨らんでいることが多い日本人の頭の形にはピッタリの形状なんです。

 

さらに、肌に触れる部分には柔らかいラバー素材が使われているので本当にずれ難いんです!

ジョギング等スポーツに断然おすすめのspec espace(スペックエスパス)です。

 

 

お客様からも

「下を向いてもズレないので、作業が楽。」

という声をいただいています。

(自分の経験上、下を向いて行うお風呂掃除や雑巾がけも楽です)

 

 

ズレいにくくて、カッコいいメガネをお探しでしたら、spec espace(スペックエスパス)を是非お試しください!!

デスクワーク用にもおすすめです!

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

WEB会議中にメガネが光る!レンズの反射光が目立ちにくいレンズコートあります

2021.09.25

スタッフ今堀です。

 

先日、カメラを買い替えたのですが、photoshopで画像を加工しようとしたところ、パソコンが動かなくなってしまいました・・・

 

最新のカメラのスペックにパソコンの方がついていけないようで、仕方なくパソコンも買い替えることにしました。

 

ネットでパソコンを色々見ていたのですが、在宅勤務・テレワーク用としていろんなパソコンが載っておりました。

パソコン、よく売れているようですね。

 

 

ところで、在宅勤務・テレワークをされている方の中には、ブルーライトカットレンズを使われている方も多いと思います。

 

一時期、眼鏡業界ではブルーライト(青色光)カットレンズが大流行で、レンズメーカーさんもパソコン用のレンズとして推奨していました。

 

ところで、ブルーライトカットレンズというと、レンズそのものがブルーライトをカットする特殊なレンズのように思えるかもしれませんが、レンズの素材自体は普通のUVカット付レンズと同じです。

 

レンズ表面のコートが異なり、ブルーライトをカットするコーティングが施されています。

 

なので、厳密にはブルーライトカットレンズではなく、ブルーライトカットコート(コーティング)が正しいのですが、いつの間にかブルーライトカットレンズという名前が定着してしまったようです。

 

 

このブルーライトカットコートですが、蛍光灯などの光の反射光の色が通常のレンズコートと異なり、上の写真の右側のようなブルー系の反射光が見られます。

 

一般的な眼鏡用のレンズコートは、上の写真の左側のようなグリーン系の反射光をしていることが多いです。

 

 

ブルーライトカットコートのブルーの反射光は、メガネを掛けている本人は全く気にならないのですが、外から見ると結構よく分かります。

 

発売されて間もない頃は、反射光が目立つということでよく問題になっていました。

 

(当店で販売させていただく時には、必ずその点を説明させていただき、実物をご確認いただいてから販売させていただいております。)

 

このブルーの反射光が、最近、再び注目されるようになりました。

 

 

冒頭にもお話した通り、テレワーク・在宅勤務の方が多くなり、WEBカメラを使った会議や商談などが増えたからです。

 

WEBカメラ越しに眼鏡のレンズを見ると、普段よりも青い反射光がよく目立ちます。

レンズメーカーの担当営業さんの話では、メガネが光って見えるのが困るといったご相談も増えているようです。

 

そこで、WEBでの会議や商談が多い方向けにこんな商品も発売されています。

 

 

こちらは東海光学より発売されているNRC(ノンリフレクションコート)という商品です。

従来のレンズと比較してレンズ表面の反射が低減されています。

 

「画面越しに話す相手のメガネの反射光が気になって仕方がない・・・」

そんなことにならないように、レンズ表面の反射する光を抑え、目元をすっきり見せることができます。

 

 

左がブルーライトカットコート、右がNRC(ノンリフレクションコート)です。

(※NRCの下の方が光っているのは、シールが貼ってあってそれによる反射です。)

 

同じブルー系の反射光ですが、反射がだいぶ低減しております。

ただ、NRCにはブルーライトを低減させる効果はほとんどなく、ブルーライトをカットする専用のオリジナルカラーがオプションで用意されています。

 

WEB会議やWEBでの商談が多い方には、なかなか良い商品ではないかなと思います。

サンプルもございますので、店頭でぜひご覧になってみて下さい。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

認定眼鏡士制度が来年の3月末で終了するようです

2021.09.24

スタッフ今堀です。

 

欧米をはじめ海外の多くの国には「眼鏡技術」に関する公的資格制度があり、そういった資格を持っていないと眼鏡に携わる業務を行うことができないようになっております。

 

しかしながら、日本にはそういった公的な資格制度がなく、消費者が眼鏡店の技術レベルを判断することができませんでした。

業界内では公的な資格制度を作ろうという動きは昔からあったのですが、なかなか実現できませんでした。

 

そこで、国家資格化ではなく、あくまで業界内の認定資格制度にはなるのですが、「認定眼鏡士」という資格がつくられました。

 

 

長年続いてきた「認定眼鏡士制度」ですが、来年3月で終了となり、新たに国家資格「眼鏡作製技能士」という名称に変わることになりました。

 

認定眼鏡士制度では、S級、SS級、SSS級と3つの等級に分かれておりましたが、「眼鏡作製技能士」については、1級と2級の2種類だけになるようです。

 

 

最上位のSSS級が1級になるのかなと思っていたのですが、SSS級とSS級の認定眼鏡士が1級に、S級の眼鏡士が2級になるようです。

 

まだ概要しか分かっておらず、今後、説明会が開催されて詳細が分かってくるかと思います。

詳細が判明してきたら、またあらためてご紹介したいと思います。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

当店で販売しているメガネ拭きのご紹介。お好みでお選び下さい

2021.09.22

スタッフ今堀です。

 

メガネをきれいにするために欠かせないアイテム、メガネ拭き

 

メガネをお買い上げいただいたお客様にはサービス用のメガネ拭きをお付けしておりますが、サービス用とは別に少し大きめサイズのメガネ拭きを希望される方もおられます。

 

シンプルな柄のものや、キャラクターなどの絵柄が入ったものなど、メガネ拭きもいろんな種類のものが発売されております。

 

ただ、購入するお客様の立場で考えると、あまり種類がたくさんあっても選ぶのが大変なので、当店では2種類に絞って販売させていただいております。

 

クラウゼンAMB

21×21cm

 

KBセーレンという会社の製品で、超極細繊維ベリーマXを使用した織物タイプのメガネ拭きです。

編物タイプのサヴィーナというシリーズもあり、サービス用にはサヴィーナを使用しております。

 

昔、僕が名古屋の眼鏡屋で修業をさせてもらっていた時、そこのお店ではこのメガネ拭きが使われておりました。

 

その時はほとんど毎日のように店頭のメガネフレームを拭いていたのですが、これで拭くととても拭きやすかったので、自店に戻ってから同じものを取り扱うようになりました。

 

もう一つはこちら。

 

トレシー

19☓19cm

 

東レの超極細繊維(マイクロファイバー)を使ったメガネ拭きです。

メガネはもちろん、スマホや時計などを拭く時にもお使いいただけます。

 

先ほどのクラウゼンと比べるとサラサラした感触(?)のメガネ拭きです。

 

触った時の感じがだいぶ違うのですが、どちらが良い悪いということではなく、人によって好みが分かれるところかなと思います。

それぞれのサンプルをご用意しておりますので、実際に触ってみてもらってお好みの方をお選び下さい。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

HOYA史上最高峰レンズ「HOYALUX 極(きわみ)」モニターしました 続き

2021.09.21

 

スタッフ長尾です。

9月19日(日)の続きでございます。

 

究極の遠近両用レンズ「極」。究極というだけあって、外出先では遠くや近くを自然に見ることが出来て快適です。でもこれさえあれば何もかもが完璧!かというと・・・そうはいかないところがシニア世代の辛いところです。

 

 

おおよそ半径5m以内で用事が済んでしまう室内で使うと、見にくさや使い勝手の悪さを感じることがあります。(私は遠視度数なのでメガネ無いと近くが見えず、使いもになりません(-_-;))

 

 

我が家は冷蔵庫のドア(や部屋の壁)に、メモ書きなどをペタペタと貼っています。目の高さに貼ったメモを遠近両用では見るのは結構辛いです。

 

瞳の中心はレンズの遠くを見る度数に合わせてあるので、(画像はイメージです)

 

 

目の前、正面のメモを見ても文字がぼやけてしまいます。

 

 

どうしているかというと、

あごをグッと上げ、視線を下にさげて近くを見るための度数の部分(上の右画像の黄緑色やピンク色の部分)で見ています。

遠近両用メガネの間違った使い方とDVDでも紹介されている見方です。

 

極端なことを言えば、常にあごを上げてピントの合うところを探している状態です。

 

モニター開始1~2日ほどは「極」だけで過ごしていました。しかし家の中やお店での作業は見えにくく使いところがあるのと、顎が付疲れるので(笑)、通勤の行き帰りは遠近両用メガネ、仕事中や家に帰ってからは室内用メガネを使うようになりました。

 

究極の遠近両用メガネ一本だけで日常生活が過ごせればいいな。とかすかな期待を抱いていましたが、やはりメガネの使い分けは必要だなと思った次第です。

 

何をメインに生活するかは人それぞれ、メガネの使い方も人それぞれです。

一本のメガネで日常生活が大丈夫な方もあれば、様々なシーンで使い分けたほうが断然便利な場合もあります。

 

色々な種類のメガネレンズがあります。ありすぎてよく分らないこともあるかと思います。そんな時は私たちスタッフまでお気軽にご相談ください。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

メガネを机の上に置く時の置き方、意識したことありますか?

2021.09.20

スタッフ今堀です。

 

僕は高校生の時から視力が悪くなり始め、メガネを使い始めるようになりました。

それ以来ずっとメガネを使っています。

 

僕の場合、父親が眼鏡屋ということもあって、メガネの取り扱い方に関しては結構厳しく言われました。

 

その中でも度々怒られたのが、”メガネの置き方”でした。

 

メガネを外して机などに置く際、皆さんはどのように置かれているでしょうか?

 

ちょっとクイズにチャレンジしてみて下さい。

 

A.レンズ面を下向きに置く

 

B.レンズ面を上向きに置く

 

どうでしょうか?

 

正しい置き方はBです。

 

プラスチックレンズはキズが付きやすいため、下向きに置くと、レンズにキズが付いたり、レンズ表面のコートが剥がれる原因になります。

 

これは簡単ですよね。

「そんなの知っているよ!」という方も多いと思います。

 

 

では、テンプル(ウデ)を折り畳まずにそのままメガネを置く場合ならどうでしょうか?

 

A.顔に掛けている時と同じように置く。

 

B.掛けている時と逆(メガネを逆さまに)して置く。

 

どうでしょうか?

あまり意識したことがないという方も多いのではないでしょうか?

 

実は、僕が父によく怒られていたのはこの場合の置き方です。

テンプルを折り畳まずに何気なくメガネを置いた時に、「そうやって置いたらだめだ!」とよく怒られました。

 

その時に僕がよくやっていたのは、Aの「顔に掛けている時と同じように置く」という置き方でした。

(厳密には、こうやっておいた方がより安心ですよという意味で、この置き方が絶対に間違っているということではないでので、その点はご注意下さい。)

 

 

どうして逆さまにして置いた方が良いかということなのですが、メガネのフレームというのは、横から見た時に、レンズに傾斜が付けられております。

 

視線とレンズの光軸を一致させるためにあえて傾斜が付けられているのですが、(それについて説明すると少し専門的な話になるので省略します)、そのために顔に掛けている時と同じように置いてしまうと、手が当たったりして力が加わった時に前方に倒れやすくなります。

 

また、テンプルが接地する部分も先端だけになり、点で支えることになるので不安定です。

 

 

一方、逆さまに置いた場合には、レンズの傾く方向が逆になり、前方に倒れにくくなります。

テンプルもより広い部分で支えることができ、安定感が増します。

 

この置き方に関しは、本当に何度も何度も怒られました。

しかしながら、ただ怒るだけでなく、「どうしてそう置いた方が良いのか」の理屈を説明してくれていました。

その度に「別にどっちでも良いやん」と思っておりましたが(笑)

 

今思えばですが、毎日お客様のメガネ作っている父からすると、「メガネを大切に取り扱って欲しい」という思いがあって、繰り返し注意していたのだろうなと思います。

 

 

ちなみに、写真撮影をする時だけは逆さまにせずにメガネ置きます。

逆さまにしてしまうと絵にならないからです(笑)

 

出来上がったお客様のメガネを撮影することもありますが、その場合は細心の注意をはらい、短時間で済ませるように心がけております。

 

ちょっとしたことなのですが、知っていると結構役に立つ知識かなと思ったので、お話させていただきました。

親子でメガネをお使いの方であれば、お子さんにぜひ教えてあげて欲しいなと思います。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

HOYA史上最高峰レンズ「HOYALUX 極(きわみ)」モニターしました

2021.09.19

 

スタッフ長尾です。

 

究極のオーダーメイド遠近両用レンズ「

「まるで近用メガネ(老眼鏡)で見ているような見やすさ」の遠近両用レンズです(メーカー担当者談)

実際使ってみてどうだったかと言いますと・・・・。

 

確かに近くが見やすいです!

 

さすがに「老眼鏡で見ているように」とは言いすぎの気もします(笑)

 

でも、遠くの景色(琵琶湖の向こうの山)から手元のスマホの画面まで、

とても自然な感じで見ることが出来ます。遠くはとてもクリアに見えます。

 

遠近両用レンズでよく言われる、横方向に首を動かした時のユレ・ゆがみもそう気になりません。ただ普段から累進レンズを使っているので、見え方に慣れてるということを差し引く必要があるかなと思います。

 

 

「極」のモニター前は室内用レンズを使っていたのですが、手元30~40cmぐらいの見え方(手元の見える広さ)はそんなにかわらないように思いました。(30~40cmです)

 


遠近と室内用のレンズ度数を参考までに

室内用レンズ

右 S+1.25               加入度数(老眼度数)2.25

左 S+1.25               加入度数(老眼度数)2.25

 

HOYALUX「極」

右 S+1.25 C-0.50  AX95  加入度数 2.50

左 S+1.25 C-0.25    AX90  加入度数 2.50

 

オーダーメイドレンズはフレームの情報まで考慮してレンズが設計されるので、今回はしっかりと乱視度数も入れてみました。


 

 

 

手元が見やすいことに関しては、レンズデザインが選択できるという点にもあると思います。「極(きわみ)」は使う人の生活環境や視生活に合わせてレンズの設計がかなり細かく選べます。(12パターン)

 

私の場合車の運転はせず、遠方重視の移動手段は自転車です。

 

パソコンやスマホの操作もそこそこあって、デスク周りの作業もある。歩き回ることの方が多めで、テレビは重要ではない。等々の情報を専用アプリに入力した結果、

 

推奨されたレンズ設計は手元重視のA-2でした。

(その分遠くの見え方が落ちるということはありませんのでご安心を。)

今このブログは「極」で(少し離れ気味で)入力していますが、そこそこいけます。

 

D-1・D-2は遠方重視になります。

遠くと近く、バランスよく設計されているのはC-2だそうです。

 

D-1・D-2の遠方重視の場合は、近くの見え方が変わってくるのだろうなと思います。そこのところまでモニター体験ができれば完璧なのですが、そこまではできませんでした。申し訳ございません。

 

究極の遠近両用レンズ「極」。遠くも近くも自然に見えて快適です。でもこれさえあれば何もかもが完璧!とはいきません。

 

なぜか?もうおわかりのことと思いますが、その点に関しては21日(火)のブログでお伝えしようと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。それでは水曜日にお目にかかりましょう。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!