トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

実は奥が深い眼鏡店選び②

2020.04.18

スタッフ今堀です。

 

先週に引き続き今週末も、ご自宅でメガネについてちょっと詳しくなれる(?)、そんな皆さまのお役に立てる情報をご提供できたらと考えております。

 

今月は眼鏡店選びのポイントについてお話したいと思います。

 

現在は全国に緊急事態宣言が出されており、気軽に眼鏡店にメガネを作りに行ける状態ではないと思いますが、また気兼ねなく買い物に行けるようになれば、ぜひ、その時に参考にしていただけたらと思っております。

 

第一回目は眼鏡チェーン店を取り上げさせてもらいましたが、第二回目は近年最も勢いがある格安の量販店でのメガネの購入について考えてみましょう。

 

 

②スリープライスやワンプライスの格安量販店

 

眼鏡業界で今一番売り上げを伸ばしている業態であり、宣伝広告にも力を入れており、特に若年層では多くの人がこのタイプの眼鏡店を利用しているのではないかなと思います。

 

ちなみに、僕がこの業界に入った頃、ちょうどスリープライスやワンプライスの眼鏡店が話題になっていました。

結局、そうしたお店を中心に価格破壊が起こり、眼鏡の市場が大きく変化しました。

 

消費者の皆さまにとっては、安くメガネが作れるようになった一方で、お店によるメガネの価格の違いが分かりにくくなり、特に初めてメガネを購入される方にとっては、眼鏡店選びがより難しくなったのではないかなと思います。

 

 

当店でもそうですが、メガネの価格は、選ぶレンズやフレームによって値段が全然変わってきます。

その点、スリープライスやワンプライスのショップであれば、価格が決まっているので安心して購入することができます。

 

百均へ買い物に行くと、ほぼ全ての商品が100円なので安心して買い物ができますよね。

それと同じで、価格が分かりやすいというのは購入する立場からすればとてもありがたいことだと思います。

 

逆に、当店のような個人店に行く場合、メガネの価格の見当がつかず、お金をどれくらい用意していけば良いのか分からなくて心配という方も多いのではないでしょうか。

 

 

また、メガネというものに対して、「ちゃんと自分の目や顔に合わせたものを作りたい」と考える方もおられれば、「見えていたら何でも良い」と考える方もおられます。

洋服や靴、家具などでもそうですよね。

 

メガネにこだわる方もおられる一方で、「できるだけ安く作りたい」と考えられる方がおられるのも当然だと思います。

 

たとえば、僕の場合、車には全く興味がなく、安くて燃費が良くて物がたくさん載せられたら良いかなと思いますが、車が好きな方であれば、エンジンだとか色々な部分にこだわったりされると思います。

 

なので、様々なニーズの消費者に対して、いろんな価格帯のお店や商品があるということは、個人的には悪いことではないのかなと思っています。

 

 

ところで、スリープライスなどの量販店でメガネを購入される方にとって、気になるのはレンズやメガネフレームの品質ではないでしょうか?

 

確かに、かつては中国製などのメガネフレームを使って価格を抑えている印象がありましたが、最近は自社でオリジナルの商品を開発し、日本の工場で製造しているものも多いようです。

 

レンズに関しては、製造しているメーカーやレンズの詳細な情報が分からないのでいい加減なことは言えないのですが、チェーン店や個人店で販売されているレンズに比べて、性能が著しく劣っているということはないのではないかと思います。

 

たまに、「安いお店のレンズを使っていると目が悪くなりませんか?」と尋ねられることがありますが、コンタクトレンズのように目に直接接触するものではないので、レンズが原因で目が悪くなるという心配はあまりないと思います。

レンズそのものよりも、メガネを使う人の目や作業距離に合わせた度数になっていることが大事です。

 

 

 

僕もそういうお店のウェブサイトをたまに見ることがありますが、ホームページも大変見やすくて、ユーザーが欲しくなりそうな商品をうまく宣伝されているなと素直に感心します。

価格もとてもリーズナブルですし、消費者の皆さんが行きたくなる気持ちもとてもよく分かります。

 

格安量販店の眼鏡店の中にも色々なお店があり、様々な工夫や企業努力によって低価格を実現している会社もあるので、「安かろう悪かろう」とは一概に言えなくなってきていると思います。

そもそも今は安ければ売れるという時代ではないですし、安さ以外の魅力があるからこそ売り上げを伸ばせているのだと思います。

 

 

価格以外の部分についても考えてみましょう。

 

スピーディーにメガネが作れるという点も、魅力に感じておられる方も多いかもしれません。

1時間以内にメガネを受け取って帰ることができるお店もあるので、時間をかけずに手軽にメガネを作りたいという方や、少しでも早く欲しいという方には助かると思います。

 

僕自身は、メガネはじっくり時間をかけて作るものだと思っておりますが、中には出来るだけ手軽に早くメガネを作りたいという方もおられると思います。

 

レンズにはこだわらないし、フレームも店員にアドバイスを受けずに自分で気に入ったものを選べるし、とにかく安くぱぱっと作れたら良い。

 

そこまで割り切れる方には、スリープライスなどの格安量販店はとても良いと思います。

 

ただ、そういったお店と専門店とよばれるお店では、メガネに対する考え方がかなり違いますし、お店で受けられるサービスも大きく異なります。

その点は知っておいて欲しいところです。

 

 

メガネの単価が低いということは、数が売れないと成り立たないビジネスなので、スタッフが一人のお客さんにそうそう時間をかけられないのは事実だと思います。

何時間も一人のお客さんの対応をしていたら上の人に怒られてしまいますよね。

 

なので、お店の人にじっくり相談したり、自分に似合うフレームをいっしょに選んで欲しいというような方には向いていないのかなと思います。

 

たとえば、遠近両用レンズが入ったメガネを某格安量販店で購入された方が、「見え方がどうもイマイチ」と当店に相談に来られることが結構あります。

 

お客様としては、価格が安いレンズだったから見え方がイマイチと思われていることが多いのですが、フレームの調整や目の位置合わせが十分に行われていなくて(特に遠近両用レンズの場合、目の位置を合わせたり、フレームの調整をしっかりやっておかないと見え方に影響が出ます)、結果的に「見え方がイマイチ」になってしまったケースが多いように感じます。

 

 

専門店とよばれるお店では、たしかにレンズの値段も随分高いのですが、その分、カウンセリングをしっかりやって、利き目や見る時のクセといった細かい部分までチェックして遠近両用のメガネを作ります。

 

「当店では歩く時の姿勢やアゴを上げるクセがあるかどうかもチェックします」と言ったら驚かれるかもしれませんが、しっかりと時間をかけてメガネを作っている眼鏡店であれば、割と普通のことだったりします。

 

こうした対応ができるのは、一人のお客様に対して十分に時間をかけて接客させていただくことができるからだと思います。

 

最後に、人に関して言えば、いつも同じ人(たとえば個人店であれば店長さん)に相談するというのはなかなか難しいのではないかなと思います。

かかりつけ医ではありませんが、メガネを作る時には、ある程度自分の目のことやフレームの好みを分かってくれているスタッフに相談したい、そういう方にはスリープライスなどの格安量販店は避けられた方が良いかなと思います。

お金はかかるかもしれませんが、自分が安心して相談できるスタッフさんがいるお店に行かれることをおすすめします。

 

スリープライスやワンプライスの格安量販店でメガネを作ることが絶対に駄目だとは言いませんし、そういうお店の方が安心してメガネを作れるという方もおられるかもしれません。

そういうお店を利用した場合のメリットとデメリットを理解したうえで、価格だけでなく、自分が求めている商品やサービス(丁寧な説明など)があるかどうか検討されたうえでご利用されれば良いのかなと思います。

 

来週は個人店についてお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です