トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

二重焦点レンズはふるい?!

2018.03.02

 

スタッフ長尾です。

二重焦点(バイフォーカル)レンズってご存知でしょうか?

境目のある遠近両用レンズの事です。

レンズの下部に近くを見るためのポケットのような形をした小玉レンズが付いています

境目がはっきり判るので見た目が気になる。

ということで、最近では境目のない遠近両用レンズが圧倒的に選ばれています。

 

ですがこの境目がはっきりわかる欠点も見方を変えれば強みになります。

境目の無い遠近両用レンズのように

中間部が無いのでパソコン作業などには不向きなのですが

 

遠くと近く、見たい物がハッキリ決まっている場合はとても使いやすいレンズです。

 

例えば講習会や文化講座など。

椅子に座り少し離れた講師と手元の資料を見たりメモを取ったり

見たい物はこの二か所ですよね。

その二つにピントが合うようにすれば遠くは勿論、

手元もがハッキリくっきり見ることも出来ます。

 

遠くを見る部分と近くを見る部分がをハッキリ区別して

境目があることがメリットになっているのです。

遠近両用ではなく室内用メガネとしての活用法もあるんですよ。

 

二重焦点レンズは古い昔のもの?!

と思われがちですが、活用法はあります。

まずはいろいろお試しくださいね。意外な結果が待っているかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です