トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

サポートレンズ使ってます

2016.06.14

スタッフ今堀です。

 

先日、自分用の新しいメガネを作りました。

フレームは決まっていて、レンズを何にしようかなあと思ったのですが、

結局これにしました。

 

 

春に工場見学に行かせていただいた伊藤光学さんの、

サポートレンズです。

 

人の目は、近くを見た時にピント調節を行っています。

その際に必要になるのが調節力です。

 

調節力は年齢とともに衰えていきます。

また、見るものの距離が近づいたり細かくなるほど、

より大きな調節力が必要になります。

 

この近くを見る時に必要になる調節力をサポートするのが、

サポートレンズです。

 

 

最近では、いろんなメーカーから販売されています。

(商品名はメーカーによって異なります)

販売された当初はそこまで売れるものではなかったのですが、

最近になって注目されるようになってきました。

当店でもお客様におすすめする機会が多くなってきました。

 

僕自身はまだ老眼鏡が必要な年齢ではないのですが、

家の中ではこのサポートレンズを使っています。

最近ではスマホを見たり、仕事でもPC作業が多くなってきたので、

普段からサポートレンズを使った方が良いかなと思うようになりました。

 

 

レンズの構造はこのようになっております。

単焦点レンズ(遠くを見る度数だけが入ったレンズ)との違いは、

調節力をサポートする要素がレンズに加わります。

そのため、レンズは特注レンズとなります。

通常の単焦点レンズよりもちょっとお値段も高くなります。

 

 

近視の場合は度数を弱く(遠視の場合は逆)すると、

遠くはぼやけてしまいますが、近くを見る時の調節力が少なくて済みます。

このようなサポートエリアをレンズに設けています。

 

 

レンズの下方部分にサポートエリアを設けており、

この部分を視線が通ることで調節力が軽減されます。

 

遠近両用レンズでもそうなのですが、

パソコンのモニターなどを顔(目線)の正面に置いていたり、

目線よりも上にくるような位置に置いて見上げて見てしまうと、

せっかくのサポートレンズの効果が発揮しづらくなります。

 

「パソコンやスマホを見るならブルーライトカットレンズでしょ」

そんな風に思われる方も多いかもしれませんが、

ブルーライトカットは青色光を軽減することはできても、

調節による目の負担を軽減することはできません。

 

モニターのチラツキなどで目が疲れるという方には、

ブルーライトカットレンズがおすすめですが、

近業作業が多くて目が疲れているという方には、

こちらのサポートレンズがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です