トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

鼻パットは日本人が発明した・・・らしい

2016.06.17

スタッフ長尾です。

 

一昨日の鼻パットが付いていないフレームの続きなのですが、

 

 

こちらが鼻パッドのないメガネフレーム。

 

 

メガネの鼻パットは、日本人が江戸時代に発明したと言われています 。

当時のメガネはヨーロッパからの輸入品だったので、

日本人の低い鼻には合いにくいわけで・・・・

 

 

“レンズにまつ毛が当たらないように”

鼻パットが考えだされたんだそうです。

 

もし、メガネに鼻パッドがなかったら、

上手く鼻に合わせることができず、メガネが下にずれしまい、

縁側で裁縫をするおばあちゃんみたいな(笑)

鼻メガネになっちゃうんですよね。

 

メガネと顔の間に空間が作れるように工夫してくれた先人に感謝!

でございます。

メガネこぼれ話(?)でございました。

 

ちなみに、舶来物で高価だったメガネ。

水晶のレンズに鼈甲のフレームなんてのもあったみたいです。

(今ならものすごい値段になるんじゃないでしょうか?)

少し前にNHKのSF(っぽい)ドラマ(笑)、

「タイムスクープハンター」でも取り上げられていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です