トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

近くを見る時、眉が寄っていませんか?

2021.08.03

 

スタッフ長尾です。

あまりの暑さで朝から熱中症になりそうなので、先月から電車通勤をしています。徒歩通勤はしばらくおやすみ(?!)です。

 

通勤のピーク時は過ぎているようで車内は割と空いていて、見渡すとスマホと睨めっこ!という人が多いですね。

 

そこで気が付いたのがかすかに眉を寄せて見ている人が多いなということ。学生さんらしい人も、私と同世代と思われる人も、年齢関係なく見かけます。

 

興福寺の阿修羅像のみたいな感じです。

 

(昔の拝観券なので画像が見苦しくすみません)

 

眉を寄せ、まっすぐ前を見るお顔は格好良く凛々しいですが・・・・

 

目とスマホの画面との距離は、読書距離に比べてより近づく傾向があります。かすかに眉が寄るのは、近くを見るためのピント調節に負担がかかり始めたサインです。

 

20代~30代はピント調節をする筋肉の使い過ぎによる疲れ。

40代になるとピントを合わせる働き(調節力)の低下で目への負担が高まります。

 

時々は遠くの景色を眺めて目を休めることも大切です。

窓の外の景色を眺めることも大事ですよぉ!と心の中で呟きながら電車に揺られています(^^;

 

 

そして、40代にさしかかった皆様に老眼世代真っ只中のスタッフ長尾がおすすめしたいのは、「手元の見にくさに我慢は禁物!!対策は早めに!!」です。

調節力の低下(老眼)は誰にでも起きる生理現象です。視力が良くても、近視でも遠視でも起こります。

 

私が40代の頃よりもレンズの種類は豊富で、性能も良くなっています。

 

 

電動アシスト付き自転車に例えると分かりやすいかと思います。

 

便利で良いものはどんどん使っていきましょう。

 

見え方チェックもできるパンフレットもありますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です