トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

遠近両用レンズの便利さ、知っている人はちょっと得します

2019.11.22

スタッフ今堀です。

 

先日、大阪で東海光学株式会社のレンズセミナーがあり、スタッフ長尾と二人で参加してきました。

 

遠近両用レンズの便利さを消費者に伝えるための動画を作ったそうで、セミナーの中で紹介されていました。

こんな動画です。

 

見えるをもっと楽しもう
NOえんきん.NO LIFE.
40代から始める遠近両用レンズ

 

40代になって近くが見にくくなってきたのをきっかけに、遠近両用レンズを使い始めた自分と、遠近両用レンズを使わなかった自分・・・

 

短い動画ですが、遠近両用レンズを使うと、実はいろんな場面で便利になるということがよく分かる動画です。

 

セミナーで見た時も、「なかなか上手に作ってあるなあ」と思って見ていました。

 

実際に、電車の中やお店の中などでも、動画のように“見にくそう”にしている人をよく見かけます。

 

「遠近両用レンズを使ったら良いのに・・・・」

そんな風に思うこともよくあります。

もちろん、思うだけで口には出しませんが(笑)

 

年配のお客様の中には、「遠近両用レンズは怖い」「歩くのが危ない」と言われる方がおられますが、それはかなり昔の話です。

 

発売された当初の遠近両用レンズに比べると、最近のレンズはすごく使いやすくなっております。

 

 

特に40代、老眼初期の手元の度数がまだ弱い頃から使い始めていただけると、それほどユレや歪みを感じなくて済み、初めて遠近両用レンズを使う方でも比較的楽に慣れられます。

 

 

逆に、「まだ見えているかた大丈夫」と思って先延ばしにしていると、手元の度数が強くなってしまい、遠近両用レンズ特有のユレや歪みを感じやすくなってしまいます。

それが原因でなかなか使いこなせないという方も多いです。

 

今の時点だけでなく、10年後の自分はどっちが良いだろう?

そんなことを考えながら本日ご紹介した動画をご覧いただけたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です