トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

室内用から始めてみませんか 室内楽々メガネ

2017.05.29

スタッフ長尾です。

 

私も手元が見づらくなってきて、数年が経過しました。

(いわゆる老眼というやつです。)

最初は、目の調節をサポートしてくれるレンズから始まり、

 

 

その後、近く用の度数が少し緩めの「遠近両用レンズ」に。

 

 

遠近両用レンズデビューしたのが、5,6年ぐらい前だったと思います。

最初の頃はそれで手元も十分見えていたのですが、

老眼が進行したのと、元々が遠視の目ということもあって、

遠近両用レンズでデスクワークをするのが辛くなってきました。

 

 

そこで、試してみたのが、

現在使っている室内用レンズです。

 

 

遠近両用レンズに比べると、

中間と近くを見る部分が広めの設計になっています。

(その分、遠くの見え方が悪くはなります。)

 

室内の作業であれば、これ一本でなんでもござれ!です。

パソコンでの入力作業や、書類の書き込み、

店内の様子やお客様のお顔もよく分かります。

 

自宅でも使用していますが、

掃除に洗濯、料理も問題なくできます。

床に落ちている髪の毛もしっかり見えます。

洗濯物の襟や袖の汚れもちゃんと見えます。

テレビも見えるし、軽い裁縫、ボタン付けや繕い物も大丈夫です。

 

車の運転や自転車に乗る以外は、

ほぼこのメガネ室内楽々メガネで過ごしています。

(室内用レンズで車の運転はできません)

 

老眼が始まり、近くが見にくくなってくると、

老眼鏡を使うという方が多いと思いますが、

室内用レンズにすれば掛け外しが不要なのでとっても便利です。

 

スタッフ長尾が、体験談等交えご説明させて頂きます。

お気軽にご相談くださいませ。お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です