トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

軒下ガーデン キク科の花だけが枯れてしまいました

2019.07.17

 

スタッフ長尾です。

今日は久しぶりに軒下ガーデンのお話です。

お時間ありましたらお付き合いくださいませ。

 

 

5月に夏仕様に植え替えを行ったのですが、

何故かキク科の花だけが次々と枯れ(腐っ)て行くのです。

それも、じわじわと・・・・。

 

ピンクや黄色のジニア(百日草)は

花色が徐々に白っぽくなり、葉っぱが茶色くなりドライフラワー状態に。

左端の小さな黄色い花は、枯れはしませんでしたが全く咲かなくなりました。

 

枝分かれタイプのミニひまわりは2番目3番目のが花が咲かず。

 

種まきしたひまわりも本葉が5,6枚まで育ったところで枯れました(T_T)

 

培養土は新しいものを使ったし、

水もやりすぎないよう注意したのに

何がいけなかったのか?

 

ペチュニアや赤い千日紅はしっかり育ってるし

キク科と相性が悪い土なのかなぁ?

なんてことも思いましたが、

再度植え替えを実行!

 

植木鉢の土はそのまま使うので

キク科の花は避けて、苗を購入しました。

インパチェンスやらニチニチソウ、今のところ元気に育っています。

 

キク科は避けたつもりでしたが、薄紫色のアゲラタム

ネームプレートをしっかり読んだらキク科でした!!

 

でも順調に花を咲かせています。

ますます枯れた原因が分からなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です