トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

色の変わるレンズ(調光レンズ)の注意点

2017.05.12

スタッフ長尾です。

 

紫外線の量に反応して色が濃くなったり薄くなるレンズ、

 

 

調光レンズ

このレンズが入ったメガネを使えば、

外に出た途端、普通のメガネがサングラスに早変わりです。

 

レンズメーカー各社から調光レンズが発売されていますが、

HOYA社から発売されている調光レンズが、

SUNTEC (サンテック)シリーズです。

HOYA のサンテックシリーズは、

レンズ表面の特殊なコートで「色の変わる機能」を持たせています。

特殊コート(サンテックコート)にすることで、

変色時の全体の色むらが無くなり、色の変化のスピードも速くなりました。

ただ、濃い状態から薄い色に戻るのには、多少時間がかかります。

(それでも昔に比べると随分早くなっています。)

 

レンズコートにより色変化の機能を持たせているので、

レンズ表面の一部にキズが付いてしまうと、

その部分の色変化の機能が失われてしまいます。

なので、レンズはやさしく、やさしく扱ってくださいね。

 

もし、レンズにキズが付いてしまった場合、

通常のレンズは片方だけの交換ができますが、

サンテックは片方のレンズのみの受注はお受けできません。

(2枚一組での受注となります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です