トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

大学生におすすめのサポートレンズ

2017.05.19

スタッフ今堀です。

 

先日、メガネを作りに来ていただいた大学生のお客様。

今のメガネでは遠くがちょっと見にくいので、

もう少しはっきり遠くが見えるメガネが欲しいとのことでした。

 

スタッフ長尾が現在のメガネでの視力を確認してみたところ、

両目で0.7の視力でした。

普通免許で必要なくらいの視力は出ているので、

そこまで見えていないということはないのですが、

大学の授業中、パワーポイントの文字などが見にくいとのことでした。

 

中学や高校の授業と大学の授業の大きな違いの一つに、

使用する教室の広さの違いがあると思います。

中学や高校では、せいぜい30~40人位の教室の広さですが、

大学では、100人以上の学生が一斉に受講することもあります。

ゼミなどは少人数で行われますが、

一般教養や基礎科目の講義は大人数になることも多いです。

そういう場合には、かなり広い教室で講義が行われます。

 

高校の教室であれば、よほど後ろの方の席でなければ、

少し度を弱くしたメガネでも黒板の文字を見ることはできます。

ところが、大学の広い教室での講義の場合には、

プロジェクターのスクリーンはかなり離れています。

遠くがはっきり見えていないと、

書かれてある内容を理解するのが難しいです。

なので、遠くがはっきり見えるメガネが必要になります。

 

また、大学生になると、車の免許を取りに行ったり、

実際に運転される方も多いと思います。

運転をする場合にも、遠くがはっきり見えるメガネが必要になります。

 

 

ところがその一方で、

大学生になるとレポート提出の機会なども多くなり、

パソコンを使ったり、参考資料を読んだりすることも多くなります。

(真面目に勉学に励む大学生であれば)近くを見る時間も増えます。

 

ということは、

遠くがはっきりと見えるようなメガネが必要な一方で、

長時間近くを見た時に目の負担を軽減できるようなメガネも必要、

そういうことになってしまいます。

つまり、度の強いメガネも必要だけど、

度を少し弱くしたメガネも必要になるということです。

 

度の違うメガネを2本作り、場面に応じて使い分けてもらう、

というのも一つの手ではあるのですが、

面倒くさいですし、メガネを持ち歩くのも大変ですよね。

 

そこで、おすすめなのが、

 

 

サポートレンズです。

サポートレンズは、

レンズの上側に遠くがよく見える度数

レンズの下側に少し弱めの度数が入っています。

 

 

近くを見る時には、視線は自然にレンズの下側を通るので、

意識しなくても、近くを見る時には楽な度数で見ることができます。

度数が変化するといってもわずかな度数の変化なので、

ほとんど違和感を感じることなく使っていただけます。

 

今回のお客様にもサポートレンズをおすすめしました。

学生さん、特に大学生におすすめのレンズです。

 

20代、30代の方で、近業作業が多いという方にもおすすめです。

テストレンズでお試しいただくこともできます。

どんなレンズなのか試してみたいという方は、

気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

One thought on “大学生におすすめのサポートレンズ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です