トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

スペックエスパスのNEWモデルが入荷しました!

2019.06.26

スタッフ今堀です。

 

当店で大人気のデザイナーズブランド、

spec ēspace (スペックエスパス)の新作が先日入荷しました。

4月に東京で開催された展示会(新作発表会)で予約していたモデルです。

スタッフも入荷を楽しみにしていたフレームが、ようやく入荷してまいりました。

早速ご紹介したいと思います。

 

ES-1962

サイズ:51□19

カラー:01 black

42,100円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 47,500円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 57,100円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

スペックエスパスのフレームではおなじみの、

フレーム本体からレンズが浮き上がるようにして作られたサイドの空間。

でも、よく見ると、いつものモデルとはちょっと違いが・・・

 

 

こちらは従来のモデル。

実は、多くのモデルがこちらのフレームのように、

レンズに溝を掘ってナイロンの糸で固定するタイプになっています。

なので、レンズの外側部分がむき出しになっています。

 

 

もう一度先ほどの新型のフレームをご覧下さい。

レンズ部分を見ると、ぐるっと覆うフチ(リム)があり、

レンズがむき出しになっていません。

 

従来のタイプですと、お客様の度数によっては、

レンズが薄くて、溝を掘ると割れる心配がある場合もあったのですが、

今回のNEWモデルのように、フチがある(フルリム)タイプですと、

どんな度数の方でも安心して作ることができます。

 

 

テンプル(ウデ)の先の部分も改良されており、

サイドに引っ掛けるくぼみが付けられているので、

以前に比べると、収納もとてもやりやすくなっています。

 

 

こちらが従来のモデル。

たまに滑ってしまったり、うまく引っかからない場合があって、

収納時にちょっと困るケースもありましたが、

最近のモデルでは先ほどの写真のように改善されています。

 

 

検品をしていて気が付いたのですが、

こちらのフレーム、鼻パッドの間がかなり広めでした。

(写真左側)

試しに掛けてみたところ、

わりと幅が広い僕の鼻でも全然のらなかったので、

あらかじめ調整をして幅を少し狭くしてあります。

(写真右側)

 

カラー:02 deep blue/blue

 

別色はこちらのカラーが入荷しています。

落ち着いた色でなかなかカッコいいです。

どちらの色から売れるのか個人的にも興味があります。

 

 

落ち着いたマットブラックがとてもカッコいいです。

全体がブラックなので重たくなりそうなのですが、

細身に作られているので意外とすっきりと掛けられます。

黒いフレームを掛けてみたいという方にもおすすめです。

 

偏光レンズを入れてサングラスにしてみたり、

調光レンズ(※)を入れて室内では普通のメガネとして使って、

外出先でサングラスとして使うというのもオススメですよ。

(※紫外線反応してレンズの色が変化します)

 

まもなく店頭に並びますので、ぜひ試着しに来てくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です