トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

0.1の視標がわからない!

2017.03.28

スタッフ今堀です。

 

先日、新しい認定眼鏡士の登録証が届きました。

実は認定眼鏡士の資格には有効期限がありまして、

その間に規定数の講習を受講しないと資格を喪失してしまいます。

とりあえず必要な単位は取れていたようなので安心しました。

 

そんなわけで、本日は眼鏡士らしく(?)、

「視力」についてお話をさせてもらおうかなと思います。

 

先日、メガネをお作りいただいたお客様。

度数測定をさせてもらった時に、

「裸眼の視力がどれくらいか知りたいので調べてもらえます?」と、

裸眼での視力チェックを希望されました。

 

そこで、裸眼での視力をチェックしてみたところ・・・

 

左右ともに視力は0.1以下でした。

 

「0.1(の視標)も見えてないんですか?」と、

ご本人も最初は少しショックを受けておられたのですが、

「お客様の近視の度数から考えると、決してショックを受けることではない」

ということを説明させていただきました。

 

 

一般的には、視力表の一番大きな視標が0.1です。

近視や乱視がなく、遠方がよく見えるという方からすると、

「あんな大きな視標、見えて当たり前でしょ?」

そんな風に思われるかもしれませんが、

0.1の視標が(裸眼では)見えないという方もけっこうおられます。

 

強度の近視の方になると0.1以下の視力が当たり前ですが、

そこそこの近視でも、視力は0.1以下になります。

かくいう僕も、眼鏡店ではよく目にする近視度数ですが、

裸眼だと、0.1がわかるかどうかギリギリの視力です。

 

 

余談になりますが、

一般的な5mの検査距離で0.1の視標がわからない場合、

視標を近づけていって(もしくは近づいてもらって)、

視標が判別できた距離により視力を決めます。

その結果、視力0.06とか0.04というふうになります。

 

 

当店で度数測定の際に使用している視力表には、

0.08や0.06といった視力表も入っているので、

上記の方法ではなく、僕の場合はこれを使用しています。

 

ところで、裸眼視力は近視や乱視の強さなどに影響されます。

近視や乱視が強い方ほど裸眼視力も悪くなるということです。

 

ただ、だからといって目そのものが悪いということではありません。

 

たとえば、こんなケースを考えてみましょう。

 

A.裸眼視力は0.1以下。メガネで補正した時の視力は1.0。

B.裸眼視力は0.5。メガネで補正しても視力は0.5。

 

裸眼視力だけを見るとAの方が問題がありそうですが、

「目に何か問題があるのかな?」と考えるのは、

実はBのようなケースです。

 

ちなみに最初にご紹介したお客さまの場合は、

きちんと近視を補正さえすれば、

左右ともに1.2まで見てもらえたので全く問題ありませんでした。

 

たまにあるのですが、

お子さんのメガネを作りに一緒に来られた親御さんに、

裸眼では0.1が見えていないということをお話した際、

「0.1が見えないなんて、そんなにうちの子は目が悪いのか!」

そんな風にショックを受けられたり、

お子さんを責める親御さん(たまにですが)がおられます。

 

でも、メガネが必要な方にとって問題になるのは、

近視等を補正した時の視力です。

 

一般的な視力表は0.1までしかありませんが、

ある程度の近視があれば視力が0.1以下になることもあります。

ぜひ、知っておいてもらえたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です