トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

室内用レンズにする人、増えています!

2016.07.01

スタッフ今堀です。

 

気が付けば6月が終わり、7月になってしまいました。

 

昨日は6月の最後の日ということで、

6月に注文したレンズの伝票を整理してPCで入力していたのですが、

あるレンズの注文がすごく多いことに気が付きました。

 

それは、室内用レンズ(中近レンズ)です!

 

自分の店のことなのに、思わず「よ~売れてるなあ」と感心しました(笑)

 

室内用レンズ(中近レンズ)は一枚のレンズの中に、

中間から手元を見るための度数が入っており、

視線を上下させることによって、

中間距離から近くのものまでスムーズに見ることができるレンズです。

くわしくはこちらをご覧下さい。

 

レンズメーカーがあまり宣伝をしないためなのか(笑)

意外と知らない方が多いレンズなのですが、

非常に使いやすくて便利なレンズです。

 

今まで普通の老眼鏡しか使ったことがない、

そんなお客様にお試していただくと、

ほとんどの方が「使いやすい!」と言ってくださいます。

 

「老眼鏡を作りに来たけど、このレンズの方がいい!」

そんなお客様も多くおられます。

 

 

単焦点レンズで作る普通の老眼鏡は1つの補正機能しかなく、

手元の一定の距離しかピントが合いません。

(写真はイメージです。)

たとえばお部屋の中で座って新聞を読んでいる時に、

新聞を読みながら離れた場所のテレビを見ることはできません。

メガネをはずしたり、ずらして上から見るという人が多いのではないでしょうか?

 

 

室内用レンズは中間から手元にかけて見えるレンズなので、

テレビを見てもちゃんとぼやけずに見ることができます。

(写真はイメージです)

 

室内用レンズはビジネスシーンでも活躍します。

 

 

たとえば会議の時。

手元のパソコンや書類を見ながら、

ホワイトボードに書かれた文字や資料を見なければいけない場合。

 

普通の老眼鏡だと掛け外しをしないといけませんが・・・・

 

 

室内用レンズを使えばメガネを掛けたままで大丈夫です。

見た目もスマートですよね。

(写真はイメージです)

 

よほど細かい作業や文字を見るという方でなければ、

室内では快適に使えるレンズです。

 

一人でも多くの方に使ってみて欲しいと思っているレンズです。

テストレンズで見え方も体験できますので、

気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です