トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

似合う色は、貴女をより美しくしてくれます

2017.06.02

スタッフ長尾です。

 

今日は色についてお話をさせていただきます。

いきなりですが、みなさんは、

自分にはどんな色が似合って、逆にどんな色は似合わないか

知っておられますか???

 

こんな風に言うと、ほとんどの方が、

「私は〇〇の色は似合わない」、そんな風に言われます。

たとえば、赤色。

「私は赤は似合わない」

そう思っている方いらっしゃいますよね。

でもこれ、本当はそうではないのです。

 

というのも、赤にも実はいろんな赤があります。

その中には自分に似合う赤もあれば、似合わない赤もあるのです。

文章だけだとちょっとわかりにくいですですよね。

 

 

こちらをご覧下さい。

赤にもいろんな赤があるのがお分かりいただけると思います。

この4つの赤は、右と左それぞれ共通点があります。

左の赤は、少し朱色に近い色で、右の赤は、少し紫に近い色です。

 

色の変化を表した色相環に照らし合わせてみると、

 

 

黄色により近い赤と、青により近い赤、

そんな言い方も出来ます。

私が学んだパーソナルカラーでは、

前者をイエローベースと呼び

後者をブルーベースと呼んでいます。

 

黄み寄りの色は、肌を血色よく明るく見せてくれます。

これは赤に限らず緑色やピンクでも同じ効果が有ります。

ただ似合わないと、肌がくすんだ印象になってしまいます。

 

青み寄りの色は、肌の色が白くすっきりした印象になります。

グレーやブラウンでも同じで、黄み寄り、青み寄りがあります。

これも似合わないと、白さを通り越し不健康な感じなってしまいます。

 

メガネフレームは顔に直接のせるので、肌映りの良し悪しがよく分かります。

「私は赤色が好き」という方でも、

フレームによっては黄み寄りの赤が使われていたり、

青み寄りの赤が使われていたりするので、

自分に合った色を選ぶということがとても重要になります。

 

 

同じ形で、同じサイズのフレームであっても、

色の違いでお顔の印象が大きく変わりますよ。

 

フレームのカラー選びでお困りのことがありましたら、

スタッフ長尾まで気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です