トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

なぜかメガネが変形してしまう・・・もしかしたらアレが原因かもしれません

2018.12.22

スタッフ今堀です。

 

メガネが変形してしまう原因として、

ぶつかったり踏んでしまった際に大きな力が加わった場合と、

掛け外しを繰り返している内に少しずつ変形してしまったという場合、

大体この2種類が考えられるのですが、

中には意外なものが原因でメガネが変形してしまう場合もあります。

 

それは・・・

 

メガネケースです。

 

メガネを保管するために欠かせないメガネケースですが、

メガネケースに入れていることによってメガネが変形してしまう、

そんなこともあります。

 

 

たとえば、女性の方に多いのですが、

上の写真のように耳に掛かるプラスチック部分(先セルと言います)を

根元から深く曲げるような調整をしたフレームの場合、

 

 

上のような細いケースに無理やり入れると、

先セルの先端が押し上げられテンプル(ウデ)が変形してしまいます。

この状態で長時間置いておくとフレームが歪んでしまいます。

必要な時にだけメガネを使われるという方で、

ケースにメガネをしまったままのことが多い方によくあります。

 

 

こちらもぱっと見た感じは収まっているように見えますが、

先セルの先端がケースに引っかかってしまっています。

これも無理やりケースに収納するとテンプルが変形してしまいます。

 

 

テンプルを折りたたんで置いた時に高さが出るフレームも要注意です。

かさばらない薄めのケースを希望される方が多いのですが、

上の写真のような高さがあるフレームをそういうケースに無理に入れると、

ケースの上蓋でメガネが抑え込まれてしまい、

フレームが変形する原因になる場合があります。

 

 

ケースが閉まるので大丈夫だろうと思っていても、

上蓋をよ~く見るとフレームが当たった跡がくっきり付いていることもあります。

 

メガネをお渡しする際にケースにしっかり収まるか見させてもらいますが、

メガネを複数持っておられるお客様の中には、

ご自身で入れ替えて別のケースにメガネをしまっておられる方もおられます。

また、メガネケースを後から購入された際に、

小さ目のケースを買われてそれによってサイズが合わなくなることもあります。

 

メガネのケースを購入される場合には、

ケースのデザインやサイズだけを見るのではなく、

できれば眼鏡屋さんに今お使いのメガネを持って行って、

フレームの大きさにちゃんと合ったケースかどうかを

店員さんに見てもらって決められると良いかなと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です