トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

可視光線の透過率

2017.02.02

スタッフ長尾です。

 

一月に転んで膝を擦りむいたんですが、これがなかなか治らない。
つい、「齢なのかなぁ?」とボソッ友人に話したところ。
「チョコレートを食べたらいいよ。」と言われました。
チョコレートに含まれるカカオポリフェノールが傷の治療に効果的で、
出来ればカカオ含有量が多いチョコがいいんだとか。
カカオ含有量の多いチョコは苦く(渋く)て苦手なのですが、

(薬だと思えば、と言われました)
含有量72%のチョコをきのうから食べてます。

 

含有量○○%のはよく使われる記号で
レンズに色を付ける場合、色の濃さも%で表してあります。

 

おしゃれカラーなら、10%ぐらいから25%の濃さで、

まぶしさ除け、サングラスにする場合は50%から85%で

メーカーにレンズを染色してもらいます。

 

数字が大きくなるほど色が濃く、光(可視光線)の量を減らしてくれます。

 

カラー見本の数字は色の濃さなのですが
サングラスのタグに表示されている数字は

色の濃さを表していはいません。
何の数字なのか?というと、
光をどれだけ通すか、可視光線の透過率を表しています。

 

数字が小さいほどまぶしさ除け効果が大きく、色も濃いのです。

サングラスを見れば一目瞭然ではありますが
サングラスを試す時、タグもちょっとだけ気にしてみてくださいね。

 

メガネ店で働き始めた頃は、
レンズ染色のカラー濃度25%
サングラスの可視光線透過率25%
???????

 

納得するのに、数秒かかりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です