トップページ > お知らせ・Blog

とても“目が良い”お客さま

2018.06.09

スタッフ今堀です。

 

一般に、「目が良い」「目が悪い」と言う時、

その判断基準となるのは、

(遠くを見る時の)視力なのではないかなと思います。

特に裸眼での視力ですね。

 

 

メガネやコンタクトをしなくても、

視力が1.2や1.5であれば、

「おれ、目良いねん!」ってことになりますし、

逆にメガネなどで補正した時の視力が1.0以上でも、

裸眼の時の視力が0.1しかなかったとしたら、

「私、目が悪いし・・・」なんてことになります。

 

確かに視力はとても大事な視機能の一つですが、

でも、視力だけは本当にその人の目が良いのかは分かりません。

本当はもっといろんな角度から判断する必要があります。

 

 

視力以外にも大切な視機能は色々あります。

 

本日、僕が検眼をさせていただいたお客様。

以前に当店で作らせていただいたメガネが

最近見にくくなってきたとのことで、

レンズの交換に来ていただきました。

前回の時は、その時に使っておられたメガネの

度数そのままでお作りしたのですが、

今回は当店で度数を測定させてもらいました。

 

近視のお客様で、測定すると乱視もありました。

裸眼視力は0.1もありません。

メガネがないと、人の顔もまともに分からない位です。

世間の感覚からいえば目が悪いということになるのですが、

検眼をさせていただいた僕から言えばとんでもない。

すごく良い目でした。

 

確かに近視や乱視はありますが、

ちゃんと補正すれば視力も十分に出ておられました。

メガネを掛けてもらえば見え方も全く問題なし。

そして、素晴らしかったのが・・・

 

立体視です。

(こちらはイメージです。実際の検査画面とは異なります。)

 

度数測定後に立体視のテストも行ってみたのですが、

多くの方が答えられないような難しいものまで

スラスラと答えていただけました。

ちょっと考えて分かるという方は多いのですが、

瞬間的に答えられるという方はなかなかおられません。

 

立体視テストの反応がすごく良かったので、

両眼視機能には全く問題なさそうでしたが、

念のために一応確認だけしてみると、

遠方、近方ともにほとんど視線のズレもなく、

こちらも素晴らしい結果でした。

 

いろんなお客様の検眼をさせてもらっていますが、

本当に羨ましい限りの目でした。

ぜひ大切にしていただきたいです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です