トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お客様のメガネのご紹介。強度近視用でも掛けやすいメガネができました

2019.03.27

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

MENS MARK  (メンズマーク

XM1180

 

ビジネスシーンに合わせやすい男性用の眼鏡フレーム、

メンズマークをお選びいただきました。

フロント(前枠)の上部にボリュームを持たせたデザインで、

ブロータイプとも呼ばれるフレームです。

 

 

-9.50Dという結構強い近視の度数を入れなければならなかったので、

できるだけ薄く仕上がるように屈折率1.74素材のレンズを使っています。

レンズ周辺部の歪みを抑えた両面非球面レンズです。

単焦点レンズでは最高グレードのレンズをお選びいただきました。

 

度数が強いので、レンズ自体の重量はそこそこあるのですが、

全体的に細身の軽いフレームをお使いいただくことで、

メガネ全体の重量はだいぶ軽くなったのではないかなと思います。

 

 

耳に掛かる先セル(プラスチックの部分)はしっかりと厚みがあるので、

フレームの前側にかかる重さを支える働きをし、

広い面で当たることで摩擦力も生み出してくれます。

先セルまで細いフレームにしてしまうと、

レンズが重いメガネの場合には、メガネがずれやすくなってしまいます。

 

度数の強い(レンズが重たくなってしまう)お客様の場合、

フレームによってメガネの使いやすさが全然変わってしまいます。

単純に軽いフレームなら掛けやすいというわけではなく、

レンズを入れた時のメガネ全体の重量バランスを考えながら、

使いやすいフレームのご提案をさせていただいております。

 

完成したメガネを取りに来ていただき、

店頭で早速掛けてみていただいたところ、

「これまでのメガネよりも周辺がすっきり見える」と仰っておられました。

さすが両面非球面レンズ、値段が高いだけのことはあります。

度数の強い方の場合には、レンズの性能差を感じてもらいやすいですね。

 

いろんな場面で活躍してくれるメガネになっていると思います。

お買い上げいただきありがとうございました!

 

 

本日ご紹介したメンズマークのフレームですが、

ネイビーは売れてしまいましたが、ブラウンはまだ残っております。

興味のある方はぜひ店頭でお試し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です