トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

新規取り扱いブランドのご紹介

2018.01.08

スタッフ今堀です。

 

メガネのイマホリの取り扱いブランドに新しいブランドが加わりました。

 

TAYLOR WITH RESPEC (テイラー ウィズ リスペクト)

ブランドのWEBサイトはこちら

 

昨年の秋にデビューしたばかりの眼鏡ブランドです。

もともとは、眼鏡業界で働く人なら知らない人はいないというくらい有名な

某眼鏡ブランドのデザインを手掛けておられたデザイナーさんで、

独立してご自身のブランドを立ち上げられることになりました。

 

ブランド名の由来は、仕立て屋(tailor)という言葉が元になっています。

使う人に合わせ丁寧に洋服を仕上げていく仕立てという仕事のように、

フィット感に優れた掛け心地がよいメガネであるとともに、

高度な加工技術力をもった日本の眼鏡職人たちにしか作れない素材を用いて

デザイン性にも優れた高品質なメガネを作りたい。

そんな思いが込められています。

 

 

実は、デザイナーさんのお祖父さんが昔テイラーとして

洋服店を経営されていたそうで、

そんなお祖父さんの職人としての姿勢や生き方への尊敬の念も込めて

TAYLOR WITH RESPECというブランド名にされたそうです。

 

僕自身はあまりクラシックなデザインのフレームが好きではなく、

(流行なのはよくよく分かるのですが・・・)

新作発表会に招待してもらった段階では、

正直うちの店には合わないのかなあなんてことを考えていたのですが、

実物を見ると、そのクォリティの高さに思わず一目惚れ!

 

たんに流行のデザインを取り入れただけのフレームではないことがよく分かりました。

それに加え、デザイナーさんの眼鏡フレームへのこだわりや、

鯖江の眼鏡職人さん達へのリスペクトの高さに感動をしました。

 

 

ぜひ、ウェブサイトを見てみて欲しいのですが、

なんとフレームの製造に関わっている企業名まで載っています。

 

「野菜では普通に生産者の名前が載っているし、

自分のメガネの製造に関わってくれているメーカーさんのことも知ってほしいんです。」

展示会の時にはそんなことを話しておられました。

ちなみに、この協力企業をよく見ていただくと・・

当店で取り扱っている“歩 (AYUMI)”の製造元であるマコト眼鏡の名前も。

 

さらに、フレームの紹介ページを見てみると、

 

フレームの重量、各パーツに使用されている素材やメッキ処理の仕方まで

非常に細かい情報が載せられています。

ここまでやっているブランドは正直僕も見たことがないです。

一般の消費者の方には分かりにく情報なのかもしれませんが、

食品ならどんな原料が使われているのかが細かく表示されていますし、

デザイナーさんの品質へのこだわりがよく分かります。

 

どんな商品があるのかはまたブログでご紹介したいと思います。

当店のホームページのブランド紹介のページにも

TAYLOR WITH RESPECを新たに加え、

新商品などもご覧いただけるようにしていく予定です。

 

現在お店で開催しております

お客さまが選ぶベストグラスコンテストにもノミネートされ、

特設コーナーに展示しております。

お店に来られた際には、ぜひご覧になって下さい。

もちろん掛けてみてもらってもオーケーですよ。

 

 

 

 

 

One thought on “新規取り扱いブランドのご紹介”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です