フレームを変えて大人っぽい雰囲気に ダメージ加工は男性に人気があります

スタッフ長尾です。

守山市の男子中学生にメガネをお作りいただきました。

トマトグラッシーズのジュニアシリーズをお使いいただいていましたが、これまでとは雰囲気を変えたいと選ばれたのがこちらのフレームです。

アイソトープ:IS-522
カラー:C6 ダメージドブラック

このフレームカラーの黒は只の黒ではなく、表面をわざと傷つけるダメージ加工で、使い込んだ雰囲気を出しています。手に取るとザラザラとした感触があります。

「黒いフレームがいい」とのことでしたが、ダメージ加工も気に入ってもらえたのではないかなと思っております(口数が少なく淡々とした表情が少し緩んだように見えましたので・・・)

フレームのサイズやテンプル(ウデ)の長さ(耳までの長さ)もちょうど良かったのですが、鼻幅が広めでした。

アイソトープのプラスチックフレームはこれまでのトマトのフレームとは異なり鼻パッドが一体化しており、鼻に合わせてパッドを調整することが出来ません。

トマトの鼻パッドは取り付け位置を上下させたり、パッドの形を選ぶことができます。(*画像はイメージです)

このままだとメガネがズレ易くなるかもしれません。何か良い方法はないか・・・と思ったところで。
アイソトープの担当営業さんが紹介してくれた便利グッズを使ってみ見ることにしました。

固定鼻パッドにシール製のシリコンを貼り付けます。そうすることで鼻幅が狭くなり、鼻にうまくのりメガネがズリにくくなります。

気に入っていただいたメガネ、上手くフィッティングすることができました。長くご愛用いただけると嬉しいです。お買い上げいただきありがとうございました。


スポーツの時などにはトマトのフレームの方がずれにくくて良いと思います。使い分けていただくと便利です。