トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

HOYAの新しい調光レンズ、『センシティダーク』をご購入いただきました

2022.06.04

 

スタッフ今堀です。

 

今春発売されたHOYAの新しい調光レンズ、センシティ ダーク。

 

この新しいレンズを早速ご購入いただきました。

 

商品についての詳細はこちらをご覧下さい。

(HOYAの製品ページにリンクしております。)

 

今回はお客様がご持参されたメガネフレームに入れさせていただきました。

 

“調光レンズ”という言葉を初めて聞くという方もおられるかもしれませんので簡単にご説明をしますと、紫外線に反応してレンズの濃さが変化するレンズのことです。

室内では普通のメガネ、屋外ではサングラスという使い方ができる大変便利なレンズです。

 

屋外に出て太陽の光を当てるとこんな感じになります。

先ほどと全く同じメガネなのですが、こちらは完全にサングラスですね。

 

センシティダークとHOYAの従来の調光レンズとの大きな違いは、センシティダークが可視光調光タイプとなっているという点です。

紫外線だけでなく可視光線(目に見える光)にも反応するので、フロントガラスにUVカット加工がされた車の中でも色づきます。

 

 

既に他社メーカーからは可視光調光タイプが発売されており、以前からHOYAの担当営業さんに「HOYAも早く出してよ」と言っていたのですが、ようやくHOYAのレンズでも発売されることになりました。

 

ちなみに、調光レンズは濃くなる時は一瞬(ちょっと大袈裟)なのですが、元の色に戻るのには少し時間がかかります。

センシティダークがどれくらいの時間で元の色に戻るか試してみました。

 

 

※調光レンズの色の変化は装用環境(気温・天候・紫外線量・太陽光とレンズの角度)の条件の違いに影響されます。

環境によってはもう少し早く色が戻ったり、逆にさらに時間がかかる場合もあります。

今回の結果はあくまで参考程度にお考え下さい。

 

可視光線にも反応するため若干色が残ります(室内の照明の光などにも若干反応するため)。

無色のレンズというよりは少し薄めのカラーレンズが、屋外(車内を含め)だとサングラスのような濃いカラーに変わる、そんなイメージで考えていただくと良いのかなと思います。

 

車の運転はしないという方であれば、室内では(紫外線に当たらなければ)色が変化しない通常の調光タイプのセンシティ2サンテックミスティがおすすめです。

商品についての詳細はこちらをご覧下さい。

 

 

調光レンズもいろんな種類やカラーがありますので、ご不明な点等ありましたら気軽にスタッフまでお尋ね下さい。

 

 

************************************

現在ホームページの「お問い合わせフォーム」に不具合が発生しており、お問い合わせをいただいてもその内容が届かない状態となっております。

お問い合わせをいただく場合は、直接お電話をいただくか、instagramのDMからお問い合わせいただくようお願い申し上げます。

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

One thought on “HOYAの新しい調光レンズ、『センシティダーク』をご購入いただきました”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です