トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

調整してもメガネがどうしても下がってくる・・・こんな方法もあります

2021.09.13

スタッフ今堀です。

 

メガネを掛けているとすぐにメガネが下がって来る・・・

 

メガネユーザーの最も多いお悩みの一つではないでしょうか?

 

多くはフィッティング(掛け具合の調整)の問題で、フィッティングをきちんと行えば、そんなに頻繁にメガネが下がってくるということはありません。

 

ただ、きちんとフィッティングをしていても、お顔の骨格構造上の問題や、レンズの重量の問題などで、どうしてもメガネが下がりやすくなってしまうという方もおられます。

 

また、お仕事や趣味などで下を向くことが多い方や、汗かきの方、脂性(あぶらしょう)の方などもメガネが下がりやすくなります。

 

そういった場合によく使わせていただいているのが、こちらのアイテムです。

 

 

シリコンのチューブなのですが、こちらを耳に掛かる先セル部分に付けることでメガネが下がりにくくなります。

「それだけ?」と思われそうですが、意外と効果があります。

 

場合によっては、同じくシリコンタイプの鼻パッドと組み合わせて使うこともあります。

 

 

透明なので、見た目もほとんど目立ちません。

女性の方であれば、髪の毛で隠れてしまいます。

 

 

フレームのテンプル(ウデ)の太さに合わせられるようにチューブのサイズも用意されています。

 

実際に使用する際は、長さを合わせてカットしたチューブを専用の液に浸し、膨張させてテンプルに取り付けます。

(先セル部分やテンプルの先端が極端に太く作られているフレームには付けられない場合があります。)

 

 

先セルパーツの上から取り付けることも出来ますし、最近流行り(?)の先セルがないタイプのテンプルに先セルの代わりとして取り付けることもできます。

 

直接金属が肌に当たると痛いという方もおられるので、そういった場合にこちらを付けさせていただくこともあります。

 

当店でお買い上げいただいたフレームであれば、初回は無料でお付けさせていただいております。

気軽にスタッフにお申し付けください。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です