トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

さっそく大人気!”掛けやすさ”にこだわったレディースフレームが大好評です

2021.09.04

スタッフ今堀です。

 

先月末にご注文いただいたお客様のメガネが出来上がってきました。

 

 

リーゴシャルマン(以下リーゴ)のフレームに内面非球面レンズを入れております。

 

遠視のお客様で、+4.00Dという結構強い度数の方だったので、薄型加工という特殊な加工をさせていただきました。

レンズが薄くなることで見た目も良くなりますし、何よりも重量がかなり軽くなっております。

 

続いてもう一人、お客様のメガネのご紹介。

 

 

こちらのお客様もリーゴのメガネフレームをお選びいただきました。

(ご来店時に目の位置を確認させていただいてから加工することになっているため、まだレンズは入っておりません。

 

「遠方がすっきり見たい」というご希望があったので、遠近両用レンズをおすすめさせていただきました。

 

お二人とも女性のお客様で、どちらもリーゴのメガネフレームをお選びいただいたのですが、実はお二人には共通点があります。

 

 

それは、以前使っておられたメガネのフレームが、シルエットというブランドのメガネだったことです。

 

シルエットはヨーロッパ(オーストリア)の眼鏡ブランドで、非常に軽量で、メガネの重さを感じさせないメガネフレームとして有名です。

 

お二人とも過去に当店でシルエットのメガネをご購入いただいたお客様だったのですが、諸事情により今年からシルエットの取り扱いをやめることになりました。

 

新たにシルエットをご購入いただくことができなかったので、代わりにリーゴをおすすめさせていただきました。

 

 

シルエットユーザーのお客様は、軽さや掛けやすさを気に入って使っておられる方が多いので、そのようなお客様におすすめできるメガネフレームが必要だなと考え、今年から取り扱いを始めたのが、リーゴです。

 

リーゴ シャルマンのブランドサイトはこちら

 

 

リーゴのデザインコンセプトは、“軽やかな掛け心地”で”自然なフィット感”

 

シルエットとはデザインがだいぶ違いますが、掛け心地の良さという点では共通しております。

 

シルエットのようにフレームそのものが軽いわけではないのですが、全体がバランス良く設計されており、メガネを掛けた時に軽く感じられるようになっています。

 

 

テンプル(ウデ)の一部にバネ性のある素材を使用しており、掛け外しもすごくしやすく、メガネを掛けた時にふんわりと顔を包み込んでくれます。

 

しかも、フニャフニャした頼りない感じではなく、程よいホールド感もあり、すぐにメガネが下がってくるということもありません。

 

鼻パッド部分の調整もしっかりできるので、メガネ(を掛けた時)の高さを変えたり、レンズと目の距離の調整もしやすくなっています。

 

 

耳に掛かる部分も少し大きめにデザインされています。

レンズが入るフロント(前枠)側はどうしても重たくなってしまいますので、その重さを支えられるように工夫されています。

 

耳の後ろ側の形状にきっちり合わせることができるので、最初にご紹介したお客様のように、レンズが重たくなってしまう方にも安心してお使いいただけます。

 

 

シルエットはデザインもシンプルで、非常に軽量なメガネフレームなのですが、耐久性にやや難があり、使用中によく破損することがよくありました。

 

その点、リーゴは日本製で、しかも、自社で眼鏡用の金属素材まで開発してしまうようなすごい眼鏡メーカーが製造しているので、品質面でも安心してお使いいただくことができます。

 

また、価格の面でもリーゴはコスパが良く、シルエットのメガネのテンプル(ウデ)を両方交換するくらいの価格でフレーム一本が十分買えます。

 

おかげさまで順調に売れており、先月追加発注した分もほとんどなくなってしまいました。

気になるカラーなどありましたら、お取り寄せも可能ですので、気軽にスタッフにお問い合わせ下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です