トップページ > お知らせ・Blog

雑記

眼鏡って実はすごい道具だと思いませんか?

2018.09.22

スタッフ今堀です。

 

先日、免許更新のために眼鏡を作りたいという新規のお客様が来られ、

僕が度数をお測りして眼鏡を作らせていただきました。

免許更新に行かれる当日にもお店に寄っていただき、

作った眼鏡で十分な視力が出ていることを確認してから

免許更新に行っていただきました。

その日の夜に無事に免許更新ができたと報告に来てくださいました。

 

視力的には問題なかったので、僕としては全く心配していなかったのですが、

ご本人は免許が更新できるか心配に思っておられたようで、

無事に免許の更新ができたことをとても喜んでおられました。

お客様の力になれて僕もとても嬉しかったです。

 

感謝の言葉をいただけただけでも十分に嬉しかったのですが、

ケーキまでいただいてしまいました(笑)

 

今回のお客様のように、

免許更新のために眼鏡が必要な方や、

そもそも眼鏡がないと運転自体ができないという方も大勢おられるのですが、

(僕もその一人です。)

そう考えると、眼鏡が果たす役割って大きいなと思います。

 

 

白内障や網膜の病気などで視力が出にくい人は別ですが、

目を手術したり、コンタクトレンズのように目の中に異物を入れるわけでもなく、

ただ眼鏡を掛けるだけで、

それまでぼやけていた視界がはっきりと見えるようになります。

見えなかった物や読めなかった文字が瞬時に分かるようになり、

裸眼では0.1以下の視力しか出なかった人でも、

眼鏡を掛けることで1.0以上の視力が出るようになります。

これってすごいことだと思いませんか?

 

眼鏡によって変わるのは、遠くの見え方だけではありません。

近くが見にくくて本を読むことをあきらめていた人が、

老眼鏡を掛けることでまた読書を楽しむことができるようになります。

 

 

幼少期に弱視があった場合、眼鏡を使わないまま成長してしまうと

大人になってから眼鏡などで補正しても視力は良くなりません。

そうなると、たとえば鉄道の運転士や飛行機のパイロットのような

一定以上の視力が必要とされる職業に就くことができなくなります。

でも、たとえ弱視と診断されても、早期に治療用の眼鏡を使い始めて

視機能が正しく発達すれば、大人になってからも眼鏡やコンタクトを使えば

視力がちゃんと出るようになります。

車の運転だってできるし、視力が必要とされる職業にも就くことができます。

 

 

眼鏡を掛けること自体はとても簡単なことですし、

コンタクトレンズのように目に異物を入れるわけではないので、

目を傷つけることもなく、とても安全です。

眼鏡は生まれたばかりの乳児でも使うことができます。

(写真の左側のフレームは乳児用のフレームです。)

 

そう考えると、眼鏡ってすごい道具だと思いませんか?

 

眼鏡のおかげでできること、できるようになっていること。

日々の暮らしの中には、そういうことが実はたくさんあります。

 

 

 

 

 

メガネテンプル(腕)も適度なかたさで

2018.08.06

 

スタッフ長尾です。

連日の35℃越えの暑さ、身体に堪えますね。

熱中症予防にはこまめな水分補給が大切ですが

水分を取りすぎても体に変調をきたすそうです。

適度な水分補給、適度って難しいですね。

今年の夏はいつも以上に注意が必要です。

 

 

 

何事も適度というは難しいものなのですが、

メガネのテンプル(腕)も適度なかたさがあります。

以前にテンプルがケースの中でいつのまにやらはずれていたという

眼鏡店スタッフとしてお恥ずかしいを載せました。原因はネジの抜け落ち。

その前からパタンパタンとテンプルがよく倒れるという前ぶれがありました。

 

それとは逆にメガネのテンプルがかたくなって折りたたみ難くなっている!

という方はありませんか?それも危険信号です。

蝶番と呼ばれる部分の隙間に水分やほこりが入り

それが乾くことで接着剤のような役割をして

テンプルの動きが悪くなっている可能性があります。

汗を掻きやすい今の時期によく起こる現象です。

動きにくくなったテンプルを無理にたたもうとすると折れてしまうこともあります。

 

ネジが抜け落ちた場合は代わりのネジを入れすぐにお渡しできますが

折れてしまった場合はパーツの取り寄せ、あるいは修理と時間と別途料金がかかります。

なんか怪しいなと思ったら、早めにお店にお越しください。メンテナンス致します。

 

テンプルの固さの目安は

片手でメガネを持って軽く揺らしてもテンプルが倒れず

もう片方の指一本の力でたためる程度のかたさがあればいいと思います。

 

色、いろいろ

2018.07.10

 

スタッフ長尾です。

いきなりですが、色って不思議ですよね。

きのうのブログでも

涼しく感じてもらえるように青の布をベースに模様替えを云々・・・とありました。

この涼しく感じる青い色や、暖かさを感じる赤やオレンジン色は

100%に近い人が共有できる客観的で理論的な要素の強い感情で固有感情と言います。

他には白は軽く感じ黒は重く感じるといような感情です。

(沈着冷静ならブルー、情熱的なら赤)

バーゲンやセールの時のポップが赤・オレンジが多いのは

気持ちを高揚させて購入意欲をかきたてる効果ねらい。

で、私は上手くのせられているわけです(笑)

 

それとは違い人が独自に持っている個別の感情に表現感情というものがあります。

例えば「好き・嫌い」、「きれい・汚い」などの主観的で情緒的な感情効果のことです。

ある人には癒される色でも、別の人にはあまり身近に置きたくない色

ということもある訳です。

 

だから色選び色でいろいろ迷うんですよね。

ということで今日のご提案は、

元気になる色でメガネを選びませんか?ということです

元気に見える色ではなく、元気になる色です。

 

私はこの色が好き!という色がありますよね。

理由は色々。

気分が明るくなる色とか、ラッキーカラーだったり。

そんな色選びもいいと思うんです。

 

例えばこんなメガネ。

フランスのメガネフレームは独特の色使い。目に鮮やかです。

このカラーを見て気持ちがアップ⤴する人がいるかも、です。

 

例えばこちらのフレーム。正面から見れば落ち着いたカラー。

 

でも少し斜めから見ればグリーンや紺色が見え隠れ。

テンプル(ウデ)も鮮やかなカラーです。

メガネをかけてしまうと見えなくなりますが、

そこがいいところ、です。

誰も気づかないけど、こんなきれいな色のメガネを掛けてるんだよ。

ヒソカに自慢です。

 

カラーフレームはプラスチックが多いですが、こんなフレームはいかがでしょうか?

メタル(金属)フレームですが、ワンポイントにピンクとブルー。

これはヒソカにではなく、しっかり自慢してください(^o^)

スタッフ痛感、日ごろの手入れは大切です

2018.07.04

 

スタッフ長尾です。

昨日のことです。

買い物で立ち寄ったお店でメガネを掛けかえようと(遠近→中近)

ケースからメガネをだし、テンプル(メガネのウデ)を広げようとしたら。

なんてこと、パラりとはずれてしまいました。

ネジが抜けていたのでした。(そのネジは見当たらず・・・・。)

メガネを使い始めてかれこれン十数年。

何本も使ってきましたがメガネ人生初の経験でした。

 

ここ数か月は鞄の中に入れたまま

テンプルが少しバタバタしてはいたんですが

ほったらかしにしていました。

 

座金という小さな部品は(ひとつ)残っていたので(違うフレームの座金です)

慌ててそのままフレームごとケースに戻したのですが、それもいけなかった。

今朝お店で直そうとフレームを取り出したときには

小さな部品はケースから行方をくらましておりました・・・。

 

そんな時に備えお店に用意してあるネジと座金で修理をしましたが、

手入れを怠ったことが原因の当然の結果でありました。

普段のお手入れは大切です。痛感いたしました。

 

テンプルがパタパタしていませんか?

あるいは、カチカチに固くてたためない。なんてことはありませんか?

そのままにしておくと後で困ったことになるかもしれません。

お買いものや通勤通学の帰り等、何かのついでにお立ち寄りください。

メンテナンスいたします。

目にもストレッチ必要ですよね

2018.06.15

スタッフ今堀です。

 

たまに整体やマッサージに行くのですが、

行くと必ず、「体、硬いですね~」と言われていました。

それが結構悔しくて、

最近は毎日お風呂上りのストレッチを日課にしています。

体の可動域が広がれば、けが予防にもつながるので、

地道に続けて行きたいなと思っています。

 

体のストレッチをされている方は多いかと思いますが、

目にもストレッチ(的なこと)をやってもらいたいなと思います。

最近は若い方を中心に、目に問題を抱える人が増えています。

当店にも目の疲れを訴えて来店されるお客様が増えており、

何もしないとこの状況はますますひどくなっていくと危惧しております。

 

 

目の筋肉は近くを見ている時に緊張し、

遠くを見ている時にリラックスできます。

近くを見続ける時間が多くなればなるほど、

目の疲れ具合は深刻になってきます。

時々は遠くを見て目を休めてあげることが大切です。

 

 

こちらはアメリカ検眼協会が推奨する、

20分ごと」に「20フィート(約6m)」先を「20秒以上」見て

目をリラックスさせる20-20-20ルール。

なかなか20分ごとは難しいかもしれませんが、

目を休める時間を積極的に作ることはとても大切です。

 

ちなみに、僕は電車の中ではスマホを見ないという

マイルールを決めております。

本を読んだり、考え事をしたり、

窓の外の景色をぼ~っと見たりしています。

電車の窓から外の景色を見るのは、

目を休めるのにとても有効です。

駅に止まった時だけ近くを見て、

動き出したら遠くの景色を見る。

こんな目のストレッチの仕方もあります。

 

近くばかりでなく、遠くを見る時間も

一日の中に少しずつ取り入れていきましょう。

目を休める習慣を身に付ける人が増えて、

少しでも今の状況が改善していくことを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相性が良いレンズとフレーム。 サングラスとヘルメット?!

2018.06.12

 

休みの日晴れたら自転車で走り回っている(?!)スタッフ長尾です。

(まさかの二日続きの自転車ネタ始まり。スミマセン)

 

そのサイクリングにここ半年お世話になっているサングラスが

ボレーB-ROCKです。

レンズをくり抜き直接度付レンズを入れるRXプログラムで装用感もいいんです。

ただ度付のため若干重くなってずれることがあったのですが、

先日ヘルメットを新しくしたらずれ難くなったような気が・・・・。

購入したその日にかぶって家まで帰ったのですが、ずれなかったんです。

もしかしたら、ヘルメットとサングラスにも相性みたいなものがあるのかなあ?

なんて思いました。

 

というのも、メガネにもあるんですよ相性の良し悪しが。

その一つがレンズとフレームの相性です。

 

下の二本のフレームはレンズが入る前枠を上から写したものです。

基準になるように赤い線を引いてみました。

右に比べ左のフレームカーブが強いのがお分かりいただけると思います。

 

このフレームにどのようなレンズを入れたら格好良く仕上がるか?

今回は遠くを見るだけの単焦点レンズ使うことが前提です。

格好良く仕上がる=相性がいい という事なのですが

単焦点レンズには球面レンズ非球面レンズの二種類あります。

 

分かりやすいようにかなり強い度数で比べていますが、

左が球面レンズ右が非球面レンズです。

同じ度数なら

非球面レンズの方がレンズが薄くなり、レンズにカーブが付きません。

球面レンズはレンズ本来のカーブが付いてきます。

 

もうお分かりますよね、相性が良い組み合わせ!(^^)!

フレームのカーブに合わせることだけを考えれば、

左に球面レンズ、右に非球面レンズです。

でもレンズ度数は人それぞれ、度数の強い方や乱視がある方もいらっしゃます。

度数が強いとカーブのあるフレームは選べないの?!!!!

選んじゃいけないのぉ?!!!!

 

と言われそうですが、そんなことはありません。ありませんよ!

度数が強くてもカーブの強いフレームに相性のいいレンズもあります!

相性のいいメガネのご提案いたします。お気軽にご相談くださいませ~。

ご来店お待ちしています。

とても“目が良い”お客さま

2018.06.09

スタッフ今堀です。

 

一般に、「目が良い」「目が悪い」と言う時、

その判断基準となるのは、

(遠くを見る時の)視力なのではないかなと思います。

特に裸眼での視力ですね。

 

 

メガネやコンタクトをしなくても、

視力が1.2や1.5であれば、

「おれ、目良いねん!」ってことになりますし、

逆にメガネなどで補正した時の視力が1.0以上でも、

裸眼の時の視力が0.1しかなかったとしたら、

「私、目が悪いし・・・」なんてことになります。

 

確かに視力はとても大事な視機能の一つですが、

でも、視力だけは本当にその人の目が良いのかは分かりません。

本当はもっといろんな角度から判断する必要があります。

 

 

視力以外にも大切な視機能は色々あります。

 

本日、僕が検眼をさせていただいたお客様。

以前に当店で作らせていただいたメガネが

最近見にくくなってきたとのことで、

レンズの交換に来ていただきました。

前回の時は、その時に使っておられたメガネの

度数そのままでお作りしたのですが、

今回は当店で度数を測定させてもらいました。

 

近視のお客様で、測定すると乱視もありました。

裸眼視力は0.1もありません。

メガネがないと、人の顔もまともに分からない位です。

世間の感覚からいえば目が悪いということになるのですが、

検眼をさせていただいた僕から言えばとんでもない。

すごく良い目でした。

 

確かに近視や乱視はありますが、

ちゃんと補正すれば視力も十分に出ておられました。

メガネを掛けてもらえば見え方も全く問題なし。

そして、素晴らしかったのが・・・

 

立体視です。

(こちらはイメージです。実際の検査画面とは異なります。)

 

度数測定後に立体視のテストも行ってみたのですが、

多くの方が答えられないような難しいものまで

スラスラと答えていただけました。

ちょっと考えて分かるという方は多いのですが、

瞬間的に答えられるという方はなかなかおられません。

 

立体視テストの反応がすごく良かったので、

両眼視機能には全く問題なさそうでしたが、

念のために一応確認だけしてみると、

遠方、近方ともにほとんど視線のズレもなく、

こちらも素晴らしい結果でした。

 

いろんなお客様の検眼をさせてもらっていますが、

本当に羨ましい限りの目でした。

ぜひ大切にしていただきたいです。

 

 

 

 

専用クリーナーを使ってメガネをきれいにしますよ

2018.05.11

スタッフ今堀です。

 

眼鏡店ではおなじみの超音波洗浄器。

当店でも超音波洗浄器を使って

お客様のメガネをきれいにさせていただいているのですが、

実はこんなものも使っております。

 

 

こちらは、超音波洗浄器専用のクリーナーです。

このクリーナーを超音波洗浄機に入れる水に混ぜて使っております。

 

 

緑茶成分配合です。

超音波の振動とプラスすることで、

落としにくいレンズやフレームの汚れもスッキリ!!

 

 

洗浄は無料でさせていただきますので、

ご来店の際は、遠慮なくお申し付け下さい。

 

 

紫外線カット加工はあたりまえ+αです

2018.05.01

 

スタッフ長尾です。

暑かったり寒かったり、

よくワカラナイまま4月が過ぎ去り今日から5月がはじまりました。

ゴールデンウィークも半ば、世間はお休みのところが多いと思いますが

メガネのイマホリはゴールデンウィーク中も元気に営業しております。

ただ、日曜祝祭日は午後6時までの営業となります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

さて、最近よくお聞きする事の一つにこんなことがあります。

お医者さんに帽子や日傘、眼鏡で紫外線予防をしてください。と言われたんだけど、

今使っているこのメガネは紫外線カットしてあるの?というご質問です。

 

最近のメガネレンズは余程特殊の場合を除き

紫外線カット(UVカット加工)は標準装備です。

サングラスは勿論の事、近視・遠視、遠近両用メガネレンズ。

そして室内用メガネのレンズも紫外線カットされています。

 

そして無色のレンズであっても紫外線カットはきちんと出来ています。

紫外線予防でレンズにカラーを入れるのは抵抗がある。

と言われることがありますが、

カラーレンズは太陽光のまぶしさを防ぐものであり、

紫外線カットするものではないのです。

 

これはスタッフ長尾の無色の室内用メガネです。

これにも紫外線カット加工されています。

無色のレンズで本当に紫外線カット出来ているのか目で見て確かめる方法として

紫外線量により色が変化する調光レンズを使います。

 

調光レンズの上に室内用メガネを置いて日向に放置(?!)しておくと

メガネレンズの部分は色の変化がなく、紫外線をカットしているのが分かります。

紫外線カット加工はもう当然。付いていてあたりまえになっています。

 

そして現在では紫外線のみならず、

目に有害とされる波長域がいろいろと知られるようになりました。

紫外線カットプラス、目の健康をサポートするレンズが続々と登場しています。

皆さんご存知のブルーライト(青色光)カットレンズに睡眠サポートレンズ。

網膜の黄斑部にある色素ルテインを守ってくれるレンズもあります。

近視・遠視メガに遠近両用メガネ。手元用メガネにも対応できますので

詳しくはスタッフまでお気軽におたずねくださいね。

 

 

 

 

 

 


スタッフ長尾今年もうっかりやっちゃいました。

シャツの袖と手袋の隙間ができたのにそのままにしてたら・・・・。

見事に帯状の日焼け出現(?!)

日焼け予防対策中のみなさまうっかり日焼けにお気を付けください。

 

 

面白いメガネを見せてもらいました

2018.04.13

スタッフ今堀です。

 

眼鏡業界ではいろんなブランドの春の新作が発表される時期です。

今週も東京を中心に、各地で展示会(新作の発表会)が行われています。

基本的には展示会に参加しないと新作が見られないのですが、

本日、展示会に参加されていないメーカーさんが来店し、

お店で新商品を見せてくれました。

 

来店されたのは福井県のたまむら眼鏡さん。

当店では跳ね上げ式のフレーム、

TG Craft シリーズでお世話になっています。

 

定番のフレームの在庫補充を終えた後に、

「ちょっと面白いフレームを作ったんですよ。」

そう言って営業さんが見せてくれたのがこちらのフレーム、

 

 

“木”でできた眼鏡フレームです。

 

社長さんの知り合いに家具の職人さんがおられ、

眼鏡とのコラボレーション企画で作ってみたそうです。

 

以前からこういうフレームはあったのですが、

調整ができなかったり、汗や整髪料などで劣化したり、

正直あまり良いイメージがありませんでした。

 

でも、実際に手に取ってみるとなかなか良い感じです。

木ならではの肌触りや温かみを感じられ、

掛けてみたくなる気持ちもちょっと分かりました。

今のところ、木のメガネが欲しいというお問い合わせはないので、

今回は仕入れていないのですが、

いつか真剣に取り扱いを考えてみても良いかなあと思っています。