トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

雑記

メガネのイマホリのインスタグラムもぜひご覧ください

2021.04.04

 

スタッフ長尾です。今日はお知らせです。

 

メガネのイマホリではブログと並行してインスタグラムもやっています。

 

 

パソコンホームページでは画面の右上、モバイルでは左上にカメラマークがあります。

そこをクリック(タップ)して覗いてみてください。

 

 

 

週2~3の更新で、フレームの紹介やイベントなどのお店情報を発信しています。

 

いいね!やアカウントのフォロー、よろしくお願いします。

 

メガネに関する悩み、心配、疑問 お気軽にご相談ください

2021.03.28

 

スタッフ長尾です。

メガネは近視、遠視、乱視などの屈折を補正してきちんと見える視力を出すことや、目を保護することが目的です。でも、目的が果たせればそれでいいわけじゃなく、おしゃれなメガネやカッコいいメガネを掛けたい(作りたい)ですよね。

 

 

 

 

でも・・・。

何が自分に似合うのかよく分からない。

カッコいいフレームだけど、度数が強いからレンズが厚くなってしまうかな・・?

遠近両用メガネにしたいけど、フレームはどんなものでもいいの?

メガネを掛けると目が小さく見えてしまうんだよね。 等々・・

 

気になることや分からない事だらけで、疑問や心配、悩みもたくさんあると思います。まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。

 

フレームの大きさ・形・カラー、デザインなどで。

レンズの厚みが抑えられたり、

 

 

顔色を明るく見せたりすることも出来ますし、

 

レンズの形や大きさで、

お顔の形を短く見せたり、面長に見せたりすることもできます。

 

 

それに、テンプル(ウデ)の付いている位置で横顔の見え方も変わってきます。

 

お洒落なメガネ、可愛いメガネ、素敵なメガネ、カッコいいメガネ、掛け心地のいいメガネ。似合うメガネを私たちと一緒に選んでいきましょう!

ご来店お待ちしています!!

老眼とメイクの話 補足 

2021.01.26

 

スタッフ長尾です。

室内用メガネを上下ひっくり返して、メイクをする時に使うという先日のブログのですが、

 

なぜ上下をひっくり返すと便利なのか?その理由についてちょっと補足です。

(私は遠視です。近視の方はメガネを外す方が楽かもしれません<(_ _)>)

 

室内用レンズは下の画像のように「遠く・中間距離・近く」が見えるエリアがあります。遠くはオマケみたいな感じですね。

 

 

正常(!?)に掛けると、真っすぐ向いた時に中間距離が見える、緑色の円の中を視線が通ります。室内の掲示物や壁にあるカレンダーが見えるぐらいの度数になっています。視線を下げればオレンジのエリアで近くが見えます

 

この状態で上下ひっくり返すと近くが見えるオレンジのエリアが上部に来ます。上目使いで鏡を見るとこのオレンジのエリアに視線が来るので、鏡の中の自分の顔が良く見えるわけなのです。

 

 

緑とオレンジのエリアの間は少しずつ度数が変わっているので、あごの上げ下げで見たい箇所(眉だったり、まつ毛だったり)にピントあわせが出来ます。

 

鏡に向かって顔を上げ下げ、近づいたり離れたり。ちょっと(!?)おかしな人ですが、これ無しには朝は始まりません(笑)(少し前までは裸眼で眉は描けたんですけどね・・・(^^; )

 

この方法は遠近両用メガネでもできます。試めしてみ見たところ、見えるエリアが少し狭くなりますが大丈夫!でした。

 

ただ、左右の度数差が大きいとますます見にくくなるかもしれません

「どれどれ、一度試してみるか?」みたいな感じでお試しいただければ、と思います。

 

老眼とメイクの話 メイクの困り事 私の解決法

2021.01.24

 

今日はスタッフ長尾の老眼とメイクの話です(笑)

 

 

私は軽い遠視で遠くはメガネ無しでも見えるのですが、ご飯茶碗の米粒や魚の骨など近くのものはメガネが無ければ見えません

食事等は遠近両用や室内用メガネがあるので困らずに済んでいますが、問題はメイクです。

鏡に顔を近づければ近づけるほど見えなくなってしまいます。

 

アイメイク専用メガネというものもありますが、数年前から「室内用メガネをひっくり返して使う」方法でメイクをしています。

上下の幅が狭いフレームの方が眉を描く時便利だったりします。

 

 

さらに便利なのは、メガネをそう~っと顔から離すと目が大きく見えることです。

アイシャドウのはみ出しやマスカラの飛び散りが見えるし、隙間が大きくなった横から綿棒で修正するのも楽です。

見た目はかなりおかしな恰好ですが、結構使いやすいんですよ。

 

最近これは便利と思ったのがフレームのリム(レンズを囲む枠)が、「眉を描く時の便利なガイドになる」ということです(*^▽^*)

 

 

 

老眼が始まった頃から使用している遠近両用メガネや室内用メガネがいくつかある中で、

 

 

眉のラインを描くのにピッタリ(!?)なフレームを見つけました。

リムに沿ってペンを動かすだけ左右ほぼ同じカーブで描けます。便利!!です。(太さと長さは合わせ鏡でにらめっこですが(^-^;)

 

古くて度数が合わなくなったメガネでメイクのお困りが解消するかもしれません。

こんな方法もあるので試してみてください。

新しい年に向けて準備中です

2020.12.28

スタッフ今堀です。

 

年内の営業もいよいよ今日と明日のみとなりました。

 

新しい年に向けて準備を進めております。

 

 

店入口のディスプレイもお正月仕様に変更しました。

 

 

すっかり恒例となった年明けのお年玉大抽選会のDMの準備も終わりました。

お客様の住所とお名前を印刷した宛名シールを、一枚一枚スタッフ長尾と二人で貼らせてもらっています。

 

年明けにはお手元に届くと思いますので、内容をご確認いただき、抽選会にぜひお越し下さい。

 

 

ちなみに、毎年、抽選の時にはガラガラを回してもらっていましたが、感染防止の観点から、来年の抽選会はお客様に直接手で触れてもらわずにできる内容を予定しております。

どんな内容になるかぜひ楽しみにしていて下さい。

 

年明けは5日(火)から営業致します。

 

 

パーソナルカラーの色選びを分かりやすく説明するために

2020.11.30

 

 

メガネのフレーム選びを

パーソナルカラー診断でお手伝いしているスタッフ長尾です。

誰でも自分だけに「似合う色」があり、その色をパーソナルカラーと呼んでいます。

堅苦しく考えると身動きできなくなってしまうので、

「広~い色の世界で私は大体ここら辺に居るのね。」

と目安になるのがパーソナルカラーだと思っていただければいいかなと思っています。

 

でも「イエローベースの」とか「ブルーベースの」と言われても、赤が青い??黄色い赤???どういうこと????と、クエスチョンマークのオンパレードってこともあります。

「折角似合う色のグループ分かっても、色選びって結構難しいのよね」というお言葉もいただきます。

 

そこでこの度このような表を用意しました。

 

 

絵具や色鉛筆のケースの中に入っていることがあるので、見たことある人は多いかと思います。色見本見たいなものかなと思っていましたが、カラーの勉強していくうちに「なるほど!そういうこと!」と色(カラー)のことが結構すんなり頭に入ってきました。

 

パーソナルカラーのカラーチャートだけでは分かりにくい微妙な色も

 

トーン表や色相環で分かりやすくなると思います。

 

コロナの感染拡大が心配な時期ではありますが、この表などを使い少人数でパーソナルカラーのイベントが出来ればと思案中です。

暑いこの時期にメガネにおこりがちなこと メンテナンスは大事です

2020.08.25

 

スタッフ長尾です。

毎日暑い日が続きますね。

 

例年この時期になるとメガネがたたみにくい、


あるいはウデがカチカチに固まって動かない!

ということで来店される方がとても多いです。

 

汗やほこりがネジと丁番に入り込みそのまま乾くことで

糊のように固まり(錆びることも)動かなくなるなるみたいです。

(メガネ洗浄の後は水分をきちっとふき取ってくださいね)

 

そういうことで、メガネ洗浄機がジージー(ジャージャー?)と

常に稼働状態なのですが、今年はとても少ないです。

 

やはり、この暑さと新型コロナにより外出を控えていらっらしゃる方が多いのでは?

と推察しています。

 

それでも、全く無いというわけではありません。

メガネのウデの動きがぎこちなくなってきたのをそのまま放っておくと

全く動かなくなり、無理やりたたもうとすると折れてしまうこともあります

無理は禁物です!!早めにご来店ください。

 

フチなしメガネの場合、

ウデをたたむ時の力の多くが、レンズを止めているネジの部分にかかってしまいます。

度数にもよりますが、レンズが割れないまでも亀裂(ヒビ)が入ることもあります。

レンズにも負担がかかってしまいますのでご注意ください。

パーソナルカラー 生活の様々なシーンで役立ちますよ

2020.06.02

 

スタッフ長尾です。

6月になったとたん、蒸し暑さを感じるようになってきました。

これまでも暑い日がありましたが、人間の感覚ってかなりいい加減なところがありますね。

(今年はマスクをしているせいもあります。)

 

今は衣替えや(・・遅い?!)お部屋の模様替えの時期でもありますよね。

カーテンやテーブルクロスの色を変えるだけでもグッと夏らしい雰囲気になりますし、

お部屋が涼し気ぇ~になりますね。

 

そのお部屋の模様替えにも役立つ色のお話をちょこっとします(*^-^*)

 

 

当店ではフレーム選びの際、一人ひとりに似合う色を探し出すパーソナルカラー診断を行っています。

この似合う色のグループは生活の色々なシーンでも役立つんですよ(*^-^*)

 

パーソナルカラーは大きく二つのグループに分けられます。

温かみのあるイエローベース寒そうに感じるブルーベース

さらにそのグループを明るい,鮮やか、さわやか、深みがある等の特徴を持つ色で四つのグループに分けます。

それが四季になぞらえたこちらのグループです。

 

イエローベースの春とブルーベースの夏を比べると

ブルーベースの夏(summer)が涼しそうに感じますよね。

暖色系の赤でもブルーベースの赤は涼し気に感じませんか?

今の時期はブルーベースのカラーが目にも心にも心地よく感じるおすすめカラーグループです。

そのうえ、共通の特徴やイメージでまとまったグループ内のカラー同士でまとめればカラーコーディネートもばっちり決まります。色合わせの失敗も減らすこともできちゃいます。

不思議で面白い、意外と奥が深いカラーの世界です。参考になれば幸いです。

 

パーソナルカラー診断気になるわ、って方スタッフ長尾までお気軽にお尋ねくださいね。

クイック診断(簡易)もやっております。

⁂パーソナルカラー診断のみのサービスはおこなっていません。

メガネの洗浄も大事です

2020.04.21

 

スタッフ長尾です。

感染拡大が広がり続けている新型コロナウィルス。

先月のメガネグッズ紹介の中でメガネにも

飛沫感染や目を無意識にを触ってしまうことなどを防げる

感染予防効果があるのではないかということを書いていたのですが・・・

 

先日「日本眼科医師会」のHPを見ていたところ

「新型コロナウィルス感染症の眼に関する情報について」という掲載があり、

新型コロナウィルスは口や鼻といった上気道の粘膜から感染しますが、

目の粘膜組織である「結膜」からも感染する可能性があります

という記載がありました。

 

新型コロナウィルスに感染した方のせきやくしゃみ、

会話しているときの唾液(つば)に含まれたウィルスが顔にかかったり

ウィルスの付いた手で目をこすったり触ったりすることで

感染する可能性があるということだそうです。

 

メガネの使用で程度は抑えることが出来るとあります。

でも完璧ではなく、レンズのない上下の隙間などから侵入する可能性はあるので

注意が必要とのことです。

 

では予防するにはどうしたら?

これは新型コロナウィルス感染予防の基本中の基本

「手洗い(石鹸による十分な手洗い)」

アルコールなどで消毒して清潔にすることです。

目を触らない、こすらないも大事ですね。

 

そうなるとやっぱりメガネの洗浄も大事になりますよね。

手洗い・うがいにメガネの洗浄も加えましょう。

アルコール消毒をしなくても界面活性剤の含まれたたクリーナーでも大丈夫。

界面活性剤にはウィルスを不活性化させる効果が期待できるそうなのですよ。

 

 

手洗い、うがい(眼鏡もしっかり洗浄)

しっかり対策をしてかからない、うつさないように心がけて行きましょう。

この季節気になるドライアイ メイクも要注意です

2020.02.23

 

スタッフ長尾です。

昨日は一雨来て湿度が少し上がりましたが、まだまだ乾燥が気になりますね。

この時期花粉症の他に注意したいのがドライアイです。

 

ドライとは。(レンズメーカーサイトの定義を引用すると・・・)

眼を守るために欠かせない涙の分泌量が減ったり、

涙の質が低下することによって様々な症状があらわれる状態

症状としては眼の乾きや疲れなどがあります。

 

原因は色々ありますが、まず加齢 (これを言われると、ねぇ・・・ “(-“”-)”)

それから空気の乾燥

冬から春先にかけて乾燥しやすいですし、

エアコンなどで室内も乾燥が進みますよね。

 

パソコンやスマホの長時間の使用

これは経験ありますが、瞬きの回数が減ってしまうんですよね。

眼がシバシバしてきます。

 

コンタクトの長時間使用などが原因でドライアイ引き起こすケースも増えているそうです。

コンタクトユーザーの皆さんは使用方法を守るようにしてください。

パソコン作業などでは瞬き回数も減ってきます。

家に帰ったらメガネに切り替えるなどして、長時間の使用を避けるよう心がけましょう。

 

そしてもうひとつドライアイの原因があって、メイクをする人は要注意のことがあります。

それは実は油分も大事なんです

目の周りにはマイボーム線という油分を分泌すところがあります。

これは眼の粘膜部にあって(まつ毛の内側)瞬きのたびに分泌されていますが、

アイメイクなどが入り込み詰まることがあるそうです。

アイラインがピッと入ったりすることありますよね。

 

目元周りのメイクも優しくしっかり落とすことが、

眼のためにも肌のためにも大事になってきます。

 

水分油分を守り、睡眠もしっかりとって眼の健康も守りましょう!