トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

先セルパーツのないメガネフレームに簡単に取り付けられるカバー

2022.02.19

スタッフ今堀です。

 

本日は久しぶりにメガネグッズをご紹介したいと思います。

 

スリムフィット

660円(税込)

 

先セル(モダン)パーツが付いていないメガネフレームに取り付けられるカバーです。

 

 

一般に、メガネのフレームのテンプル(ウデ)の先端には、先セル(モダン)と呼ばれるプラスチックのパーツが付けられております。

 

先セルパーツはただの飾りではなく、掛けた時のフィット感を良くしたり、耳介の後ろに添わせる際に肌と接触する面積を広くすることでメガネが前方にズレるのを抑える効果があったりします。

 

 

メガネのフィッティング(調整)を行ううえで結構大事なパーツなのですが、最近、先セルが付いていないメガネフレームが多くなりました。

 

特にデザイナーズブランドでこのタイプのメガネフレームがめちゃくちゃ流行っており、当店で取り扱っている眼鏡ブランドでは、TAYLOR WITH RESPECTAKITTOなどでもこのタイプが多いです。

 

聞いた話なので本当かどうか分かりませんが、フィッティングにこだわっているお店では、先セルの付いてないメガネフレームは仕入れないというところもあるそうです。

 

個人的には先セルパーツがあるメガネフレームの方が調整がしやすくて好きなのですが、世の中の流行もありますし、何よりユーザーから人気のあるブランドということもあるので、受け入れることにしています。

 

 

ただ、先セルが付いていないメガネフレームを購入された方の中には、掛けていると痛くなってしまったり、直接金属が肌に当たるのが嫌なので何とかして欲しいという方もおられます。

 

そういう場合には、以前は上の写真のようなシリコンのチューブを巻いておりました。

 

ただ、テンプルの先端側から差し込む必要があるため、先端部分が大きいテンプルの場合、無理やり入れるとちぎれてしまうため使うことができませんでした。

 

 

スリムフィットはその辺のこともよく考えて作られており、上側に切込みが入っております。

 

切り込み部分から差し込んで入れることができるので、テンプルの先端の形状に関係なく使うことができます。

 

 

テンプルの先端から差し込む必要がないため、先端部分が大きな形状のテンプルでもぴったり取り付けることができます。

 

先端部分だけが大きくて、耳に掛かる部分は細い形状のテンプルに使いやすいのがこの商品の特長です。

 

 

フィット感もなかなか良く、ある程度使って劣化しても簡単に取り換えることができます。

 

先セルパーツの付いていないメガネフレームを購入された方で、耳の辺りのフィット感が気になるという方におすすめのアイテムだと思います。

 

当店のスタッフ長尾も使っておりますので、気になる方は気軽に声をおかけ下さい。

 

 

************************************

湖国のお店応援!ここクーポン使えます!

ここクーポンについては公式サイトをご覧下さい。

https://koko-coupon.com/

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です