トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

近くがラク見え 「デジラク」使ってみました 

2022.01.30

 

スタッフ長尾です。

最近ではパソコンのモニターも大画面横長ワイドビジョンになっています。そんなデジタル機器に対応した新設計の近用ワイドビジョンレンズ「デジラク」が、昨年初冬に東海光学から発売されました。

 

いわゆる近々レンズと呼ばれるレンズで、キーボードからパソコンのワイドモニターまで広々と見え、長時間のデスクワークも楽々こなせます。(←メーカー談)

 

ちょうど発売時期に自身の近々レンズの度数が合わなくなっていたことと、店のパソコンがワイドモニターに変わったので、良いタイミングと「デジラク」試してみることにしました。

 

「デジラク」は広い視野を確保したTYPE1

 

奥行を確保したTYPE2の二種類あります。

 

 

「デジラク」を使ってパソコン作業をするのは主に写真の画像処理をするときです。(たまにデーターの入力作業でも使います)

 

キーボードも使いますが、モニターと睨めっこをしているような状態です。そのモニターを見るときは、横方向へと頭を動かすことが多く、さらに、画面に近づいたり離れたりも結構やっています。

奥行より左右の視野の広さ重視でTYPE1を選びました。

 

画像処理をする場合使用ツールを頻繁に変え、モニター画面上を端から端までしっかりみることが多いので、頭を動かす回数も移動範囲も多めです。

 

度数を強くしているので見え方は当然良いです。それを差し引いても、鮮明度は今までのレンズより上をいっているように感じで、パソコンのワイドモニターへの対応はしっかりしているんだなと思いました。ワイドでクリアなレンズといえると思います。

 

新しい設計のレンズを使うときは大抵歪みやユレを感じ大丈夫かなと心配するのですが、使用しているうちに慣れてきます。(究極の遠近両用レンズ「極み」でも近くを見る時にちょっとした歪みを感じました。)

今回も四角いモニターが少し湾曲して見えましたが、今ではすっかり慣れて違和感を感じなくなっています。

 

奥行があるデスクや、モニターが離れているような場合はTYPE2。モニターを複数台並べて使用なら左右の視野が広めのTYPE1が良いかと思います。

 

デスクワークの疲れを感ている方

長時間パソコン作業をされる方

デスクに書類を広げて作業をされる方

 

近用ワイドビジョンレンズ「デジラク」を試してみませんか?

お気軽にご相談ください。

 

************************************

湖国のお店応援!ここクーポン使えます!

ここクーポンについては公式サイトをご覧下さい。

https://koko-coupon.com/

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です