トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お客様のメガネのご紹介。家の外と中で雰囲気もがらりと変わるはず

2021.02.08

スタッフ今堀です。

 

今日はお客様のメガネのご紹介です。

 

大津市の女性のお客様で、初めて当店でメガネをお作りいただきました。

「SSS級認定眼鏡士が在籍しているお店だから」ということで、当店をお選びいただきました。

 

普段はコンタクトレンズを主に使用されておられるそうなのですが、今後はメガネにしたいということでした。

運転や外出用に遠くがよく見えるメガネと、室内で使いやすいメガネ、2本のメガネをお作りいただきました。

 

まずは、運転用のメガネです。

 

 

フレームは、フランスの眼鏡ブランドlafont(ラフォン)のCOQUELICOT(コクリコ)。

 

「よく見かけるありきたりなデザインではなく、ちょっとお洒落なフレーが欲しい」というご希望だったので、こちらをご提案させていただきました。

 

こちらのフレームに遠近両用レンズを入れさせてもらっています。

 

 

遠近両用レンズを使われたことがないそうで、最初は「近くは外せば良いかな」と仰っておられました。

 

たしかに、ちょうど40cmくらいでピントが合う近視のお客様だったので、メガネを外すと楽に近くを見ていただくことができます。

 

ただ、運転時にはカーナビなどを見ることもありますし、そういう時には遠近両用レンズの方が便利です。

 

 

また、遠近両用レンズであれば、買い物などで値札を見たりする際にも、メガネを外したり上に上げなくてすみます。

 

メガネを上げて値札などを見ている仕草は、どうしても年齢を感じさせてしまいます。

その点、遠近両用レンズであればメガネを掛けたまま値札が見られるので、見た目がより若々しく見えます。

 

女性のお客様の場合には特に、若々しく見えるフレームのご提案だけでなく、見る時の仕草も若々しく見える、そんなメガネをお作りしたいなと思っております。

 

 

室内用には、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)のdomeをお選びいただきました。

 

こちらのフレームに、中間と手元の見え方を重視した室内用レンズを入れさせてもらっています。

 

 

丸みのある優しい雰囲気のボストンシェイプのフレーム。

サイズもやや小さ目なので、女性にもおすすめのフレームです。

 

少しピンクが入ったブラウンとマットゴールドのグラデーションカラー。

日本人の肌の色にもなじみやすく、とてもきれいなカラーです。

 

 

ブランド3周年を記念して作られたオリジナルのセーム革セリートもお付けさせてもらっています。

 

 

室内用の方が使用頻度は高そうということで、こちらのメガネのレンズには、キズに強くてブルーライトカットも付いたUSC-BCというコートを付けさせてもらいました。

 

外出用と室内用で全く印象の異なるフレームをお選びいただき、それぞれの場面で使いやすいレンズをお選びいただきました。

 

「コンタクトをやめてメガネにして良かった」

そんな風に思っていただけると嬉しいです。

お買い上げいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です