トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

近くの見え方に違和感を感じ始めた時

2017.09.24

 

スタッフ長尾です。

 

軽い遠視があるので遠視の矯正メガネを使っていました。

(メガネ店で働いていなければ気が付いていなかった)

他の人よりは

手元の見え方が悪くなる感じ方が早いのかな、漠然と思いながら。

 

が、老眼ってある日いきなり、こんなふうにぼやけて見えない。

なんてことは、ありませんでした。

 

本や新聞など文字を読むのが面倒くさくなったことが最初です。

 

見えています。読めてはいるのですが、

集中できない。長い時間読書が出来ない。休憩時間が多くなる。

飽きっぽくなったのかと思いました。40を少し過ぎた頃でした。

 

今そんな風に感じている方はいらっしゃいませんか?

あるいは、

夕方になるとなんだか見る事がつらい、疲れるんだよね。

ついメガネを外したくなっちゃう。なんてこと。

それは近くを見るための眼の調節力が弱くなってきているのかもしれません。

 

パソコンやデスクワークなど近くを集中的に見る時間が多い現代社会。

いまは、近くを見る時の目の調節をサポートして、

ちゃんと遠くもスッキリ見える工夫をされたレンズも販売されています。

近く用の度数が必要になり始めた時こそ無理は禁物です。

 

メガネなんて今まで使ったことないし、よく分からないし・・・。

 

大丈夫ですよ。

この私もメガネ開始は遅かったから、その気持ちよく分かります。

何でもお気軽にご相談くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です