トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

レンズ

長時間のPC作業や細かいものを見る作業にはデスクワーク用レンズがおすすめです

2021.04.09

スタッフ今堀です。

 

当店のホームページの中には、自店で取り扱っている眼鏡ブランドの商品を紹介するページもあり、現在そちらのページを更新しているところです。

 

メガネフレームの画像もいくつか載せているのですが、その中には背景が白い画像があります。

 

 

撮影したメガネの写真を画像編集ソフトで切り抜きし、メガネの周囲やレンズ部分を透明にした画像を白い背景に重ねております。

ただ、これがなかなか面倒な作業なのです。

 

ちなみに掲載するメガネフレームの撮影は僕がやっているのですが、この大変面倒な切り抜き作業は、スタッフ長尾がやってくれています。

 

 

最近はダミーレンズのロゴの文字まで残す徹底ぶりで、まるで職人のようです(笑)

お店的にはとても助かっております。

 

ただ、この作業を行っている間はモニター画面と睨めっこ状態になり、目にはかなり負担がかかるようです。

 

そのため、普段は室内用レンズで過ごしているスタッフ長尾も、この作業をする時だけは別のメガネに掛けて替えて作業しています。

 

 

その時に使用しているのが、デスクワーク用レンズです。

 

室内用レンズに比べると近くの見え方をより重視した設計になっており、「デスクワーク用」という名前の通り、デスクワーク時に大変活躍してくれるレンズです。

 

遠近両用レンズや室内用レンズほどではないのですが、デスクワーク用レンズもレンズの中で度数が変化し、見る場所によって見え方が変わります。

 

 

老眼鏡だとぼやけてしまう少し離れた場所も見ることができ、室内用レンズよりも手元が見やすいので、書類を見ながらパソコンの画面も見なければならないような作業をする場合に特に使いやすいレンズです。

 

 

デスクワーク以外でも、模型作りや手芸といったかなり細かい作業にもおすすめです。

スタッフ長尾も、自宅で手芸をする時にはデスクワーク用レンズが入ったメガネを使っているそうです。

 

室内用レンズの使い勝手がかなり良いため、大抵のことは室内用レンズでできてしまうのですが(スタッフ長尾もそう言っておりました)、細かいものを見る作業をする場合には、デスクワーク用レンズを使った方が楽に見ていただける場合もあります。

 

テストレンズもありますので、実際に見たいものや仕事で使う道具などをお持ちいただけたら見え方を体験していただくことも可能です。

気軽にスタッフにご相談下さい。

 

 

さりげなく目元を彩る”ナチュラルカラー”。女性のお客様に人気です!

2021.03.24

スタッフ今堀です。

 

少し前のブログでもご紹介しましたが、最近、メガネのレンズに薄めのカラーを入れられるお客様が増えております。

 

眩しさが気になって薄めのカラーを入れられるお客様が多いですが、最近は、特に眩しさを感じておられなくても、「目元をきれいに見せる」というメイクアップ効果を期待して薄めのカラーレンズを使用される女性のお客様も増えております。

 

最近はレンズメーカー各社から、色が入っているのがほとんど分からないくらい薄いカラーレンズが発売されており、当店ではこれらの商品を勝手に“ナチュラルカラー”と名付け、お客様にご提案させていただいております(笑)

(実際にそういった名前の商品があるわけではないのでご注意下さい。)

 

 

お客様の反応も良いので、店頭にナチュラルカラーのコーナーも作ってみました。

(繰り返しになりますが、あくまでも当店で勝手にそう呼んでいるだけです。

実際にそういった名前の商品があるわけではないのでご注意下さい。)

 

 

ただ、コーナーをご覧いただくと分かるのですが、カラーの種類も結構色々あります。

 

中にはご自身のお好きなカラーを選ばれる方もおられますが、大抵の方が、「自分にはどの色が良いんだろう???」と悩まれます。

 

ですが、どうぞご安心下さい!

 

 

当店にはパーソナルカラーアドバイザーの資格をもったスタッフがおりますので、「どの色を選んだら良いか分からない」というお客様に、ぴったりのカラーをアドバイスさせていただきます。

 

カラーレンズをお客様の目元に当ててみて、レンズカラーと肌との相性や、お顔の印象の変化を客観的に見させていただきます。

お客様自身のご希望や、メガネフレームのカラーとの相性も考慮しながら、最も良いカラーをご提案させていただきますので、気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

 

 

こちらは最近ナチュラルカラーでメガネをお作りいただいたお客様のメガネです。

あえて色が分かるように白いマネキンに掛けさせておりますが、普段の生活の中で自然に掛けられるカラーレンズなので、ご近所や職場でもメガネを掛けるのに抵抗感が少ないです。

 

見た目だけでなく、UVカットはもちろん、ブルーライト(青色光)も軽減する機能も付いており、有害な光から目を守る効果もあります。

(※ナチュラルカラーは眩しさを抑える効果はそれほどないので、眩しさを感じておられる方の場合は、もう少し濃いカラーにしていただいた方が良い場合もあります。)

 

マスクをすることが多くなり、人の視線が目元に集中しがちな今日この頃。

せっかくメガネでお洒落するなら、目元もきれいに見せたいですよね。

 

今お使いのメガネのレンズをナチュラルカラーに交換することもできますので、気軽にスタッフにご相談ください。

 

 

女性におすすめナチュラルカラー ブルーライトも大幅にカットします

2021.03.21

 

スタッフ長尾です。

 

「眩しさが気になるんだけど、濃いめのカラーのサングラスはちょっと・・・ねぇ。それに今はマスクも付けるから怪しい人に見られる心配も・・・。」

という方におススメしているのが機能カラー呼ばれる薄い色のレンズカラーです。

 

色が入っているか分からないほど自然な感じなのに眩しさを和らげてくれるので、当店ではナチュラルカラーと呼んでいます。

各レンズメーカーから販売されていますが、特に女性におすすめしたいのが・・・・

 

東海光学の肌美人ボーテ

 

 

HOYAのRay Guard(レイガード)435です。

 

 

この二つカラーは外出時に眩しさをやわらげてくれるのはもちろんですが、パソコンやスマホなどから発せられる青色光、ブルーライトも大幅にカットしてくれます。

 

ブルーライトをカットするなら無色レンズにブルーライトカットコートがありますが、このコートはレンズ表面の反射光がぎらつくほど青くなるので女性に不評なんです。

 

見た目がちょっとね・・・・。お気持ちはよく分かります。

 

その点肌美人ボーテレイガードはその心配がありません。

上:ブルーライトカットカート

下:肌美人ボーテ シアグレー8%

 

自然な濃さで眩しさをとブルーライトをカット、おまけに肌の色をきれいに見せる効果もあるナチュラルカラー肌美人ボーテRay Guard(レイガード)435 は本当におすすめです。

 

女性はもちろんですが、男性もぜひお試しください。ブラウン、グレーはチャレンジしやすいですよ。

 

 

お客様の眼鏡のご紹介。フレームに合わせて薄めのカラーを入れてみました

2021.03.19

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様の眼鏡のご紹介です。

前回のお買い上げから5年が経ち、新しいメガネをご購入いただきました。

 

 

フレームはAKITTO(アキット)のpin14。

小ぶりのとても可愛いらしいフレームです。

 

 

このpin14は、昨年の秋に発売されたばかりのモデルなのですが、仕入れ時、スタッフ間でも「これは可愛い!」と絶賛していたフレームでした。

おかげさまでお客様からの評判も大変良くて、残り一本となってしまいました。

(写真一番上のワインカラーのみ在庫がございます。)

 

 

車の運転はされないということだったので、レンズは室内用レンズをご提案させていただきました。

今回はHOYAの室内用レンズをお選びいただき、レイガード435という機能カラーも入れさせてもらいました。

 

レイガード435には、ピンク系、ブラウン系、イエロー系、グレー系の4色が用意されており、室内でも使用できる薄めのカラーになっております。

 

 

ファイン(イエロー)を試していただいたところ、目元がぱっと明るくなり、フレームのカラーともばっちり合っていたので、こちらのカラーをご提案させていただきました。

 

マネキンに掛けさせて撮影してみましたが、「かすかに色が入っているかな?」という濃さなので、見た目もそれほど気にならないかと思います。

 

NEWフレームとレンズカラーによって、今お使いのメガネとはかなり雰囲気が変わりました。

メガネが変わると気分も変わりますので、ぜひいろんな場所に掛けて行って欲しいなと思っております。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

カラーレンズというと、サングラスで使われる濃い色をイメージされる方が多いかと思いますが、最近は、「よ~く見ると色が入っているのが分かる」くらいの薄めのカラーレンズもあります。

 

「カラーレンズに興味があるけど、どうやって自分に合うカラーを選んだら良いか分からない・・・」

 

そんなお客様もおられるかもしれませんが、当店にはパーソナルカラーアドバイザーもおりますので、お客様にぴったりのカラーをご提案させていただきます。

気軽にスタッフまでお尋ね下さい。

 

 

 

お客様のメガネのご紹介 薄めのカラーでも眩しさが楽になります

2021.03.16

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネのご紹介です。

先日入荷したばかりのAKITTO(アキット)の新作フレームhag3をお買い上げいただきました。

hag3

サイズ:44▢23

カラー:MB(ブラウン)

 

 

hag3(MB)は前枠のブラウンとテンプル(ウデ)のグリーンで、コントラストの効いたフレームです。可愛いというよりカッコいい系のフレームです。

 

そのカッコいい系のhag3にカラーレンズをお入れしました。

肌美人BEAUTE(ボーテ)ノーブルブラウン20%

 

レンズの下へ行くほど色の濃さが薄くなっていくグラデーションカラーです。20%濃度は夜間も使用できるので、一日を通して使えます。

 

眩しいからサングラスを掛けたいけど、マスクもするし人相が悪くなるから濃い色は嫌だな・・・と思っている方にもおすすめです。

 

肌美人BEAUTE(ボーテ)はチラツキの原因となる青色光を効果的にカットして、疲れ目の軽減します。薄めのカラーでも眩しさを取り除くことが出来ます。

もちろん、サングラス用としてのカラー濃度も用意されています。

 

また肌美人BEAUTE(ボーテ)のカラーには美白・透明感をきわだたせる効果もあって、掛けるだけで自然な美肌感を演出してくれます。色々なシーンに応じたカラーを選んでいただけます。

*肌美人とありますが、男性もお使いください(*^-^*)

 

お客様のメガネのご紹介。免許更新に向けて最高のレンズで作らせてもらいました

2021.03.12

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

初めて当店でメガネをお作りいただいたのが1995年、今から26年前というお客様で、僕がまだ学生だった頃から当店でメガネを作っていただいております。

 

近々運転免許の更新があるということで、新しいメガネを作りに来て下さいました。

 

 

お選びいただいたメガネフレームは、メンズマーク

アンティーク調のゴールドカラーがカッコいいフレームです。

 

度数を確認し、メガネを作らせていただくことになったのですが、運転免許の更新用(単焦点レンズ)なので、それほど上等のレンズでなくても良いかなと思い、比較的リーズナブルな価格のレンズをご提案しました。

 

 

お客様も最初は「まあ、それで良いかな」という感じだったのですが、店頭にあったこちらの案内をご覧になり、「これにできないか?」と言われました。

 

こちらは遠近両用レンズの案内だったので、あらためて両面非球面設計の単焦点レンズをご紹介したところ、「せっかく作るなら良いレンズにして欲しい」と仰っていただき、このレンズになりました。

 

 

HOYAの単焦点レンズのラインナップの中では、最高グレードのレンズであるNULUX WFiです。

 

こちらのレンズはオーダーメイド設計となっており、度数だけでなく、お客様がメガネを掛けた時の状態も測定してレンズを注文します。

 

 

お選びいただいたフレームのフィッティング(調整)を行い、フレームを掛けた時の状態を専用のツールで測定させていただきました。

 

レンズを発注する際、度数とともにこの測定データも入力することで、メガネを掛けた時の状態も考慮したメガネレンズが作られます。

まさに世界に一つしかない、自分だけのメガネレンズが出来上がります。

 

 

レンズにカラーをご希望だったのですが、あまり濃い色を入れてしまうと暗くなって視力が低下してしまう心配もあり、肝心の免許更新に影響が出てはいけないので、レイガード435という薄めのカラーレンズをご提案させていただきました。

 

 

カラーはナチュラル(ブラウン)をお選びいただきました。

「ちょっと色が入ってるのかな?」というくらいのカラーなので、レンズにカラーを入れることに抵抗を感じられる方でも安心してお使いいただけます。

 

 

お買い上げいただいたレンズが高価なレンズということもあり、販売する時にちょっと緊張しましたが(笑)、お客様に満足していただけるメガネを作ることができたのではないかなと思っております。

お買い上げいただいたありがとうございました。

 

 

 

「濃いカラーだと見た目が気になる」という方に。薄めのカラーもありますよ!

2021.03.06

スタッフ今堀です。

 

コロナの影響で昨年から自転車で通勤するようになり、間もなく1年が経とうとしています。

 

寒さもだいぶ和らぎ、自転車で走るのも楽になって来たのですが、最近は日の出時間が早くなったため、朝日がだいぶ眩しくなってきました。

 

朝の散歩や出勤時に、眩しさを感じておられる方も結構多いのではないでしょうか?

 

僕の場合はサングラス(紫外線に反応してレンズの色が濃くなります)を使っておりますが、感染防止のためにマスクをしなければならないので、見た目が気になって「サングラスはちょっと・・・」という方も多いようです。

 

マスクをして濃いめのサングラスを掛けて歩いていると、ちょっと怪しい人に見られる心配もあり、人の目が気になってしまいますよね。

 

そんな「眩しさが気になるんだけど、濃いめのカラーレンズは嫌だな」という方におすすめしているのが、機能カラーレンズです。

 

 

 

機能カラーレンズは短波長光を効果的にカットする機能があるので、薄めのカラーですが、結構眩しさが楽になります。

(可視光線の中でも短波長光は目の中で強く散乱する性質があり、眩しさの原因となると言われています。)

 

 

レンズメーカー各社からいろんな機能カラーレンズが発売されており、カラーバリエーションや色の濃さもいろいろ選ぶことができます。

 

 

色が入っているのかほとんど分からないくらい薄めのカラーの商品もあります。

 

 

眩しさを抑えるだけでなく、目元の肌の色をきれいに見せる効果もあるカラーレンズもあり、こちらは女性のお客様に人気です。

 

ただ、あまり薄いと効果がないこともありますので、眩しさを強く感じられる方の場合は濃いめのカラーをおすすめする場合もあります。

 

 

濃い目のサングラスカラーと違い、薄めの機能カラーレンズは年間を通して使えますので、普段使うメガネとは別に一本持っておくと色々な場面で使えて便利です。

 

店頭にはカラーサンプルもございますので、実際にご覧いただくこともできます。

気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

お客様のメガネのご紹介 車の中でもレンズの色が濃くなるサングラスです

2021.02.21

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネのご紹介です。

車の運転用にサングラスを作りたいとご来店いただきました。

 

運転用なので眩しさをしっかり避けられる濃いめのカラーがおすすめなのですが、室内では一般のメガネとして使いたいというご要望もありました。(掛け替えの手間は省きたいですよね)

 

太陽の光量によりレンズの色の濃さが変わる調光レンズがあるのですが、正確には紫外線の量に反応して色が濃くなっていきます。

 

車のフロントガラスは紫外線カット加工がされているため、車の中ではほとんど色の変化がないのです。

と、以前ならここで運転専用サングラスをお作りいただくしかなかったのですが・・・

 

 

今は、車のフロントガラス越しでも色が濃くなる調光レンズがあるのです!!

 

トランジションズ・エクストラアクティブと言います。

カラーはブラウンとグレーの二色があります。

 

実際のどれぐらいの色変化があるかサンプル用の前掛けサングラス一週間お試しいただき、グレーでお作り致しました。

フレームはlafont(ラフォン)のVICKY(ヴィッキー)

 

くっきりはっきりの黒いプラスチックの前枠と、テンプル(ウデ)のエレガントな水玉模様でお洒落でカッコいいサングラスが出来上がりました。これから春から夏へと大活躍してくれること、間違いなしです!

 

お買い上げいただきありがとうございました。ドライブを楽しんでください。どうぞご安全に。

 

 


室内ではほぼ無色です。(照明で多少色付くこともあります)

仕事場や家の中で使うメガネのレンズ選びも気軽にご相談下さい

2021.02.03

スタッフ今堀です。

 

最近、普段用のメガネとは別に、お仕事用やお家の中で使うためのメガネを作られるお客様も増えております。

 

室内で使うメガネ用のレンズにもいろんな種類があります。

 

 

いろんなレンズがあるのは嬉しいのですが、「自分はどれを選んだら良いの?」とお悩みの方もおられるかもしれません。

 

一応、「こういう作業にはこのレンズがおすすめ」というのはあるのですが、人によっては必ずしもそうではない場合もあります。

 

どういうレンズが使いやすいかはお客様によって異なりますので、当店では主に下記の3点をお尋ねし、その答えによってレンズのご提案をさせていただいております。

 

①目的(主に何を見たいのか?どんな作業をするのか?)

②時間(どれくらいの時間その作業をするのか?)

③距離(どれくらい離れた距離でそれを見るのか?)

 

たとえば、お仕事でパソコン作業をするという場合でも、人によってその内容がだいぶ違います。

 

 

販売や接客がメインの方で、時々パソコンで在庫を調べたりするくらいという方であれば、作業時間はかなり短くなります。

パソコン画面だけでなく、もう少し離れた場所も見えるレンズの方が便利かもしれません。

 

 

逆に、パソコン作業がメインというお仕事の場合は、パソコン画面を見る時間がかなり長くなりますので、近距離の見え方を優先したレンズの方が使いやすいかもしれません。

 

実際にはもっといろんなケースがあり、その方にとって使いやすいメガネのレンズもいろいろです。

 

 

レンズにもいろんな種類があり、それぞれのレンズに長所や短所がありますので、テストレンズで見え方の体験をしていただきながら、レンズの特長についてもご説明させていただいております。

 

少し時間はかかってしまいますが、お客様のお話を色々聞かせていただきながらレンズのご提案をさせていただきますので、仕事場や家の中で使うメガネのレンズ選びも気軽にご相談下さい。

 

 

 

デスクワーク用メガネを 手芸で使ってみたら便利だった

2021.01.31

 

スタッフ長尾です。

お家で過ごす時間が増えて、室内用メガネをお作りいただくことが大変多くなってきました。その室内用にも種類いろいろありますが、今日紹介するのはデスクワーク用と呼ばれるレンズの別の使い方です。

 

 

デスクワーク用レンズはその名の通り、デスクでパソコン作業をするのに便利で、手元の資料の文字が読めて、パソコンのモニター画面も見えるレンズです。

 

手元ワイドタイプと奥行きロングタイプの二種類あります。

 

デスクワーク用と名は付いていますが、手芸(ソーイング)用としても意外と便利なんです!

 

私は以前、空き箱リメイクに熱中していた時期がありました。

使わなくなった空き箱に布を張って小物入れにしたり、お店のディスプレイなどにもに利用していました。

  

 

はじめはお家の中のことは何でもこなせる室内用メガネを使っていたのですが、箱の隅を縫い合わせたり針の穴に糸を通したりと、長時間近くを見ているのはとても疲れました

 

そこでパソコン用に作ったメガネを使ってみたら、使いやすい!!

 

 

針目あわせや糸通しなどの近くが見やすいのは当然なのですが。

 

 

90cm四方のテーブルにダーッと広げた布がぼやけずに端まで見えるので採寸したり布を裁ったりができます。テーブルの上で全てのことが完結するので、室内用メガネでなくても出来たんですよ。メガネの掛け替え無しの作業は楽、便利です。

 

ちくちく縫物をしながらこれはミシンをかける時も便利なのでは!?と思いました。実際にはミシンを持っていないので想像なのですが、ミシンの針元からどんどん送られていく布の先まで見えるのではないかと思います。

 

また編み図を見ながらの編み物にも便利では!?と等々想像しておりました。

 

他にも様々な場面で使えるレンズではないかなと思います。近くの見え方でお悩みやお困りの方、テストレンズがありますので試してみませんか?

 

お気軽にご相談ください。