トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

レンズ

お客様のメガネのご紹介。オーダメイドレンズでお作りいただきました

2019.05.25

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

当店のホームページとブログをご覧いただき、

兵庫県からメガネを作りに来ていただきました。

遠方からのご来店ありがとうございました。

 

 

フレームはMENS MARK (メンズマーク)のXM1170というモデル。

メンズマークはメタル(金属製)のフレームが多いのですが、

こちらのフレームは、フロント(前枠)にプラスチックが使われています。

 

 

 

以前にブログで紹介させていただいたフレームだったのですが、

その時の記事を読んで下さったそうです。

店頭で実物を試着していただき、こちらに決まりました。

 

メガネにとても詳しいお客様で、

HOYA社のウェブサイトなどもよくご覧になっておられるようで、

レンズの名前や違いなどもよくご存じでした。

新しいレンズが次々と発売されるので、

当店の社長などは最近は全然ついていけなくなっているのですが、

(セミナーなどにもほとんど参加しないので)

こちらのお客様くらいに熱心に勉強してくれたらなあ・・・

そんな風に思ってしまいました(笑)

 

 

 

お客様のご希望もあり、

レンズはHOYAの individual(インディビデュアル)レンズ

HOYA LUX 望(のぞみ)になりました。

実は、その前日にも別のお客様にをお買い上げ頂きました。

インディビデュアルレンズにされるお客様がじわじわと増えております。

 

 

インディビデュアルレンズはオーダーメイドタイプの新しいレンズです。

従来の遠近両用レンズとの大きな違いは、

度数だけではなく、目とレンズの距離や角度など、

メガネを掛けた時の装用データも反映してレンズが設計されます。

 

 

装用条件はフレームによって異なりますので、

お客様に実際にフレームを掛けていただき、

上の写真のような専用の測定器を使って装用状態を測定します。

その後にそれをデータ化し、そのデータをもとにレンズの注文を行います。

(写真のモデルはお客様ご本人ではありません。)

そのため、通常のメガネを作る場合よりも少しお時間をいただいております。

 

 

HOYA LUX 望には、目的によって選べる3つのタイプがあるのですが、

今回は通常の遠近両用レンズよりも中間と近用の見え方を重視した、

City (シティ)タイプになりました。

 

 

先日、出来上がったメガネを取りに来ていただきました。

individual レンズをお買い上げいただいた方には、

特別なレンズクオリティカードが付いており、

こちらもお渡しさせていただきました。

新しいメガネ、気に入っていただけると嬉しいです。

 

お買い上げいただき、ありがとうございました。

 

 

お客様のメガネのご紹介 室内用メガネをお作りしました

2019.05.14

 

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネのご紹介です。

 

使用フレームはATITTO(アキット) Rey

 

アキットはメガネが初めての方から、既に複数本お持ち方まで大人気です。

可愛いけれど甘すぎない、お洒落だけれど奇抜過ぎないところが

女性の心をギュッと掴んで離さないフレームなのです(*^。^*)

 

このreyはテンプル(ウデ)のデザインがポイントです

麦の穂がデザインモチーフです。(今が刈入れ時ですよね)

 

 

そして使用するレンズですが・・・・。

お客様には前回遠近両用メガネをお作り頂いていて、

次は室内用(中近両用)メガネを作りたいなとおしゃっていました。

 

お客様は少し強めの近視です。

お家ではメガネ無しでも新聞や本は読んだりできるんだけど、

やっぱりメガネがないとパソコン作業やお料理がちょっと不便なの。

ということでした。

 

 

遠近両用メガネがあれば問題ないのでは?

と思われるかもしれませんが、

実は遠近両用レンズは長い時間近くの物を見るのにはちょっと不向き。

 

遠くはすっきり見えますが、

近くが見える範囲が狭く

その位置もレンズのかなり下になります。

 

 

 

顎を少し上げた状態で視線を下げることになるので

長い時間この姿勢では目も首も疲れやすくなります。

 

 

テレビの画面もメガネの遠くを見る部分よりもちょっと下の

中間(図の黄緑色の部分)と言われる部分で見る方が楽だったりします。

料理をしたり、テレビを見たり。

パソコン作業の時も顎を上げてるのって疲れますよね。

「中近を作りたいな」とおっしゃるのはよくよく分かります。

 

 

室内用メガネなら真直ぐ正面を向いた時に

   

中間距離(テレビ等)が良く見える度数に視線が入ります。

右の遠近両用レンズの図と比べるとよくお分りいただけると思います。

 

近くを見る時も

うつむくと自然に近くが見える部分(ピンクの部分)に

視線が通るので無理な姿勢をしなくて済みます。

今回はより近くが見やすい20mmタイプの室内用レンズをおすすめしました。

 

お出かけには現在お使いの遠近両用メガネを。

お家では室内用メガネを使えばストレスなしの日常生活も可能です\(^o^)/

ご感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

お買い上げありがとうございました。

 

 

室内用メガネでは車の運転はできません。

便利なメガネですが苦手なこともあるのでご注意ください。

お客様のメガネのご紹介。偏光レンズが入ったスポーツ用サングラス

2019.04.29

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが完成しました。

 

 

度付レンズを入れたスポーツサングラスです。

レンズは乱反射をカットする偏光レンズが入っております。

先日ブログでご紹介したRARTS(アーツ)という商品です。

(RARTS(アーツ)の公式サイトはこちら

 

このRARTS、実は発売されたばかりのレンズでして、

カラーのサンプルがまだ入荷しておりません・・・・

さすがにお客様に見本も見せずに販売するわけにはいかないので、

問屋さんの担当セールスさんに無理を言って貸していただきました。

(わざわざ店まで持って来ていただきありがとうございました。)

 

 

休日に野球の審判をされておられるお客様で、

昨年末に当店にサングラスを作りに来ていただきました。

マスクを付けたり外したりしなければならないので、

なるべく安定して掛けられるサングラスをご希望でした。

(実際にマスクを持って来て下さり、いろいろお試しいただきました。)

 

その時から度入りのレンズも希望されていたのですが、

度付の偏光レンズは通常の眼鏡レンズに比べるとお値段も高いので、

とりあえずコンタクトでサングラス(フレーム)の使い勝手を試していただき、

問題がなさそうなら度付のレンズを入れさせていただいてはどうか?

そういうご提案させていただきました。

 

数か月お試しいただいて問題なかったということだったので、

今回は度付の偏光レンズを入れさせていただくことになりました。

 

 

スポーツ用のハイカーブレンズも良いのですが、

人(度数)によっては距離感がちょっとつかみにくくなることもあるので、

サングラスは専用のアダプターをはめ込むことによって、

通常のレンズカーブで入れられるタイプのものになっています。

普段掛けておられるメガネに近い見え方が期待できます。

 

(パソコン画面に写っているのはお客様ではなく、

以前この測定器の練習台になってくれた営業担当さんです。)

 

当店にある専用の測定器を使用し、

サングラスを掛けた状態でのフレームの湾曲具合を測定しました。

やはり通常の眼鏡フレームよりは湾曲が強めになりました。

 

RARTSにもいくつかレンズの種類があるのですが、

スポーツサングラスのような湾曲が強いフレームでも、

視線とレンズの角度がずれないように度数に補正を加えてくれる、

特別なレンズを使用させていただきました。

見え方もだいぶ良くなるのではないかなと思います。

 

 

レンズカラーはロスカボス

強力な日差しを浴び続けるような過酷なシチュエーションでも、

しっかりと眩しさを抑えて目を保護してくれるディープグレーレンズカラー。

高い撥水性で水をはじき、汚れを拭き取りやすくした特別なコートを付けています。

実際に完成したメガネを拭いてみたのですが、

メガネ拭きがレンズの上を滑るようですごく拭きやすかったです。

僕もちょっと欲しくなりました(笑)

 

完成まで時間がかかってしまい申し訳ありませんでした。

お買い上げいただきどうもありがとうございました!

 

 

 

レンズ選びに悩んだら気軽にご相談下さい

2019.04.20

スタッフ今堀です。

 

最近はメガネレンズの種類もすごく増えて、

お客様のライフスタイルに合わせていろんなレンズを選べるようになりました。

その分、レンズについてお話させていただく時間が長くなりました。

 

 

メガネのレンズには、実はいろんなタイプのレンズがあります。

それぞれのレンズの良い部分だけでなく、

逆にどういう時には不便になるのかも説明させていただいております。

デメリットを知っていただくことも大切だと考えているからです。

 

 

言葉による説明だけではなかなか分かりにくいので、

テストレンズを使って実際に体験してもらいながら、

レンズによる見え方の違いを説明させていただいております。

 

最近は1時間以内にメガネを作って渡してくれるお店もありますが、

当店の場合、度数測定とレンズの説明だけで1時間なんてこともざらです。

お客様が快適に見えて、使いやすいメガネを作りたいと思っておりますし、

そのためには目的に合ったレンズ選びが大事だと考えています。

 

「遠くだけ見えるメガネで良いと思って来たけど、

メガネを掛けたままで手元も見えるとたしかに楽だね」とか、

 

「新聞だけ読めれば良いと思っていたけど、

メガネを掛けたままで料理もできるならすごく便利ね」とか、

 

そんな風に喜んでくださるお客様も多いです。

 

レンズについて分からないことや気になることがあれば、

スタッフまで気軽にご相談下さい。

 

 

そろそろ桜もおわり 紫外線対策をお忘れなく

2019.04.16

 

スタッフ長尾です。

桜が散り始めてやっと春らしく暖かくなりましたね。

(朝はまだ寒いですが・・・)

 

毎年この時期ななると決意することがあります。

それは、「今年こそは日に焼けない!!」ことです。(毎年してるってことです・・・)

顔は結構しっかりガードしてますが、

気が付くと腕や首が赤く痒くなっています。

うっかり日焼けというのをしているのです。

特に4月・5月はうっかり日焼け要注意です。

 

今年は十連休という夢のようなゴールデンウィークが待っていますよね。

お出かけを計画されている方も多いと思います。

紫外線の量は夏に匹敵するくらい強くなってきているので

日焼け予防、対策はしっかり行ってくださいね。

(顔の側面も忘れがちな部位らしいです。確かにシミが気になります。)

 

でも、目の紫外線予防はメガネを掛ければ大丈夫です!

無色透明でもメガネレンズは紫外線カット標準装備です。

 

 

目を紫外線、まぶしさから守るものといえばサングラス。

お洒落でかっこいいモデルがたくさんありますが、

レンズに度数が必要な方にすると、

屋内・屋外でサングラスとメガネを掛けかえるのは

面倒ということがあると思います。

 

そんなお悩みを解決するレンズが調光レンズ。

紫外線量の変化に応じてレンズの色が変化します。

 

     

 

室内では透明レンズでメガネ。

屋外ではサングラスに早変わりです。

 

 

特に右側のサンテックミスティは日常使いしたい女性に人気です。

紫外線量が多くなっても極端に濃い色に変化しないからです。

カラーもグレイ、ブルー、ピンク(ロゼ)、パープルと4色から選べます。

 

お洒落に実用性も備えたサンテックミスティ。

これからの季節に是非使ってみてください。

単焦点(遠く用)レンズから遠近両用レンズにも対応しています。

伊藤光学から偏光レンズのNEWブランド、RARTS(アーツ)が新発売

2019.04.15

スタッフ今堀です。

 

偏光レンズといえば、TALEX (タレックス)が有名ですが、

(当店はTALEXのレンズは取り扱っておりません。)

それに負けないくらい高性能な偏光レンズが発売されました。

 

RARTS (アーツ)

 

作っているのは伊藤光学工業株式会社という会社です。

レンズのコーティング加工技術に定評のあるレンズメーカーで、

当店でも一部のレンズに伊藤光学のレンズを使用しております。

 

 

偏光レンズはフィッシング(釣り)で利用されることが多いレンズですが、

RARTS (アーツ)もフィッシング用のレンズが充実しています。

バスフィッシング、渓流釣り、海釣り、

それぞれの目的に合わせたカラーが用意されています。

12種類のカラーの中から目的に合わせてレンズが選ぶことができます。

 

 

もちろん、フィッシングだけではなく、

ドライブ、アウトドア、サイクリングなどでもお使いいただけます。

僕も普段使いのサングラスを作ってみようかなと秘かに考えております(笑)

 

 

RARTS (アーツ)を作っている伊藤光学は愛知県蒲郡市にあります。

レンズの基材から自社工場で作っていて、正真正銘のmade in Japanです。

実は、数年前にスタッフ長尾と二人で工場見学に行かせてもらったことがあります。

その時は朝から夕方近くまでレンズの製造工程を見させていただきました。

 

偏光レンズを実際に作られている様子も見させてもらいました。

偏光レンズはレンズの中に薄い膜を挟みこんで作るのですが、

その作業を一枚一枚手作業でされていました。

「こんなに手間のかかるレンズだったんだあ」と、

その時に思ったのをよく覚えています。

 

RARTS (アーツ)は既に発売が開始されているのですが、

お客様に見ていただくカラーサンプルがまだ出来上がっていないので、

それが入荷次第またご紹介したいと思っております。

本日のブログでご紹介しているパンフレットは店頭にございますので、

興味のある方はスタッフまで声をおかけ下さい。

 

 

 

あなたのメガネは普通の老眼鏡?それともちょっと便利な老眼鏡?

2019.04.05

スタッフ今堀です。

 

先日ご来店いただいたお客様。

フレームは現在お使いのものをそのまま使用し、

レンズだけの交換を希望されました。

車の運転用に使うメガネのレンズと、

新聞などを読むときに使うメガネのレンズです。

 

現在お使いのメガネはどちらも単焦点レンズでした。

単焦点レンズというのは、1枚のレンズに1つの補正機能を持つレンズのことです。

遠方なら遠方だけ、手元なら手元だけを見るための度数が入っています。

 

近くのメガネについて色々お話を聞いてみると、

本や新聞も読むし、パソコンもされるとのことでした。

 

そこで、こんなレンズをご提案してみました。

 

 

HOYAシンクロデスク

HOYALUX シンクロシリーズというレンズがあるのですが、

そのシンクロシリーズの中のデスクワークタイプのレンズです。

(シンクロシリーズには、他にも遠近両用タイプや室内用タイプなどがあります。)

 

 

 

単焦点レンズの近用メガネ(いわゆる老眼鏡)は、

その人が本などを読まれる距離に合わせて度数を合わせます。

大体30~40cm位になることが多いです。

その距離で見ればピントがしっかり合うので見やすいのですが、

そこから少し離れたりしてしまうとぼやけてしまいます。

結構見える範囲が限定されてしまうんですね。

老眼が進行し、手元を見るために強い度数が必要な人ほどそうなります。

 

 

それに対しデスクワーク用レンズは、一枚のレンズの中に、

近くの距離と少し離れた距離も見える度数が入っています。

普通の老眼鏡だとぼやける範囲もカバーできるのです。

とはいえ、遠近両用レンズみたいに遠くが見えるわけではなく、

わずかといえばわずかな差かもしれませんが、

顔を近づける必要なく、机の端までそのまま見えるのは結構楽です。

 

シンクロデスクには2タイプあって、

横が広く見えるタイプと奥行きを重視した2タイプがあります。

 

当店のスタッフ長尾も長時間パソコン作業をする時には、

デスクワークタイプのレンズを使用しております。

普段使用している室内用タイプとの見え方の違いなど、

レンズごとの見え方の違いについてご説明させていただきますので、

関心のある方は気軽にお尋ね下さい。

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。中間を重視した遠近両用レンズもあります

2019.04.01

スタッフ今堀です。

 

ここ数日、お客様のメガネのご紹介が続いておりますが、

本日も、先日ご購入いただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

Putri (プトゥリ) EP-873

 

レディースブランド、Putriのフレームをお選びいただきました。

先月入荷したばかりのまだ新しいフレームですが、

早速こちらをご購入いただきました。

フレームについてはブログでも紹介しておりますので、

詳しい紹介はこちらをご覧ください。

 

Putriにはメタル(金属製)とプラスチックのフレームがありますが、

当店ではメタル(金属製)のフレームが特に人気があります。

日本製の商品ということもあって、フレームもしっかりしています。

お値段も3万円台で、ものすごく高いというわけではないので、

個人的には、なかなかコスパの高いフレームではないかなと思っています。

 

 

例えば、フロント(前枠)とテンプル(腕)をつなぐこの部分。

この部分にテンプルを挟みこみネジを締めるのですが、

この部分の金属もけっこう厚みをもたせて作られています。

一つ一つのパーツがけっこうしっかりしているので、

販売する側としても安心しておすすめできるフレームです。

 

レンズにはHOYA社の上位グレードの遠近両用レンズ、

Wellna (ウェルナ)シリーズを使わせていただいております。

オーダメイドタイプのindivisual(インディビジュアル)シリーズが発売されたので、

最上位グレードではなくなってしまいましたが、

HOYAが誇る両面複合累進設計[BOOM]を採用したレンズで、

当店では今でも一番人気のある遠近両用レンズです。

 

 

Wellna (ウェルナ)シリーズには全部で3タイプあって、

通常の遠近両用タイプのField

同じ遠近両用でも中間を重視した設計のCity

室内用での使いやすさを考えたRoomが用意されています。

 

 

今回のお客様のメガネには、

中間を重視したCityタイプを使わせていただきました。

Fieldタイプに比べると遠方の見え方は少し悪くなりますが、

中間が広く、歩いた時などの歪みも感じにくいメリットがあります。

女性のお客様で、お買い物などに行かれることも多いので、

そういう時の使いやすさを考えてメガネを作らせていただいております。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

Wellna (ウェルナ)シリーズのように種類が色々あると、

どのタイプが自分に合っているのか分からないという方も多いです。

お客様のこれまでのメガネの経験や、

普段の生活スタイルによっても変わって来ますので、

詳しくお話をお聞きしながらおすすめのタイプをご提案させていただきます。

レンズのお試しもできますので、気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

 

 

レンズに花粉が付きにくい ヴィーナスガードコート

2019.03.05

 

スタッフ長尾です。

お天気の素晴らしく良い日でした。

暖かくなるのは嬉しいことですが、困ったことも起こります。

そう、花粉症です。

辛いシーズン到来、ですね。

 

ところで、

メガネって花粉防止に効果があるってご存知ですか?

普通のメガネでも、

花粉を半分から三分の一にまで減らす効果がある

という研究結果も出ているそうですよ。

目とレンズの間に空間がありますが

結構な量の花粉を防いでくれているんですよね

 

さらにそのレンズが花粉が付きにくければ尚良い!ですよね。

あるんですよ、そんなレンズが。

 

先日も紹介しましたHOYAの「ヴィーナスガードコート」です。

 

「ヴィーナスガードコート」の特長の一つに帯電防止性があります。

 

メガネレンズが帯びる静電気を抑えてくれるので

スギ花粉なども付きづらいおすすめのレンズコートなのです。

 

勿論、紫外線カットは標準装備ですし

撥水性に耐キズ性もあるので汚れも付きにくくお手入れも簡単

ゴシゴシと強くレンズを拭く必要もありません。

花粉症の方も、そうでない方もレンズ選択の候補として是非検討してみてくださいね。

疑問質問などお気軽にスタッフまでお声かけください。

 

レンズの花粉防止はこれで良いとして、

次にお困りな事としマスクをするとレンズがくもることだと思います。

これについては明日のブログでご紹介しますので

どうぞお楽しみに。

目元を美しく魅せるHOYA最上級レンズコートが発売されます

2019.03.03

 

スタッフ長尾です。

今日は新しいレンズのご紹介をします。

といってもレンズそのものではなくて、

新しいレンズコート「ヴィーナスガードコート パール」です。

 

HOYA最上級コート「ヴィーナスガードコート」

すっきした透明感で目元を明るく美しく魅せる白い反射光コートで新発売です。

 

メイクカラーや肌の色を自然にキレイに見せてくれる効果大の

女性におススメのレンズコートなんですよ。(もちろん男性にも!)

3月5日(火)から受注開始です。

 

そして、ただ反射光が白いだけじゃなく、

HOYA最上級コート「ヴィーナスガードコート」には

以下のような特長があります。

 

1.撥水性(耐キズ性)

ゴシゴシ強く拭かなくてもレンズがキレイになります

ファンデーションや汚れが付いてもお手入れしすい

 

2.帯電防止性

静電気を抑え花粉やほこりが付着しにくい

花粉症でお悩みの方に嬉しい機能です

 

3.裏面UV低減

レンズの裏と表で紫外線を防いでくれます。

 

価格はヴィーナスガードコートと同価格。料金追加はありません。

 

*一部対応できないレンズもありますが

遠近両用レンズ、室内レンズ(中近両用)にデスクワークレンズ。

勿論遠くを見る、近くを見るの単焦点レンズにも対応します。

カラーレンズでメガネを作りたいとお考えの皆さま

是非ご検討くださいませ。