トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

レンズ

眼の疲労感を和らげる新感覚メガネレンズ

2019.07.13

スタッフ今堀です。

 

先日のブログでもご紹介しましたが、

40代のお客様を対象に、サポートレンズの体験会を行っております。

 

このサポートレンズ、

最近発売されたばかりの新商品というわけではなく、

結構昔からある商品なのですが、

あまり消費者に知られていないのが現状です。

 

サポートレンズについては過去のブログでもご紹介しています。

良ければこちらもご覧下さい。

 

・大学生におすすめのサポートレンズ

・サポートレンズってご存知ですか

・サポートレンズ使ってます

 

 

 

メーカーによって商品名は違うのですが、

基本的な構造は大体同じです。

 


 

まっすぐ遠くを見る時は、単焦点レンズ(遠くの度数だけが入ったレンズ)と同じ。

でも、レンズの下側部分で度数が少しゆるく(遠視では強く)なっているので、

近くを見る時に視線がその部分を通れば、

眼の負担が少なくなり、近くを見る時に少し楽ができます。

これを一日続けていると、眼の疲労をだいぶ軽減することができます。

 

正直、昔は「それほど必要ないのでは?」と思っていたのですが、

最近、特にスマートフォンが普及してからは、

「これは結構使えるレンズなのかもしれないな」と思うようになりました。

僕自身もここ数年はずっとこのレンズを使っています。

 

 

最近、お客様とお話をしていてよく感じるのですが、

ブルーライトカット機能のあるレンズを使っていれば、

目が疲れにくいと思い込んでおられる方が多いようです。

確かにブルーライトカット機能のレンズを使用することで、

モニターの光による眩しさを和らげたり、

網膜へのダメージを軽減したり(ただし、かなり長期的にですが)、

青色光による睡眠への影響を少なくしたりする効果は期待できます。

 

 

ただ、多くの人が長時間のスマホやパソコンなどの近業作業で、

「目が疲れる」と感じる時の原因は、青色光による影響よりも、

眼の調節機能の負担によるものの方が大きいのではないかなと思います。

(チラツキや眩しさが関係ないというわけではありません。)

慢性的に眼の疲労感を感じておられる場合、

調節機能に負担がかかり過ぎている場合がほとんどなので、

サポートレンズを使用する方が効果が期待できるのではないかなと思います。

(もちろん、ケースバイケースですが)

 

最後に、

当店ではサポートレンズと呼んでいますが、

実はメーカーによって呼び方はバラバラです。

なので、消費者にとっては結構分かりにくいかもしれません。

(なかなか普及しないのもこの辺のことが影響しているのかもしれませんね。)

 

国内の眼鏡店が取り扱っていることが多い、

眼鏡レンズメーカー3社のサポートレンズをご紹介しておきます。

 

HOYA社

 

当店でも取り扱っているHOYA社。

HOYA社は、アシストタイプ(メガネレンズ)という呼び方をしています。

 

 

シンクロアシスト、スペクティーHGアシストといった商品があります。

「アシスト」という名前が付いているレンズだと思ってもらえば間違いないです。

 

 

ニコン社

 

当店ではほとんど取扱いがないのですが、

ニコン社の眼鏡レンズを取り扱っているお店も多いです。

ニコン社のウェブサイトを調べてみると、

疲れ目サポートメガネレンズという呼び方をしていました。

リラクシーという商品がこのタイプになります。

 

 

東海光学株式会社

 

最後は東海光学株式会社。

東海光学はアイアシストレンズという呼び方をしています。

商品名はベルーナレストシリーズ。

 

お近くの眼鏡店や、贔屓の眼鏡屋さんで、

サポートレンズについてお問い合わせをされる際の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

光から眼を守るレンズ、「ルティーナ」に調光タイプが登場しました

2019.07.06

スタッフ今堀です。

 

先日、東海光学株式会社の担当営業さんがお店に来られ、

人気のレンズ、「ルティーナ」調光タイプを見せてもらいました。

その名も、「ルティーナ フォト」

なかなか良さそうだったので早速サンプルレンズを注文し、

当店のフレームに入れてみました。

 

 

調光なので、外に出ると紫外線に反応して色が濃くなります

普通のメガネがこのようにサングラスに変身するのです。

 

 

こちらは外で撮影した写真ですが、

あっという間にレンズの色が変わってしまい、

どこから見てもサングラスにしか見えません。

 

普通のサングラスの場合は、室内に入っても色がそのままなので、

濃いめの色のものを使っていると周囲の目が気になったり、

照明の暗い場所に入るとすごく見にくくなったりしますが、

調光レンズの場合は少し時間が経つと元の色に戻ります。

(色が濃くなる時よりも少し時間がかかります。)

 

 

グレーとブルーの2色のサンプルをご用意しておりますので、

実物をご覧になりたい方はスタッフまで気軽に声をおかけ下さい。

できれば晴れた日のほうが色の変化がよく分かるかなと思います。

 

 

「ルティーナ」は、通常のUVカット付レンズではカットできない、

400~420nmのHEV(高エネルギー可視光線)をカットし、

網膜内の眼組織へのダメージを減らしてくれる、

目の健康を考えて開発されたレンズです。

東海光学のウェブサイトで詳しい紹介がありますので、

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

 

ルティーナは、特殊な素材を練り込んで作られているので、

通常のレンズに比べると少し青っぽい色をしています。

僕もこのルティーナが入ったメガネを使っておりますので、

実際にどんな感じなのかご覧になりたい方は気軽に声をおかけ下さい。

 

 

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。調整が難しいフレームこそオーダーメイドレンズ

2019.06.24

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが完成しました。

 

 

フレームは、オーストリアの眼鏡ブランド、シルエットの、

Titan Minimal Art PULSE

 

現在お使いいただいているメガネもシルエットのフレームです。

室内用レンズが入ったメガネをお使い頂いていますが、

今回は遠近両用レンズで作らせていただくことになりました。

料理をしたり、テレビを見たり、パソコンをしたり、

室内用レンズは、いろんな場面で使えて大変便利なのですが、

遠くは少し見にくくなるので、車の運転には向いていません。

車の運転の時にも使えるメガネが欲しいということで、

今回は遠近両用レンズにしていただきました。

 

 

レンズは今話題のオーダーメイドレンズ、

HOYALUX 望(のぞみ)

 

DMでのご案内や、このブログでの紹介もご覧いただき、

以前から気になっておられたようです。

事前にお電話にてご予約をいただき、日時の調整をさせてもらいました。

おかげで当日はスムーズに対応させていただくことができました。

 

 

オーダメイドレンズを作らせていただく際には、

当店ではこのような専用の測定器を使用してデータを取るのですが、

その際にはスタッフが付きっ切りになるので、できるだけ予約をお願いしています。

 

オーダーメイドタイプのレンズは、indivisualレンズとも呼ばれ、

最近、レンズメーカー各社が力を入れて開発しているレンズです。

 

 

一般のレンズとの大きな違いは、

フレームを掛けた時の装用条件に合わせてレンズが設計されることです。

フレームを掛けた時のレンズと目の間の距離や、レンズの傾き具合など、

これらの値は選ぶフレームによって変化します。

特に遠近両用レンズでは、この装用条件が見え方に大きく影響します。

 

そのため、できるだけ正しい装用条件で掛けられるように、

フィッティング(フレームの調整)を行う必要があるのですが、

フレームのデザインや構造上、それが難しいフレームもあります。

 

 

今回お客様にご購入いただいたシルエットのフレームも、

レンズの傾き具合を自由に調整するのが難しいタイプのフレームです。

でも、お客様はこのフレームがとても気に入っておられるので、

できることならこのフレームで希望通りにメガネをお作りしたい・・・

 

なので、今回オーダーメイドレンズを選んでいただいたことが、

メガネを作る上で大いに役に立ちました。

掛け具合を見た時、横から見た時のレンズの傾き具合が、

遠近両用レンズを作る上での理想的な角度よりも少し浅かったので、

その角度に合わせてレンズを注文し、補正してもらうことにしました。

 

せっかくお客様に妥協せずに良いレンズにしていただいたので、

いつもはシルエットの加工は当店で行っていますが、

今回は見本のレンズが入った状態の角度と同じになるように、

HOYA社の最先端の加工機でレンズ加工もやってもらうことにしました。

 

お客様には朝一番にお越しいただいたのですが、

結局全ての作業が終わった時には昼を過ぎてしまっていました。

長い時間お付き合いいただきありがとうございました!

 

普通のレンズに比べると、時間もお金も余計にかかるレンズですが、

おかげさまでご注文数も増えて来ています。

今お使いのフレームを使って作ることもできますので、

気軽にスタッフまでご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偏光レンズ、RARTS(アーツ)の良さをぜひ体感して下さい

2019.06.18

スタッフ今堀です。

 

ただいま当店の店頭には、

偏光レンズ、RARTS (アーツ)のコーナーを作っています。

カラーサンプル(見本)も置いております。

そのコーナーに先日、新たにこんなものも加えてみました。

 

 

偏光レンズのテスターです。

ご覧の通り、光が反射して真っ白になってしまっています。

 

 

カメラレンズの前にRARTSのレンズを当てて撮影してみました。

そこそこ濃いカラーレンズなので、当然暗くはなるのですが、

反射光がきれいにカットされ、テスターの中の写真が見えるようになりました。

このように、映り込みや反射光をきれいにカットしてくれます。

 

まるでテレビショッピングみたいな演出なのですが(笑)

でも、本当に見やすくなりますので、ぜひやってみて下さいね。

 

 

RARTS (アーツ)のコーナーは、入口入ってすぐのところにあります。

 

 

全てのカラーのサンプルレンズをご用意しております。

カラーによって見え方も変わりますので、

ぜひ、色々試してみて下さいね。

 

 

ARTSではないのですが、ミラーコートの見本も置いています。

反射光の色の違いなどもご覧いただけます。

 

ぜひ、色々お試しになってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

偏光レンズRARTS (アーツ)、12色のカラーから選べます!

2019.06.11

スタッフ今堀です。

 

伊藤光学工業株式会社より発売された新しい偏光レンズ、

RARTS (アーツ)のカラーサンプル(見本)が入荷しております。

 

 

RARTSには、全部で12色のカラーが用意されております。

カラーサンプルは、実際に使用されるカラーと同じなので、

こちらをご覧いただいて好きなカラーをお選びいただけるようになりました。

 

RARTSに使用される偏光フィルムとレンズ基材には、

耐熱性・耐衝撃性に優れた素材が使用されています。

レンズ表面には、独自開発した熱に強いコートや水を弾き飛ばすコートなど、

様々なシチュエーションに対応する高機能コーティングを施すことが可能です。

レンズの耐久性にもこだわった偏光レンズです。

 

そして、レンズのカラーにも秘密があります。

12色ものカラーが用意されているのですが、

プロのアングラー(釣り人のことだそうです)の意見も取り入れ、

バスフィッシング、渓流釣り、海釣りなど、

フィッシングの目的に合わせたカラーが用意されております。

 

当店スタッフは魚釣りはしないので、釣りには詳しくないのですが、

RARTSの公式ウェブサイトには、

実際のフィッシングで使用された感想も載っています。

ぜひ、こちらをご覧になって、カラー選びの参考にして下さい。

 

RARTSを選ぶ理由(渓流)

 

RARTSを選ぶ理由(ソルト)

 

RARTSを選ぶ理由(バスフィッシング)

 

このように、釣り人にとっては理想的な偏光レンズですが、

RARTSは、フィッシングをしない人にもおすすめですよ。

アウトドアやスポーツ、車の運転など、

いろんなシーンでご利用いただけるレンズとなっております。

 

 

当店でも、既にRARTSでメガネを作っていただいております。

野球用のスポーツサングラスに使っていただきました。

ちなみに、こちらのカラーは、

強力な日差しを浴びても眩しさをしっかり抑えてくれるロスカボス

 

 

店内にRARTSコーナーも作ってみました。

(一緒に並べているサングラスには、RARTSは入っておりません。)

お客様にお渡しできるパンフレットもありますので、

興味のある方は気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

室内でも使えるカラーレンズです

2019.06.07

スタッフ今堀です。

 

先日、伊藤光学工業株式会社の担当の方にお店に来ていただき、

新しく発売されたレンズコートや偏光レンズの説明などをしてもらいました。

その時にこんなレンズも紹介していただきました。

 

 

D.L.Cレンズというカラーレンズです。

 

カラーレンズと言うと、

一般的には、サングラスのように太陽の光をカットして、

眩しさを抑えるために屋外で使用するイメージがありますが、

最近は、テレビやパソコン、スマートフォンなどの強い光によって、

屋内で眩しさを感じる方も増えており、

そういう方が室内でも使えるカラーレンズです。

 

実際、当店に来られるお客様とお話していても、

室内の照明や、テレビの光などに眩しさを感じるという方が、

最近は結構おられます。

 

サングラスのような濃いカラーレンズではないので、

室内でも安心してご利用いただけます。

パソコンやタブレットなどで白い画面を見ていただくと、

目が楽になるのを感じていただけるかなと思います。

(見え方には個人差があります)

 

 

グレー、ブラウン、オレンジ、グリーン、ワイン、ピンク、

全部で6色のカラーから選べます。

ちなみに、オレンジは夜間の運転が多い方に人気だそうです。

 

度付はもちろん、度なしのレンズでも作ることができます。

「パソコンを見るのにメガネはなくても大丈夫だけど、

モニター画面を見ていると眩しさが気になる」

そんな方も気軽にご相談ください。

 

お客様のメガネのご紹介。オーダメイドレンズでお作りいただきました

2019.05.25

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

当店のホームページとブログをご覧いただき、

兵庫県からメガネを作りに来ていただきました。

遠方からのご来店ありがとうございました。

 

 

フレームはMENS MARK (メンズマーク)のXM1170というモデル。

メンズマークはメタル(金属製)のフレームが多いのですが、

こちらのフレームは、フロント(前枠)にプラスチックが使われています。

 

 

 

以前にブログで紹介させていただいたフレームだったのですが、

その時の記事を読んで下さったそうです。

店頭で実物を試着していただき、こちらに決まりました。

 

メガネにとても詳しいお客様で、

HOYA社のウェブサイトなどもよくご覧になっておられるようで、

レンズの名前や違いなどもよくご存じでした。

新しいレンズが次々と発売されるので、

当店の社長などは最近は全然ついていけなくなっているのですが、

(セミナーなどにもほとんど参加しないので)

こちらのお客様くらいに熱心に勉強してくれたらなあ・・・

そんな風に思ってしまいました(笑)

 

 

 

お客様のご希望もあり、

レンズはHOYAの individual(インディビデュアル)レンズ

HOYA LUX 望(のぞみ)になりました。

実は、その前日にも別のお客様にをお買い上げ頂きました。

インディビデュアルレンズにされるお客様がじわじわと増えております。

 

 

インディビデュアルレンズはオーダーメイドタイプの新しいレンズです。

従来の遠近両用レンズとの大きな違いは、

度数だけではなく、目とレンズの距離や角度など、

メガネを掛けた時の装用データも反映してレンズが設計されます。

 

 

装用条件はフレームによって異なりますので、

お客様に実際にフレームを掛けていただき、

上の写真のような専用の測定器を使って装用状態を測定します。

その後にそれをデータ化し、そのデータをもとにレンズの注文を行います。

(写真のモデルはお客様ご本人ではありません。)

そのため、通常のメガネを作る場合よりも少しお時間をいただいております。

 

 

HOYA LUX 望には、目的によって選べる3つのタイプがあるのですが、

今回は通常の遠近両用レンズよりも中間と近用の見え方を重視した、

City (シティ)タイプになりました。

 

 

先日、出来上がったメガネを取りに来ていただきました。

individual レンズをお買い上げいただいた方には、

特別なレンズクオリティカードが付いており、

こちらもお渡しさせていただきました。

新しいメガネ、気に入っていただけると嬉しいです。

 

お買い上げいただき、ありがとうございました。

 

 

お客様のメガネのご紹介 室内用メガネをお作りしました

2019.05.14

 

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネのご紹介です。

 

使用フレームはATITTO(アキット) Rey

 

アキットはメガネが初めての方から、既に複数本お持ち方まで大人気です。

可愛いけれど甘すぎない、お洒落だけれど奇抜過ぎないところが

女性の心をギュッと掴んで離さないフレームなのです(*^。^*)

 

このreyはテンプル(ウデ)のデザインがポイントです

麦の穂がデザインモチーフです。(今が刈入れ時ですよね)

 

 

そして使用するレンズですが・・・・。

お客様には前回遠近両用メガネをお作り頂いていて、

次は室内用(中近両用)メガネを作りたいなとおしゃっていました。

 

お客様は少し強めの近視です。

お家ではメガネ無しでも新聞や本は読んだりできるんだけど、

やっぱりメガネがないとパソコン作業やお料理がちょっと不便なの。

ということでした。

 

 

遠近両用メガネがあれば問題ないのでは?

と思われるかもしれませんが、

実は遠近両用レンズは長い時間近くの物を見るのにはちょっと不向き。

 

遠くはすっきり見えますが、

近くが見える範囲が狭く

その位置もレンズのかなり下になります。

 

 

 

顎を少し上げた状態で視線を下げることになるので

長い時間この姿勢では目も首も疲れやすくなります。

 

 

テレビの画面もメガネの遠くを見る部分よりもちょっと下の

中間(図の黄緑色の部分)と言われる部分で見る方が楽だったりします。

料理をしたり、テレビを見たり。

パソコン作業の時も顎を上げてるのって疲れますよね。

「中近を作りたいな」とおっしゃるのはよくよく分かります。

 

 

室内用メガネなら真直ぐ正面を向いた時に

   

中間距離(テレビ等)が良く見える度数に視線が入ります。

右の遠近両用レンズの図と比べるとよくお分りいただけると思います。

 

近くを見る時も

うつむくと自然に近くが見える部分(ピンクの部分)に

視線が通るので無理な姿勢をしなくて済みます。

今回はより近くが見やすい20mmタイプの室内用レンズをおすすめしました。

 

お出かけには現在お使いの遠近両用メガネを。

お家では室内用メガネを使えばストレスなしの日常生活も可能です\(^o^)/

ご感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

お買い上げありがとうございました。

 

 

室内用メガネでは車の運転はできません。

便利なメガネですが苦手なこともあるのでご注意ください。

お客様のメガネのご紹介。偏光レンズが入ったスポーツ用サングラス

2019.04.29

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが完成しました。

 

 

度付レンズを入れたスポーツサングラスです。

レンズは乱反射をカットする偏光レンズが入っております。

先日ブログでご紹介したRARTS(アーツ)という商品です。

(RARTS(アーツ)の公式サイトはこちら

 

このRARTS、実は発売されたばかりのレンズでして、

カラーのサンプルがまだ入荷しておりません・・・・

さすがにお客様に見本も見せずに販売するわけにはいかないので、

問屋さんの担当セールスさんに無理を言って貸していただきました。

(わざわざ店まで持って来ていただきありがとうございました。)

 

 

休日に野球の審判をされておられるお客様で、

昨年末に当店にサングラスを作りに来ていただきました。

マスクを付けたり外したりしなければならないので、

なるべく安定して掛けられるサングラスをご希望でした。

(実際にマスクを持って来て下さり、いろいろお試しいただきました。)

 

その時から度入りのレンズも希望されていたのですが、

度付の偏光レンズは通常の眼鏡レンズに比べるとお値段も高いので、

とりあえずコンタクトでサングラス(フレーム)の使い勝手を試していただき、

問題がなさそうなら度付のレンズを入れさせていただいてはどうか?

そういうご提案させていただきました。

 

数か月お試しいただいて問題なかったということだったので、

今回は度付の偏光レンズを入れさせていただくことになりました。

 

 

スポーツ用のハイカーブレンズも良いのですが、

人(度数)によっては距離感がちょっとつかみにくくなることもあるので、

サングラスは専用のアダプターをはめ込むことによって、

通常のレンズカーブで入れられるタイプのものになっています。

普段掛けておられるメガネに近い見え方が期待できます。

 

(パソコン画面に写っているのはお客様ではなく、

以前この測定器の練習台になってくれた営業担当さんです。)

 

当店にある専用の測定器を使用し、

サングラスを掛けた状態でのフレームの湾曲具合を測定しました。

やはり通常の眼鏡フレームよりは湾曲が強めになりました。

 

RARTSにもいくつかレンズの種類があるのですが、

スポーツサングラスのような湾曲が強いフレームでも、

視線とレンズの角度がずれないように度数に補正を加えてくれる、

特別なレンズを使用させていただきました。

見え方もだいぶ良くなるのではないかなと思います。

 

 

レンズカラーはロスカボス

強力な日差しを浴び続けるような過酷なシチュエーションでも、

しっかりと眩しさを抑えて目を保護してくれるディープグレーレンズカラー。

高い撥水性で水をはじき、汚れを拭き取りやすくした特別なコートを付けています。

実際に完成したメガネを拭いてみたのですが、

メガネ拭きがレンズの上を滑るようですごく拭きやすかったです。

僕もちょっと欲しくなりました(笑)

 

完成まで時間がかかってしまい申し訳ありませんでした。

お買い上げいただきどうもありがとうございました!

 

 

 

レンズ選びに悩んだら気軽にご相談下さい

2019.04.20

スタッフ今堀です。

 

最近はメガネレンズの種類もすごく増えて、

お客様のライフスタイルに合わせていろんなレンズを選べるようになりました。

その分、レンズについてお話させていただく時間が長くなりました。

 

 

メガネのレンズには、実はいろんなタイプのレンズがあります。

それぞれのレンズの良い部分だけでなく、

逆にどういう時には不便になるのかも説明させていただいております。

デメリットを知っていただくことも大切だと考えているからです。

 

 

言葉による説明だけではなかなか分かりにくいので、

テストレンズを使って実際に体験してもらいながら、

レンズによる見え方の違いを説明させていただいております。

 

最近は1時間以内にメガネを作って渡してくれるお店もありますが、

当店の場合、度数測定とレンズの説明だけで1時間なんてこともざらです。

お客様が快適に見えて、使いやすいメガネを作りたいと思っておりますし、

そのためには目的に合ったレンズ選びが大事だと考えています。

 

「遠くだけ見えるメガネで良いと思って来たけど、

メガネを掛けたままで手元も見えるとたしかに楽だね」とか、

 

「新聞だけ読めれば良いと思っていたけど、

メガネを掛けたままで料理もできるならすごく便利ね」とか、

 

そんな風に喜んでくださるお客様も多いです。

 

レンズについて分からないことや気になることがあれば、

スタッフまで気軽にご相談下さい。