トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

新しいメガネになかなか慣れられない時には

2021.06.04

スタッフ今堀です。

 

いつだったかは忘れてしまったのですが、昔受けた研修かセミナーで、消費者センターに寄せられた消費者からのクレームが紹介されていました。

 

たしかこんな内容だったと思います。

 

「新しいメガネを購入して1カ月ほど使っているが、見え方がおかしい。購入したお店に相談したが、慣れるのに時間がかかるのでもう少し使ってみてくれと言われた。」

 

この事例に対し、講師の先生は、「1カ月もあれば普通は慣れられるはずで、それにもかかわらず、お客様が慣れられないと言っているということは、その度数が合っていないということである。だからさらに時間をかけたところで慣れられるようにはならない。」

 

そんな風に説明されていました。

 

これは全くその通りで、度数を変えて最初は違和感があったとしても、ある程度使っていれば慣れてくるのが普通です。

 

 

当店でもメガネをお渡しする際には、2週間くらいを目途に使ってみてもらって、それでも無理そうなら一度相談して下さいとお伝えすることが多いです。

 

では、この事例で紹介された眼鏡店の対応はやはり良くなかったのかというと、実際に販売している立場から言うと、もう少し詳しい経緯が分からないと何とも言えないというのが本音です。

状況によってはこの販売店と同じような対応になってしまうこともありえます。

 

 

どういうことかと言いますと、お客様が、「1カ月使っていた」と言われたとしても、その期間にどんな使い方をしていたかによっても対応が変わるからです。

 

たとえばこんなケースが考えられます。

 

①違和感を感じながらも毎日新しいメガネだけを掛け続け、1カ月過ごしてみたが、やはりどうしても違和感がある。

 

②掛けると違和感を感じるため、しょっちゅう以前のメガネに掛け替えていた。それを繰り返しながら1カ月過ごした。

 

どうでしょうか?

 

説明を分かりやすくするためにかなり極端な例にさせてもらっておりますが、「1カ月使っていた」といっても、その内容がだいぶ違うのがお分かりいただけますでしょうか?

 

①のケースでは、それだけの期間使っていても慣れられなかったということなので、冒頭の講師の先生が言われた通り、これ以上続けても慣れられない可能性が高く、度数を考え直す必要があると思います。

 

 

でも、②のケースでは、確かに1か月使っているのですが、ある程度継続して新しいメガネを使うということがなく、それによってなかなか慣れられなかったという可能性も考えられます。

 

少し違和感があっても以前のメガネに戻すのをちょっと我慢してみてもらって、1週間ほど新しいメガネだけで過ごしてみてもらえば、もしかしたら慣れられるかもしれません。

 

そういう場合には、度数をすぐに変更するのではなく、もう少し使い続けてみてもらった方が良いかもしれません。

 

 

僕自身も経験がありますが、長年ずっと同じ度数で過ごしてきて、ある時片目の度数だけ変えたことがあります。

掛けた瞬間、すごく違和感を感じてしまって、「これ、慣れられるのかな?」と心配になりました。

 

ただ、自分で測定して、「これで大丈夫」という自信もあったので、とにかく使い続けてみることにしました。

その結果、数日経ったらいつの間にか慣れてしまっていました。

 

片目が見にくかったのも解消され、左右のバランスも良くなったので、あの時変えておいて良かったなと思っています。

 

 

当店のお客様の中にも、「最初はなかなか慣れられなかったけど、今はすごく便利に使えているわ」と言って下さったお客様も多数おられます。

すぐに以前の度数に戻してしまっていたら、そんな風に感じてもらうことは出来なかったと思います。

 

新しいメガネに違和感を感じたり、慣れられないと思ってすぐに以前のメガネに戻すのではなく、とりあえず数日間は新しいメガネだけを使ってみてもらった方が、結果的に早く慣れられるという場合もあります。

 

それでもやっぱり無理だなということであれば、「毎日これだけの時間、掛けたり外したりせずに使ってみたけど、やはりどうしても慣れられなかった」ということを購入されたお店に伝えれば良いと思います。

 

 

もちろん、これは「違和感は感じるけど、何とか掛けることができる」ということが前提です。

 

数分掛けているだけで気持ちが悪くなったり、フラフラして歩くことができないようなメガネの場合は、無理をして掛け続ける必要はないので、すぐに購入されたお店でご相談下さい。

店内改装工事のため臨時休業させていただきます

2021.06.02

スタッフ今堀です。

 

だいぶ前から入り口の自動ドアの調子が悪かったのですが、ついに先日動かなくなってしまいました・・・

現在は手動で開け閉めしなければならなくなっており、ご来店いただいたお客様には大変ご不便をおかけしております。

 

 

先日までは一応動いてはいたのですが、完全に閉まりきらないという状況が続いていおりました。

 

お客様には、「すごいね、換気のためにこんな風になっているの?」と聞かれたのですが、すみません、単なる故障です・・・

 

実はだいぶ前に自動ドアの業者さんに見に来てもらい、中のユニットを交換することになっておりました。

工事の日程も決まっていたのですが、作業をする方に現地調査に来てもらったところ、そこで問題が発生しました。

 

 

自動ドアのカバーの前に照明を取り付けるための梁(?)があって、これがあることで取り換え作業ができないと言われてしまいました・・・

 

(昔改装した際に後から取り付けたようなのですが、自動ドアのメンテナンスなどを考えると、どうしてこんな仕様にしたのか不思議なのですが、昔はそういう工事が多かったみたいです。)

 

そこで、リフォーム専門の業者さんに天井に付けられている梁を全て外して天井のクロスも張り替えてもらい、そのうえであらためて自動ドア業者さんに自動ドアの修理をしてもらうことになりました。

 

ついでに感染対策を強化するため、古くなって動かくなくなっていた換気扇の工事も一緒にやってもらうことになっております。

 

そのため、誠に勝手ながら、6月15日(火)~6月18日(金)の間、改装工事のため臨時休業とさせていただきます

 

お客様には大変ご不便をおかけしてしまいますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

店舗改装工事による臨時休業のお知らせ

2021.06.02

日頃よりメガネのイマホリをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、店舗改装工事のため6月15日(火)~6月18日(金)の間、臨時休業とさせていただきます

お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

お客様のメガネのご紹介 いろいろ試して、やっぱりAKITTOになりました

2021.06.01

スタッフ長尾です。

 

今日は先日ご注文いただいたお客様のメガネのご紹介です。

フレームは女性に大人気のAKTTO(アキット)です。

 

hag2

サイズ47□21

 

プラスチック(アセテート)のインナーリムをチタンリムでくるっと巻いてあります。

小さ目のレンズサイズに加え(レンズサイズが小さいと近視のレンズは端が薄く仕上がります)、厚みのあるアセテートリムの中にレンズが収まるので、度数が強めの方でも横から見た時の厚みを目立ちにくくすることができます。

 

 

デザインも素敵で、可愛いフレームでありながら、気になるレンズの厚みもしっかりカバーしてくれる頼りになるAKITTO(アキット)です❣

 

こちらのお客様、アキットのメガネを大変気に入っていただいており、ご購入いただくのはこれで3本目になります。

アキットをご購入いただいたお客様は、次(二本目)もアキットをご指名いただくこととがとっても多いです。

 

 

「色々フレームを試してみるけど、結局この(アキットの)コーナーに戻ってきてしまうのよね。」と笑顔で仰っておられました。

 

今回のお客様のように度数が強めの女性のお客様にとっては、メガネを掛けること自体がネガティブなことになってしまいがちですが、アキットのメガネを購入されたお客様は、みなさんメガネを楽しんで下さっています。

 

こちらのメガネに使わせていただいているレンズですが、

 

 

目の健康を守るというコンセプトで開発された東海光学のルティーナです。

 

昨年、室内用タイプのLivingでメガネをお作りいただいているので、今回は遠近両用タイプのDailyをお選びいただきました。

 

お家で過ごす時間は室内用のメガネ、車でお出かけしたり、映画を見る時には遠近両用メガネと2本のメガネを使い分けていただき、快適な視生活をお過ごしいただけたらと思っております。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

ルテイン測定をきっかけにルティーナでメガネをお作りいただきました

2021.05.31

スタッフ今堀です。

 

昨年に引き続き、レンズメーカーの東海光学から目のルテイン量がチェックできる測定器をお借りし、ルテイン測定会を開催しておりました。

 

(新型コロナウィルスの感染が拡大している状況だったので、今回は当店でメガネをご購入いただいているお客様のみに限定し、人数を制限させていただいて開催しておりました。)

 

 

今回は大々的に開催することができませんしたが、ご自身の目の健康について考えてもらうきっかけになれば良いなと思っておりますので、今後も定期的に開催する予定をしております。

 

測定会にご参加いただいたお客様に、新しくメガネを作っていただきました。

 

 

光からもっと目を守るレンズ、ルティーナを入れさせてもらいました。

 

 

ルティーナは紫外線だけでなく、酸化ストレスやルテイン(色素)劣化に影響に与えるといわれる波長の光もカットしてくれます。

 

ところで、このメガネ、実はレンズに度が入っておりません。

 

今回メガネをお作りさせていただいたお客様は、裸眼で遠くがよく見えているため、普段はメガネを掛けておられません。

本などを読まれる時に老眼鏡を使っておられるだけです。

 

「裸眼でよく見えているならメガネなんて掛ける必要ないんじゃないの???」

 

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、最近は視力補正のためだけではなく、紫外線やブルーライトなどの光から目を守るという目的で、メガネを掛けられる方も少しずつ増えております。

 

 

今回メガネをお作りいただいたお客様も、ルテイン測定をきっかけにご自身の目の健康についてお考えいただき、外出の際にはメガネを掛けることにされました。

 

こちらがルティーナのレンズ。

 

短波長光をよりカットする機能をもたせるために若干着色してあるため、レンズのふちの部分を見ると少し青く見えます。

ただ、正面から見るとほとんど無色なので安心してお使いいただけます。

 

当店スタッフも普段から使っておりますので、興味のある方は気軽にお問い合わせ下さい。

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

レンズカラーも目的に合わせてお選び下さい

2021.05.30

スタッフ長尾です。

 

本日のブログは先週に引き続きカラーのお話です。

今日はレンズのカラーについてお話したいと思いますので、よろしければお付き合いください。

 

 

レンズカラーにもいろいろな種類があって、中にはレンズメーカーオリジナルの特別なカラーもあります。

 

東海光学のフィールカラー

 

HOYAのレイガード435

 

淡い色ながら眩しさを和らげる効果もあるので機能カラーとも呼ばれています。

優れもののカラーですが、選べるカラーの種類が少ないのがちょっと残念なところです・・・。

 

レンズメーカーを問わず、共通のカラーというのもあります。

 

 

arriate tr3s(アリアーテ トレス)

 

こちらのカラーは、オプティカルカラー協会という団体が監修しているカラーで、国内の眼鏡レンズメーカーであればどこのメーカーでも同じカラーを選ぶことができます。

 

選べるカラーの種類、カラー濃度もたくさんあり、おしゃれカラーから本格的なサングラスカラーまで選び放題(!?)です。

 

このarriate tr3s(アリアーテ トレス)のカラーは、ライトグレイッシュトーンと呼ばれる色のグループの中の色で構成されています。

日本人の肌色の多くはこのグループに当てはまります。

 

 

ライトグレイッシュトーンのグループの中で選ばれた色なので、肌なじみはとても良いのです。

 

 

こちらはパープル系のカラー。

 

 

青みの紫(左)と赤みの紫(右)の二種類があります。

肌の色白効果をねらうなら青みのある紫を、肌を明るくする効果をねらうなら赤みの紫を、そんな風に選んでいただけます。

 

また、前面に色が入っているフルカラーと、レンズの下側が薄くなるハーフ(グラデーション)カラーの2種類をお選びいただくことができます。

 

たとえば、色白効果のあるブルーのカラーですが、人によっては目の下に影をつくってしまうこともあります。

 

 

こんな時はレンズの下側の色が薄くなるハーフカラー(右)を選ぶことで、色白効果を出しながら目の下の影をなくすことができます。

 

カラーバリエーションが豊富なので、フレームのカラーに合わて選ぶのも良いですよね。

 

 

メガネのフレームやレンズのカラー選びに迷ったらお気軽にご相談ください。

お客様のメガネのご紹介 軽いメガネは金属製フレームでもできますよ

2021.05.29

 

スタッフ長尾です。

今日はお客様のメガネのご紹介です。

 

現在お使いのデスクワーク用メガネが見にくくなって来たと、ご来店いただきました。

なるべく軽いメガネにしたいということで、フレームはReego CHARMANT(リーゴシャルマン)になりました。

サイズ48▢18

 

このReego CHARMANT(リーゴシャルマン)は金属製フレームですが、テンプル(ウデ)の適度なしなりとテンプル先端の大き目のプラスチックパーツで、頭をしっかり・ふんわり抱え込みます。

鼻パッドとテンプルでバランスよくメガネを支えるので、見た目よりずっと軽い掛け心地なのです。軽いメガネをお探しの皆さん是非お試しください。(男性はマンズマークシャルマンでお試しください)

 

 

使用レンズはご来店時のデスクワーク用メガネから室内用メガネへと変更になりました。

 

前回お作りした時はパソコンメインのまさしくデスクワークだったのですが、少しお仕事内容が変わり室内を見渡したり歩いたりすることも多くなったそうです。では室内用レンズが使いやすいのではないかとテストレンズでお試しいただいたところ・・・。

 

デスクの資料が見えて(パソコン画面も)顔を上げれば室内が見渡せる。

 

当店店内の写真で失礼します。

 

そしてそのまま歩くことが出来る。こっちの方が便利と室内用レンズに即、決定しました。このようにお仕事の内容が変わると今までのメガネでは使い勝手がイマイチ!ということも起こります。

 

「便利、便利」と喜んでいただけ、レンズをおすすめしたこちらも嬉しくなりました。メガネの調整やクリーニングはお仕事帰りにお気軽にお申し付けください。お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

レンズ度数が変わると使いにくくなりますが、レンズ度数よりも種類を変える方が見え方が良くなることもあります。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

スペックエスパスの新作が入荷しました②

2021.05.28

スタッフ今堀です。

 

本日もspec espace(スペックエスパス)のNEWモデルをご紹介したいと思います。

 

ES-2173

サイズ:50□20

カラー:03 clear khaki/khaki

42,900円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 49,500円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 59,400(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

カラー:05 blue gray sasa / silver

 

シート状のチタンにセルロイドのフロント(前枠)を組み合わせたコンビネーションフレーム。

 

プラスチックフレームによく使用される素材として、アセテートとセルロイドがありますが、セルロイドは強度が強く、アセテートよりも型崩れしにくいという特長があります。

 

 

丁番と呼ばれるテンプル(ウデ)を折りたたむためのパーツがないため、収納時にテンプルを折りたたむことはできないのですが、テンプルの先端がフックのような形状になっていて、鼻の部分に引っ掛けることで専用ケースに収納ができるようになっています。

 

丁番がないメガネフレームは他ブランドからも発売されておりますが、このような方法でケースに入れるものは多分他にないと思います。

非常に面白いデザインです。

 

 

レンズシェイプは、知的な印象を与えてくれるウェリントン型。

 

今回は定番のブラックやデミ柄ではなく、クリアー系の涼しげなカラーを仕入れてみました。

これからの季節にぴったりだと思います。

 

 

ちょっとお洒落も楽しみながら、一日中掛けていても苦にならない掛け心地の良いメガネフレームとなっております。

ぜひ店頭でご覧になってみて下さい。

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

スペックエスパスの新作が入荷しました①

2021.05.26

スタッフ今堀です。

 

当店の人気商品の一つ、spec espace(スペックエスパス)の2021春夏コレクションが入荷しております。

今回は2型入荷しておりますので、2回に分けてご紹介したいと思います。

 

ES-2174

サイズ:50□18

カラー:02 purple sasaⅡ/purple

44,000円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 50,600円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 60,500(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

こちらのフレームは、シート状のチタンにプラスチックのリム(レンズが入るフチの部分)をはめこんで作られたコンビネーションフレームです。

 

 

スペックエスパスのコレクションの中には、フロント(前枠部分)全体がプラスチックになっていて、ネジで固定されているタイプ(上の写真)もあります。

正面から見ると同じように見えるのですが、リム部分にだけプラスチックパーツが付けられているタイプの方がより軽く仕上がっております。

 

カラー:04 pink sasaⅡ/pink

 

カラー:01 gray sasaⅡ/yellow

 

綺麗なカラーが多く、カラー選びも楽しくなるフレームです。

 

最近は女性のお客様にも人気のメガネなので、女性のお客様が好まれそうなカラーを選んで仕入れてみました。

 

 

大きすぎず、小さすぎない程よいサイズ感のフレームです。

丸みのある柔らかい玉型で、男女ともに掛けられるデザインになっております。

 

 

掛けた時のサイドの空間がとってもカッコいいスペックエスパスのメガネフレーム。

スペックエスパスに興味をお持ちいただいたお客様には、「横顔でお洒落するメガネです」と説明をさせていただいております。

 

見た目も素敵ですが、軽くて掛け心地もすごく良いメガネフレームです。

ぜひ店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

お客様のメガネのご紹介。普段使いしやすい室内用レンズです

2021.05.25

スタッフ長尾です。

 

今日はお客様のメガネのご紹介です。

フレームはAKITTO(アキット)をお選びいただきました。

甘すぎない可愛さで大人気のレディースフレームです。

 

 

今回お選びいただいたこちらのnuf(ヌフ)というモデルは、レンズの形が縦方向に長さがありながら、まん丸すぎない形で人気のモデルです。

 

お客様も最初に目に入ったのがこのnufだったそうで、色々試着していただきましたが、最終的には一番最初にピン!ときたnufに決定しました。

前枠の前面だけがブラウンで全体はピンク色。

「ピンクってどうなのかな??」ちょっと不安そうにされてましたが、淡いピンク色がとても良くお似合いでした(*^-^*)

 

テンプル(ウデ)も凝った作りになってます。

 

レンズは、見たいシーンに合わせてレンズが選べる東海光学のアイリーフシリーズから、

 

室内用タイプのLiving(リビング)をチョイス。

遠近両用メガネに比べると遠くの見え方は落ちますが、手元周りの見え方はグッと良くなります。

テレビを見ながら新聞や雑誌が楽々読めちゃいますし、洗濯物の襟袖汚れの見落としもなくなります。(これはスタッフ長尾も実感しています。)

 

室内用がメインのレンズですが、そのままお買い物にも行けます。

車の運転以外はこの室内用メガネでOK!と言ってもいいくらいで、日常使いにおすすめのレンズです!!

※車の運転は禁止です。

 

遠近両用レンズよりも足元が怖くなく、初めてでも慣れやすいという声も結構あり、今までメガネを使ったことがないという方でも、まずは室内用から試してもらうのも一つの方法かなと思います。

(テストレンズがありますのでお気軽にお試しください。)

 

今回のお客様も、メガネをお渡しした日に早速、「足元も平気、平気。大丈夫!」と足取りも軽くそのままおお帰りになられました。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!