トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

日曜日の実験?!

2017.04.09

スタッフ長尾です。

 

軒下の花たちが盛りをむかえようとしているので、

 

 

レンズカラーの違いにより、見るものの色の見え方が違ってくる

 

 

それを実際に試してみました。

 

実験は、眩しさをやわらげるのに効果的な少し濃いめのカラーで比較。

 

 

左がフェアブラウン 右がトゥルーグレー

濃度はどちらも50%です。

 

グレー は無彩色とよばれ、赤や黄のように色味を持っていないので、

視界の明暗の変化はあっても、元々の景色の色を大きく変えません

 

ブラウン は明るい場所と暗い場所の違いをはっきりさせてくれるので、

モノがくっきりシャープに見えます。

ただ、色味が少し変化します。(視界が夕暮れ時のようにも感じます。)

 

カメラレンズの前にカラーレンズをかざして試しました。

画像の処理も一切無しですが、どこまで違いが出るのか?

実際に違いがわかるのか???

 

 

まずはカラーレンズなしの花の画像です。

 

 

グレーのレンズを通した画像。

 

 

そして、ブラウンのレンズを通した画像。

 

カラー濃度50%程度では差がイマイチでしたが・・・・

 

ブラウンのレンズを通して見た時は花の色が黄味がかり、

青紫のアネモネがピンクっぽ見えます。

 

グレーのレンズの場合は、少し色が濃いように見えます。

明暗の変化が色の濃さの違いとして出たのだと思います。

でも、色味の変化はないですよね。

 

サングラスをご購入される際に、

レンズのカラーで迷われる方も多いですが、

色の見え方が変わるのが嫌だなという方ならグレーを、

ゴルフやハイキング、アウトドアスポーツなどが目的で、

色の見え方が変化しても構わないという方はブラウンを、

私はおすすめいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です