トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

テンプルが長めの人気モデルが再入荷しました

2021.02.24

スタッフ今堀です。

 

本日はメガネのフレームのご紹介です。

 

新作ではありませんが、isoTope(アイソトープ)の人気モデルが入荷しております。

 

IS-512

サイズ:55□17-151

カラー:5 Gray Crystal

29,700円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 36,300円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 46,200円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

こちらのフレームですが、テンプル(ウデ)がちょっと長めのサイズになっております。

 

一般の男性用フレームだと140~145(mm)くらいのものが多いですが、こちらのフレームのテンプルサイズは151(mm)です。

 

メガネのフィッティング(調整)では、テンプル先を耳付け根後ろに沿わせて曲げ下ろすことによって摩擦力を発生させ、前方への下がりを防ぎます。

(テンプル先を耳に引っかけて止めているわけではありません。)

 

 

ところが、耳(の付いている)位置がかなり後方にある方の場合、通常のテンプルサイズだとギリギリの長さになってしまい、テンプル先を曲げ下ろせない場合があります。

 

上の写真ではテンプルの先端だけが耳の後ろから見えておりますが、こういった状態だと曲げ下ろしが困難です。

 

 

テンプルが長めのフレームであれば、テンプル先を曲げ下ろすことができます。

 

このマネキンだと耳の後ろがだいぶ余ってしまっておりますので、ここまで長いテンプルは必要ないのですが、このフレームのテンプルがかなり長めだということは分かっていただけるかと思います。

 

女性のお客様の場合はそれほど心配はないのですが、男性のお客様の中には通常のテンプルでは長さが足りない場合もありますので、そういった方にはこのような長めのテンプルのものがおすすめです。

 

 

別色の3.Navy×Amber Laminateもございます。

こちらは前面と裏面で別のプラスチック生地を張り合わせてあります。

 

 

全体的に少し大きめサイズのメガネフレームなので、お顔の大きい男性のお客様に人気です。

最近はクラシックなデザインのフレームが流行っておりますが、そういうデザインが苦手で、シンプルなスクエア(四角)型が好きな方に好評のメガネフレームです。

 

また、テンプルの芯金に軽量なチタンを使用するなど細かいパーツにもこだわりながら、3万円を切る価格となっておりますので、コスパも良いフレームだと思います。

 

テンプルの長さが足りなくていつもメガネを選ぶ時に苦労する、そんな方にぜひお試しいただきたいフレームです。

 

 

『シグニア補聴器』も取り扱っております

2021.02.23

スタッフ今堀です。

 

最近はメガネだけでなく、補聴器のお問い合わせが増えております。

 

特に昨年は補聴器の販売数が大きく伸びました。

 

新規のお客様もおられますが、以前から当店でメガネをお作りいただいているお客様が、加齢とともに聞こえの不自由さを感じられるようになり、補聴器の使用を検討されるということも多くなってきました。

 

当店ではスイスのフォナック補聴器をメインで取り扱っておりますが、今後はさらに補聴器のご相談が増えかると思いますので、もう一社、シグニア補聴器の取り扱いも本格的に始めることになりました。

 

 

写真は「スタイレット」という商品ですが、シグニア補聴器の製品ラインナップには、このような補聴器には見えないスタイリッシュなデザインのものもあります。

 

 

補聴器としての性能はもちろんですが、今後は補聴器の“見た目”を気にされるユーザーも増えて来るのではないかと思っております。

 

以前は、「目立ちにくい」という意味で補聴器の“見た目”を気にされる方が多かったのですが、これから先は「デザインがカッコいい」「カラーがきれい」といった意味での“見た目”を気にされる方が増えてくるのではないかと思っております。

 

こういった商品も取り扱うことで、補聴器を必要とされるお客様へのご提案の幅を広げていけたらと考えております。

 

 

先日、シグニア補聴器の担当営業さんが来てくれて勉強会をしてくれました。

今後も継続的に勉強会を開催して商品知識を増やしていこうと思っております。

 

3月には最新補聴器の試聴会も予定をしておりますので、興味のある方は気軽にお問合せ下さい。

 

 

2月22日は猫の日 ねこのメガネケースを紹介します

2021.02.22

 

スタッフ長尾です。

 

今日2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日です。

 

ということで、本日はねこグッズ(メガネケース)を紹介します。

 

 

先日届いたばかりのこちらのねこケースは「ターチャンフレンズ」

税込価格1100円です。

 

開閉はバネ式。がっしりと丈夫なケースで、紳士用のフレームも入る大きさです。

 

どや顔の三匹の猫たちには名前があり、キャラ設定もされています。

 

シーリーズ化されているので、好評ならまた仕入れてみようかなと(スタッフ長尾は)思っています。

 

 

マグネット開閉式のこちらのケースは布張りです。

税込価格1210円です。

 

たくさんのりんごに紛れて見え隠れする控えめネコさんのケースです。

 

 

 

メガネの掛け外しが多く、「あれ?!メガネどこへやったけ??」とメガネが行方不明になりがちな方へおすすめのメガネスタンドケースです。

税込価格1100円です。

 

メガネの定位置が決まると探す手間がなくなるし、メガネの歪みや破損から守ることもできますよ。

 

その他いろいろな猫たちがいます。ぜひ店頭でご覧になってみてください。

 

 

 

こちらもネコのケース、ということで(笑)

税込価格1400円です。

 

 

お客様のメガネのご紹介 車の中でもレンズの色が濃くなるサングラスです

2021.02.21

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネのご紹介です。

車の運転用にサングラスを作りたいとご来店いただきました。

 

運転用なので眩しさをしっかり避けられる濃いめのカラーがおすすめなのですが、室内では一般のメガネとして使いたいというご要望もありました。(掛け替えの手間は省きたいですよね)

 

太陽の光量によりレンズの色の濃さが変わる調光レンズがあるのですが、正確には紫外線の量に反応して色が濃くなっていきます。

 

車のフロントガラスは紫外線カット加工がされているため、車の中ではほとんど色の変化がないのです。

と、以前ならここで運転専用サングラスをお作りいただくしかなかったのですが・・・

 

 

今は、車のフロントガラス越しでも色が濃くなる調光レンズがあるのです!!

 

トランジションズ・エクストラアクティブと言います。

カラーはブラウンとグレーの二色があります。

 

実際のどれぐらいの色変化があるかサンプル用の前掛けサングラス一週間お試しいただき、グレーでお作り致しました。

フレームはlafont(ラフォン)のVICKY(ヴィッキー)

 

くっきりはっきりの黒いプラスチックの前枠と、テンプル(ウデ)のエレガントな水玉模様でお洒落でカッコいいサングラスが出来上がりました。これから春から夏へと大活躍してくれること、間違いなしです!

 

お買い上げいただきありがとうございました。ドライブを楽しんでください。どうぞご安全に。

 

 


室内ではほぼ無色です。(照明で多少色付くこともあります)

レンズ交換と一緒にお客様の『歩』のフレームの鼻パッドをカスタマイズしました

2021.02.20

スタッフ今堀です。

 

レンズ交換のご依頼をいただいていたお客様のメガネが出来上がりました。

 

3年ほど前にお作りしていただいたメガネですが、度数が少し変化したので、レンズ交換をさせていただきました。

 

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のメガネフレームです。

 

フレームをご購入いただいた際に、メガネが少し下がりそうだったので、鼻パッドのカスタマイズをご提案させていただいたのですが、その時は「とりあえずこれで使ってみて様子を見る」ということでした。

 

それから3年ほどお使いいただいたのですが、「メガネを掛けているとよくずれ落ちてくる」ということだったので、レンズ交換のついでに鼻パッドのカスタマイズもさせていただくことにしました。

 

※『歩』“AYUMI”の公式サイトより

 

『歩』のフレームの鼻パッドは、職人さんが一本一本ヤスリがけをし、鼻への当たりの良さを考えながら一体感のある形状に作り上げられています。

 

ただ、鼻の形状は個人差があるので、人によってはどうしてもうまく合わない場合もあります。

 

 

そういった場合には、製造元のマコト眼鏡さんにお願いして、お客様の鼻の形に合わせた鼻パッドをカスタマイズしてもらいます。

 

当店で鼻パッド部分に上の写真のようなシールを貼り、鼻パッドの幅や高さをどのくらい増やしたら良いかを調整させてもらいます。

 

これをもとにマコト眼鏡さんにフレームを送り、今付いている鼻パッドを外し、カスタマイズした新しい鼻パッドを取り付けてもらいます。

 

鼻パッドのカスタマイズは、別途加工料が必要です。

また、鼻パッドを一から再作するため3週間程度日数がかかります。

詳しくは店頭スタッフにお尋ね下さい。

 

 

こちらが今回カスタマイズしてもらった鼻パッドです。

 

メガネをお使いいただいているのは女性のお客様で、まつ毛も少しレンズに当たる感じだったので、鼻パッドの高さを少し高くしてもらっています。

 

 

こちらが出荷時の状態です。

 

こちらのフレームは、鼻幅が結構広めのサイズになっておりますので、今回のお客様の場合、上手く鼻パッドが鼻にのらなくてメガネが下がって来ておりました。

 

 

こちらがカスタマイズしてもらった鼻パッドです。

 

左右の鼻パッドを少し内側に広げてもらっています。

結果的に鼻幅が狭くなり、鼻の上にうまくのるようになります。

 

 

在庫補充のためにサンプルも送ってもらいました。

 

現在発売中のほとんどのモデルに加え、新たに追加された新色もご覧いただくことができます。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”に興味がある方はぜひこの機会にご覧になってみて下さい。

 

 

 

小さなお子様の場合にはバンドの使用をおすすめする場合もあります

2021.02.19

スタッフ今堀です。

 

先日、他店で子ども用メガネを作られたお子さんとそのご両親が、「ちょっと相談にのってもらえませんか」と来店されました。

掛けている内にメガネがどうしても下がって来るので、何とか調整できないかということでした。

 

 

メガネを見させていただくと、当店でも取り扱っているトマトグラッシーズのフレームでした。

実際に掛けてみていただくと、確かにメガネが下がり気味になっておりました。

 

 

トマトグラッシーズのメガネフレームは、小さなお子様向けに色々考えて作られており、一般的な子ども用フレームに比べるとずれ落ちにくくなっております。

 

ただ、絶対にずれないわけではありません

 

特に就学前の小さなお子様の場合、鼻パッドが接地する鼻骨部分が未発達なため、鼻パッドが載らない(メガネの重さを支えられない)ことが多いです。

 

そういうお子様の場合、成人のようにメガネだけでずらないようにすることは無理なので、バンドの使用をお願いしております

 

 

トマトグラッシーズのフレームには専用のバンド付属しており、ケースの中に入っております。

 

お客様にも上記の内容をお話し、バンドの使い方をご説明しました。

 

 

メガネがずれてしまうとレンズの上部分から見てしまうことになり、レンズの効果が十分に発揮されない場合もあります。

 

せっかく弱視の治療用眼鏡を毎日掛けてもらっていても、メガネがずれてしまっていたら裸眼で見ているのと変わらなくなり、視力が良くならないということもあるので注意が必要です。

 

また、バンドで固定してもらっていれば、子どもさんが動きまわられてもメガネがずれないので、安心です。

 

 

当店のお客様の中には、普段はバンドをされていなくても、体操教室などで体を動される時や、保育園の運動会の時にはバンドをされるという方もおられます。

 

一般には、スポーツなどをされる方でなければ、メガネ用のバンドを使うことはほとんどないので、メガネはメガネ単体でずれないようにできると思っておられる方がほとんどだと思います。

 

ただ、小さなお子様の場合は、メガネだけでずらないようにするのが難しい場合もあり、そういう時にはバンドを使ってもらった方が良いということを知っておいていただけると幸いです。

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介 目元美人になるカラー 肌美人ボーテ

2021.02.16

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネの紹介です。

 

フレームはMUGUET(ミュウゲ)MUー1106

少し重厚感がある落ちついた赤色のプラスチック製フレームです。

 

お客様はプラスチック製の赤系のフレームを愛用されています。ご自身も大好きな色で、新しいメガネでも赤色は外せない!ということでした(*^-^*)

 

横に細長い形のレンズの形のフレームをお使いですが、最近主流になってきた丸みのある形にしたいというご要望もありました。

 

ただ近視の度数が少し強めなので、レンズの厚みが目立つのではないかと心配をされていました。その心配には東海光学の超々薄型・屈折率1,76のレンズご提案させていただきました。プラスチックフレームの太目のリムにすっきり収まりました。。

 

 

さらにこのレンズには特別なカラーも入っております。

 

レンズの上部に薄く色があるのがお分かりいただけますでしょうか?

カラー濃度は20%、レンズ上から下にかけて徐々に濃度が薄くなってい行くグラデーションカラーです。

 

肌美人BEAUTE(ボーテ)といいまして、色彩学を取り入れた美白・透明感をきわだたせ、肌の色をより美しく魅せるカラーなのです。

 

 

 

ミュウゲのお客様が選ばれたのはパープル系のクリアモーヴ。目元のくすみをカバーして、華やかな印象をプラスします。フレームカラーとも相性が良いいですよね。使いやすい濃度20%なので、デイリーユースにおすすめです。

 

新しいメガネで心弾む春が迎えられるといいですね。お買い上げいただきありがとうございました。

 


肌への映り具合は個人差がありますのでテストレンズでお試しください。

 

 

「遠くが見にくくなった」というお客様に「近くが見やすいメガネ」をお作りしました

2021.02.15

スタッフ今堀です。

 

先日ご購入いただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

4年前にメガネを作らせていただいたお客様ですが、「最近、遠くが見にくくなってきた」ということでご来店いただきました。

度数を確認し、新しいメガネを作らせていただきました。

 

 

フレームは、MENS MARK(メンズマーク)のフレームをお選びいただきました。

掛け心地が良く、仕事でも使いやすいデザインのメガネフレームです。

 

 

こちらのフレームに、近業作業に最適なデスクワーク用レンズを入れさせてもらいました。

 

「遠くが見にくいというお客様なのに、どうして近業作業用のメガネを作るの???」

そんな風に思われた方もおられるかもしれません。

 

こちらのお客様、スタッフ長尾が検眼をさせてもらったのですが、度数を決める際に相談を受けました。

測定結果を確認したのですが、たしかに近視の度数が前回より少し強くなっておりました。

 

ただ、度数を強くすると視力は確かに良くなるのですが、しばらくするとまた見にくくなったりし、どうも不安定な様子でした。

 

お客様の年齢が50歳前後ということで、中には度数が変化する方もおられますが、4年ほどで近視が進むかな?という疑問もありました。

 

 

そこで、問診時のお客様の普段の視生活を確認すると、「仕事でほぼ一日中パソコン作業」という文字が見えました。

 

普段の生活の中で近くを見る時間がとても多いことが分かります。

それに加え、近業作業時も普段運転時に使っているメガネを使用されているとのことでした。

 

日常的に目をかなり酷使されており、その結果、目のピント調節機能がうまく働かなくなって視力が低下しているのかもしれないと考えました。

 

そこで、度数を強くするのではなく、目の緊張状態を和らげる方法を試してみました。

 

再度視力を確認すると、現在のメガネでも近視度数を強くした時と同じくらいの視力が出ておりました。

 

 

そこで、普段用は今のメガネをそのままお使いいただき、今回は仕事(パソコン作業)の時用のメガネを作らせていただくことにしました。

パソコンの画面を楽に見てもらえるレンズを入れ、近くを見る時にできるだけ頑張って見なくても良いようにしました。

 

結果的に、お客様の来店時の希望とは真逆のメガネを作らせていただくことになりました。

 

 

50歳前後になると、ピントを合わせる力がかなり低下します。

近視の度数をだいぶ緩くしたり、手元専用のメガネが必要になってくる方が多いのですが、中には近くの見にくさや目の疲れをあまり自覚されない方もおられます。

 

 

本当はすごく頑張った状態で近くを見ているのですが、自分ではよく見えているので、「問題ない」と思っておられます。

 

ただ、目にはかなり無理がかかっておりますので、今回のお客様のように老眼対策用のメガネを使用せずに長時間の近業作業を続けていると、遠くを見た時にうまくピントを合わせられなくなってしまうこともあります。

 

 

「見にくい」や「目が疲れる」といった目に関する自覚症状はない場合でも、慢性的な首の痛みや肩こりを感じておられる場合が多いです。

今回のお客様も、一緒に来店された奥様が、「肩が凝るといつも言ってます」と仰っておられました。

 

もちろん、目以外の原因(元々ある体の歪みや姿勢など)もありますので、近業作業用のメガネを作れば肩こりが治るとは言えませんが、目が原因でそういった症状が現れる場合もあります。

 

とりあえず1月ほど新しいメガネをお仕事の時には使用してもらい、様子をみさせてもらおうと思っております。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

AKITTO(アキット)の新作フレームが届きました 春らしいカラーですよ

2021.02.14

 

スタッフ長尾です。

 

暖かい日が続きますね。その陽気に誘われたのかAKTTO(アキット)の新作フレームが届きましので、ご紹介いたします(*^-^*)

 

まずはこちら。

 

hag3

サイズ:44▢23

カラー:PK

49,000円(税込)

 

レンズの形が六角形の小ぶりのフレームです。(かわいいは言わないでおきます。)

 

 

テンプルの飾りも、初代hagから続くミル打ち加工と七宝で飾られた六角形。テンプルとレンズシェイプがお揃いになりました。

 

ふんわり優しい感じのピンク色はオレンジも少し入っているのかもしれません。「パーソナルラー春」のスタッフ今堀が掛けると、ピンクが良いアクセントで色浮きもせず華やいだ感じになりました。

 

 

 

細いラインが立体交差するブリッジパーツは、上向きカーブに視線が引っ張られリフトアップ効果も期待できそうです。

 

カラー違いはこちらのMB、落ち着いたブラウンです。

 

テンプルのカラーはグリーンで、コントラストの効いたスッキリとカッコいい一本です。

 

入荷したばかりでまだ店頭には出ていませんが、試着もできますので、興味のある方は気軽にスタッフにお声かけください。

 

 

TAYLOR WITH RESPECTの新作。入荷が遅れていたフレームがようやく届きました

2021.02.13

スタッフ今堀です。

 

人気急上昇の眼鏡ブランド、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)の新作が入荷しました

 

昨年秋に発表された新作コレクションですが、一部カラーの入荷が遅れておりました。

当初は1月頃の入荷予定だったのですが、生産に時間がかかっていたようです。

 

今回入荷したのは、bothというモデル。

こちらの2色が入荷しております。

 

both(ボース)

サイズ:48□22-143

カラー:03 / Blue Sasa Half

47,300円(税込)

 

 

カラー:02 / Demi Brown

47,300円(税込)

 

 

先に入荷していた04 / Greenカラーも大変きれいなカラーです。

今なら3色ともご覧いただくことができます。

 

bothについては以前のブログで紹介しておりますので、ぜひこちらもご覧下さい。

 

TAYLOR WITH RESPECTの新作。きれいなグリーンのフレームが入荷しました

 

 

TAYLOR WITH RESPECTは、当店でも大変人気がある眼鏡ブランドで、お問い合わせも増えております。

完売してしまうことが多く、カラーによっては再入荷が数か月待ちということもあるので、気になるモデルがあればぜひ早めにチェックして下さいね。