トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

乱視のある人の強い味方になるかもしれない”乱視対策用レンズ”

2021.08.20

スタッフ今堀です。

 

最近、単焦点レンズユーザーのお客様に販売する機会が増えているレンズがあります。

 

 

乱視対策用レンズ、SMART TORIC(スマートトーリック)

 

レンズメーカーの東海光学から今年発売された新しい単焦点レンズなのですが、これまでのレンズとはちょっと違ったコンセプトで開発された眼鏡用レンズです。

 

 

実は、このレンズ、乱視補正の必要がある眼鏡ユーザーをターゲットに開発されたレンズで、レンズ周辺部の歪みを軽減することで、乱視レンズ装用時の装用感が良くなるように設計されています。

 

 

乱視があると、物がダブって見えたり、視力が低下します。

夜に月を見ると、月が何重にも見えてしまったりします。

 

乱視補正用のレンズを使えばそうしたダブりも解消され、すっきりと見えるようになります。

 

 

ただ、乱視補正用のレンズは方向によってレンズの度数(屈折力)が異なるため、方向によって拡大や縮小の程度も変わって像の歪みが発生してしまいます。

人によって感じ方は違うのですが、床や柱が傾いて見えたり、フワフワした感じがしたり、歩くのが怖く感じてしまうことがあります。

 

実は、こうした像の歪みは、脳が修正をしてくれるので次第に慣れて気にならなくなってきます。

(初めからあまり気にならないというタフな方もたまにおられます。)

 

ただ、どうしても最初のネガティブな印象が強く残ってしまい、「気持ち悪くて掛けられない!」「乱視レンズは無理!」と(お客様が)一度思ってしまうと、そのメガネは使ってもらえなくなります。

その結果、乱視の度数を弱くしたり、乱視度数の入っていないレンズに交換する、そういうことがよくあります。

 

乱視を補正することによってクレームにつながったりする場合もあるので、なるべく乱視度数を入れなかったり、弱めの度数にして販売するお店もあるようです。

 

 

ただ、乱視をしっかり補正すれば、視力が良くなるだけでなく、立体視も良くなることが多いです。

車の運転やスポーツをする人にとってはメリットも大きいので、個人的には、できるだけ乱視は補正した方が良いなと思っています。

 

僕も乱視があるので、乱視度数の入ったレンズを長年使用しております。

乱視が入ってないメガネでもそこそこの視力は出るのですが、どうしてもすっきり見えないので、非常に鬱陶しいです。

 

ただ、お客様のメガネを作る場合には、先ほど述べたような理由もあり、やはり慎重にならざるを得ません。

 

これまでに乱視度数の入ったメガネを使った経験がある方なら良いのですが、そういうメガネを使った経験が全くない方の場合は、乱視を補正するかどうか迷うことも多いです。

 

 

そのような場合に、このスマートトーリックをおすすめさせていただいております。

スマートトーリックにすれば絶対大丈夫というわけではないのですが、お客様に対してご提案できる選択肢が増えることは良いことだと思いますし、せっかくこういうレンズがあるのであれば、試してみる価値はあるのかなと思っています。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

お客様のメガネのご紹介 歩 心地よく掛けていただくためのレンズ選び

2021.08.17

 

スタッフ長尾です。

本日はお客様のメガネのご紹介です。

 

 

選んでいただいたフレームは AYUMI(アユミ)( 漢字で書くと「歩」です。)

 

 

歩-1021

サイズ:48

カラー:クリアマロン 今年人気の半透明の涼し気な色です。

 

 

 

セルロイド製フレームの歩は職人さんたちの手により、一本一本手作りされた掛け心地の良いフレームです。お客様は鼻の当たり具合の良さが特にお気に入りのポイント。

 

 

次のメガネも歩と決めておられたそうで、歩の取り扱い店を探して当店までお越しいただきました。(他県からここ大津に引っ越して来られました。)

 

 

 

サイズ小さめの歩は、ほっそり小顔のお客様にジャストのサイズ。

ですが、このままレンズが薄く仕上がる非球面レンズを入れてしまうと、左右のテンプル(ウデ)外側に向かって開いてしまいます。テンプルの幅が広がってしまうので、ズレやすく掛け心地が悪いメガネになってしまいます。

 

 

そこでフレームのカーブに合わせて、レンズのカーブが選べる内面非球面レンズをおすすめしました。レンズは若干厚くなりますが(0.数ミリの差です)掛け心地は断然よくなります。

 

出来上がりスッキリ、見え方もくっきり見やすい。もちろん掛け心地もバッチリな「のメガネが出来上がりました。

 

お買い上げいただきありがとうございました。お気軽にクリーニングや点検にお立ち寄りくださいね。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

愛犬にかじられてしまった先セルパーツを交換させていただきました

2021.08.16

スタッフ今堀です。

 

「飼い犬に手を噛まれる」ということわざがありますが、眼鏡業界には、「飼い犬にモダン(先セル)を噛まれる」ということわざがあります。

 

 

というのは冗談ですが(笑)、犬を飼っておられる眼鏡ユーザーさんには結構よくあることです。

 

耳に掛かるプラスチックの部分を”先セル”とか”モダン”と呼ぶのですが、この部分をカジカジするのが好きなワンちゃんが多いです。

 

先日ご来店いただいたお客様も、最近その被害(?)にあわれたお一人でした。

 

「犬に耳のところをかじられてしまって・・・・」

そう言って持って来られたメガネを見させていただくと・・・

 

ガッツリかじられていました(笑)

 

こちらのメガネフレームは、この品番専用の特殊な先セルが使用されていたため、パーツの交換ができるかちょっと心配だったのですが、メーカーにパーツがあるか問い合わせてみたところ、運よく在庫が残っておりました。

早速そちらを取り寄せ、交換作業をしました。

 

 

愛犬にかじられてしまった先セルを引っ張って抜き取ります。

年数が経っているものだと作業中に割れてしまったりすることもあるのですが、今回はスムーズに抜き取ることができました。

 

先セルを引き抜くと中の芯金が出て来ます。

 

ちなみに、この芯金、形状や太さはフレームによって異なります。

そのため、ちゃんと芯金の形状や太さに合ったものと交換しないと、上手く入らなかったり、割れてしまうこともあります。

 

このように、メガネを使用中に先セルが割れて使えなくなってしまっても、交換ができる場合が多いので、メガネを購入された眼鏡店に一度相談されると良いかと思います。

自店で販売した商品であればブランドや品番もすぐに分かりますので、メーカーに同じパーツがあるか調べてくれたり、自店にあるパーツで交換ができないか確認してくれるはずです。

(メガネは購入後にこういったトラブルもございますので、安易にネット通販などで購入されずに、購入後も相談ができるお店で購入されることをおすすめします。)

 

 

無事に交換作業が完了しました。

ただ、先セルを抜き取るために曲げていた芯金を真っすぐに伸ばしているので、再度お客様の耳に合わせて曲げ直す必要があります。

お客様に取りに来ていただいた際、調整をさせていただく予定です。

 

今回のような事例は、犬を飼っておられる方には結構よくあることです。

ちなみに、当店のお客様の中には、耳掛け式の補聴器をワンちゃんにかじられたという方もおられ、先セルの様に交換というわけにいかなかったので、メーカーに送って修理したこともあります。

 

愛犬のそばにメガネを置く場合は、必ずメガネケースにしまうようにしましょう。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

お客様のメガネのご紹介 ちょっと強面仕様(!?) 偏光サングラス

2021.08.15

 

スタッフ長尾です。

 

今日はお客様のメガネのご紹介、と言いますかサングラスのご紹介をします。

こちらで~す。↓

 

 

今回のサングラスはおしゃれサングラスではなく、実用最優先のサングラスです。

 

使用レンズはRARTS(アーツ)

伊藤光学から発売されている偏光レンズです。

 

 

レンズ基材の中に特殊な偏光フィルムがを挟んであり、

 

紫外線や反射光をカットして、目に優しい光だけを届けてくれます。

 

 

お客様は車通勤なのだそうですが、朝日と一緒のドライブは眩しさ極まりなし!サングラスをつくろう!!と思った時にお父様から助言があったそうです。

 

「偏光レンズはいいぞ。見やすいし、目は楽。運転しやすい。ただ色が濃いだけじゃないんだ。」

(実はお父様には昨年RARTSでサングラスを作っていただいていました。)

 

 

実際にテストレンズで見え方を(他のレンズカラーと)比べていただきましたが、確かに目が楽と実感していただけました。

(レンズを回転させると見え方が変わるので、試してみると面白いですよ(*^▽^*))

 

各レンズカラーには推奨フィールド(おすすめ環境)がありますが、ご自身で一番落ち着く色フォレストグリーンを選ばれました。

 

 

 

かなり濃いめの強面なサングラスが出来上がりました。ちょっと強面のサングラスは車の割り込みににらみが効くかも!なんていう話で盛り上がりました。

*レンズの内側だけにマルチコートをかけて、表側はちょっぴりミラーコート風になっています。強面感増量してあります(*^^)v

 

ですが、

 

使用フレームは植物モチーフが優しい雰囲気で人気のPutri(プトゥリ)なので、どことなく可愛い雰囲気も残っています。強面、というよりカッコいいサングラスになりました。

お買い上げいただきありがとうございました。

安全運転でいってらっしゃいませぇ~

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

 

カラーレンズ、実はカラーの濃さも色々選べるって知っていました?

2021.08.14

スタッフ今堀です。

 

全国的に大雨が続いており、滋賀でも強い雨が降っております。

しばらくは雨の日が続きそうなので、引き続き警戒が必要ですね。

 

そんな状況ではありますが、つい先日まではとても良いお天気で、強い日射しの日が続いておりました。

そのため、先月からカラーレンズのお問い合わせが増えております。

 

 

当店の場合、カラーレンズを希望されるお客様の多くが、度数が必要な方です。

そのため、度(数)の入ったカラーレンズでお作りすることが多いのですが、時々、度なしでも作らせていただくこともあります。

 

紫外線対策や眩しさ対策として、(遠くを見るのにメガネが必要ではない方が)市販のサングラスを買いに来られることもあるのですが、市販品のサングラスはレンズの色が濃いものが多いため、なかなかお客様の希望されているような濃さのものがない・・・そんなことがよくあります。

 

 

特に最近は、外出時にはマスクを着用しますので、見た目が怪しく見えるのを気にされて濃い色のカラーレンズを避ける方が増えており、少し薄めのカラーが人気です。

 

そういったお客様には、度なしのカラーレンズをメガネフレームに入れさせていただくことをご提案しております。

 

この方法であれば、お客様のお好みに合わせて使いやすいレンズの濃さをお選びいただけます。

 

 

オプティカルカラー協会が監修している”メガネ業界統一レンズカラー”、アリアーテトレスの場合、一番薄い濃度の10から、15、25、35、50、75、85といった具合に、自分の気に入った濃さを選ぶことが可能です。

(※カラーによっては選べない濃度もあります。)

 

アリアーテトレスについてはオプティカルカラー協会のサイトをご覧下さい。

 

レンズ前面に色が入ったフルカラーや、下半分の色を薄めにしたハーフ(グラデーション)カラーを選ぶこともできます。

 

市販品のサングラスを購入するよりもレンズのカラー選びの幅が広がり、自分が使いやすいレンズを選ぶことができます。

 

 

また、最近はレンズメーカーオリジナルのカラーレンズも発売されております。

 

紫外線をカットしたり、眩しさを抑える効果だけでなく、肌の色を綺麗に見せるメイクアップ効果のあるカラーレンズも発売されております。

 

そういったカラーレンズを使って、自分だけのオリジナルサングラス(遮光メガネ)を作るのもなかなか楽しいです。

 

店頭にはいろんなカラーレンズのサンプルがございますので、実際に目元に当てながら色の濃さを比べていただくこともできます。

ぜひ気軽にスタッフまでお申しつけ下さい。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

 

女性が安心して掛けられるメガネ、リーゴのフレームが入荷しております②

2021.08.13

スタッフ今堀です。

 

先日のブログでもご紹介したレディースフレーム、Reego CHARMANT(リーゴ シャルマン)。

 

今日ご紹介するのはこちらのメガネフレームです。

 

XW4045

サイズ:51□18-137

カラー:VO(ヴァイオレット)

30,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 37,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 47,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

テンプル(ウデ)の一部にバネ性のあるパーツを使用しているので、メガネを掛けた時にふんわりとフィットします。

圧迫感のないソフトな掛け心地が好きな方に特におすすめです。

 

ちなみに、こちらのパーツはアーチ形状をしており、”オーバルパーツ”という名前が付けられています。

 

 

先日ご紹介したXW4055というモデルもテンプルの一部に同じ素材が使われておりますが、デザインが異なり、こちらは”ウェーブパーツ”という名前です。

少しエレガントな雰囲気になっております。

 

カラー:RE(レッド)

 

日本人の肌によく馴染むナチュラルなカラーリングを採用しており、冒頭にご紹介したヴァイオレットやレッドなどの定番カラーに加え、

 

カラー:OR(オレンジ)

 

温かみのあるオレンジなどがラインナップされています。

 

フィット感やズレにくさという機能面での”掛けやすさ”に加え、見た目においてもメガネが目立ちすぎず、普段の生活に自然に溶け込んでくれる”掛けやすい”メガネとなっております。

 

初めてメガネを掛ける方で、あまり目立つデザインのものは嫌だなという方や、掛けやすくてズレにくいメガネフレームをお探しの方に特におすすめのメガネフレームです。

ぜひ店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

 

お盆中の営業について  通常営業します

2021.08.10


 

スタッフ長尾です。

 

お店の改装も一段落、新たに迎え入れた観葉植物も店の環境に馴染んできたようです。

 

店に来てから一週間ほどは、黄色くなった葉っぱが毎朝床に落ちていて心配していたんですが、一安心というところです。

 

 

さて、今月の盆期間ですが、メガネのイマホリは通常通りの営業です。

 

毎週木曜日と第2と第3の水曜日が定休日なので、

明日11日(水)と翌12日(木)は定休日でお休みをしますが、お盆期間でもある今週土曜、日曜日は営業します。

 

コロナの感染予防対策をしっかりおこない、皆様のご来店をお持ちしております。

 

ご来店時にはマスクの着用と手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。

女性が安心して掛けられるメガネ、リーゴのフレームが入荷しております①

2021.08.09

スタッフ今堀です。

 

今年の春から新しく取り扱いを始めたレディースフレーム、Reego CHARMANT(リーゴ シャルマン)。

鯖江にある眼鏡フレームメーカー、シャルマンのオリジナルブランドで、当店で男性のお客様に大人気のMENS MARK CHARMANT(メンズ マークシャルマン)のレディースラインになります。

 

「ふだんを楽しく、心地よく。」というブランドのキャッチコピー通り、普段使いしやいデザインで、メガネを長時間掛けているのが苦にならないような掛け心地の良いメガネフレームです。

 

そんなリーゴのフレームですが、早くも初回に仕入れた分がほぼ完売となってしまいました。

先日、追加で仕入れた商品が入荷しましたのでご紹介したいと思います。

 

XW4055

サイズ:50□17-135

カラー:MA(マロン)

30,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 37,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 47,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

メンズマーク同様、バネ性のあるパーツをテンプル(ウデ)の一部に使用しており、この構造によって掛け外しがスムーズにでき、メガネを掛けた時のこめかみ部分の圧迫感を軽減してくれます。

 

 

さらに、耳に掛かる”先セル”と呼ばれる部分の先端を大きく広くすることで、メガネが下がりにくくなるように設計されています。

 

デザイン重視ではなく、眼鏡力学やフィッティング(眼鏡調整)の理論も考えてデザインされたメガネなので、メガネを掛けているとすぐに下がってくるという方にもおすすめです。

 

カラー:RE(レッド)

 

掛け心地の良さに加え、リーゴのもう一つの特長は、日本人の肌によく馴染むナチュラルなカラーリングを採用している点です。

 

カラー:VO(ヴァイオレット)

 

海外の眼鏡ブランドのような華やかなカラーリングではありませんが、初めてメガネを使われる方でも安心してお選びいただるカラーが使われています。

 

デザイン性に際立ったメガネでないため、メガネ好きの方からすると少し物足りないかもしれませんが、お葬式や法事などで喪服を着なければならなくなった時でも、こういうメガネが一本あると重宝します。

 

また、室内用レンズやデスクワーク用レンズを入れて、お部屋メガネとして使うのも良いと思います。

 

コロナの感染者数が全国的に増えて来ており、今後は在宅ワークが増えたり、外出を自粛しなければならなくなってくる可能性もあります。

 

家で過ごす時間が多くなるかもしれませんので、今の内にお家で使いやすいメガネをお作りいただいておくのも良いかもしれません。

 

もう一型別のモデルも入荷しておりますので、そちらはまた次回ご紹介したいと思います。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

 

 

 

老眼はこんなふうに自覚していきました 軽い遠視のスタッフ長尾の場合

2021.08.08

 

スタッフ長尾です。

 

先日8月3日の部ブログでも触れましたが、年齢とともに手元の文字が見えにくくなる老眼は40代に差し掛かった頃から始まります。でもその頃は、自覚は全然、全くありません(^^; そして、ある日いきなり近くが見難くなるというわけでもないんです。

 

 

遠くを見るのにメガネが要らなかった私スタッフ長尾が、どのように老眼を自覚していったかざっと辿ってみたいと思います。

 

 

メガネ店転勤務を始めて40代にさしかかった頃は、軽い遠視があると判って仕事中だけメガネを掛けていました。特に本が読みずらいとか、見にくいということもありませんでした。(裸眼で過ごす時間が長かったです。)

 

当時はパソコンが急速に普及し、近くを見ることも多くなり目を酷使するくライフスタイルが加速し始めた頃でもありました。

 

それを見越して(!?)各レンズメーカーから近くを楽に見えるようにお手伝いをする新しいレンズが発売されました。現在のアシスト(サポート)レンズと呼ばれるものです。

 

レンズの対象年齢的にもピッタリなので(^^;、早速レンズのお試しをはじめました。

 

 

使ってみたところ特に見やすいとか、楽になるとかということもなく「別にどうってことはないけどな。」と思っていたのですが・・・。

 

美容院にサポートメガネを忘れて帰ってきた日のことです。仕方がないので今までのメガネを掛けて本を読み始めました。しばらくして、目がいつもより頑張ってるような気がするぅ・・・?!

 

そうなんです。どうってことないよと感じていたお試し中のアシストレンズは、しっかり私の目をアシストしてくれていたのです。だからといって、アシストメガネ無しでは文字が読めないことはなく。なくても読めるけどょっとでも楽な気がするならそっちを使おう!ぐらいの感じでした。

 

でも、そのうち遠く用のメガネでは本を(文字を)読むのが面倒になって、あまり長い時間読んでいられなくなってきました。(文字が滲んで見えるとか、ぼやけることは無いんですけどね。)そういう事もあり、アシストメガネが必需品になっていました。

 

そして決定打!!美容院での出来事です。(50歳ちょっと前ぐらい)

施術を受けながらいつもの通り雑誌を読んでいたのですが(メガネ無しです)

あっれぇ????小さい文字がすこし滲んで読みづらい!(例えるならこんな感じ)

 

グッと目に力を入れると読めるけどしんどい!雑誌を離せば楽だけど、そうすると文字が小さくて読めない!一月前は読めたのにぃ!!

さらに一月後は・・・・読むのをやめました。

これはもう老眼(T_T)はっきりと自覚!

 

その後、遠近両用メガネを初めて作りました。

 

こういった経緯をスタッフ長尾はたどってきました。

 

 

 

老眼による近くの見にくさには個人差があるので、この年齢からというくくりはありません。

でも肩こり、首こり。近くを見るために頑張り過ぎる眼が関係していることも多々あります。

スマホを見たり、パソコン操作と目を取り巻く環境はどんどん苛酷になっています。今は便利なレンズがたくさんあります。上手に使って目を労わりましょう。

 

近くの見え方チェックも出来るパンフレットもあります。お気軽にご相談ください。

 

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!

普段使い用のメガネとは別に薄めのカラーが入ったメガネはいかがですか?

2021.08.07

スタッフ今堀です。

 

最近、レンズに少し薄めのカラーを入れてメガネを作られるお客様が急増中です。

 

“メガネ以上サングラス未満”、そんな使い方ができるカラーレンズをお求めになられる方が多いです。

 

 

サングラスで使われているような濃いカラーではなく、「あっ、そのレンズ、ちょっと色が入っている?」というような薄めのカラーが人気です。

 

個人的には、これまでカラーレンズを使ってみたいと思ったことがなかったのですが、お客様の影響を受けて(笑)、自分でもカラーレンズを入れたメガネを一つ作ってみようかなと思うようになりました。

 

 

こちらが実際に作ったメガネです。

写真ではよく分からないかもしれませんが、薄めのイエローのカラーが入っております。

 

ちなみに、自分でもまさかイエローのカラーレンズを使うなんて思っておりませんでした。

 

カラーレンズといえば、グレーかブラウンというイメージだったので、イエローを選んだことに自分でもちょっと驚いております。

 

 

接客業なのであまり色の入ったレンズは良くないかなと思っておりましたが、お客様からの反応も良く、むしろもっとカラーレンズを実際に使用して、お客様に対してもご提案をしなければいけないのかなと思うようになりました。

 

最近では店内のメガネフレームを見ながら、「このフレームにあのレンズカラーを入れると面白いかも・・・」

そんなことをよく考えるようになりました。

 

 

メガネがお好きなお客様の場合、気に入ったメガネフレームがあれば2本目、3本目とご購入されることもあります。

 

ただ、そういったお客様でも、「なかなか上手に使い分けられなくて、結局同じメガネを使っていることが多いんよね・・・」というお声をよくお聞きします。

 

気に入ったメガネフレームがあって2本目、3本目をお作りいただく場合には、普段お仕事などで使うためのメガネを無色のレンズでお作りいただき、休みの日に出かけたり、友達と遊びに行く時に掛けるメガネにカラーレンズを入れる・・・

そんな使い方も良いのかなと思います。

 

 

 

無色のレンズだとちょっと手が出しにくいようなデザインやカラーのメガネフレームでも、カラーレンズと組み合わせることでちょっと冒険できたりします。

 

これもカラーレンズを使うメリットの一つですね。

 

 

カラーレンズ選びのために大切なのは、いろんなカラーサンプルを実際に目元に当ててみて、じっくりとお試しいただけるスペースだと思っております。

 

最近、カウンターをリニューアルしましたが、以前よりもスペースが広くなってカラーレンズのサンプルも見てもらいやすくなっております。

 

 

フレーム選びの楽しさにレンズのカラーを選ぶ楽しさを加えることで、メガネを選ぶ時間がもっともっと楽しい時間になったら良いなと思っております。

 

レンズのカラーでお悩みの際は、気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

 

 

************************************

メガネのイマホリではインスタグラムもやっております。

こちらもぜひご覧いただき、フォローお願い致します!