トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お店の『顔』変えました。良いものはやっぱり良いですね

2019.02.13

スタッフ今堀です。

 

昨日のブログでスタッフ長尾が紹介しておりましたが、

先日、店頭の什器を新しいものに入れ替えしました。

お店の一番目立つ場所にあって、店の前を通る人からもよく目立つ場所。

お店の顔になると言っても過言ではありません。

なので、どんな什器にしようか結構悩みました。

 

 

実はこちらの什器、店舗用の什器ではなく、

元々はデスク(学習机)として販売されているものでした。

たまたま写真を見た時に一目ぼれしてしまい、

「この上にフレームを載せてみたら良い感じになりそう!」と思い、

注文してみたのですが、期待通りでした。

足下がちょっと寂しいので、これから植物を増やしていこうと思っています。

 

 

このデスク、

作っているのは福岡県のうきは市にある杉工場さんという会社。

ウェブサイトによると、明治中期より家具製作を始められた歴史ある会社です。

以前は、「生徒用机・椅子、跳び箱などの体育用具全般」の製作をされていて、

学校用家具工場として当時の文部省から推薦を受けたこともあるとか。

非常に丈夫だということで当時から高い評価を得られていたそうです。

現在は家庭用家具がメインになり、机や椅子などを作っておられます。

(工場に併設されたショールームがあるようで、

いつか行ってみたいなと思っております。)

 

(画像は株式会社 杉工場さんのウェブサイトより)

 

実物が店に届くまで全然気が付かなかったのですが、

この机の脚をよ~く見ると、きれいにカッティングが施されていました。

これがすごく美しい。(思わずうっとり)

それで思い出したのが・・・

 

 

当店で扱っている眼鏡ブランド、歩(AYUMI)のカッティングでした。

 

(画像はマコト眼鏡さんのウェブサイトより)

 

堅くて加工がしにくいため、高い技術力が要求される

セルロイド”素材を使用したmade in Japanの眼鏡フレーム。

こちらも熟練の職人さんの手によって一本一本作られています。

作っているのは福井県の鯖江市にあるマコト眼鏡さんという会社。

この『歩』も、経済産業省より『日本が誇るべき地方産品』として

『The wonder 500』に認定されたことがある眼鏡フレームです。

 

使う人のことを考えて丁寧に丁寧に作られたもの。

それを手にした時の喜びは格別なものがあります。

家具も眼鏡も、毎日、そして長く使うものです。

「ちょっと高かったけど、思い切って買って本当に良かった」

後になってそんな風に思えるものを僕も選びたいなと思いますし、

当店のお客様にもおすすめしたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

店内模様替え中です

2019.02.12

 

スタッフ長尾です。毎日寒いですね。

去年はこんな寒さでも自転車で走り回っていましたが、

今年は寒すぎて無理っ!! です。

一年齢を重ねるとこんなに感じ方が違うものなのでしょうか?

インフルエンザも流行っているので、今月いっぱいは大人しくしておきます。

皆さまもインフルエンザ、風邪などにお気をつけくださいね。

 

 

 

2月に入ってから、店内をちょこちょこと模様替えをしています。

新作フレームが入荷してきてるので、フレームの並べ方もちょっと替えてみました。

新作(新着)フレームのみでまとめて、店頭の一番目に付くところに置いてあります。

 

 

これまでは各ブランドコーナ毎に新旧フレームを一緒に並べていましたが

 

これで、どれが新作フレームなのか、分かりやすくなったのではないかと思います。

 

現在は、

ばっちりの掛け心地、使い心地

spec ēspace (スペックエスパス)と

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)の

新作フレームがメインで並んでいます。

手に取って、掛けて。

掛け心地の良さを実感してみてください。

本当に掛け心地いいですよ(*^。^*)

上品で、カラーもとってもきれいなレディースフレームです

2019.02.11

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するフレームは、

国産フレーム、Putri(プトゥリ)のNEWモデルです。

日本の工場(鯖江)でしっかりと作られていながら、

結構リーズナブルなお値段なのがプトゥリの魅力です。

 

EP-873

サイズ:47□18

カラー:C-4 パープル

31,300円(税込)

 

レンズの横サイズは47mmと小ぶりのフレームですが、

レンズの上下幅は意外としっかりとあるので、

遠近両用レンズや室内用レンズを入れることも可能です。

フロント(前枠)とテンプル(ウデ)をつなぐ智とよばれるパーツが、

レンズよりも外側に広がるように付いているので、

掛けた時はわりとゆったりとしていて掛け心地が良いです。

度数の強い方にもおすすめできるフレームです。

 

カラー:C-2 エンジ

 

ゴールドベースのフレームにフロントの正面だけに色が付けてあります。

上の画像のように正面から見ると色が入っていますが、

フロントの上側や裏側から見るとゴールドです。

先セル(耳にかかるプラスチック部分)のカラーも

フロントのカラーに合わせた色になっています。

 

カラー:C-1 グリーン

 

ゴールドのフレームがとても上品な印象を与えながら、

正面の明るいカラーリングが顔を引き締めて見せてくれます。

 

 

レディースフレームによくある丸みのある玉型ではありませんが、

シャープな玉型デザインのようにきつい印象を与えることもありません。

正面に色が付いているので抵抗感をもたれる方もおられるかもしれませんが、

細身のフレームなのでフレームが極端に目立つ心配もないと思います。

ぜひ、実際にお顔にのせてお試しになってみて下さい。

 

 

 

 

サポートレンズってご存知ですか

2019.02.10

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネのご紹介です。

フレームはAKITTO(アキット)のmel3 48サイズと小さめです。

 

シンプルですがテンプル(ウデ)のデザインがお洒落!です。

写真を撮りわすれたのでカラー違いのフレームです。申し訳ございません<(_ _)>

 

プラスチックのフレームをご愛用ですが、

今回は軽さに重点をおいてフレーム選びをさせていただきました。

 

使用レンズですが・・・・。

近頃手元の資料などを読もうとすると

「眼鏡を外したい!」と思うことが多くなってきたのだそうです。(近視の方です)

ということで遠近両用レンズデビューしていただきました。

遠近両用レンズ

一枚のレンズの中に遠く・近く、その間の距離といろんな度数の入ったレンズで

足下がぼやける、少し歪んで見える。階段の上り下りがこわい・・・。

というイメージがあるかと思いますが、慣れればとっても便利なレンズなんですよ。

 

今回のお客は様は初めてながら

「試しがてら、掛けて帰るわ」とそのままお帰りになりました。

 

初めてなのに、すごいわと思われました?

でもそれには理由がありまして、

実は数年前からこのようなレンズをお使いいただいていたのです。

パソコン作業など近くを見るための

目の調節力をサポートしてくれるレンズです。

(老眼だったわけではありません。疲れ目対策です。)

 

遠近両用レンズほどではありませんが、

レンズの下部に近くが見やすくなる度数が入っています。

 

遠くを見る、近くを見るという時の視線の使い方が自然に身につくので

遠近両用レンズを掛けた時に慣れるのも早いのです。(個人差はあります)

 

近くを見ることが多いデジタル社会。

勉強や携帯端末等、眼を酷使する若い世代もオススメのサポートレンズは

遠近両用レンズの入門レンズとしてもオススメのレンズです。

 

私スタッフ長尾も40歳と少し(笑)で

遠く専用レンズからサポートレンズ、

それから遠近両用レンズ(室内用レンズ)に替えて行きました。

 

サポートレンズでも他の人より慣れるのに時間がかかりましたが(頑固なので)

おかげで遠近両用レンズを使いこなせるようになったなと感じています。

詳しく知りたい方はスタッフ長尾まで。はりきってお答えします\(^o^)/

 

お試しできるテストレンズもありますので、

お気軽にスタッフまでお声かけくださいませ。

 

レンズが入荷するまでの間、そのままお使いいただけます

2019.02.09

スタッフ今堀です。

 

レンズの度数が変わったり、レンズにキズが付いてしまった場合、

今使っている眼鏡フレームはそのままで、

レンズだけを交換するということもできます。

ご存知の方からすると当たり前のことかもしれませんが、

意外と知らない方も結構おられます。

 

 

レンズだけを交換する場合には、

当然、フレームをお預かりしなければならないのですが、

そうするとしばらくの間メガネが使えなくなってしまいます。

「メガネはこれしかないし、使えなくなってしまうのは困る・・・」

そういう方もおられますよね?

 

そうした場合、一旦メガネをお持ち帰りいただいて、

新しいレンズが入荷してからメガネを持って来ていただくこともできます。

加工のお時間に30分~1時間ほどいただくので、

お渡しの当日、少しお待ちいただくことにはなりますが、

レンズが入荷するまでの間はメガネをお使いいただけます。

 

ご自宅に予備のメガネなどがあって、

少しくらいならメガネを預けても大丈夫という方であれば、

先にフレームをお預かりさせていただければ、

入れ替え作業が終わった状態でお渡しできます。

この場合は、当日にお待ちいただく必要がありません。

 

レンズだけの交換もお受けしておりますので、

気軽にスタッフにお問合せ下さい。

isotopeの新型とPutriのフレームを見せてもらいました

2019.02.08

スタッフ今堀です。

 

今日はメーカーの営業さんがお店に来られて、

新型フレームを見せてもらいました。

商品を見せてもらう前に、ちょっとだけ鯖江の話題に・・・

 

最近、鯖江駅の近くの広大な土地を外資系の会社が購入し、

自社の工場を建てるらしいという話や、

大手眼鏡チェーンなども日本製(鯖江製)フレームに力を入れていて、

発注数が大きく増えて、どこの工場も大変だとか・・・

そんな話をされていました。

 

ちょっと前に僕らが工場見学に鯖江に行った時には、

安いからという理由で中国で眼鏡フレームを生産する企業が増え、

鯖江は大変という話を聞いていたのですが、

最近では仕事が増えて過ぎて大変になっているようです。

 

そんな話をした後、

当店で取り扱っているisotope(アイソトープ)の新型を見せてもらいました。

 

 

今回初めてフルメタルのフレームが発売されました。

なかなか良い感じのフレームだったのですが、

当店には同じ価格帯でTAYLOR WITH RESPECTというブランドもあるので、

今回の仕入れは見送りました。

 

 

その代わりに注文したのがこちら、

Putri(プトゥリ)のメタルフレームです。

このモデルは以前からあったものなのですが、

(以前に当店でも販売したことがあります。)

新色が追加されました。

特に写真のグリーンはすごく綺麗なカラーだったので、

仕入れることにしました。

入荷したらまたご紹介したいと思います。

 

 

 

 

メガネは買った後にも調整が必要です

2019.02.06

スタッフ今堀です。

 

先日、当店でトマトグラッシーズのフレームで

メガネを作っていただいたお子様がご家族と来店されました。

 

「最近メガネを掛けると鼻が痛いと言うのですが、

ちょっと見てもらえますか?」

ということだったので、メガネの掛け具合を見させていただきました。

 

 

耳に掛かる先端部分のパーツ、先セルが耳にくい込んでいました。

メガネをお渡しした時には問題なかったのですが、

身体の成長とともに頭も大きくなっていたようで、

耳までの長さも伸びていたようです。

大人の場合は、頭が大きくなることはまずないと思いますが、

小さいお子様ですと、こういうこともよくあります。

 

 

耳にくい込むので耳の後ろが痛くなりそうですが、

先セルの素材も耳の皮膚も非常にやわらかいので、

案外気がつかれないお子様も多いです。

(でも、耳の後ろにしっかり跡が付いておりました。)

 

 

先セルが後ろに引っ張られるかたちになり、

フロント(前枠)側が顔に押し付けられ、

鼻が痛いという症状が起こります。

 

 

トマトグラッシーズのフレームは、

先セルの位置を縮めたり伸ばしたり調整できるようになっています。

お渡し時にはしっかりと調整させていただいておりますが、

使っていただいている間に調整し直す必要が出てきます。

個人差があるので一概には言えませんが、

半年に一回くらいは調整に来ていただくようにお願いしています。

 

買い物をする時には、買った後のことまでなかなか考えられませんが、

メガネという商品は買った後にも調整が必要になることがよくあります。

価格や手軽さでネットでの購入をしたくなる気持ちもよく分かりますが、

買った後にもちゃんとメガネの相談ができるような、

信頼できるお店で購入されることをおすすめします。

 

お客様のメガネご紹介掛け心地がいいフレーム 歩

2019.02.05

 

スタッフ長尾です。

先日お買い上げ頂いたメガネのご紹介です。

お選びいただいたのは(AYUMI)、L-1021です。

映画や演劇鑑賞用の遠くを見るためのレンズが入っています。

L(ライト)シリーズと呼ばれるとっても軽いモデルで

ちょっと小さめの48サイズです。

赤系の茶色がツヤツヤでとってもきれい。

最近当店でも人気上昇中のクラシックなレンズの形です。

左右のレンズをつなぐブリッジはキーホールと呼ばれる鍵穴の形の

これまたクラシックなデザインです。

 

お買い上げ頂いたのは女性の方。

メガネはここ最近使い始められたそうで(使い始めて3年ぐらい)

メガネは目立たない方がいいかなぁ。とおっしゃられたのですが・・・。

 

少し濃いめの色や

メガネのフチが太めの方がお顔立ちがハッキリするので、

色々掛け比べてみましょう(*^。^*)と、

とっかえひっかえ掛け比べていただきました。

 

メタル枠(金属製)やプラスチック製の枠。

 

色もブラックやブラウン、グリーン等々。

普段はまず掛けないだろうと思われるカラーもお試しいただきました。

 

色々試してもらう間に、

ちょっと太めのや濃いめのカラーがお顔全体を引き締める効果ある。

同じブラウンでも色味によってお顔映りに違いが出ることなどを実感していただき、

歩のフレームに決定しました。

 

お出かけのお供にピッタリなカジュアルな雰囲気に

何より掛け心地が良くとてもしっくりくるとのご感想でした。

勿論カラーも気に入っていただきました。

メガネは出来上がっております。お渡しする日が楽しみです。

 

************************************

メガネご購入の際は是非色々なフレームをお試しください。

私たちスタッフの提案フレームも「こんなの絶対無し!!」

と決めつけずに一度は掛けてみてくださいね。

意外な発見ができるかもしれませんよ(*^。^*)

ケースに入れるのがちょっと楽しくなる、そんなフレームです

2019.02.04

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するのは、日本のデザイナーズブランド、

spec ēspace(スペックエスパス)のこちらのフレーム。

 

ES-1862

サイズ:49□19

カラー: 04 pink brown / dark pink

38,900円(税込)

 

昨年の秋に発売されたばかりの最新モデルです。

 

 

 

カラー:02 brown / gold (写真左)

 

シンプルなデザインの中にさりげなく施されたサイドの飾り。

2枚のチタンシートを固定する役目を果たしながら

良いアクセントになっています。

テンプル(ウデ)にいっぱい飾りが付いたフレームは苦手・・・

そんな方にもおすすめのフレームです。

 

スペックエスパスのフレームではおなじみですが、

テンプルを折りたたむためのヒンジと呼ばれるパーツが付いておりません。

なので、ケースに収納する時には普通のフレームと同じように

テンプルを折りたたんでケースの中に入れることができません。

 

えっ、ケースに入れられないの?

 

 

大丈夫です!!

ちゃんとケースに入れられますよ。

実はこのフレーム、左右のレンズの間のブリッジと呼ばれる部分に

このようにテンプルの先を引っ掛けられるようになっています。

上の写真のようにテンプルを曲げてこの部分に引っかけます。

 

 

こちらが専用のケース。

こうするとちゃんとケースにしまうことができます。

テンプルを折りたたんだ姿がちょっと可愛いくないですか?

 

 

ちなみに、ご夫婦やご家族で同じフレームを購入すれば、

こんな楽しみ方もできます(笑)

 

 

丸みのある玉型で、やさしい印象を与えてくれるフレームです。

軽くて掛け心地も良いので、女性にもおすすめです。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

軒下ガーデン 春が待ち遠しいです

2019.02.03

 

スタッフ長尾です。

今日は節分、明日からは春です!!暦の上では・・・(*^。^*)

本日は眼鏡のお話はお休み、軒下ガーデニング話です。

よろしければお付き合いくださいませ。

 

昨年の秋にせっせと(?!)作った寄せ植え。

寒いながらも植木鉢の土が見えないくらいにこんもりと育ってくれました。

チューリップとクロッカスの球根を一緒に植えたのですが、

葉っぱが茂りすぎてせっかく出た芽にお日さんが当たらなくなるのでは・・・

と心配なのでプリムラの葉は所々切り取ったりしています。

 

チューリップといえば、スタッフ今堀がガーデニング初挑戦中の花。

挑戦、と言っても土に球根埋め込んで水遣りするだけなんですけどねっ(笑)

その芽も随分大きくなってきました。

お気づきかと思いますが、植えたのはチューリップだけではありませんでした。

水仙とクロッカスの芽も育っています。本人植えたことを忘れてたんですよ・・・・。

 

まだまだ寒い日が続くので成長はゆっくりで

花が咲くのはもう少し先になりますが、3月・4月が楽しみです!!

 

 


外は寒いですが、暖房の効いた店内では・・・・

多肉植物がちょっと、暴れ気味で~す(T_T)