トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

スタッフの商品レビュー

自宅用のメガネのレンズを交換。久しぶりにブルーライトカットにしてみました

2020.12.12

スタッフ今堀です。

 

先日のブログで、自分が使っているメガネをご紹介させていただきました。

 

①仕事用および外出用

②自宅用(主にパソコンを使ったり本を読む時に使う)

③自転車通勤用

 

現在上記の3種類のメガネを使い分けております。

 

先日、②の自宅用メガネのレンズを交換しました。

 

 

久しぶりにブルーライトカットレンズにしました。

 

最近では若い世代を中心に人気のブルーライトカットレンズなのですが、個人的にはあまり好きではありません(笑)

 

あの青い反射光がどうしても好きになれないのです・・・

 

 

反射光を見ると、「あっ、ブルーライトカットレンズだな」すぐに分かりますし、見た目がどうしても好きになれないのです。

(あくまでも個人的な意見です。)

 

なので、僕は普段はブルーライトカットレンズは使っておりません。

また、女性のお客様にもあまり積極的にはおすすめしておりません。何となく目元が暗く見えてしまう気がするからです。(あくまでも個人的な意見です。)

 

 

ただ、夜にコンタクトレンズを外した後に使われるメガネや、デスクワーク専用として使用される場合などには、おすすめさせていただいております。

 

 

今回レンズを入れ替えた自宅用のメガネは、家でパソコンやタブレットを使う時に使用するメガネなので、ブルーライトカットレンズにしました。

 

でも、実はブルーライトカットレンズについては、その効果についてまだはっきりと分かっていない部分も多いです。

 

「スマホなどの画面を見た時の眩しさやチラツキが抑えられて楽に感じられる」という方も確かにおられますが、「あまり違いを感じない」という方も結構多く、個人差があります。

 

また、スマホなどを見た時に目が疲れにくくなると思って、ブルーライトカットレンズを使われている方もおられるかもしれません。

 

 

でも、パソコンやスマホを長時間見た時の目の疲れは、ブルーライトよりも近くにピントを合わせるための調節力が影響している場合が多いです。

 

過去のブログにも書いておりますので、興味のある方はこちらをご覧下さい。

その目の疲れ、ブルーライトカットのメガネで大丈夫?

 

では、なぜブルーライトカットレンズに交換したのかというと、その理由はこちらです。

 

 

就寝前にブルーライトなどの強い光を浴びると、体内時計のサイクルが乱れ、睡眠に影響が出るからです。

 

本当は就寝前はパソコンやスマホを使わないのが一番なのですが、昼間仕事をしているとなかなかそういうわけにもいきません・・・

 

 

以前は某メーカーからナイトコートという夜専用のレンズが発売されていたのですが、残念ながら現在は販売中止となってしまいました。

 

ナイトコートを愛用していたのですが、レンズ交換することができなくなったため、その代用品としてブルーライトカットレンズにしました。

 

寝る前にパソコンやタブレットを使わなければならない場合は、ブルーライトカットレンズの入ったメガネを使うようにしております。

 

使わなくなったメガネがあれば、それをブルーライトカットレンズに入れ替えて夜用メガネにすることも可能です。

興味のある方は気軽にご相談下さい。

 

スタッフのメガネのご紹介。こんな感じでメガネを使い分けています

2020.11.29

スタッフ今堀です。

 

眼鏡店で働いているからというわけではありませんが、メガネは複数持っております。

 

今使っているメガネを大きく分けると、大体こんな感じです。

 

①仕事用および外出用

②自宅用(主にパソコンを使ったり本を読む時に使う)

③自転車通勤用

 

使用頻度からいうと①>②>③の順番です。

 

まず①の仕事用および外出用のメガネですが、こちらがメインで使用しているメガネになります。

 

 

たまに車の運転をすることもあるので、遠くもよく見えるようにしています。

視力を確認してみると、両目で1.2の視力でした。

 

 

ただ、仕事でパソコンをしたり、ネジなどの細かい部品を見たりすることが多く、そろそろ目の調節力が衰えてくる年齢でもあるので、調節力を補えるサポートレンズを使用しています。

 

また、仕事上、眼疾患で通院されているお客様もたくさん見ているので、早い内から目の健康予防を考え、ルティーナというレンズを使っています。

 

使用しているレンズにつきましては、過去のブログで紹介しておりますので、詳しくはこちらをご覧下さい。

 

近くを見る時の目の調節力を補ってくれるレンズ、ベルーナ レストシリーズ

話題のレンズ、「ルティーナ」使ってみました

 

続いて、②の自宅用のメガネです。

 

こちらは仕事から帰って主に夜に使用するメガネになります。

休日、家にいる時もこのメガネを使うことが多いです。

 

 

読書やパソコン作業をしたり、iPadで動画を見たりする時に使うメガネなので、①と同じくサポートレンズを使用しています。

 

最近、レンズを交換したのですが、自宅用の方は近くを見る時間の方が長いので、サポート力が少し強めのタイプにしてみました。

 

 

ブルーライトカットレンズは、青い反射光が個人的にはあまり好きではないので、普段用のメガネには使わないのですが、自宅用のメガネには使用しています。

 

仕事から帰ってから寝るまでの間にパソコン作業をすることも多いので、寝る前に強い光を浴びて睡眠リズムへの影響が出るのを少しでも避けるため、ブルーライトカットレンズを使用しています。

 

自宅でしか使用せず、このメガネを掛けて人と会うことはほぼないので、デザインは重視せず、掛けやすさを重視したフレームにしています。

 

ラインアートの初期の頃のモデルですが、長年このフレームを愛用しています。

デザインはあまり気に入っていませんが(笑)、法事の時にも使えるので重宝しています。

 

③の自転車通勤用メガネです。

 

 

以前から時々自転車で通勤していましたが、コロナの影響で電車通勤をやめて本格的に自転車通勤をするようになりました。

 

ロードバイクに乗るほどの距離ではないので、給付金を使って電動のクロスバイクを購入しました。

膝にも優しく、夏場もあまり汗をかかずに通勤できたので、通勤用としてはすごく良かったです。

 

自転車の運転中に近くを見ることはないので、遠くがよく見えるように合わせた単焦点レンズを使っています。

 

 

ただ、朝の通勤時はちょうど太陽が昇ってくる方角に向かって走るので、朝日がとんでもなく眩しいです。

 

 

濃いめの偏光レンズでも良いくらいなのですが、コンビニで買い物したりすることもあるので、調光レンズを使っています。

 

調光レンズは紫外線に反応するとレンズの色が濃くなるレンズで、運転時はサングラスとして使え、コンビニで買い物している間に色もだいぶ薄くなってくれます。

 

自転車通勤用のメガネについては、過去のブログでも紹介しておりますので、詳しくはこちらをご覧下さい。

 

自転車通勤をする人におすすめ。調光レンズ、便利ですよ!

 

こんな感じで3種類のメガネを今は毎日使い分けています。

 

メガネを使い分けるというと、「ちょっと面倒くさそう・・・」と思われる方もおられるかもしれません。

実は僕も最初はそう思っておりました(笑)

 

ただ、実際にやってみるとそこまで大変ではなく、目的に合わせたメガネを使うことで、快適に過ごせています。

 

僕の場合は、ご紹介した3パターンの使い分けですが、これはあくまでも一例です。

ライフスタイルによってメガネの使い方が変化しますし、どんな風に使い分けるかも人それぞれです。

 

「どういうメガネを作ったら良いか分からない」とお悩みの方がおられましたら、気軽にご相談下さい。

オーダメイドメイドレンズ「雅」モニター体験記2

2020.10.05

 

スタッフ長尾です。

オーダーメイドレンズ体験記その2です。体験記1はこちらをご覧ください。

 

「雅」と「ウェルナ」を掛け替えて比べるにあたり、

フレームの大きさ・掛け具合が同じになるようによく似たレームを選びました。

(手前緑色のフレームに「雅」が入っています)

 

メガネの傾斜角等も二つのフレームが同じになるように調整しています。

 

 

今回体験した遠近両用レンズはCity(シティ)は通常の遠近両用レンズField(フィールド)よりも遠くが少し見づらくなりますが

その分中間から近くが少し見やすくなります。

遠くを見る度数から近くを見るための度数までの長さ、累進帯といわれる部分が長めに設定されてるため(画像の黄色い部分です)度数の移り変わりが緩やかで、ユレ・歪みが少ないのが特長です。

 

 

 

 

掛け比べは「雅」・「ウェルナ」を2~3日掛けて交換するという方法で行いました。

 

車の運転はしないので遠方を見るために顔を左右(横)に動かすよりも、スマホやタブレットを見たり伝票記入作業等のため顔を上下に動かすことが多くなります。(屋外よりも室内で使う時間が長いです。)

今回のモニターでの違いを一番感じたのは、顔を上下に動かすときのユレ・歪みでした。

それも遠くを見る時よりも近くを見る時です。

 

「雅」から「ウェルナ」に掛け替えた日でした。

立ったままパソコン画面の資料を確認しようと上から下、下から上に首を動かして見た時に僅かですが「おや?おや?罫線がゆがむぞ?!」ということが起こりました。

 

ユレ・ゆがみの少ないCityなのですが、オーダーメイドで作られたレンズの見え方の差を感じた瞬間でした。(ちょっと大袈裟?!)

長年遠近両用メガネを使って来たので、Field(フィールド)タイプでもそこまで感じること今ではありません。(手元の見え方は「おまけ」ぐらいのつもりで使っています。)

それでも「雅」を掛けた後では見え方の違いに気が付きます。

 

私のメガネレンズ度数は乱視はなく、左右差もあまりありません。

右:S+1.00 ADD 2.25

左:S+1.25 ADD 2.25

それでもこれだけの差を感じられてたということは、

左右で度数差があったり乱視が強めの方はもっと差を感じられるのではないかと思います。

両目で見た時の見やすさのレンズ設計と、選んだフレームの条件も考慮して作られるオーダーメイドレンズはさすがの使いやすさ、見やすさだと思います。

 

お気軽にお試しください。

とは言えないお値段のレンズですが、もっと詳しく知りたいなという方はお気軽にスタッフ長尾まで声をかけてください。力の限り説明させていただきます。

オーダーメイドレンズ「雅」モニター体験記1

2020.09.29

 

スタッフ長尾です。

先月(8月)からHOYAの遠近両用オーダーメイドレンズ「雅」をモニター体験中です。

レンズ体験の経緯はこちらをご覧ください

 

遠近両用レンズには二通りあって見たいものに合わせて選ぶことができます。

仕事中にも使ってみたかったので今回は中近重視タイプのCity<シティ>を選びました。

(遠近両用Fieldと室内用Roomは以前から使用中です。)

 

まずはCity<シティ>タイプの使い勝手について。

室内用レンズにはかないませんが、店内でもかなり使い勝手が良いです。

伝票の書き込みや納品書の整理はもちろん、仕事で使うパソコンもお客様のデーター照会やレンズの納期確認など、長時間向かい合わなければ難なくこなせます。

立ったまま使うこともあるので、パソコン画面までの距離があるのも使いこなせている理由かと思います。

遠くも見えるので、日常生活はこれでいけます。

特に最近日が暮れるのが早くなったので、室内用Roomでは帰宅時の車のライトがにじんで見にくかったのですが、Cityではそれが無くなりました。

 

これまでFieldとRoomの間でどっちつかずのレンズというイメージが少なからずあったので、あまり使う気にならなかったのですがいいレンズです。

(手のひら返し過ぎますね(^-^;)

 

ですが・・・

レンズの加工やフレームの調整など細かい作業になるとすぐに目がつらくなりました。

    

パソコンもブログを書いたり在庫管理のデーター入力は五分と耐えられませんでした。

デスクワークに関しては室内用Roomにかけ替えて行いました。

 

私のように加入度数(老眼度数)の変化が大きくなった年代は、近くを見るためのメガネとかけ替えが必要ですが、遠近初めて世代の方ならこのメガネで一日快適に過ごせると思います。遠近入門レンズとしてもおすすめです。

(ユレ・歪みが少ないのもCityの特長です)

 

次回は「雅」と「ウェルナ」の見え方の違いについてです。

遠近両用レンズモニター中 カラーについての感想

2020.08.18

 

HOYAオーダーメイドレンズをモニター中のスタッフ長尾です。

 

モニター体験途中経過報告として、まずはカラーについての感想です。

実は、モニターレンズを注文する際にオプションとしてカラーを入れました。

 

 

目元をおしゃれに見せる淡いカラー「Ray Guard 435」

紫外線・ブルーライトをダブルプロテクトできる機能カラーです。

遠近両用レンズなのでブルーライトはあまり関係ないようにも思われますが、

LED照明や携帯の画面からもブルーライトは発生しています

おしゃれカラーを入れつつ、目にも優しい一石二鳥のレンズです。

*オプションなので実際のレンズ注文でも別途料金がかかります。

 

使用カラーはナチュラルブラウンです。

 

サンプルカラーで各色比べた結果一番自然に見えるのと、

 

使用フレームの一本がブラウンなので馴染みやすかったということもあります。

 

色の濃さは薄く、おしゃれカラーとして使うアリアーテカラーの10%程度の濃さです。

*レンズ全面同一濃度、グラデーションはできません。

 

掛けた瞬間は部屋の白い壁が少しくすんだように見えますが、

すぐに感じなくなりました。

また、レンズに色が入っているのは鏡を見れば分かりますし

第三者が見てもカラーレンズということは分かりますが

景色の色味が特に変わって見えるとか、視界が暗くなるようなことは感じませんでした。

 

遠近両用レンズはもちろん、

室内用のメガネやパソコン作業の多いデスクワーク用のメガネにはおすすめなカラーだと思います。

カラーにはグレーもありますので女性だけではなく、男性にもおすすめいたします

なかなか良いカラーレンズですよ。

 

レンズの見え方や使い勝手については、もう少し時間をかけて試したいと思います。

またあらためてご報告します。

 

使い勝手がすごく良くなっていました!

2020.05.30

スタッフ今堀です。

 

今日は久しぶりのスタッフの商品レビューです。

 

今春は新型コロナウィルスの影響で色々と大変だったこともあり、自分へのご褒美(笑)も兼ねて新しいメガネを作ることにしました。

 

選んだフレームはこちらです。

 

spec ēspace(スペックエスパス)のES-1964

昨年の秋冬モデルです。

 

今年の1月にデザイナーさんが来店され、新商品の仕入れをしたのですが、その時に気になっていたフレームでした。

 

 

ちなみにレンズは東海光学のルティーナ

 

レンズのフチが少し青く見えるレンズなのですが、お客様に仕上がりを見てもらうのにちょうど良いなと思ったので、あえてレンズの外側がむき出しになるこちらのフレームに入れてみました。

個人的にはそこまで気にならないかなという印象です。

 

 

元々スペックエスパスは自分が欲しくて取り扱いを始めた眼鏡ブランドだったので、サングラスを入れて3本メガネを持っています。

 

ユニークなデザインなのでそちらに目を奪われがちですが、非常に軽くて掛けやすく、テンプル(ウデ)にラバー素材を使用しているので汗をかいても滑りにくい、機能面でも優れたメガネフレームです。

 

 

一本はジム専用(最近は行けていませんが・・・)、もう一本はローラー台(写真)で室内トレーニングをするときに使用しています。

運動中はかなり汗をかきますが、その時も全然ずれないので重宝しています。

 

ところで、スペックエスパスのフレームと言えば・・・

 

 

普通のメガネフレームのようにテンプル(ウデ)を折りたたむのではなく、テンプルの先をサイドに引っ掛けるというユニークな収納の仕方をするメガネフレームです。

 

 

上の写真のようにテンプルエンド(先端部分)が少し曲がっていて、引っかけて固定することができるようになっています。

 

ただ、実際にこのメガネフレームを使ってみると分かるのですが、しばらく使っている内にラバーが弱くなってきて、上手く引っかからないことがあります。

 

 

僕のメガネも実はこの状態になってしまい、引っかけようと思ってもすぐに外れてしまって収納時にちょっと苦労します。

(多分、ラバーを新品に変えたら大丈夫だと思うのですが・・・)

左右両方のテンプルを引っかけると安定するのですが、片方だけだと滑ってうまく固定できません。

 

 

しかしながら、最近のモデルはテンプルエンドの形状が改良されています。

ラバー部分に引っかけるためのくぼみが作られていて、これを使って簡単に引っかけられるようになりました。

 

 

今回僕が購入したES-1964もこの改良版のテンプルエンドのモデルだったのですが、実際に使用してみると、めちゃくちゃ使いやすい!

メガネを外して置いておく時にすごく楽になりました。

 

スペックエスパスらしさはそのままに、メガネを使うユーザーのことも考え、より使いやすいメガネフレームに進化しています。

 

 

モデルによっては以前のテンプルを採用しているものもあります。

実際に両方を比べてみていただくのが一番分かりやすいかなと思いますので、気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

自転車通勤をする人におすすめ。調光レンズ、便利ですよ!

2020.05.09

スタッフ今堀です。

 

先日、「コロナにより売り上げが伸びているもの」というネット記事があったので読んでみたら、その中に自転車が挙がっていました。

混み合う電車を避けて自転車で通勤される方が増えたため、自転車の売り上げが例年より伸びているようです。

 

 

僕自身も、運動不足解消のために暖かくなったら自転車通勤をしようかなと思っていたところだったので、最近は電車は極力使わずに自転車で通勤しています。

夏場になると汗だくになるのでさすがに無理ですが、今くらいの気候だと朝は気持ちが良いですよね。

 

せっかくなので自転車通勤用のメガネも作ってみました。

 

 

こちらがそのメガネです。

エアフライというスポーツ用のサングラスに度付きのレンズを入れて作りました。

 

こちらのレンズ、一見普通の透明のレンズのように見えますが、実は調光レンズが入っております。

 

 

調光レンズは紫外線に反応して色が変化するレンズです。

上の写真は調光レンズのサンプルですが、レンズの半分だけ布で隠して店の外で撮影した写真です。

光に当てなかった部分は透明のままですが、光に当てた部分の色が変化しているのがお分かりいただけるかと思います。

 

 

通勤用のメガネを外で撮影するとこんな感じになりました。

グレーとブラウンが選べるのですが、今回はブラウンにしてみました。

外では結構濃い色になり、見た目は完全にサングラスですね。

 

以前からも時々自転車で通勤していたのですが、店に向かって走っている時は日差し結構きつくて、眩しいなと思っていました。

 

通勤用にサングラスを作ろうかなとも思っていたのですが、帰る時には日も暮れて暗くなっているので、サングラスだと帰りに使うことができなくなります。

出勤する時だけに使うのはもったいないし、せっかくなら帰る時にも使いたいなと思っていました。

 

 

それで、調光レンズを試してみようと思ったわけですが、実際に使ってみるとめちゃくちゃ便利でした。

 

実は、かなり昔に調光レンズを使ったことがあるのですが、その頃の調光レンズは、色の戻りがかなり遅くて、室内に入っても結構長い間濃い色のままでした。

 

 

今年に入って新しい調光レンズが発売されたのでそれを使ってみましたが、以前に比べると色の戻る速度もだいぶ速くなっています。

無色の状態に戻るのにはちょっと時間がかかりますが、少し色が入ってるかなという位の濃さであればわりとすぐに戻ってくれるようです。

 

普通のサングラスであれば、店内では外すこともできますが、僕の場合は度数が入っているので、外すと商品がよく見えなくなってしまいます。

コンビニに立ち寄っても、品物を選んだりレジで並んでいる間にだいぶ薄くなってくれるので、レジの店員さんに怪しい人に見られる心配もなさそうです。

 

紫外線はもちろんカットできますし、朝の日差しの眩しさも和らげることができるので、目はかなり楽になります。

 

 

今回はスポーツ用のサングラスを使用してみましたが、一般的なフレームでももちろん大丈夫です。

カジュアルなフレームにして、室内ではメガネとして使っても良いと思います。

 

自転車通勤の相棒にいかがでしょうか?

 

店頭にはレンズのサンプルもございますので、興味のある方は気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

自転車通勤しています。折角なので通勤用のメガネも・・・

2020.04.24

スタッフ今堀です。

 

最近は電車通勤をやめて、できるだけ自転車で通勤するようにしています。

 

普段使っているメガネをそのまま掛けているのですが、せっかくなら自転車通勤用にちょっと違うメガネを作ってみて、使い心地を試してみようかなと思いました。

 

まず、フレームですが、前から一度装用感を試してみたかったこちらのサングラスを使うことにしました。

 

 

AirFly (エアフライ)というスポーツサングラスです。

AF-303というモデルで、こちらは度付きレンズを入れる専用のアダプターがセットになったものです。

 

このエアフライ、ちょっと変わったサングラスで、実はフレームに鼻パッドが付いておらず、サイドパッドを頬骨に当てて固定します。

 

 

こちらも同じエアフライの別モデルになりますが、マネキンに装用させるとこんな感じになります。

テンプル(ウデ)の下に付いている黒いパーツがサイドパッドです。

 

鼻が痛くなったり、跡が付くのが嫌という方が多いので、こういうサングラスが発売されたわけなのですが、僕の場合、昔からずっとメガネを掛けているので、鼻パッドがないのが逆に変な感じがしました。

フレームが鼻の上に載っていないと何だか落ち着かないのです(笑)

 

そういうこともあって、結局エアフライを使ってみたことはなかったのですが、先日、エアフライをお使いのお客様が来られた時に、「これ、すごく良いです。今まで掛けたサングラスの中で一番です。」と言っておられたのがめちゃくちゃ気になっていて、自分でも一度試してみることにしました。

 

フレームは決定したので、次にレンズなのですが、以前から使ってみたかった偏光レンズにするのか、無色にするかで迷いました。

 

 

眩しさを抑えるという点では偏光レンズは最高なのですが、どうしてもレンズの色が濃くなってしまいます。

 

今は営業時間を短縮しているので明るい内に帰れるのですが、通常通りの営業時間に戻すと、帰る時に濃い色のレンズだと視界が暗くて怖いです。

通勤の途中で買い物に寄った時にも、濃い色のサングラスはちょっと困るかなという思いもありました。

 

「でも、無色もなあ・・・」と考えていたところ、つい先日、こんなレンズが発売されたことを思い出しました。

 

トランジションズGEN8

 

こちらは紫外線に反応して色が変わる調光レンズとよばれるレンズで、調光レンズ自体は以前からあったのですが、以前のタイプよりも室内に入った時に色が早く戻るようになっております。

 

調光レンズなら朝の日差しが強い時にはサングラスになるし、夜帰る時にはほぼ無色なので、安心して自転車に乗れます。

ある意味、自転車通勤する方にとっては最高のレンズかもしれません。

 

「せっかくならこれを試してみるか!」ということでレンズの注文をしました。

 

レンズが入荷したら早速作ってみようかなと思っております。

 

AKITTO rowを使っています

2020.03.15

 

スタッフ長尾です。

いつもはお客様のメガネの紹介をしてますが、

今日はスタッフ長尾のメガネの紹介をいたします。

 

まずはこちらをご覧ください。

メガネのイマホリでアキットを取り扱うことが決まった時に

仕入れたフレームです。一目ぼれでした(*^-^*)

row(ロウ)という名のフレームです。

サイズは51、女性のサイズとしては一般的なサイズです。

 

変則なオーバル(楕円形)に眉のような飾りがついたフレームで

似合おうが似合わまいが、知ったこっちゃない!私はこれが欲しい!!

といった衝動のままに「これをお願いします。」と指をさしていました。

 

眉の飾りは七宝で模様が描かれています。

黄色の円と緑の柄がお雛様の飾り、橘のように見えるのもお気に入りの一つです。

この模様は少し彫り込んで七宝が流し込んであるそうで、

ちょっとやそっとでは剥がれたりしないそうです。

実際に使用して数年になりますが、びくともしていません。丈夫な模様です(笑)

 

私の顔の長さからするとレンズの縦の長さがやや短めなのですが

眉付きのため上手く長さカバーが出来ているのではないかと思っています。

(レンズだけの長さは約32mmです)

 

 

アキットのフレームは何気ないところにさりげない、

けれどとても凝った細工がしてあります。

例えば、rowで言えばテンプ(ウデ)です。

近づいてよ~く見ないと分からない、気付かないであろう細かい模様です。

誰に見せるわけでもないですが、

きれいな模様が施してあるよ。と思うだけで気分も上々、楽しくなります。

 

 

フレームに入っているレンズですが、室内用レンズが入っています。

縦の長さが短めなので室内用レンズが入れられるの?!

と心配される方もありますが、大丈夫です。入ります!👍

遠近両用レンズだって入れられます。

お手元用から遠近両用レンズまで対応できるのもアキットのおすすめポイントです。

気分も上がる、楽しい、可愛い、素敵なアキット!ぜひお試しくださいね。

東海光学の「ベールーナイージーワン」を試しました

2020.02.09

スタッフ長尾です。

先日ニコンの老眼対策レンズ 「ロハスシリーズ」を試した感想を書いたのですが、

実はもう一組レンズを試しておりました。

 

東海光学から発売された「ベルーナイージーワン」遠近両用レンズです。

 

足元などが歪んで見えるなどして「怖い」というイメージがある遠近両用レンズですが

セミナーでの説明によりますと初めての方でも安心してお使いいただけるように

ゆれ・ゆがみの少なく、これまでにない自然な視界」

で慣れやすいレンズになっているそうなんですね。

 

あれこれ説明されるより試してみるべし!!

ということで用意されたモニターレンズで昨年の12月から試しました。

 

使用フレームは現在使用中のアキットのフレームです。

もともと室内用用レンズが入っていました。

 

 

 

遠近両用レンズには手元を見るための度数、加入度数という数値があります。

遠くを見る度数と近くを見る度数の差が2.25(加入度数)ある私は

もう初心者の域を過ぎております

初めての方でも慣れやすいというレンズを

かなり使い慣れてきている私が試してどうなのかなと思ったのですが・・・。

 

 

お出かけしてランチメニューもごく普通に読めるし

遠くもとてもスッキリ見えます。

遠くから近くに視線移動をしてもぼやけるとか、

何やら違和感があるとかもございません。

「違和感のない自然な視界」の通り本当に自然です。

なにやら気分も晴れやかな感じになります。

 

私は加入度数がそこそこあるので、

本を長時間読んだりパソコン作業にはつらいのですが(室内メガネに掛け替えます)

遠近両用を初めて使われる加入度数が弱目の方であれば

メガネの掛け替えなしで日常生活を過ごせると思います。

 

・最近スマホの文字や新聞の文字を見るのが辛くなってきた。

・眉間に力が入っているのを感じる。

・本や新聞を見る時離して見ていると指摘される。

等々は老眼初期のサインです。

心のあたりのある方、早めの遠近両用メガネ(大人メガネ)デビューしませんか。

ゆるい度数から始めれば後々老眼度数がすすんでも

怖さを感じることもなく楽々視生活がおくれますよ。

 

またこの「ベルーナイージーワン」はオプションで

水面のギラつきを抑えたいフィッシングに最適の偏光レンズ

太陽の光に合わせ、レンズの濃度が変化する調光レンズにもできます。

日常生活からアウトドアまで幅広く活躍できるレンズです。

 

 

当店では既にお客様がこの「ベルーナイージーワン」大人メガネデビューをされています。

感想などを伺いこのブログでお知らせできればと考えています。

 

テストレンズもありますので、ぜひお試しくださいませ!