トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

40歳になったら知っておきたい目とメガネのこと

2019.12.14

スタッフ今堀です。

 

最近、こんな冊子を店頭に置いております。

 

40歳になったら知っておきたい目とメガネのこと

 

こちらの冊子は、東海光学株式会社というレンズメーカーが作っているものです。

(今日も午前中に2名のお客様にお渡ししました。)

 

「なんで40代なの?」と思われた方もおられるかもしれません。

体力の衰えを感じたり、なかなか疲れが取れなくなったり、少しずつ「老い」を感じ始める時期であったりしますが、目も同様に大きな変化が訪れる時期なのです。

 

 

近くにピントを合わせるための力は、40~50代にかけて大きく低下します。

長時間近くを見続けてから遠くを見た時、遠くになかなかピントが合わなかったり、パソコンやスマートフォンを見た後にすごく目が疲れるようになったりします。

 

老視(いわゆる老眼)とよばれる症状です。

 

以前、あるレンズメーカーのセミナーで聞いたことがありますが、「老眼の症状を感じ始めた時、どうしますか?」という質問に対し、一番多い回答は、「我慢する」だそうです。

最近では、ハ〇キルーペを掛けるという回答が多そうですが・・・

 

 

遠近両用タイプや室内用タイプのレンズなど、最近は老眼対策用のレンズが色々発売されているのですが、そういったレンズを早めに使ってみようと思われる方は、まだまだ少数です。

 

昔は怖くて掛けられないなど言われていた遠近両用レンズですが、最近ではレンズの性能もすごく良くなってきていますので、今は早い時期から慣れていってもらえれば、大抵の方が慣れられます。

 

ちなみに、「まだ大丈夫」と思って我慢し続けた方が、後になって後悔する場合もありますので、当店ではお客様になるべく早めに使っていただくようアドバイスさせていただいております。

 

ちなみに、なぜ早い時期から使い始めると良いのかもこの冊子の中で説明されています。

 

興味のある方は無料でお配りしておりますので、気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です