トップページ > お知らせ・Blog

オフタイムのメガネをお作りさせていただきました

2018.12.25

 

スタッフ長尾です。

新しくお作り頂いたお客様のメガネの紹介です。

 

自然界の植物や生物をモチーフとし、さりげな~く可愛らしを盛り込んだ

Putri(プトゥリ)のプラスチックフレーム 小さめの48サイズです。

鼻パッドが付いたフレームなので調整がしっかりできますし、

睫毛が当たらないように調整することができます。

普段はコンタクトレンズを使用されていますが、

お仕事あとのお家用、休日用としてお作りしました。

 

最近の流行りのクラシックを取り入れながら潔いほどシンプルなデザイン。

ほんのりピンクの入ったブラウンも可愛らしさに一役買っています。

左右をつなぐブリッジはキーホールというちょっと目をひく形には、

鍵穴をのぞいて見たくなる心理で、注目を集めやすい。という説や

鼻筋が通り立体的な顔立ちに見える。とかいろいろな説があります。

可愛らしいだけじゃなく、ちょっと意味深な(?!)フレームです。

 

レンズの方は

フレームカーブに合わせてレンズのカーブが指定できる

「内面非球面レンズ」を使っています。

レンズも枠内にスッキリおさまりカッコよく仕上がっています。

 

小さいサイズで、フレームのリム(メガネのフチ)が太めなので

レンズの厚さをカバーすることが出来ます。

近視度数が強めの方におすすめのフレームです。

グリーンやブラウンのカラーもあるので、いろいろお試しくださいね。

 

専用ケースにはそこかしこに、ねこが隠れています。

同じフレームでもカラーが違うと別のフレームに思えてしまいませんか?

2018.12.24

スタッフ今堀です。

 

昨日はお客様にお買い上げいただいたlafont (ラフォン)のフレームを

ご紹介しましたが、今日は店に並んでいる在庫フレームの中から

こちらのフレームをご紹介したいと思います。

 

ELISABETH (エリザベット)

サイズ:52□18

カラー:676 ブラウン/オールドピンク

34,600円(税込)

 

少し前のモデルになりますが、2色だけ残っております。

最近の眼鏡のトレンドは、クラシックなデザインが主流で、

レンズが丸い形のフレームが人気があったりしますが、

個人的にはこういう横に細長いデザインが好きです。

 

 

フロント(前枠)はブラウン、テンプル(ウデ)はピンク。

テンプルの柄は葉脈をイメージしてデザインされています。

ラフォンのフレームは、身近にある植物や物などをモチーフにして

デザインの中に取り入れてあります。

「これは何だろう?」と想像してみるのも楽しいです。

 

このELISABETH 、別のカラーもあります。

それがこちらです。

 

カラー:494 アニス/ブラウン

 

先ほどのフレームと全く同じデザインで、

フレームのカラーリングが違うだけなのですが、

雰囲気がガラッと変わってしまって、

何だか別のフレームのように思えてしまいます。

(僕だけかもしれませんが・・・)

 

 

ちなみにこちらのカラー、

パーソナルカラーアドバイザーのスタッフ長尾に聞いたところ、

パーソナルカラーでは秋のタイプの方によく似合う色だそうです。

どんな風に似合うのかぜひ見てみたいので、

このカラーが似合う方が来られたら時には

試しに掛けてみていただきたいなと思っております。

 

 

フロントのカラー、テンプルのカラー、

それぞれが全然違う色が使われていて面白いです。

 

 

正面だけでなく、横から見た時も素敵なメガネフレームです。

興味のある方はぜひ店頭で掛けてみて下さい。

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。最後の一本をお買い上げいただきました

2018.12.23

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネが完成しました。

フレームはlafont (ラフォン)です。

 

SENTIMENT (サンティーモ)

カラー:10212

 

こちらのフレームに遠近両用レンズをお入れしております。

社長の知り合いのお客様で、

以前から何本もメガネをお作りいただいていたのですが、

遠近両用レンズは今回が初めてだったので、

ユレやユガミを抑えたHOYAのWellna (ウェルナ)をおすすめしました。

 

 

レンズにはバイオレットのカラーをお入れしています。

 

 

テンプル(ウデ)のデザインは植物のツユクサがモチーフになっております。

 

 

じっくり見ると、本当に美しいデザインだなと思います。

今回お買い上げいただいたのが最後の一本のフレームだったので、

こちらのモデルは完売となりました。

お買い上げいただきありがとうございました!

 

 

ラフォンには他にも素敵なデザインのフレームがたくさんありますので、

ぜひ店頭でご覧になっていただき、色々試着してみて下さい。

ご来店をお待ちしております。

なぜかメガネが変形してしまう・・・もしかしたらアレが原因かもしれません

2018.12.22

スタッフ今堀です。

 

メガネが変形してしまう原因として、

ぶつかったり踏んでしまった際に大きな力が加わった場合と、

掛け外しを繰り返している内に少しずつ変形してしまったという場合、

大体この2種類が考えられるのですが、

中には意外なものが原因でメガネが変形してしまう場合もあります。

 

それは・・・

 

メガネケースです。

 

メガネを保管するために欠かせないメガネケースですが、

メガネケースに入れていることによってメガネが変形してしまう、

そんなこともあります。

 

 

たとえば、女性の方に多いのですが、

上の写真のように耳に掛かるプラスチック部分(先セルと言います)を

根元から深く曲げるような調整をしたフレームの場合、

 

 

上のような細いケースに無理やり入れると、

先セルの先端が押し上げられテンプル(ウデ)が変形してしまいます。

この状態で長時間置いておくとフレームが歪んでしまいます。

必要な時にだけメガネを使われるという方で、

ケースにメガネをしまったままのことが多い方によくあります。

 

 

こちらもぱっと見た感じは収まっているように見えますが、

先セルの先端がケースに引っかかってしまっています。

これも無理やりケースに収納するとテンプルが変形してしまいます。

 

 

テンプルを折りたたんで置いた時に高さが出るフレームも要注意です。

かさばらない薄めのケースを希望される方が多いのですが、

上の写真のような高さがあるフレームをそういうケースに無理に入れると、

ケースの上蓋でメガネが抑え込まれてしまい、

フレームが変形する原因になる場合があります。

 

 

ケースが閉まるので大丈夫だろうと思っていても、

上蓋をよ~く見るとフレームが当たった跡がくっきり付いていることもあります。

 

メガネをお渡しする際にケースにしっかり収まるか見させてもらいますが、

メガネを複数持っておられるお客様の中には、

ご自身で入れ替えて別のケースにメガネをしまっておられる方もおられます。

また、メガネケースを後から購入された際に、

小さ目のケースを買われてそれによってサイズが合わなくなることもあります。

 

メガネのケースを購入される場合には、

ケースのデザインやサイズだけを見るのではなく、

できれば眼鏡屋さんに今お使いのメガネを持って行って、

フレームの大きさにちゃんと合ったケースかどうかを

店員さんに見てもらって決められると良いかなと思います。

 

 

スペックエスパスのデザイナーさんがお店に来てくれました

2018.12.21

スタッフ今堀です。

 

先日のブログでspec ēspace (スペックエスパス)

新作フレームをご紹介しましたが、

そのすぐ後にデザイナーさんから電話がありました。

21日に関西の方に行く用事があるので、

当店にも寄りたいとのことでした。

 

 

今年は秋の展示会(新作発表会)に行けなかったので、

じっくり新作を見させていただきました。

スペックエスパスのブースはいつもお客さんがいっぱいで、

なかなかゆっくりとお話ができないのですが、

今日はデザイナーといろんな話ができました。

 

(写真はスペックエスパスのウェブサイトより使わせてもらっています。)

 

スペックエスパスは3人のデザイナーさんのチーム体制で

デザインやマーケティングを行っておられます。

本日来ていただいたのは代表の山岸さん(写真の真ん中の方)です。

 

 

こちらが新作フレーム。

今までとはちょっと違う新しいデザイン。

 

 

これまでになかった新しい方法でテンプル(ウデ)を収納しています。

見ると、「なるほど!」と思う面白いアイデアです。

 

 

新しいカタログもいただきました。

こちらは店頭用なのでお持ち帰りいただくことはできないのですが、

ご自由にご覧いただけます。

興味のある方は気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

スペックエスパスのNEWモデルが入荷しました

2018.12.19

スタッフ今堀です。

 

鯖江の若手デザイナーが出掛ける人気眼鏡ブランド、

spec ēspace (スペックエスパス)のNEWモデルが入荷しました。

 

ES-1874

サイズ:50□16

カラー:④ brown sasa / light brown

41,000円(税込)

 

シート状のチタンフレームに、プラスチックのフロント(前枠)が付いたモデル。

テンプル(ウデ)を折りたたむためのヒンジと呼ばれるパーツがなく、

フレーム本体とテンプルが一体となったヒンジレスフレームです。

 

 

ヒンジレスという言葉だけだと、???という感じですが、

こちらの画像を見ていただくとよく分かるのではないかと思います。

一般的な眼鏡フレームは、フロントとテンプルが別々になっていて、

テンプルを折りたたむ部分にネジが付いております。

こちらのフレームには折りたたむためのパーツが付いておらず、

フロントとテンプルが一体になっております。

 

 

小振りで丸みのある優しい雰囲気の玉型です。

女性の方に特におすすめのモデルです。

カラーも明るめのブラウンなので、どんな服装にも合わせやすそう。

 

 

スペックエスパスのフレームの最大の魅力は、

フレーム本体からレンズが浮き上がるようにしてできる「空間」

この空間が顔にメリハリを与えてくれて、

横顔をとっても素敵に見せてくれます。

個性的なデザインでおしゃれ度がグッと上がる一方で、

メガネだけが悪目立ちするということもないので、

初めてメガネを掛けるという方にもおすすめです。

 

 

僕もスペックエスパスのフレームを使っておりますが、

電車の中で別のメガネに掛け替えていた時に、

フレームを折りたたんでケースにしまっている様子を

傍にいた方が興味深そうに見ておられました(笑)

 

デザインも素晴らしいですが、掛け心地もとても良いフレームです。

本日ご紹介したモデル以外にもいろいろありますので、

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

 

 

ナイロール 上のフチが無いもの 下のフチが無いもの

2018.12.18

 

スタッフ長尾です。

前枠の下の部分の枠の無いフレームをナイロールと呼んでいます。

枠(リム)が半分ないのでハーフリムと呼ぶこともあります。

ナイロンの糸を使って固定してあるので落ちることは(滅多に)ありません。

 

それとは逆に、

上だけ枠が無いという逆ナイロールも(数は少ないですが)あります。

MUGUET (ミュウゲ) MU-1108  41,000円(税込)

こちらは、楕円の形のレンズがコロンとした可愛らしいフレームです。

シンプルなデザインで、気軽に掛けていただける一本です。

 

上の部分に枠が無いので、大人世代のスッタフ長尾としましては、

デスクワーク用にも重宝なフレームではないかと思うんです。

メガネを初めて使うとい方には特におすすめです。

 

デスクワークって結構上目使いする事が多くありますよね。

今までメガネをつかったことが無かった方は

フチが視界に入ってきて気になる!!ってことよく言われます。

逆ナイロールなら上部がすっきりです。

上下の長さの長いフレームならもっと良いですね。

 

そしてこの「枠が無いのが上」を利用して

お顔の輪郭カバーすることも出来ます。

 

逆ナイロールは視線がフレームに合わせて下方にくるので、

お顔の長さを短く見せることが出来ます。

面長さんでちょっと顔の長さが気になるのよね・・・・。

という方には逆ナイロールはオススメです。

 

見え方も、見られ方もフレームでいろいろカバーできます。

こうなるといいな。

こうだといいなぁ。

お気軽にご相談くださいね。

 


WITTYPAULY  WT03-217  27,000円(税込)

カラー:ブラウン 51サイズ

細身の逆ナイロール。

サイズが合えば男性にもおすすめです。

 

 

 

マガジンラックを購入しました

2018.12.17

スタッフ今堀です。

 

先日、マガジンラックを購入しました。

早速組み立ててカウンターの椅子の横に置いております。

 

 

お連れ様の検眼を待っている時間、

メガネの型直しや調整を待っている時間、

レンズの加工を待っている時間など、

眼鏡店では意外とお待ちいただく時間が多いです。

雑誌と新聞を置いておりますのでご自由にお読み下さい。

スペックエスパスコーナーのご紹介

2018.12.16

スタッフ今堀です。

 

本日は、spec espace (スペックエスパス)のコーナー

をご紹介したいと思います。

先日、ちょっとだけディスプレイを変えました。

 

 

現在はこんな感じでフレームが並んでおります。

フレームの構造がちょっと変わっていますので、

(通常のフレームのようにウデを折りたたむことができません)

その点を生かせるような見せ方が出来ないかなと考え、

こんなディスプレイにしてみました。

 

 

正面から見た時にかっこ良くみえるように

あえて後ろに傾けています。

それと、このフレームの一番の魅力である、

「フレーム本体とレンズの間にできる空間」

この部分を特に見せたいなと思ったので、

フレームを斜めに並べて置いております。

ちょうど入口側からこのコーナーをご覧いただくと、

それがよく分かるかなと思います。

 

 

2段の棚に分かれておりますが、

上段がメタルシートのフレームを中心に並べ、

下段にフロントがプラスチックのフレームを並べております。

 

 

こんな風にしてテンプル(ウデ)を収納するのですが、

初めてスペックエスパスのフレームを見られた方の中には、

「これってどうやって掛けたら良いの???」と

戸惑われる方もおられます。

「試着してみたいけど、壊さないかちょっと心配・・・」

そんな場合は気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

現在店頭には30本ほど在庫があるのですが、

一本一本が普通のフレームに比べてスペースを取るため、

売場には全部並べられておりません。

売場に出せない分は別にしまっておりますので、

いろんなフレームをじっくり見たいという方は

気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

 

年末年始の休業日のお知らせ

2018.12.15

日頃よりメガネのイマホリをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

年末年始の当店休業日のご案内です。

 

12月31日(月)から1月3日(木)までを休業いたします。

なお、30日(日)は17時で閉店させていただきます。

 

休業中はご不便ご迷惑をおかけしますが、
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

年始は4日(金)からの営業となります。