トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

何気ないパーツですが、意外と種類があるのです

2019.11.20

スタッフ今堀です。

 

今日はメガネに関連するパーツについてお話したいと思います。

 

以前にこのブログで座金(ワッシャー)というメガネの部品について書きました。

その時の記事はこちら↓をご覧下さい。

意外と知らないメガネの部品の話。実は消耗品です。

 

テンプル(ウデ)を折りたたむ丁番と呼ばれる部分に使われているパーツです。

 

 

ネジを外してばらさないと見えないパーツなので、見たことがないという方も多いかもしれません。

 

 

丁番のネジは、毎日のようにメガネを使用していると、次第に緩んできます。

折りたたむ時の手応えがなくなってきて、テンプルがパタパタしてきます。

 

丁番部分にはネジだけでなく座金も入っており、ネジが抜けてしまうと、ネジと一緒に座金も外れてしまいまうことがあります。

 

 

座金が入っていないと隙間ができてしまうので、いくらネジを締めてもテンプルがパタパタした状態になってしまいます。

 

テンプルの開閉をスムーズに行うために欠かせないパーツで、意外とメガネにとっては重要なパーツだったりします。

 

この座金ですが、実はフレームによって使われているものが違ったりします。

 

サイズや厚みが微妙に異なっていたりするんですね。

0.何ミリという違いだったりするのですが、それだけ上手く入らなかったりします。

 

 

なので、いろんなサイズの座金をを用意しております。

サイズごとにきちんと分けていますが、バラバラになってしまったら悲劇です(笑)

 

今日ご紹介した座金に限らず、ネジや鼻パッドといったパーツにも、形状やサイズなど、実はいろんな種類のものがあります。

 

また機会があったら他のパーツもご紹介できたらと思っております。

 

 

大人の遠視 メガネを掛けることをおすすめします

2019.11.19

 

スタッフ長尾です。

遠くがよく見えているので気づきにくい大人の遠視。

スタッフ長尾も遠視と分かり

老眼が始まる前からメガネを掛けるようになりました。

 

 

でもたいていの場合は、

近くが見づらいのでメガネを作ろうとメガネ店に行ったところ

遠視であることが分かったということが多いですね。

 

その時にこう言われるのではないかと思います。

「近くを見る時だけじゃなく、普段からメガネを掛けたほうがいいです。」と。

 

そうは言われてもきっと、

見えているのになぜメガネを掛けなければならいのか?!

見えているからいいじゃないか!

となってしまうと思います。

 

ではなぜメガネ店で普段からメガネを掛けたほうがいいですというのか

それは、遠視の目はとっても疲れやすい眼だからです。

 

何度も登場するこの画像。遠視の目の「ものの見える仕組み図」

焦点が網膜の後ろで結んでしまうのが遠視です。

 

目の筋肉を使って焦点を網膜上に合わせることが出来るので視力が出る遠視ですが

遠くからを近くまで焦点合わせに頑張っていて休まる時がありません。

本人は自覚はないのですが言ってみればいつも臨戦態勢、緊張しっぱなしなのです。

目が疲れやすい原因の一つでもあります。

 

適正な度数のメガネをかければその緊張から解放されます。

それに目疲れもぐっと減ります。(眉間のしわも減るはず。)

 

メガネは面倒くさいし、カッコ悪いし。

なんて思わず(言わず)メガネをかけて目を楽にしてあげましょう。

スタッフ長尾も経験上ぜひおすすめいたします。

 

それに、

素敵でかっこよくて、見えやすいメガネたくさんありますよ。

 

 

球技をされる方におすすめ、大人用のスポーツゴールです

2019.11.18

スタッフ今堀です。

 

当店では子ども用のゴーグルタイプのスポーツメガネを取り扱っております。

サッカーやバスケットボールなどの球技をされるお子様に人気がある商品です。

 

先日、子どもさんではなく、成人のお客様からお問い合わせをいただきました。

球技をされる方で、「大人でも使えるスポーツゴーグルはありませんか?」というお問い合わせでした。

 

正直、大人用のスポーツゴーグルの種類はあまりないのですが、こういう商品があります。

 

GDX-001

16,500円(税込)

 

こちらは、スポーツサングラスでおなじみのSWANS(スワンズ)から発売されているGURDIAN-Xという商品です。

 

ボールなどが当たって強い衝撃が加わっても大丈夫なように、耐衝撃性に優れたレンズが使われています。

 

Eye Gurd(アイガード)と呼ばれるSWANSのスポーツ用ゴーグルには、小学校低学年から使える様々な商品があります。

カタログでGURDIAN-Xを見ると、ちゃんと「大人向け」と書かれておりました。

 

 

顔に直接当たるフェイスパッドは、弾力性のある柔らかい素材が使われています。

バンドもマジックテープを剥がすだけで簡単に長さを調節できるようになっています。

さすが日本製だけあって、使いやすいです。

 

 

サイドの部分もこのように柔らかく、適度に広がってくれるので掛け外しも楽です。

 

スポーツ用度付レンズ「ペトロイドRX」にも対応しておりますので、度を入れてお使いいただくこともできます。

 

 

球技などのスポーツをされる大学生や社会人の方で、コンタクトレンズが使えないような方におすすめの商品となっております。

 

 

今回はサンプルをお借りしていますので、メーカーさんにお返ししなければならないのですが、一週間ほどは店に置いておりますので、気になる方はぜひご覧になってみて下さい。

 

 

12月4日(水)の営業時間変更についてのお知らせ

2019.11.18

平素よりメガネのイマホリをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

12月4日(水)は、午後からレンズセミナーにスタッフが参加するため、その日は午前中だけの営業とさせていただきます

また、翌日5日(木)は定休日となります

 

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

メガネフレームのサイズはこんなところに表記されています

2019.11.17

 

スタッフ長尾です。

先日ご来店いただいたたお客様に

「メガネ(メガネフレーム)にもサイズがあるの?」

と聞かれました。

 

靴や服にサイズがあるように

メガネにもサイズがあるんですよ。

 

 

当店では値札の右上に表記しています。

 

51というのはレンズの横幅のサイズを表しています。

この場合はレンズの横最大幅が51mmあります、ということです。

 

女性の方なら52前後男性の方なら54前後が標準的サイズになるかと思います。

 

あと細かいサイズ計算がありますが、

そこはお店スタッフさんにお任せすればいいと思いますよ。

(目幅、鼻幅注意するところがあります)

 

 

では実際メガネフレームのどこにサイズ表記がしてあるかというと

 

左右どちらかのテンプル(ウデ)か左右のレンズをつなぐブリッジに表記されています。

(例外もあります)

 

メガネを購入するときは実際に試着してみるので

大きすぎたり小さすぎることはないと思いますが、

メガネフレームのサイズを知っていると

自分に合ったものを探しやすくなります。

参考にしてみてください。

女性の皆さま、メガネ生活、慣れると案外快適ですよ。

2019.11.16

スタッフ今堀です。

 

以前、このブログで書いたのですが、老眼になったのをきっかけに、コンタクトレンズをやめてメガネにされる女性のお客様が、最近はとても増えてきております。

 

先日ご来店いただいたお客様もその一人。

 

長年コンタクトを使用されており、老眼になってからはコンタクトの上から手元用のメガネを掛けるというかたちでメガネを使っておられました。

 

そこで、昨年、手元用のメガネを作りに来ていただいた際、「遠近両用レンズを使ってみませんか?」とご提案してみました。

 

それから1年、今ではコンタクトは全く使用しなくなり、毎日メガネで過ごされているそうです。

 

「メガネで過ごすのがこんなに楽だとは思ってなかった。もうコンタクトには戻れないわ~。」

そんな風に言っておられました。

 

 

一年前におすすめしたAKITTO (アキット)のフレームも大変気に入つていただいていたのですが、最近はお孫さんの相手をすることがあって、その時にメガネをつかまれてしまい、変形してしまうのでお困りでした。

 

 

お孫さんの相手をする時に使う予備のメガネで、なるべく変形しにくく、リーズナブルな価格のフレームを希望されていたので、アクアリバティをおすすめしました。

 

変形しないフレームというわけではないのですが、テンプル(ウデ)のバネ性があって、少しくらい引っ張ってもテンプルの根元部分に力が加わりにくく、何よりもお値段が手ごろなのが良いかなと思いました。

(決して壊れないフレームではないので、誤解されないようお願いいたします)

 

 

お孫さんがもう少し大きくなられて、メガネを触られる心配がなくなっても、予備を一つ持っておいていただけると、メインのメガネに万が一何かがあった時にも安心です。

 

とはいえ、こちらのお客様も、遠近両用レンズを使い始めてすぐに慣れられたというわけではなかったそうです。

ご来店された時、こんな風に言っておられました。

 

「最初はちょっと違和感もあって、コンタクトと併用しながら使っていただけど、メガネを使い続けている内にすっかり慣れられた」

 

そうなんです、やっぱり最初の内は多少の違和感はあります

(当店でもこの点についてはしっかりと説明をさせていただいております。)

 

ただ、そこですぐにあきらめて以前のメガネに戻してしまうのではなくて、しばらくちょっと我慢して使ってみる、それがとても大事です。

 

ただ、メガネの度数が明らかに合っていなかったりする場合もあるので、そこはお店の人との信頼関係が大事になってきます。

 

「この人の言うことなら信用できる」

そんな風に思える店員さんがいるお店で眼鏡を作られることが大事です。

 

 

老眼がかなり進行し、手元用の度数が強くなるほど、遠近両用レンズのユレや歪みも大きくなります。

 

手元が見にくくなってきたなと思ったら、なるべく早めに遠近両用レンズを使い始めていただけると、レンズに慣れやすくなります。

 

 

コンタクトレンズをずっと使用されておられて、メガネのことはよく分からないという方にも、動画などを使いながら分かりやすく説明をさせていただきます。

 

 

快適に見えるだけでなく、お客様自身がメガネを掛けることで周囲の人から「素敵だな」と見られるように、フレーム選びのお手伝いもしっかりやらせていただきます。

 

「長い間コンタクトレンズを使ってきたけど、メガネにしてみようかな・・・」

そんな風にお思いの方がおられましたら、ぜひ気軽にご相談下さい。

補聴器コーナーがリニューアルしました

2019.11.15

スタッフ今堀です。

 

今年は店内を色々と変えてリニューアルしていたのですが、先日、こちらのコーナーも新しくなりました。

 

 

補聴器コーナーです。

 

当店、補聴器も取り扱っているのですが、これまでは補聴器のことは社長が取り仕切っておりました。

補聴器を社長を、メガネの方は僕がやるということでやっておりました。

 

その社長が今年引退宣言をし、急遽補聴器のこともやらなければならなくなりました。

せっかくなら補聴器のコーナーももっときれいにしたいなと思っていたのですが、ようやく着手できました。

 

(いろんな方から心配していただいておりますが、社長は体調を崩したというわけではなく、毎日元気にしております。辞めると言いながらも週一回は店に来ております。)

 

 

こちは以前の補聴器コーナー。

机の上にいろんなものが置かれていて、かなりごちゃごちゃしておりました。

 

先月、会計士さんが来られた時にその話をしたら、「補聴器のコーナーだったんですね!社長の事務机かと思っていました・・・」と言われる始末(笑)

 

このままではダメだなと思い、社長の引退を機に、コーナーをリニューアルすることにしました。

 

先日、補聴器の相談会をした際、長年当店を担当していただいている営業さんは、「この机、こんなに広かったんですね」と驚かれていました。

 

 

最近の補聴器は、Bluetoothを使ってテレビの音を直接補聴器に届けて聞くことが出来たりします。

補聴器を使って実際に体験もしただけるように、テレビを新たに設置しました。

(ただし、お店がテレビを受信できる環境にはないので、テレビ番組は見られません。

パソコンをつないでモニターにし、DVDや動画を再生しております。)

 

 

パネルを作りたかったのですが、そこまで予算がなかったため、タペストリーを自分で作って壁に掛けました。

一目で補聴器のコーナーと分かるようになったのではないかなと思っております。

 

先日開催した補聴器の相談会は、おかげさまで予約も全て埋まり、大盛況でした。

今後は補聴器の方もいろんなイベントや企画を考えていこうと思っておりますので、メガネともどもよろしくお願いいたします。

 

 

 

メガネのレンズ選び、気軽にご相談下さい

2019.11.13

スタッフ今堀です。

 

「眼鏡屋さんに行ってメガネを作ろうと思うのだけど、レンズの種類がたくさんあって、どのレンズにすれば良いのか分からない・・・・」

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

 

専門店になるほど取り扱っているレンズの種類も多くなるので、選ばれるお客様も大変だろうなと思います。

取り扱っている僕らも実は結構大変です(笑)

 

メガネで使用されるレンズを大きく分けると、「単焦点レンズ」と「累進屈折力レンズ」があります。

二重焦点というのもあるのですが、最近ではほとんど使われなくなったので、大体が上記の2つになります。

 

 

単焦点ンズは、1枚のレンズに1つの補正機能を持つレンズのことです。

シングルビジョンなんて呼ばれたりもします。

 

老眼になっていないまだ若い方で、近視や乱視があって遠くが見にくい時などに使用するレンズが単焦点レンズです。

老眼の症状があらわれて手元が見にくくなった時に使用する、いわゆる老眼鏡も単焦点レンズになります。

 

 

累進屈折力レンズは、1枚のレンズで遠くから手元まで連続的に見えるように度数が変化するメガネレンズです。

代表的なものが遠近両用レンズです。

レンズのどの部分で見るかによって見え方も変化します。

 

 

累進屈折力レンズには、遠近両用レンズをはじめ、中間や近方を重視する室内用レンズ、手元の見え方を重視したデスクワーク用レンズなどがあります。

 

 

老眼になると、ピントを合わせるための力が衰えるので、遠くがよく見えるように合わせた単焦点レンズでは、中間や近くが見づらくなったり、目が疲れたりします。

 

中間や手元を見るために、遠くを見るための度数とは別の度数が必要になるのですが、見る距離によっていくつもメガネを掛けるのは大変なので、累進屈折力レンズを使えば一本のメガネでいろんな距離を楽に見ることができます。

 

 

累進屈折力レンズを使えば、見たい距離に合わせて視線を移動させることで、うまくピントを合わせることができます。

 

ただ、累進屈折力レンズの場合、一枚のレンズの中にいろんな度数を入れてくることになるので、単焦点に比べると見える範囲が狭くなってしまいます。

どの距離の見え方を重視してレンズが設計されているかによって、使いやすさが大きく変わるレンズでもあります。

 

 

たとえば、遠近両用レンズの場合、遠くの見え方がすっきり見えて快適なのですが、近くの見え方はレンズの構造上、少し見にくくなってしまいます。

 

最近の累進屈折力レンズは、単焦点レンズに比べると種類もいっぱいありますし、レンズによって見え方が全然変わってきますので、レンズを選ぶのが難しくなります。

 

でも、ご安心下さい。

そのためにお店には僕たち専門のスタッフがおります。

 

 

お客様のライフスタイルやメガネを使用されるシーン(場面)をお聞きしながら、お客様にとって使いやすいレンズをご提案させていただきます。

 

フレーム選びに比べると何となく難しくて、テンションが下がってしまいがちなレンズ選び。

メガネが初めてのお客様にもできるだけ分かりやすく、できるだけ楽しくレンズ選びができるようにお手伝いさせていただきます。

 

レンズ選びにお悩みの際は、ぜひ、気軽にご相談下さい。

 

メガネケースの紹介です ネコ好きさんへ

2019.11.12

 

スタッフ長尾です。

今日はねこ好きさんにおすすめのケースの紹介です。

 

まずは黒猫さんのドアップのケース。

ちろっと赤いベロを出したネコさんです。

私も以前黒ネコを飼っていたのですが、

ネコってなぜかベロを出すんですよね。

まっ、そこもかわいいんですが(*^-^*)

 

少々落としても大丈夫なスチールに布が貼ってあります。

すべすべで手触りもいいですよ。

専用のメガネ拭きが付いています。

 

 

お次はぶさにゃん系(=^・・^=)

ピアノを弾くアーティスティック(?!)なネコさんです。

 

ケースの裏側はかなり個性的。

個人的には、大好きです!!

 

こちらも専用メガネ拭き付き。

肉球ぷにぷにのかわいいぶさにゃんです。

 

ネコ好きの皆様、おひとついかがでしょうか♡

お値段は1,540円(税込み)です。

明日は補聴器相談会を開催します。それと、少し早めに閉店させていただきます

2019.11.11

スタッフ今堀です。

 

明日、11月12日は補聴器相談会を開催いたします。

 

 

当店では毎年春と秋に当店の補聴器ユーザー様を対象に相談会を行っておりますが、今回は新規のお客様を対象にした相談会を開催することにしました。

 

 

当日は、スイスのフォナック補聴器の専門員が来店。

補聴器に対する疑問、相談にお答えします。

もちろん補聴器のお試しも可能です。

最新の補聴器の聞こえを実際に体験していただけます!

 

せっかくメーカーの方に来てもらうので、お客様が来てくれるか正直心配していたのですが、予約のお電話をたくさんいただき、あっという間にほとんど予約が埋まってしまいました。

(今日のお昼の時点では、15時~16時だけがかろうじて空いております。)

 

相談会終了後には、メーカーの方とスタッフで、勉強会という名の懇親会を予定しております(笑)

そのため、明日は通常より1時間早い18時に閉店させていただきます。

どうぞ、よろしくお願い致します。