トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

メガネケースの紹介です ねこ好きさんへ

2019.09.22

 

スタッフ長尾です。

メガネケースが入荷しましたのでご紹介します。

 

先ずはねこ好きスタッフ長尾おすすめケースから。

 

「たたみ猫」と名前が付いているこのケースは

畳の上でゴロゴロしている猫の仕草のイラスト付きです。

薄茶色の縦じまは畳の目なんですね。

 

丸まって眠る猫が一番に目に入ります!!

 

 

そしてもう一つはこちら、「りんごねこ」

 

見た目まんまといえばまんまなのですが(^_^;)

リンゴの中に猫が見え隠れしています。

 

 

二種類のケースは布製のソフトタイプですが

ケースの中に鼻当てという仕切りのようなものが付いているので

見た目よりしっかりしています。

鼻当てのお陰で強度がUPしているのです。

バッグの中に入れてもメガネをきっちり守ってくれますよ。

お値段は消費税込で1,180です。

ご自分用やプレゼントにいかがでしょうか。

 

10月1日以降は1,210円になります。

これいいなぁ、と思ったらお早目に\(^o^)/

お客さまのメガネのご紹介。ベビーサイズからキッズサイズへ

2019.09.21

スタッフ今堀です。

 

先日ご購入いただいたお客様のメガネが出来上がりました。

 

 

フレームは、トマトグラッシーズのキッズAシリーズ。

 

昨年の夏に初めてメガネをご購入いただき、

今回はメガネの買い替えにお越しいただきました。

 

 

前回お越しいただいた時はまだ1歳。

普通の子ども用メガネではサイズが合わないので、

トマトグラッシーズのベビーシリーズで作らせてもらいました。

それから1年が経ち、すっかり大きくなられていて、

ベビーシリーズでは小さくなってしまったので、

今回は少し大きめのキッズシリーズとなりました。

 

 

新しいメガネのフロント(前枠)は、前回と同じクリア。

テンプル(ウデ)はご本人が好きな飛行機の柄になっています。

フロントとテンプルを別々のカラーで取り寄せし、

組み合わせた特別仕様となっております。

自分が好きな乗り物などの柄が付いていると、

メガネを掛けるのがちょっと楽しくなります。

そういうことも考えてデザインされた眼鏡フレームです。

 

 

小さなお子さまの場合、

目幅はすごく狭いんですが、頭の横部分は結構張っていたりします。

なので、頭のサイズに合わせると、

フレームのフロントサイズが大きくなりすぎてしまうことが多いです。

今回は目幅にちょうど合ったサイズをお選びし、

左右のテンプルの間隔が広がるように調整させてもらいました。

 

 

まだ2歳ということもあり、目幅と頭のサイズ差がかなりあったので、

写真のようなツールを使って頭の横幅を事前に測定し、

テンプル素材の弾力性も考えながら幅を調整させてもらいました。

また1年位経ったらきっと体も大きくなられると思うのですが、

今の内から無理に大き目サイズにするのではなく、

今はちゃんとご本人の顔に合ったサイズにさせていただいて、

保険を活用して買い替えていただくようにアドバイスをさせていただきました。

 

昨年メガネをお渡しした際には、

メガネを嫌がってすぐに外されていたのですが、

ご両親の努力の甲斐もあって、すっかりメガネを掛けることに慣れてくれました。

順調に視力も出るようになっていて、

治療用メガネの効果がしっかり出ているようで、僕らも安心しました。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

10月2日(水)の営業時間変更についてのお知らせ

2019.09.21

平素よりメガネのイマホリをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

10月2日(水)の夜に開催されるセミナーにスタッフが参加するため、

その日は閉店時間を早め、16時半にて閉店とさせていただきます

 

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

シルエットの超人気モデルが今年20周年を迎えるそうです

2019.09.20

スタッフ今堀です。

 

先日、シルエットの担当営業さんがお店に来てくれて、

来月の展示会(新作発表会)に向けた最新情報を教えてくれました。

 

「シルエットって何?」という方のために簡単に説明しますと、

シルエットはオーストリアの眼鏡ブランドです。

シンプルながら非常にデザイン性に優れ、世界中に愛用者がいます。

 

シルエットの代表モデルとして、

TMA(Titan Minimal Art)というフレームがあります。

1.8gという驚異的な軽さを実現したフレームで、

NASAのスペースシャトルのミッションでも着用されました。

シルエットにはたくさんのモデルがありますが、

シルエット、イコールTMAと思っておられる方がいるほど、

シルエットの中では、圧倒的な人気を誇るモデルです。

 

そのTMAが発売されたのが1999年だったそうで、

今年、20周年を迎えるそうです。

20周年を記念した特別モデルが発売されるそうで、

営業さんに写真で見せてもらいました。

 

 

なかなかすごいことになっています(笑)

シルエットのWEBサイトでご覧いただけますので、

興味のある方はご覧になってみて下さい。

(当店では今のところ取り扱う予定はありません)

 

そんな話をしながら、他にも色々と見せてもらいました。

 

 

こんなフレームや、

 

 

こんなフレームなど。

いろんなフレームを見せてもらいながら、

今後の商品展開の見通しなどを聞かせてもらいました。

シルエットに限らないのですが、やはり海外のブランドは、

マーケティング活動をとても重視していますね。

WEBサイトも含め、プロモーション活動がすごい。

 

それからもう一つ、営業さんと大事な話し合いを行いました。

実は今秋、シルエットの取扱い店として、

さらにパワーアップ(?)する予定をしています。

 

 

完全には決まっていないので、ブログでは詳しく書けないのですが、

興味のある方は店頭でスタッフにお尋ね下さい。

 

 

 

 

 

続・予備のメガネはありますか?

2019.09.18

 

スタッフ長尾です。

先日のブログで予備のメガネはありますか?

と書いたのですが

その後「やっぱり何かあった時用に予備のメガネは必要だね

と来店される方が増えて来ました。

 

関東方面に大きな被害をもたらした

台風15号の影響が大きかったのだと思います。

 

大きな災害はいつか来る。

それはずっと先かもしれないし、明日かもしれない

そう思われた方もたくさんいらっしゃるのだと思います。

 

特に遠近両用メガネなどを使われている世代(私も含め)は、

今使っているメガネと同じものが予備であるのがベストです。

 

私も室内用メガネの予備を持ち歩いていますが、

もしメガネが無くなった場合何が一番困るのか?

と考えた時私は近くの文字が読めなくなります。

なので、予備メガネも駄目になることがあるかも!と、

手元専用のメガネも一本用意しています。

 

考えすぎかなとも思いますが(^_^;)

備えあれば憂いなしです。

 

皆さんも予備のメガネのこと考えてみてくださいね。

偏光レンズRARTS、ツーリングや山歩きなどにもおすすめのカラーのご紹介

2019.09.17

スタッフ今堀です。

 

今年から取り扱いを始めた偏光レンズ、RARTS (アーツ)。

当店ではあまり偏光レンズに力を入れていなかったのですが、

(レンズがとても高価で、今まではそんなに売れなかったということもあります)

made in Japan の高性能な偏光レンズが、

わりと手頃な価格で購入できるということもあって、

お客さまの反応も良いです。

GWから夏にかけて何人かのお客様にご購入いただおります。

 

 

実は、最近、自転車で通勤することが多いので、

通勤用に欲しいな~と思っているのですが、一つ問題が・・・

 

試してみたいカラーがあり過ぎて、どれが良いか分からない(笑)

もうちょっと迷ってみてから考えてます。

 

RARTSには全部で12色のカラーが用意されています。

決してフィッシング専用のレンズというわけではないのですが、

バスフィッシング、海釣り、渓流釣りなど、

目的に合わせて使いやすいレンズカラーが揃っているので、

釣り好きの方には特におすすめです。

 

 

偏光レンズは、レンズの間に特殊なフィルムが入っています。

これがフィルターの役割を果たし、反射光や路面からの照り返しの眩しさをカットし、

目にやさしい光だけを通してくれます。

フィッシングをする時に偏光レンズを使うと、

水面がはっきり見えるようになるのはよく知られていますが、

運転時や外出の際に使用しても、

より視界がクリアになって快適に見ることができます。

 

ところで、RARTSのラインアップの中には、

この偏光の効果を少しだけ抑えたカラーがあります。

そのかわりに、レンズの色が少し明るくなっているので、

濃いサングラスだと見にくいシーンでも使いやすいというわけです。

 

それがこちらの、

 

スティングレイ

 

トリードベンドというカラーです。

 

真夏のように太陽の光がガンガンに降り注いでいる状況や、

雪山のように照り返しが強烈な環境では、

濃いカラーのレンズが必要になりますが、

少し暗い場所で使う場合にはちょっと不便になります。

 

レンズなしで撮影した状態。

 

スティングレイを前に置いて撮影。

グレイ系のカラーなので裸眼と色味が近いです。

 

トリードベンドを前に置いて撮影。

色味が黄緑っぽくなります。

 

※見え方のイメージをお伝えするための写真です。

 実際の見え方とは若干異なります。

 

明るい場所だけではなく、日陰や森の中といった暗所に入ることが多い状況、

急な天候の変化にも対応しなければならないような状況、

たとえば、ツーリングや山歩きなどのような時には、

本日ご紹介したスティングレイトリードベンドがおすすめです。

 

12色全てのカラーのレンズサンプルがございますので、

興味のある方は、ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

本日ご紹介したスティングレイトリードベンドは、

RARTSのWEBサイトでも紹介されておりますので、

興味のある方は下記の記事もぜひご覧になってみて下さい。

 

ロードバイクの走行に欠かせない偏光サングラス、『やさしい光』を届けるオススメのレンズは?

 

 

 

子ども用メガネ、お買上後の使いやすさも考えてレンズを選んでおります

2019.09.16

スタッフ今堀です。

 

滋賀県は子どもの数が多いこともあり、

子ども用メガネのご購入のお客様が増えております。

 

ところで、小さなお子さまがメガネを使用される場合、

やはり避けて通れない(?)のがレンズのキズです。

 

 

そもそも、プラスチックレンズは非常にキズが付きやすく、

レンズの加工中にキズが付いてしまうことがあるほどです。

ちょっと何かが当たったり、擦れると簡単にキズが付いてしまいます。

それゆえに、丁寧に丁寧に取り扱う必要があります。

 

とはいえ、

小さいお子様の場合は、走りまわって転んだり、ぶつかったり、

汚れた手でレンズを触ったりすることが多いので、

ある意味、キズが付くのは仕方がないといえば仕方がないことではあります。

 

キズの付きにくさだけを考えれば、

ガラスのレンズという選択肢もありますが、

(ガラスレンズはプラスチックレンズに比べキズが付きにくいのです)

キズは付きにくくても、割れる心配があります。

(ガラスのレンズは衝撃が加わるとすぐに割れてしまいます。)

割れたレンズの破片でけがをする心配もあります。

また、レンズ重量もかなり重くなるので、

子ども用のメガネの場合は、やはりプラスチックレンズの方が良いです。

 

 

最近では、レンズメーカー各社から、

キズに強いレンズコーティングも発売されているのですが、

それでもキズが付かないわけではありませんし、

お値段がかなり高くなってしまいます。

度数が変わりやすく、レンズ交換の頻度が高い小さなお子さまの場合、

そこまでのレンズをおすすめしにくいというのもあります。

それだったらこまめに交換していただく方が良いのかなと思います。

 

子ども用メガネのレンズのキズ対策として、

「何か良い方法はないだろうか?」と以前から考えていたのですが、

今年、メーカーの営業さんからこんな商品を紹介され、

「これは良いかもしれないな・・・」と思ったので、

実際に子ども用メガネのレンズに採用することにしました。

 

それがこちらです。

 

 

ロータスコート

 

レンズの表面に加工されるコート(膜)です。

以前、当店スタッフが工場見学に行かせていただいた、

伊藤光学工業株式会社が開発されたレンズコートです。

子ども用メガネにご提案しているレンズは、

このロータスコートが追加料金なしの標準仕様となっています。

 

 

ブログでも何度かご紹介しましたが、

当店で今年から取扱いを始めた偏光レンズ、ARTS (アーツ)。

このレンズを製造しているのも伊藤光学です。

ARTS (アーツ)でもオプションでロータスコートを付けることができ、

水をはじいてくれるので魚釣りをするときなどに重宝します。

 

このロータスコート、水をはじくだけでなく、

表面がツルツルで、とても軽い力で汚れを拭き取ることができます

レンズを洗うたびにゴシゴシと力を入れてこすらなくてよいので、

結果的にキズが付きにくくなるというわけです。

試しに僕もロータスコート付のレンズでメガネを作ってみましたが、

明らかにレンズを拭いた時の感触が違います。

 

 

とはいえ、やはりプラスチックレンズなのでキズは付きます。

(拭く時の力や拭く回数を抑えて、キズを付きにくくするという考え方です。)

日常でのメガネの取扱い方、レンズの拭き方がとても重要になります。

子ども用メガネをお買い上げいただいた親御さんには、

ちょっと鬱陶しいくらい(?)念入りにご説明をさせてもらっています。

 

子育てで忙しい親御さんにとって、

子どものメガネを毎日きれいにしてあげたり、

丁寧に扱うように言い続けることは面倒なことかもしれませんが、

メガネを通して「物(道具)を大切に扱う」ことを教える良い機会になる、

そんな風に考えてみてもらえたらなと思っております。

 

 

汚れが拭き取りやすいレンズ+正しいレンズの拭き方の実践

 

メガネは買ったら終わりではありません。

毎日使うものだからこそ、

お買い上げ後もメガネを快適にお使いいただけるように、

色々考えて販売させていただいております。

 

 

 

メガネグッズの隠れた逸品

2019.09.15

 

スタッフ長尾です。

メガネに関連した商品が数々ある中で(メガネケースやクリーな等々)

実はこれ人気なんです!的なグッズがあります。

 

それがこのスマホも置けちゃうスタンドケース。

次々と飛ぶように売れるわけではありませんが、

気が付けばいつの間にか売り切れ!ということが度々。

 

メガネといっしょにスマホも置けるので

メガネ、どこ行った?スマホどこに置いたっけ?

という探し物の時間が減らせますね。

 

現在こちらの紺色(ネイビー)がございます。

素材は合成皮革ですが

少し暗めのこの色は重厚感と高級感があるので

書斎などの場所にもピッタリではないでしょうか。

(カラーマジックはファッションだけではありませんよ(*^。^*))

 

しっかりした作りなので、

miniサイズのタブレット端末でも問題なく置けるそうです。(スタッフ談)

ちょっとしたプレゼントにもいいですね。

 

消費税込お値段1,300円です。

消費税率がUPする10月からは値段も少しUPします。

気になった方はお早目にどうぞ\(^o^)/

アキットの人気モデルが再入荷しております

2019.09.14

スタッフ今堀です。

 

女性のお客様に大人気のAKITTO (アキット)の眼鏡フレーム。

年4回新作が発表されることになっており、

夏に2019年の3rdモデルが発表されました。

 

先月、デザイナーさんから新作のフレームを送ってもらい、

スタッフでどれを仕入れるかチェックしました。

アキットに限らず、どのブランドでもそうなのですが、

新作ならとにかく何でも仕入れるというわけではなく、

当店に来られるお客様に受け入れられるかなども考えて、

どの商品を仕入れるかを決めております。

(お店の地域性や顧客の年齢層も違うので、

その辺りのことも考えながら自店に必要な商品を選んでいます。)

 

そういう事情もあり、今回の新作は仕入れを見送ることにし、

そのかわりに人気があったモデルが再生産されていたので、

そちらを仕入れることにしました。

 

sal

サイズ:4918

カラー:SB(左) WN(右)

48,100円(税込 ※8%)

 

 

scallops(=ホタテガイ)がデザインモチーフのテンプル(ウデ)。

フロント(前枠)とは違った明るいカラーで、

横顔がとっても素敵に見えます。

写真はかなりアップで撮っているので柄が目立ちますが、

実際にメガネを掛けて、少し離れて見ると印象が変わります。

 

デザイナーさんいはく、

アキットのメガネフレームは、メガネが主張するのではなく、

少し離れたところから見た時に、

「ああ、何か素敵なメガネで、とてもよく似合っているな」

という印象を相手にもってもらえて、

近づいてじっくりとメガネを見てみると、

「こんなにお洒落で凝ったデザインだったんだ」と、

その時に初めてメガネが表に出てくるような、

そんなデザインを心掛けているとのことです。

 

ブログなどではどうしてもアップで撮影しているので、

(特徴を分かりやすく伝えなければならないので)

目立ちそうなメガネに思えるかもしれませんが、

実際に掛けて少し離れて見てみると、全然そんなことはありません。

お店に来られた際は、手に取って見るだけでなく、

試着して、少し離れたところから鏡に映った姿をご覧になってみて下さい。

 

こちらのsalは、昨年発売されたモデルなのですが、

当店では初回入荷後にすぐに売れてしまい、

リピート注文した分も今年に入ってまた売れてしまいました。

なので、新作よりもこちらを優先して仕入れることにしました。

 

 

ただし、前回入荷分とカラーだけは変えております。

前回はマット(艶なし)カラーでしたが、

今回は艶ありのカラーをチョイスしてみました。

光沢感があるとまた違った印象になります。

(上の写真の茶色のフレームは過去入荷分。今は在庫がございません。)

 

 

アクセサリーのように女性らしさを引き立てるメガネフレーム。

大人の女性にぴったりの眼鏡です。

アキットに関しては、売れてなくなってしまうことも多いので、

気に入ったモデルやカラーがある場合は、

ぜひ、早めにチェックして下さいね。

 

 

ラフォンの新作フレーム、入荷しております

2019.09.13

スタッフ今堀です。

 

フランスの眼鏡ブランド、

lafont.(ラフォン)の新作が入荷しております。

 

EXTRA

サイズ:47□20

カラー:1063

30,200円(税込 8%)

 

 

最近のトレンドを取り入れながらも、

ラフォンらしさもしっかり感じられるフレームです。

ゴールドのフレームに、レンズの前側だけがブラックカラー。

温かみのあるゴールドが顔全体を明るく見せ、

正面のブラックがキリッと引き締めてくれます

 

カラー:7142

 

こちらのカラーは、パープルのフレームに前側のみゴールド。

同じフレームでもカラーによって印象が変わるので、

ぜひ、先ほどのカラーと掛け比べてみて下さい。

 

 

ラフォンのフレームというと、

デザインが個性的で、大胆なカラーリングのものが多いので、

メガネを掛け慣れられていない方にしてみると、

なかなか手に取りにくいフレームですが、

このモデルは結構掛けやすいのではないかなと思います。

お店で見つけたらぜひチャレンジしてみて下さい。

 

こちらのモデルは、ラフォンのISSY &LAシリーズと言って、

通常のレディースラインよりもシンプルなデザインで、

お値段も少しお手頃価格となっております。

 

 

丸ではなく、オクタゴン(8角形)シェイプ。

個性的な形に思えるかもしれませんが、

掛けてみると、「いいかも!」と思える玉型なので、

ぜひ、試着してみて下さい。

 

 

細身でシンプルなテンプル(ウデ)が好きという方にも、

おすすめのフレームですね。

「今までとはちょっと雰囲気を変えてみたいけど、

あんまり大胆すぎるデザインはちょっと抵抗がある・・・」

そんな方にぜひ試してみていただきたい一本です。

 

こちらのフレームは海外のフレームなので、

入荷時はかなり鼻パッドの間隔が広かったのですが、

試着した際にメガネが下がらないように、

あらかじめ鼻パッド部分の金属を調整しています。

ぜひ、お店で試着してみて下さい。