トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

歩 (AYUMI)の新作を見に行って来ました

2019.04.19

スタッフ今堀です。

 

先週、眼鏡の展示会(新作発表会)のために東京に行って来ましたが、

昨日は大阪で開催された展示会にスタッフ長尾と行って来ました。

 

こちらが会場です。

 

東京に比べると規模が少し小さくなりますが、

国内外のいろんな眼鏡ブランドが集まって新作フレームを発表していました。

 

今回の展示会の目的は、スタッフ長尾も愛用している眼鏡ブランド、

 

歩 (AYUMI)です!

 

先週僕が行った東京の展示会にも出展されていたのですが、

大阪の方がゆっくりいろんなお話が出来るので、

最近では大阪の展示会の方に行かせてもらっています。

今回も新作を見せていただきながら、

社長ご夫妻とスタッフ長尾と4人で色々おしゃべりしてきました。

 

 

今回の新作は、歩Lシリーズの人気モデルの大き目サイズ。

こちらが完成し、入荷してくるのは秋になります。

その代わりと言っては何ですが、

昨年の秋に発表された新しいモデルが間もなく完成するとのこと。

入荷したらまたご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

愛される定番フレーム。シルエット編

2019.04.17

スタッフ今堀です。

 

先日読んだ本の中に、

「良い商品とは量が売れるものだ」という言葉がありました。

販売する側は質を上げれば売れると考えがちだけれど、

(お客さんが求める)質は人によって全然違うので、

質にこだわり過ぎるのではなく、

量に目を向けた方が良いというような内容でした。

 

流行や宣伝などで一時的にはたくさん売れていても、

しばらく経つと消費者に飽きられてしまって、

その後はさっぱり売れなくなってしまう商品もありますが、

長く売れ続け、そして多くの人に支持されている商品というのは、

やはり良い商品と言えるのではないかなと思います。

 

メガネのフレームにもそういう愛され続ける定番モデルが存在します。

今日ご紹介するのは、

当店で取り扱ってい眼鏡ブランドの一つ、

オーストリアのシルエットの定番フレームです。

 

Titan Minimal Art Pulse (パルス)

Mod.5489 54□16

カラー:6055

49,700(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 55,100円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 64,700円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

「シルエットといえばこのフレーム」。

それくらい有名なモデルがTMA(チタンミニマルアート)です。

フレームにネジや蝶番を一切使用せず、

わずか1.8gという驚異の軽さを実現したシルエットを代表するモデルです。

NASAのスペースシャトルのミッションの際に着用されたこともあるフレームです。

現在はTMA The Must Collectionという名前になっております。

 

最初にご紹介したTMA pulseは、

The Must CollectionのNEWモデルになりますが、

(すみません、色々名前がややこしくて・・・)

カラーが違うくらいでThe Must Collectionとほとんど同じフレームです。

 

眼鏡フレームとしては結構高額なフレームかと思いますが、

それでもダントツで売れ続けている超人気モデルです。

当店でもこのフレームをずっと愛用されておられるお客様が大勢おられます。

毎年NEWモデルがたくさん発売されているのですが、

それでもTMAが売れなくなることはないそうです。

 

もう一つ、シルエットの定番モデルをご紹介します。

 

TMA Icon (アイコン)

Mod.4516 49□16

カラー:6059

38,900円(税込)

 

TMA(チタンミニマルアート)シリーズの一つで、

The Must Collectionとよく似たTMA Iconというモデルもあります。

当店で最も売れているのはこのTMA Iconです。

 

使用している素材などもほとんど同じなのですが、

Iconの方が価格がだいぶお安くてお得な商品になっております。

The Must Collectionが欲しいけれど、

さすがにフレームだけに5万円はちょっと・・・

という方がよく選ばれています。

ただ、近々仕様変更され、価格がMust Collectionと同等になるようです。

 

 

Titan Minimal Art PulseTMA Icon

この2つのモデルの違いは、テンプル(ウデ)の形状が若干違うのと、

 

 

耳に掛かるプラスチックの部分(先セル)の形状が少し違うくらいです。

じっくり見ないとなかなか違いが分からないと思います。

 

シンプルなデザインが好きな方や、

軽いメガネフレームが欲しいという方にはおすすめのフレームです。

世界中で愛用者がいるシルエットの定番フレーム、

掛けたことがないという方もぜひ一度お試しになってみて下さい。

 

今回はシルエットの定番モデルをご紹介させていただきましたが、

他のブランドにも定番モデルと呼べる人気モデルがたくさんありますので、

今後もご紹介していきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ桜もおわり 紫外線対策をお忘れなく

2019.04.16

 

スタッフ長尾です。

桜が散り始めてやっと春らしく暖かくなりましたね。

(朝はまだ寒いですが・・・)

 

毎年この時期ななると決意することがあります。

それは、「今年こそは日に焼けない!!」ことです。(毎年してるってことです・・・)

顔は結構しっかりガードしてますが、

気が付くと腕や首が赤く痒くなっています。

うっかり日焼けというのをしているのです。

特に4月・5月はうっかり日焼け要注意です。

 

今年は十連休という夢のようなゴールデンウィークが待っていますよね。

お出かけを計画されている方も多いと思います。

紫外線の量は夏に匹敵するくらい強くなってきているので

日焼け予防、対策はしっかり行ってくださいね。

(顔の側面も忘れがちな部位らしいです。確かにシミが気になります。)

 

でも、目の紫外線予防はメガネを掛ければ大丈夫です!

無色透明でもメガネレンズは紫外線カット標準装備です。

 

 

目を紫外線、まぶしさから守るものといえばサングラス。

お洒落でかっこいいモデルがたくさんありますが、

レンズに度数が必要な方にすると、

屋内・屋外でサングラスとメガネを掛けかえるのは

面倒ということがあると思います。

 

そんなお悩みを解決するレンズが調光レンズ。

紫外線量の変化に応じてレンズの色が変化します。

 

     

 

室内では透明レンズでメガネ。

屋外ではサングラスに早変わりです。

 

 

特に右側のサンテックミスティは日常使いしたい女性に人気です。

紫外線量が多くなっても極端に濃い色に変化しないからです。

カラーもグレイ、ブルー、ピンク(ロゼ)、パープルと4色から選べます。

 

お洒落に実用性も備えたサンテックミスティ。

これからの季節に是非使ってみてください。

単焦点(遠く用)レンズから遠近両用レンズにも対応しています。

伊藤光学から偏光レンズのNEWブランド、RARTS(アーツ)が新発売

2019.04.15

スタッフ今堀です。

 

偏光レンズといえば、TALEX (タレックス)が有名ですが、

(当店はTALEXのレンズは取り扱っておりません。)

それに負けないくらい高性能な偏光レンズが発売されました。

 

RARTS (アーツ)

 

作っているのは伊藤光学工業株式会社という会社です。

レンズのコーティング加工技術に定評のあるレンズメーカーで、

当店でも一部のレンズに伊藤光学のレンズを使用しております。

 

 

偏光レンズはフィッシング(釣り)で利用されることが多いレンズですが、

RARTS (アーツ)もフィッシング用のレンズが充実しています。

バスフィッシング、渓流釣り、海釣り、

それぞれの目的に合わせたカラーが用意されています。

12種類のカラーの中から目的に合わせてレンズが選ぶことができます。

 

 

もちろん、フィッシングだけではなく、

ドライブ、アウトドア、サイクリングなどでもお使いいただけます。

僕も普段使いのサングラスを作ってみようかなと秘かに考えております(笑)

 

 

RARTS (アーツ)を作っている伊藤光学は愛知県蒲郡市にあります。

レンズの基材から自社工場で作っていて、正真正銘のmade in Japanです。

実は、数年前にスタッフ長尾と二人で工場見学に行かせてもらったことがあります。

その時は朝から夕方近くまでレンズの製造工程を見させていただきました。

 

偏光レンズを実際に作られている様子も見させてもらいました。

偏光レンズはレンズの中に薄い膜を挟みこんで作るのですが、

その作業を一枚一枚手作業でされていました。

「こんなに手間のかかるレンズだったんだあ」と、

その時に思ったのをよく覚えています。

 

RARTS (アーツ)は既に発売が開始されているのですが、

お客様に見ていただくカラーサンプルがまだ出来上がっていないので、

それが入荷次第またご紹介したいと思っております。

本日のブログでご紹介しているパンフレットは店頭にございますので、

興味のある方はスタッフまで声をおかけ下さい。

 

 

 

パーソナルカラーでフレーム選び ベーシックカラーをグループ分けしてみました

2019.04.14

 

フレーム選びをパーソナルカラーでお手伝いさせて頂いてます。

スタッフ長尾です。

 

先日から色の持つ特性を紹介して来ましたが、

今日はフォーシーズン(四季)で類法された似合う色のグループを紹介いたします。

といっても赤や青などの色では現実味がないかと思うので、

ブラウン・グレーなど、ジャケットやスーツなどの基本となるカラーで紹介します。

 

 

ベージュ、ブラウン、グレー、紺、紫、白を

四季に例えたグループに分けしました。

 

グループ春                        グループ秋

 

 

グループ冬                        グループ夏

 

上ふたつのグループがイエローベース(黄みに寄った)のグループ、

下ふたつのグループがブルーベース(青みに寄った)のグループです。

 

一色ずつ別々では区別がし難いですがこうやってグループにすると

黄味っぽいな、青っぽいなというのが分かりやすいかと思います。

 

グレーのジャケット(スーツ)

一口にグレーといっても色々なグレーあるわけですから

あなたにはあなたに似合うグレーがあります。

(自分はグレーが似合わない!と思っていることあるかもしれません。)

似合う色を探し出していくのがパーソナルカラー診断です。

 

当店ではフレーム選びのお手伝いとして

パーソナルカラー診断のサービスも行っております。

 

メガネを作ろうと思っている方で、

フレームのカラーでお悩みの方や、

パーソナルカラー診断にご興味のある方はぜひ、ご活用ください。

わたくし、スタッフ長尾が担当させて頂きます。

 

スタッフ長尾が不在の場合もありますので、

事前にお電話にてご予約をお願い致します。

 


パーソナルカラー診断は、

当店にて4万円以上のメガネをお買い上げいただけるお客様

に限定させていただいています。

*パーソナルカラー診断のみのサービスは行っていません。

 

東京で開催されていた新作発表会に行って来ました

2019.04.13

スタッフ今堀です。

 

今週は東京で眼鏡の展示会(新作発表会)が開催されています。

当店で取り扱っている眼鏡ブランドも新作を発表するので、

仕入れのために東京まで行って来ました。

 

spec ēspace (スペックエス)

 

スタッフ2名で行くことが多いですが、今回は一人旅です。

日帰りで、時間も限られていたので、

今回は東京でしか見られないブランドのみを見て来ました。

チェーンやケースなどの仕入れはいつもはスタッフ長尾に任せているのですが、

今回は僕一人だったので自分で見て仕入れて来ました。

 

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)

 

渋谷、白金台、青山、代官山(ここは自分の用事)と移動の多い一日で、

今回もほんとによく歩きました(笑)

予約したフレームが入荷してくるのは5月の後半位からになると思います。

入荷したらまたブログでご紹介したいと思います。

 

パーソナルカラーでフレーム選び 3

2019.04.12

 

スタッフ長尾です。

パーソナルカラーでフレーム選び。

今日は濁色清色の特性についてお話します。

 

色には純色という色があります。

プリンターのインクの色でおなじみの

イエローマゼンタシアン色料の三原色

このうちの2種類を混ぜ合わせてできた色を純色と言います。

 

その内の代表的な色を環状につなげたのが色相環で

こんな図をご覧になったことがあるかと思います。

 

 

この12色の間には無数の純色がグラデーション状に連なって存在します。

 

この純色にグレーを混ぜた色を濁色

 

 

白、黒を混ぜた色を清色と言います。

 

グレーの混ざった濁色は透明感がないので、

あいまいな感じになりますが柔らかな印象に。

 

白・黒が混ざると色味が明るくなったり、暗くなったりはしますが

透明感のある澄んだ印象になります。

黒が混ざると硬質感、高級感が出ます

 

透明感のない濁色は輪郭をぼかす効果があるので

顔色がソフトで滑らかに感じ、肌の肌理がととのって見えます。

 

透明感のある澄んだ清色は輪郭をクリアにします。

顔色をはっきり見せ、顔にツヤ出す効果もあります。

 

ただこれがマイナスに働くと、

あいまいな濁色では、血色が悪く弱々しい印象になります。

(先日のブルーベースがマイナスに働いた時の効果に似ています。)

 

クリアな清色では顔色をはっきりさせ過ぎ

凹凸がなく平面的な顔になってしまう可能性があります。

 

あの服を着ると何故か「元気がないね、具合でも悪い?」と言われることがある。

なんてことはありませんか?

もしかしたら色の効果がマイナスに働いているのかもしれませんね。

 

色の特性が分かると、メイクにも服選びにも迷いが減らせます。

フレーム選びにもパーソナルカラーご利用くださいね。

 

 

 

パーソナルカラー診断を希望されるお客様は、

必ず事前にお電話にてご予約をお願いします。

(担当:長尾までお願い致します。)

お電話で日程を調整させていただきます。


パーソナルカラー診断は、

当店にて4万円以上のメガネをお買い上げいただけるお客様

に限定させていただいています。

*パーソナルカラー診断のみのサービスは行っていません。

スタッフ今堀の視機能チェックのための7つ道具①

2019.04.10

スタッフ今堀です。

 

お店でメガネを作る際には、

お客様の視力や度数を測定するのですが、

それ以外にもいろんな目の機能(視機能)をチェックすることがあります。

その時に僕が使っている道具をご紹介したいと思います。

本日ご紹介するのはこちらの道具です。

 

 

一般の方はまず見たことがない道具だと思います。

棒の先に穴が4つ付いていて、穴の中にはレンズが入っております。

 

 

レンズの度数は同じなのですが(上の写真では2.00D)、

棒を軸にして片側にはプラスのレンズが入っており、

反対側にはマイナスのレンズが入っています。

上の写真では、上側2つがマイナスレンズで、下側2つがプラスレンズです。

棒を持ってくるっとひっくり返すことで、プラスとマイナスが反対になります。

 

ちなみにですが、こちらの器具は米国製です。

アメリカにはこういう専門的な器具を販売している会社があって、

そこの通販サイトを使って購入したものです。

 

どんな風に使うかと言いますと、

これを目に当てて手元用の小さい視標を見ていただきます。

 

 

次に、ひっくり返して反対のレンズで見てもらいます。

一瞬ぼやけるのですが、しばらくするとピントが合います。

これを繰り返して時間内で何回ピント合わせができるかをチェックします。

(このテストはメガネを作りに来られた方全員にやるわけではなく、

度数測定をしていてちょっと気になった方にだけ行っております。)

 

 

 

目の中には水晶体という組織があります。

近くを見る時にはこの水晶体の厚みが変化し、

目の屈折力が増すことでピントを合わせることができます。

これを「調節」といいます。

見たい物との距離によってどれくらい調節を入れたら良いかを脳が判断し、

自動的にピントを合わせてくれています。

カメラでいうところのオートフォーカス機能ですね。

 

先ほどの検査器具を使ってプラスとマイナスのレンズで交互に見せると、

ピントを合わせるために調節を入れたり緩めたりという反応が起こります。

この検査をすることによって、

目のピント合わせがスムーズにできているかを調べることができますし、

どちらかのレンズに対する反応が悪い場合には、

調節を入れる方か緩める方、どちかに問題が起こっていることが分かります。

 

10代や20代の若い人であれば、調節を入れる力が十分にあります。

本来ならスムーズに調節を入れたり緩めたりすることができます。

(それが次第に出来なくなっていくのがいわゆる老眼です。)

ところが、近くを見る時間が多い方の中には、

調節をうまく緩めることができないという方もおられます。

そういう方にはトレーニング目的でこの検査を行ってもらうこともあります。

 

ちなみに、僕が眼鏡学校の学生時代にこの検査をやった時には、

どちらのレンズにも問題なく反応できていたのですが、

先日やってみたら、マイナスレンズでピントを合わせるのが大変でした。

調節がなかなか入れられないということなのですが、

(要するに調節を入れる力が衰えて来ているということです)

だんだんと老視(いわゆる老眼)になってきているようです。

それを自覚するにも良い検査です(笑)

 

タイトルは7つ道具になっておりますが、

あらためて書き出してみたら、6つしか出て来ませんでした(笑)

もしかすると、6つ道具になるかもしれませんが、

また順番にご紹介したいと思います。

 

スポーツにも、デスクワークにも エスパスのメガネ

2019.04.09

 

スタッフ長尾です。

昨日のブログでスペックエスパスの紹介がありました。

私も現在使っているので、使い勝手など書いてみようと思います。

 

私が使っているのはこちらのメガネです。(作って4年ほどたちました)

ES‐7048

カラー:99P

初期のモデルでフレームの内側がが薄いピンクです。

自転車に乗る時用として、遠近両用レンズに薄い色を入れて使っています。

 

前枠は樹脂素材でちょっと柔らか目。

万が一自転車で転んでも怪我が少ないかなぁと選びました。

 

このサングラス風にしたエスパスのメガネは

多少のでこぼこ道やちょっときつめの下り坂などでもずれることなく快適で

よく信楽方面や近江八幡のラコリーナに行ってました。

(美味しいものを食べるためです(*^。^*))

 

ずれ難い秘密はテンプルにラバー(ゴム)を使っていることと

 

 

頭を包み込むようなテンプル(ウデ)のカーブにあります。

 

テンプルのカーブが頭のカーブに沿うため、

接地面が大きく摩擦力が働きずれ難いのです。

それに先端まで、スーと真直ぐなので

ヘルメットを被っていても掛け外しがスムーズなのも便利なところです。

 

ずれ難いので、下を向くことが多いデスクワーク用としてもオススメです。

すっきりシャープなものから、小ぶりで可愛いものまで色々なデザインの物があります。

 

 

とても使い勝手のいいメガネで

作った当初はスポーツ自転車で使っていましたが、

ボレーのくり抜きサングラスを使うようになってからは通勤用で使っています

(ラコリーナに行っていた、と過去形なのです。)

1号線も結構路面がボコボコしていますが、ちゃんと顔にのっかています。

 

ほかにもスペックエスパスについて気になることなど有りましたら

お気軽にお尋ねくださいね\(^o^)/

 

 

 

 

万が一転んでも大丈夫と思って作ったエスパスのメガネ。

実際派手に転んでしまいました。

フレーム右側に擦り傷が付きましたが、

レンズは(顔も^_^;)無事でした。

女性にもぜひ掛けてみて欲しいメガネフレームです

2019.04.08

スタッフ今堀です。

 

毎週月曜日は仕事の前に駅前のマクドナルドで一人会議をしています。

(ブログの内容も大体その時に1週間分まとめて考えています。)

今朝もマクドナルドに行って2階の席に座っていたのですが、

ふと窓から外を見下ろすと、たまたまそこに当店のお客様が見えました。

 

掛けておられたメガネはこちらのフレームの色違いでした。

 

spec ēspace (スペックエスパス)

モデル:ES-7090

サイズ:52□17

カラー: 02 brown-gray sasa (写真のカラーです)

43,200円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 48,600円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 58,200円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

お店ではそこまで離れて見ることがないのですが、

あらためて遠くからお客様が掛けておられるのを見ると、

すごくカッコ良くて素敵でした。

サイドに空間ができるユニークなデザインのフレームですが、

顔に立体感が生まれ、特に日本人の顔にはよく合うのだと思います。

 

(画像はスペックエスパスのウェブサイトより)

スペックエスパスについてもっと知りたい方はブランドのウェブサイトもどうぞ!

 

当店ではどちかというと男性のお客様に人気があるブランドですが、

今朝のお客様が掛けておられる姿を見ていて、

女性のお客様にももっと掛けて欲しいなと思いました。

 

世間的にはクラシックなデザインのメガネが大流行していますので、

そういうフレームを選ばれる女性が多いかとは思いますが、

流行っているものや人と同じものは嫌だという方や、

自分に本当に似合うメガネを掛けたいと思われる方には、

ぜひ、おすすめしたい眼鏡ブランドです。

 

 

以前は、男女どちらでも掛けられるような少し大きめサイズが多かったのですが、

最近は小顔の女性でも掛けられる小さめサイズのフレームも発売されています。

また、デザインだけではなく、すごく軽くて掛けやすいフレームです。

ぜひ、店頭でお試しになってみてください。

僕もスタッフ長尾もプライベートで使用していますので、

使い勝手など気になることがあれば何でもお尋ね下さい。