トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

度数の強い女性にもおすすめ、TAYLOR WITH RESPECTの新作入荷しました

2019.07.20

スタッフ今堀です。

 

4月に東京の青山で開催された展示会(新作発表会)で、

予約していたTAYLOR WITH RESPECTの新作が入荷しました。

(テイラーウィズリスペクトと読みます)

 

dig (ディグ)

サイズ:45□21-144

カラー:02

38,900円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 44,300円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 53,900円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

正面から見ると、最近よくあるクラシックデザインのフレームで、

小ぶりの丸っこいメガネ(丸ではありませんが)に見えますが、

横から見るとリム(レンズが入るフチのこと)がかなり厚め。

度数が強いとレンズが厚くなりますが、その厚みを隠すことができます。

 

リムの表面をよく見ると溝があるのですが、

それがレコードの溝のように見えることからDigという名前を付けたそうです。

(アナログレコードを探す行為を「Dig(=掘る)」と形容するそうで、

DJやレコードコレクターの間で使われる言葉らしいです。)

 

 

TAYLOR WITH RESPECTではおなじみのテンプル(ウデ)

顔の前側から側頭部につれてテンプルが広がるようにデザインされています。

日本人の頭は横側の幅が広いことが多く、

まっすぐなテンプルだとこめかみ当たりにくい込んでしまうからです。

 

カラー:04

 

男性のお客様にご購入いただくことが多いTAYLORですが、

このdigというモデルは、小ぶりのフレームなので女性にもおすすめです。

フレームのカラーも女性に人気がありそうなカラーを仕入れてみました。

こちらはワインレッドのグラデーションカラーです。

 

 

正面から見るとリムの太さは全くわかりません。

やわらかいボストン型のレンズシェイプ。

リムの正面はデミ柄です。

 

 

横から見た時にはリムの厚さが分かりますが、

リムに掘られた溝によってとってもおしゃれに見えます。

 

一般のメンズフレームではサイズが大きすぎるという小顔の男性や、

度数が強くてレンズの厚みが気になる女性におすすめのフレームです。

ぜひ、店頭でお試し下さい。

ブランドはなくなってしまいましたが、ご安心下さい

2019.07.19

スタッフ今堀です。

 

当店で女性のお客様に大人気の眼鏡ブランド、

MUGUET (ミュウゲ)

当店で取り扱っているレディースフレームの中では、

売上本数1,2を争うほどの人気ブランドです。

 

 

大人の女性をターゲットに、リッチ感とかわいらしさをミックスさせた、

上品で繊細なデザインのフレーム。

派手ではないのだけれど、さりげない部分にはしっかり凝っていて、

当店の女性のお客様のハートを鷲掴みしたブランドです。

 

当店のお客様には、MUGUETのようなフレームが好きな方が多く、

「派手なメガネは嫌だけど、さりげなくお洒落なメガネが欲しい。」

そんなお声をいただくことが多かったため、

色々苦労してやっと見つけたブランドでもありました。

 

ただ、非常に残念なことに、ブランドが終了してしまうことになりました

(メーカーさんから連絡があった時は、かなりショックでした。)

ホームページのNEWS(お知らせ)にも告知しておりますが、

ブランドの取り扱いを終了することになりました。

 

メーカーさんにはMUGUETの他にも、

BCPC (ベセペセ)という超人気レディースブランドがあり、

こちらの方は取り扱う販売店も多く、雑誌などにも掲載されています。

なので、BCPCに力を入れていく方針になったようです。

(商売である以上、売れている方に力を入れていくのは、

ある意味で仕方がないことではあります。)

 

BCPCMUGUETに比べると少し若者向けのデザインで、

当店が求めているのとはちょっと違うなという感じだったのですが、

この度、BCPC emu (エム)というシリーズが加わり、

こちらはMUGUETの雰囲気にけっこう近い感じで、

大人の女性向けのデザインとなっています。

(ブランドは違いますが、デザイナーさんは同じです)

 

 

MUGUETに比べると少しシンプルな印象も受けますが、

大人の女性が安心して掛けられる無理のないデザインです。

きっと気に入っていただけるのではないかなと思っています。

既に商品も入荷していますので、またブログでご紹介したいと思います。

 

7月22日(月)は、店内のエアコン取り換え作業のため、

臨時休業させていただきます。

臨時休業のお知らせ

2019.07.19

平素よりメガネのイマホリをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

現在、店内のエアコンが故障により停止しております。

暑い中お越しいただいたお客様には、大変なご不便をおかけしてしまい、

本当に申し訳ございません。

エアコンの入れ替え工事が決まり、

7月22日(月)に作業をしてもらうことになりました。

そのため、7月22日(月)は臨時休業とさせていただきます

なるべく定休日の作業を考えておりましたが、

来週以降また暑くなってくる予報も出ており、

可能な限り早急にエアコンを使えるようにした方がよいと考え、

臨時休業にさせていただくことにしました。

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

ブランドの取扱い終了のお知らせと新規取り扱いブランドのご紹介

2019.07.17

日頃よりメガネのイマホリをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

当店で取り扱っておりましたMUGUET (ミュウゲ)ですが、

残念ながらブランドが終了することになりました。

それに伴い当店での取扱いも在庫分がなくなり次第終了させていただきます。

アフターケアやメンテナンスにつきましては、

できる限り対応させていただきますのでご安心ください。

ご愛顧いただいた皆様には、ご迷惑をおかけします事を心よりお詫び申し上げます。

 

MUGUET (ミュウゲ)の取り扱い終了に伴い、

新たにBCPC (ベセペセ)の取り扱いをスタートしました。

今年の春に新たにラインナップに加わったBCPC emuシリーズは、

大人の女性にぴったりの眼鏡フレームです。

MUGUET (ミュウゲ)のデザインが好きだったという方にも、

きっと気に入っていただける眼鏡フレームだと思います。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

 

軒下ガーデン キク科の花だけが枯れてしまいました

2019.07.17

 

スタッフ長尾です。

今日は久しぶりに軒下ガーデンのお話です。

お時間ありましたらお付き合いくださいませ。

 

 

5月に夏仕様に植え替えを行ったのですが、

何故かキク科の花だけが次々と枯れ(腐っ)て行くのです。

それも、じわじわと・・・・。

 

ピンクや黄色のジニア(百日草)は

花色が徐々に白っぽくなり、葉っぱが茶色くなりドライフラワー状態に。

左端の小さな黄色い花は、枯れはしませんでしたが全く咲かなくなりました。

 

枝分かれタイプのミニひまわりは2番目3番目のが花が咲かず。

 

種まきしたひまわりも本葉が5,6枚まで育ったところで枯れました(T_T)

 

培養土は新しいものを使ったし、

水もやりすぎないよう注意したのに

何がいけなかったのか?

 

ペチュニアや赤い千日紅はしっかり育ってるし

キク科と相性が悪い土なのかなぁ?

なんてことも思いましたが、

再度植え替えを実行!

 

植木鉢の土はそのまま使うので

キク科の花は避けて、苗を購入しました。

インパチェンスやらニチニチソウ、今のところ元気に育っています。

 

キク科は避けたつもりでしたが、薄紫色のアゲラタム

ネームプレートをしっかり読んだらキク科でした!!

 

でも順調に花を咲かせています。

ますます枯れた原因が分からなくなりました。

【お詫び】店内エアコンの故障について

2019.07.16

スタッフ今堀です。

 

現在、店内のエアコンが故障により停止しております。

暑い中お越しいただいたお客様には、大変なご不便をおかけしてしまい、

本当に申し訳ございません。

エアコンの入れ替えを予定しておりますが、

業者と日程を調整中で、現時点ではいつになるか分かっておりません。

店内とても暑いですが、通常どおり営業はしております。

工事の日程によっては臨時休業させていただくこともあるかもしれませんが、

その場合はまた当店のホームページでご連絡致します。

【お詫び】店内エアコンの故障について

2019.07.16

スタッフ今堀です。

 

現在、店内のエアコンが故障により停止しております。

暑い中お越しいただいたお客様には、大変なご不便をおかけしてしまい、

本当に申し訳ございません。

エアコンの入れ替えを予定しておりますが、

業者と日程を調整中で、現時点ではいつになるか分かっておりません。

店内とても暑いですが、通常どおり営業はしております。

工事の日程によっては臨時休業させていただくこともあるかもしれませんが、

その場合はまた当店のホームページでご連絡致します。

 

 

コンタクトをやめてメガネに。そんな女性のお客様が増えています

2019.07.15

スタッフ今堀です。

 

以前は「メガネを掛けたくない」という女性の方が多くて、

お店にメガネを作りに来られても、

“内心は嫌々”という方が多かったのですが、

最近はそうでもなくなってきました。

楽しそうにフレームを選ばれる女性のお客様が多いです。

 

「メガネなんて嫌。絶対コンタクト(レンズ)!」

という女性がかつては多かったのですが、

最近は「コンタクトをやめてメガネにしたいんです」

という女性のお客様がよくご相談に来られます。

老眼をきっかけにそう思われる方が多いようで、

40~50代の女性のお客様からの相談が増えております。

非常に嬉しいですね。

 

 

先日も、「コンタクトをやめてメガネにしたい」というお客様が来られ、

「今の自分に合ったメガネ」を作っていただきました。

 

 

10代や20代の若い人であれば、

流行のフレームを掛けていればそれなりにさまになりますが、

老眼が始まる大人の女性の場合はそうもいきません。

服でもそうだと思いますが、

齢を重ねた今の自分に合ったメガネ選びが重要になります。

 

雑誌などでよく見かけるようなメガネも、

全ての人に似合うわけではありませんし、

(プロのモデルさんが掛けるから素敵に見える?)

一人ひとり顔の形、目や鼻のパーツの大きさだって違うので、

自分に似合うメガネを見つけることが大事だと僕は思います。

 

 

本格的に老眼の症状が現れる年齢になると、

どうしても若い頃に比べて肌にツヤがなくなり、くすみが出てきます。

顔色を明るく見せたり、表情を引き締めるようなカラー選びも、

老眼世代と若い世代とのメガネ選びの大きな違いの一つです。

カラフルな色や目立つ色は敬遠される方も多いですが、

自分に似合う色を少しだけ、たとえばフレームの一部分だけとかに、

ちょっと取り入れることでお顔がパッと明るく見えたりすることもあります。

 

 

 

流行のデザインにこだわるのではなく、

老眼世代の女性のお客様に魅力的だなと感じてもらえる、

そんな眼鏡フレームを取扱い、ご提案させていただいています。

もちろん、自分たちの思いやこだわりもありますが、

接客させていただく中でのお客様の反応や意見を大切にしながら、

メガネ選びのお手伝いをさせていただいております。

 

「今まではずっとコンタクトにこだわってきたけど、

これからはメガネにしてみようかな・・・」

「コンタクトをやめてメガネにしたいんだけど、

どんな風にメガネを選んだら良いのかわからない・・・」

 

そんな風にお考えの方がおられましたら気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

お客様のメガネの紹介 サポートレンズで大人メガネ

2019.07.14

 

スタッフ長尾です。

本日はお客様のメガネ紹介です。

 

 

 

選んでい頂いたフレームはAKITTO(アキット)です。

rad(ラッド) サイズ:51

 

前枠の両サイドが少しつんっと上がっているので

かっちりとしてちょっとキツイ感じになってしまうのではないか?

と心配されましたがそこは心配ご無用。

優しく可愛いらしい印象そのままに、

お顔のリフトアップ効果もあるフレームです。

 

フレームカラーのイエローベースのブラウンが

相乗効果で顔色をより元気よく明るくしてくれてます。

 

 

テンプル(ウデ)のデザインは

編み込み(brairad)がモチーフになっています。

アクセサリー感覚のアキットらしいフレームです。

 

 

AKITTOのフレームの特長のひとつに

メタル(金属製)でありながら少し太めのリム(レンズを取り囲む枠)があります。

はっきりしたフレームカラーなのでイメージチェンジにおすすめしていますが、

太めのリムがレンズの厚みをカバーしてくれるので、

レンズのフチの厚みが気になる方にもおすすめのフレームです。

 

 

お客様は、近視度数が強めで

デザイン重視だとレンズの厚さが目立ってしまう。

かといってレンズの薄さを追求してしまうと

ただ小さいだけの地味~なフレームになってしまうのがお悩みでした。

 

AKITTOのrodはそんな悩みにぴったりのフレームです。

 

仕上がったメガネのレンズも厚みも抑えることができました。

 

 

 

そして使用したレンズの種類はサポートレンズです。

 

お客様の見え方に関するお悩みをお伺いすると・・・・。

新聞や本、スマートホンの文字などが見えないわけではないけれど。

読んだりすることが億劫、面倒くさくなる。

メガネを外したくなる。

何かすっきりしないし、辛い。

スマホを離して見ているいる。とご家族から指摘される。

もしかして老眼?!(認めたくないけど、)

 

これらの症状は

近くを見るためにピントを合わせる力

調節力の衰えがはじまったサイン

認めたくはないことだとは思いますが、老眼の始まりです。

 

 

頑張れば近くの文字も読めてしまうから無理をする。(無自覚であることが多い)

無理をするからますます疲れ目に悩まされる。

 

そんな40代の

初期の大人メガネ世代におすすめなのがサポートレンズです。

 

レンズの下部分に近くを見やすくするエリアが設けてあります。

無理せずに文字が読めるので

とても楽だわ~。と実感していただけました。

 

レンズの厚みの悩みも、

近くを見るしんどさの悩みもこれで解決!ですね。

 

点検やクリーニング、お気軽にお立ち寄りくださいね。

気になること等ありましたら、どんどんお問合せくださいませ。

お買い上げありがとうございました。

眼の疲労感を和らげる新感覚メガネレンズ

2019.07.13

スタッフ今堀です。

 

先日のブログでもご紹介しましたが、

40代のお客様を対象に、サポートレンズの体験会を行っております。

 

このサポートレンズ、

最近発売されたばかりの新商品というわけではなく、

結構昔からある商品なのですが、

あまり消費者に知られていないのが現状です。

 

サポートレンズについては過去のブログでもご紹介しています。

良ければこちらもご覧下さい。

 

・大学生におすすめのサポートレンズ

・サポートレンズってご存知ですか

・サポートレンズ使ってます

 

 

 

メーカーによって商品名は違うのですが、

基本的な構造は大体同じです。

 


 

まっすぐ遠くを見る時は、単焦点レンズ(遠くの度数だけが入ったレンズ)と同じ。

でも、レンズの下側部分で度数が少しゆるく(遠視では強く)なっているので、

近くを見る時に視線がその部分を通れば、

眼の負担が少なくなり、近くを見る時に少し楽ができます。

これを一日続けていると、眼の疲労をだいぶ軽減することができます。

 

正直、昔は「それほど必要ないのでは?」と思っていたのですが、

最近、特にスマートフォンが普及してからは、

「これは結構使えるレンズなのかもしれないな」と思うようになりました。

僕自身もここ数年はずっとこのレンズを使っています。

 

 

最近、お客様とお話をしていてよく感じるのですが、

ブルーライトカット機能のあるレンズを使っていれば、

目が疲れにくいと思い込んでおられる方が多いようです。

確かにブルーライトカット機能のレンズを使用することで、

モニターの光による眩しさを和らげたり、

網膜へのダメージを軽減したり(ただし、かなり長期的にですが)、

青色光による睡眠への影響を少なくしたりする効果は期待できます。

 

 

ただ、多くの人が長時間のスマホやパソコンなどの近業作業で、

「目が疲れる」と感じる時の原因は、青色光による影響よりも、

眼の調節機能の負担によるものの方が大きいのではないかなと思います。

(チラツキや眩しさが関係ないというわけではありません。)

慢性的に眼の疲労感を感じておられる場合、

調節機能に負担がかかり過ぎている場合がほとんどなので、

サポートレンズを使用する方が効果が期待できるのではないかなと思います。

(もちろん、ケースバイケースですが)

 

最後に、

当店ではサポートレンズと呼んでいますが、

実はメーカーによって呼び方はバラバラです。

なので、消費者にとっては結構分かりにくいかもしれません。

(なかなか普及しないのもこの辺のことが影響しているのかもしれませんね。)

 

国内の眼鏡店が取り扱っていることが多い、

眼鏡レンズメーカー3社のサポートレンズをご紹介しておきます。

 

HOYA社

 

当店でも取り扱っているHOYA社。

HOYA社は、アシストタイプ(メガネレンズ)という呼び方をしています。

 

 

シンクロアシスト、スペクティーHGアシストといった商品があります。

「アシスト」という名前が付いているレンズだと思ってもらえば間違いないです。

 

 

ニコン社

 

当店ではほとんど取扱いがないのですが、

ニコン社の眼鏡レンズを取り扱っているお店も多いです。

ニコン社のウェブサイトを調べてみると、

疲れ目サポートメガネレンズという呼び方をしていました。

リラクシーという商品がこのタイプになります。

 

 

東海光学株式会社

 

最後は東海光学株式会社。

東海光学はアイアシストレンズという呼び方をしています。

商品名はベルーナレストシリーズ。

 

お近くの眼鏡店や、贔屓の眼鏡屋さんで、

サポートレンズについてお問い合わせをされる際の参考になれば幸いです。