トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

視力測定と度数測定の違い②

2018.08.25

スタッフ今堀です。

 

先日は視力検査(測定)についてお話しましたが、

今日お話するのは、屈折検査(度数測定)です。

 

 

眼鏡やコンタクトレンズを作る時に必ず行う検査です。

「検眼」という言葉もありますが、内容は大体同じです。

(検眼には屈折検査以外の検査、たとえば両眼視機能の検査

などが含まれる場合もありますが、中心は屈折検査です。)

ちなみに先日も説明しましたが、

眼鏡店で行う場合には、屈折検査という言い方はだめなので

度数測定と言わなければならないことになっています。

 

 

屈折検査(度数測定)の目的は、

近視や遠視、乱視のある目に対して、

それを補正するために必要なレンズの度数を調べることです。

これが分からないと、眼鏡もコンタクトレンズも作れないですよね。

 

正視とよばれる目の場合、

遠くを見ている時、目に入ってきた光は網膜に像を結びます。

ピントがしっかり合った状態なので、視力も良好です。

ところが、近視や遠視がある目の場合は、

網膜よりも前方や後方にずれて像を結んでしまいます。

(近視は網膜の前方、遠視は網膜の後方に像を結びます。)

ピントが合わないのでぼやけて見えます。

そのために遠くの視力が悪くなってしまうわけです。

 

 

「えっ、遠視は遠くがよく見える目なんじゃないの?」

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、

これは間違いです。(結構そう思っておられる方が多いです。)

 

たしかに近視に比べて遠視の方の場合は、

遠くが見えている(視力が良い)方が多いのは事実です。

ただし、これは調節といって、本来遠くを見る時には使わなくても良い

力を使ってピントを合わせています。

そのため、正視や近視の人に比べると目が疲れやすく、

近くを見た時の負担も大きくなってしまいます。

若い内は調節する力も十分にあるので良いのですが、

調節する力が衰えてくる、いわゆる老眼が出てくる頃になると、

調節によってピントを合わせることができなくなってくるため、

手元だけでなく、遠くの方もぼやけてきます。

近視の人と同じように遠くが見にくくなるわけですね。

 

屈折検査(度数測定)を行うとことで、

その人の目が近視なのか、遠視なのか、乱視なのかが分かり、

(乱視についてはまた別の機会にお話しできればと思います。)

どれくらいの度数(パワー)のレンズを使えば、

それを補正することができるのかが分かります。

(ただし、白内障などの眼疾患があるかどうかは分かりません。)

 

では、どのようにそれを調べるのかですが、

それはまた次回にお話ししたいと思います。

 

 

 

AKITTO(アキット)のフレーム nuf 再入荷しました 

2018.08.24

 

スタッフ長尾です。

当店で女性に人気のAKITTO(アキット)のフレーム。

中でも最近流行りの横に細長い形は苦手!

という方にご好評だったフレームが再入荷しました。

nuf

サイズ:49☐20

カラー:LB

45,400円 (税込)

 

丸く可愛らしいレンズの形に見えますが、

実はほんの少し吊り上がっていてリフトアップ効果が期待できます。

 

シンプルなデザインですが

テンプル(ウデ)やレンズを囲むリムには細かい彫金が施されていて、

 

AKITTOらしいエレガントなフレームです。

 

上下の長さが十分にあるので

デスクワークや室内用のメガネとしてお作り頂いています。

もちろん、遠近両用メガネとしてもお使いいただけます。

 

上のピンク系のフレームの他にライトブルーのフレームがあります。

 

丁度イエローベースとブルーベースのフレームが揃いました。

同じデザインですので、カラーによるお顔映りの変化が分かりやすいかと思います。

是非店頭で試してみてくださいね。

 

台風20号の影響により本日の営業時間は16時までとさせて頂きます

2018.08.23

平素よりメガネのイマホリをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

本日、JR西日本より、台風20号の接近に伴い、

京阪神エリアの線区においては15時頃から運転本数を減らし、

最終電車の時間を繰り上げると発表されました。

従業員の帰宅への影響を考え、本日は16時で閉店させていただきます

お客様にはご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、

ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

メガネのイマホリ 従業員一同

 

視力測定と度数測定の違い①

2018.08.22

スタッフ今堀です。

 

「目の検査」と言われて、一般に多くの方が思い浮かべるのは、

視力検査ではないかと思います。

 

 

ちなみにですが、

「視力検査」という言葉を使って良いのはお医者さんだけで、

それ以外の人、たとえば眼鏡屋さんが行う場合には、

「視力測定」という言葉を使うことになっています。

なので、眼鏡店で視力を調べる時には、

視力検査ではなく、視力測定になります。

少しまぎらわしいですが、やっている内容はほぼ同じです。

 

学校や職場の健康診断、免許を取得する時や更新の時など、

いろんな機会で受けることになる検査なので、

誰しも一度くらいは視力検査(視力測定)を

受けたことがあるのではないかと思います。

 

 

視力検査の結果分かるのは、当然ですが、視力です。

簡単に言うと、どこまで細かいものを見ることができるのか、

その能力を調べているのが視力検査です。

裸眼、あるいはメガネやコンタクトレンズを付けた状態で、

その人がどれだけ視力が出ているのかを測定します。

 

ただ、この時に注意していただきたいのは、

視力検査の結果分かるのはあくまでも視力であって、

近視や遠視、乱視かどうかまでは分からないということです。

近視、遠視、乱視は、医学的には屈折異常というのですが、

いずれも目に入ってきた光が網膜にうまく像を結べていない状態です。

これを調べるためには屈折検査(度数測定)という

また別の検査が必要になります。

 

屈折検査(度数測定)の経験が豊富な人が視力検査を行えば、

被験者(視力検査を受けている人)の様子から、

「近視なんだろうな」とか、「多分、乱視があるな」とか、

ある程度推測することはできるのですが、

視力検査だけで断定することはできません。

 

 

よくあるのが、

視力検査の結果が良いとそれだけで、

「自分は近視でも遠視でもない(メガネなども必要ない)」

そんな風に思い込んでしまうケースです。

これはまた別の機会にお話したいと思いますが、

たとえば、視力が1.0であったとしても、

実は遠視ということも結構あります。

 

余談になりますが、

当店のスタッフ長尾も遠視です。

以前は裸眼で1.0以上の視力が出ていたそうです。

メガネを掛けても裸眼時とほとんど視力は変わらなかったようですが、

それでも遠視を補正するメガネを掛けておりました。

視力が裸眼時とほとんど変化しなくても、

メガネを掛けた方が良いということもあります。

 

視力検査(視力測定)で調べているのはあくまでも視力であって、

近視や遠視といった目の屈折状態まで分かるわけではないということを

知っておいてもらえると良いかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

室内用メガネは便利で快適ですが、車の運転はできません

2018.08.21

 

スタッフ長尾です。

いつもより暑さが増している今年の夏。

この暑さの中7月から自転車通勤をしています。(ママチャリです)

快適~!とまでは行きませんが

風を切って(?!)走るので、歩くよりは断然涼しいのです。

汗をかく量が50%減ぐらいに感じます。

 

その自転車通勤ですが、8月後半になってちょっと気になることが。

 

私はここ数年ずっと室内用メガネを使っていて、

現在こちらの4本をいろいろと使い分けています。(遠近両用メガネも持っています)

お店での伝票記入やパソコン入力、

近所へのお買い物などほぼ一日掛けっぱなしです。

 

便利なのでそのまま自転車で帰ってしまうことが何度か。

でもこれは日没時間が遅く周囲が明るかったから

室内用メガネでも見え方が気にならなかっただけの事。

 

それがここ最近は

買い物が終わった時には辺りは薄暗くなり始めています。

車道を行きかう車のヘッドライトが

雨降りの夜のようにやけに滲んで見にくいのです。

 

レンズが汚れてる??と一瞬思いましたが。

そうではなく、室内用メガネのせい。(そのまま掛けて帰ってきてたんですね)

室内用メガネなので遠い所にピントが合っていません。

明るい昼間は特に問題無かったのですが、

辺りが暗くなってピンボケが顕著になったのです。

そうです。

室内用メガネは遠くを見るメガネではないのです。

 

 

目的に応じた最適のメガネを使い分けることで

視生活を楽に快適に過ごせますが、

使い分けを間違えると大変なことになります。

遠近両用メガネと室内用メガネを使い分けている方はご注意くださいね。

室内用メガネで車の運転は禁止事項です。

ラフォンのフレームのメンテナンスさせていただきました。

2018.08.20

スタッフ今堀です。

 

当店でメガネをお作りいただいたお客様より

メガネのメンテナンスのご依頼があったので、

お預かりさせてもらってメンテナンスを行いました。

 

 

フランスの眼鏡ブランド、lafont (ラフォン)のフレームです。

数年前のモデルになりますが、今見てもとっても素敵なデザイン。

お客様も気に入って下さっているようです。

 

 

こちらのフレームを販売させていただいたのは僕なのですが、

実はこちらのフレーム、当店でラフォンを取扱いを始めて

最初にお買い上げいただいたフレームでもあります。

なので、非常に思い出深いフレームです。

 

お客様がお店に来られてた時に、

「今度こんなブランドを取り扱うことになったので、

良かったらまた見に来てくださいね」と

声をおかけしていたところ、

その後本当に見に来てくださって、

こちらのフレームを気に入っていただき、ご購入いただきました。

 

ちなみに、こちらのフレームをお買い上げいただいた後、

「今度はワインレッドのフレームが欲しいな」ということで、

もう一本ラフォンのフレームをお買い上げいただきました。

 

 

裏側のプラスチック生地もとてもきれいなフレームです。

 

一通りメンテナンスをさせていただき、

鼻パッドやネジなども新品に交換させていただきました。

大事にお使いいただき、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

眼鏡を汗から守るために実はこんな工夫がしてあります。

2018.08.19

スタッフ今堀です。

 

少しだけ涼しくなってきましたが、まだまだ日中は暑いですね。

外を少し歩くだけで汗が止まらなくなります。

ベタベタして鬱陶しい汗ですが、メガネにとってもあまり良くはありません。

特に夏場は、汗が原因のトラブルが多くなります。

汗をいっぱいかいたら、フレームに汗がついたままにしないで、

水で汗を洗い流してからしっかり水分を拭き取っておきましょう。

 

 

当店で取り扱っている眼鏡ブランドの一つ、

歩 (AYUMI)のフレームは、

そんな汗からメガネを守るためにちょっとした工夫がしてあります。

 

 

普通のプラスチックフレームの場合、

テンプル(ウデ)部分の金属芯がそのまま見えています。

(上の画像のようにテンプルを折りたたんでみるとよく分かります。)

この部分から汗が入ってしまうことがあるのですが、

 

 

歩のフレームの場合、

この部分を同色のプラスチック(セルロイド)でふさいであります。

プラスチックのふたをすることによって、

汗や汚れなどが入りにくくなるように工夫されています。

 

知らなければ見過ごしてしまう些細な部分ですが、

メガネを使う人のことを考えてこんな加工がされています。

 

 

お店で歩のフレームをご覧いただく機会があれば、

ぜひ、確認してみて下さい。

 

 

テンプル(ウデ)の曲線が美しいレディースサングラス

2018.08.18

スタッフ今堀です。

 

先日のブログで、テンプル(ウデ)のデザインが可愛い

MUGUET (ミュウゲ)のサングラスをご紹介しましたが、

本日は別のサングラスをご紹介したいと思います。

 

MS-016

サイズ:57□15

カラー:03 Copper Sage

27,000円(税込)

 

 

こちらのサングラス、

テンプル(ウデ)のデザインがちょっと変わっています。

真直ぐではなく、先端に向かってカーブしています。

面白いデザインですよね。

 

 

フロントのデザインもちょっと変わっています。

こちらのモデルは、

「すでに普段使いのサングラスをお持ちの方向けに

カラーリング、デザインともに個性的なバリエーションを提案したい。」

そんな思いでデザインされたモデルなのです。

 

 

横から見ると、テンプルのカーブがよく分かります。

度付レンズを入れる普通のメガネフレームの場合は、

レンズの傾く角度の調整などをしなけばいけないケースもあるので、

なかなかここまで思い切ったテンプルのデザインは難しいですが、

サングラスならこんな大胆なデザインもありですね。

 

少し雰囲気の違うサングラスをお求めの方や、

個性的なデザインが好きな方におすすめのサングラスです。

気になる方はぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

テンプル(ウデ)のデザインがとっても素敵なレディースサングラス①

2018.08.17

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するのは、MUGUET (ミュウゲ)のサングラス。

メガネフレームの方は何度もブログでご紹介していますが、

女性のデザイナーさんがデザインされていて、

当店でも大変人気のある眼鏡ブランドです。

 

MS-016

サイズ:57□15

カラー:03 Cobalt

27,000円(税込)

 

ブルー系の涼しげなプラスチック生地もきれいですが、

こちらのサングラス、テンプル(ウデ)のデザインがとても素敵です。

 

 

この飾り、“鈴蘭”をイメージしてデザインされています。

とても可愛らしいデザインですよね。

ゴールドのカラーも上品に見えて良い感じです。

 

 

丸みのあるシェイプで、普段使いしやすいデザイン。

レディース用のサングラスということで、

睫毛が当たらないように高さのある鼻パッドが使用されています。

 

 

横から見た時の雰囲気がとても素敵です。

大人の女性をターゲットに、

リッチ感とかわいらしさをミックスさせた上品で繊細なデザイン

まさにブランドのコンセプト通りのサングラスです。

 

気になる方はぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

お客様のメガネのご紹介。フチなしメガネから「ラフォン」デビュー

2018.08.13

スタッフ今堀です。

 

先日、新しくメガネをお作りいただいたお客様のメガネのご紹介です。

スタッフ長尾が担当させていただいたのですが、

最初は今お使いのメガネのレンズだけを交換される予定でした。

ただ、いろんなフレームをご覧いただいている内に、

あるフレームを大変気に入っていただき、

フレームも新しくしていただくことになりました。

 

そのフレームがこちらです。

 

フランスの眼鏡ブランドlafont (ラフォン)

VENDOME (ヴァンドーム)

カラー:572

 

 

 

 

フロント(前枠)はグリーンの下地に、

表側の上半分だけブラウンで塗装してあります。

なので、正面から見るとツートンカラーに見えますが、

裏側は全面グリーンです。

このカラーを気に入っていただきました。

 

最初見た時は、「これはちょっと・・・」と思われたようですが、

しばらく見ている内にすっかり気に入られたようです。

 

 

お客様にラフォンのフレームをご紹介すると、

これまで自分が見てきたメガネのデザインやカラーとは全く違うので、

ほとんの方が最初びっくりされるのですが、

フレームを掛けたり見ている内に、

「こういうメガネフレームもあるんだ」と頭が切り替わり、

次第にラフォンの世界観を楽しめるようになっていきます。

 

レンズは遠近両用レンズに薄めのオレンジのカラーをチョイス。

目元を明るく見せる目的も兼ねています。

 

これまではず~っとフチなしフレームをお使いだったのですが、

メガネを掛けた時のイメージが随分変わりました。

手持ちのメガネがラフォンだけになると、

お通夜の時などに困ることもあるのですが、

そういう場面では古いメガネお使いいただけるので、

今回は思い切ってイメージチェンジできるフレームをお選びになられました。

「掛けて出かけるのが楽しみ!」

そんな言葉もいただけました。

 

すっかりラフォンのメガネを気に入っていただき、

カタログやブランドの資料も興味深く見ておられました。

 

(ラフォンの公式サイトのブログ画像を使わせてもらいました。)

 

以前、ラフォンをお買い上げいただいたお客様も、

「今度フランスに旅行に行った時には、

現地のラフォンのブティックに寄ってみようかな」

と話しておられましたが、

当店でフレームをご購入いただいたことがきっかけで、

ブランド自体にも興味をもっていただけるのは、

取扱い店としてはすごく嬉しいことです。

 

眼鏡業界では有名なブランドであっても、

余程メガネが好きな方以外には、

一般には知られていないブランドの方が多いです。

 

 

自分が今回買ったメガネフレームは、

「こんな人がデザインしているんだ」

「こんな会社が作っているんだ」

「こういうことにこだわってデザインされているブランドなんだ」

 

眼鏡のブランドにも関心をもっていただけると、

もっともっと自分のメガネが好きになれると思います。

 

お買上ありがとうございました。