トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

今期も無事に終えることができました。ありがとうございました

2020.08.31

スタッフ今堀です。

 

当店は8月が決算月なので、本日が今期最後の営業となります。

大変暑い日が続いた8月でしたが、今月もたくさんのお客様にご来店いただくことができました。

 

今期から父に代わって自分が経営者となり、経営者としての最初の一年がスタートしたわけですが、早々に増税があり、いきなり厳しいスタートとなりました。

年が明けて増税の影響もようやく落ち着いたと思ったら、今度はコロナウィルス・・・

 

3月にコロナが流行した頃は、商店街にほとんど人がいない状態となり、それを見た時には、「このままでは店を閉めなければならないかもしれない・・・」

そんなことも考えました。

 

それでもなんとかお客様に助けられながら決算月を迎えることができ、来期もまた店を続けることができそうです。

当店を支えて下さるお客様への感謝の気持ちを忘れずに、また明日から頑張っていこうと思っております。

 

ブログの方もまた頑張って書いていこうと思っておりますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

 

室内用メガネにもおすすめカラー Ray Guard 435(レイガード435)

2020.08.30

 

スタッフ長尾です。

メガネレンズのカラーにはおしゃれカラーから

 

快適な視界を提供するカラーと色々な種類があります。

 

 

 

先日ご来店いただいたお客様、現在室内用のメガネをお使いです。

ちょっと近くが見難くなってきたし、そろそろ変え時かなとお越しいただきました。

お話を伺っていると、おうちの中でもなんだか眩しさを感じるとのこと。

「そうかといって、家の中のメガネに色を入れてもねぇ・・・。」

 

 

そんなことはありませんよ。

こんな時に是非お勧めしたいのがこちらのカラー。

Ray Guard 435(レイガード435)

 

室内照明も蛍光灯からLEDライトに変わり青い光にさらされることも多くなったこの頃。

おうちの中でも眩しさを感じられる方が増えて来ています。

このレンズカラーは紫外線はもちろん青い光ブルーライト)も軽減して目の負担を軽くします。

カラー濃度は薄めなので室内で使用しても大丈夫。見かけはおしゃれカラーと変わりません。

 

ちょうど私がモニター体験中のレンズにこのカラーを入れていたので

出来上がりをイメージしていただきながらテストレンズで試していただきしました。

 

 

ピンク、ブラウン、イエロー、グレーの中から

目が一番楽に感じられたブラウンを選んでいただきました。

見え方感じ方のご感想を伺えたらと思います。

お買い上げいただきありがとうございました

 


ブルーライトカットレンズの青い反射光に抵抗がある方もレイガード435おすすめです。

 

 

どんな時に、どんな目的で使うメガネですか?まずはお話をお聞かせて下さい。

2020.08.29

スタッフ今堀です。

 

先日、ご来店いただいたお客様と自転車の話をしていたのですが、そのお客様が自転車屋さんに自転車を買いに行かれた時、お店の店長さんからこんなことを言われたそうです。

 

 

「まずはお話を聞かせて下さい。」

 

それで、自分がどういう用途や目的で自転車を使いたいのかということを店長さんに話されたそうなのですが、「それならこういう自転車が良いですよ」と今お使いの自転車をすすめてもらったそうです。

 

「こういうのはどうですか?」とか、商品をいろいろ見せられると思っていたのに、『まずはお話を聞かせて下さい』と言われたので驚かれたそうです。

「面白いお店だなあと思った」と仰っておられました。

 

 

自転車に限らず、専門店(と呼ばれるお店)に行くと、こういうことが結構あるのではないかと思います。

 

一見同じように見える商品やサービスでも、実は全然違っていたりするということが世の中にはあります。

 

そしてそれは、メガネのフレームやレンズにも同じことが言えます。

 

 

 

販売する側からすると全然違うタイプのメガネフレームでも、お客様からするとみんな同じように見えている場合がほとんどです。

 

でも、メガネフレームの中にも、長時間使用していても疲れないような掛け心地の良さを重視して作られているメガネフレームもあれば、掛け心地よりもデザインを重視して作られているメガネフレームもあります。

 

どちらが良いとか悪いではなくて、そうした違いがあることをお客様に知ってもらったうえで目的に合ったものを選んでいただくということが大事になります。

 

 

少し話が変わりますが、当店ではフレームとレンズは別々の価格表示をさせてもらっており、チェーン店などによくあるレンズ付きのメガネセットというのは置いておりません。

 

お客様がメガネを作られる目的、ご予算などによって使用するレンズの種類やグレード(お値段)が変わるのは当然です。

なので、お客様のお話を聞かせていただき、度数が決まったうえで具体的なレンズのご提案をさせていただいております。

 

たまにお電話でメガネの価格についてご相談いただくことがあるのですが、いろんなケースがあるので、正直お応えするのが難しいです。

(あくまでも目安ということでご説明させていただいております。)

 

 

ご来店の際は、ぜひ、お話を聞かせて下さい。

 

 

 

 

スペックエスパスのメガネフレーム、最近は女性のお客様にも人気です

2020.08.28

スタッフ今堀です。

 

今月はspec ēspace(スペックエスパス)のメガネフレームが好調です。

 

 

フロント(前枠)部分とテンプル(ウデ)が一体になったユニークなデザインのメガネフレーム。

 

 

一般的なメガネフレームのようにテンプルを折りたたむことが出来ませんが、テンプルの先をフロントに引っかけて収納することができます。

 

 

個人的にもすごく好きな眼鏡ブランドで、現在もスペックエスパスのメガネフレームを使っておりますし、他にも3本所有しております。

 

当店では2014年に取り扱いを始めたブランドですが、これまでたくさんのお客様にご購入いだき、今では当店の主力商品の一つとなっております。

 

取り扱いを始めたばかりの頃は、どちらかというと男性のお客様に関心をもっていただくことが多く、女性のお客様はこちらがおすすめしてもなかなか手に取っていただけないことが多かったのですが、最近では女性のお客様からの反応がすごく良くなりました。

(直近10名の購入履歴を確認してみたところ、なんと女性のお客様が8割でした!)

 

 

 

実は、スペックエスパスを取り扱い始めた時、「このメガネは女性にこそ良いのでは?」と密かに思っていました。

 

当時のブランドのWEBサイトには、女性のモデルさんがメガネを掛けている写真が結構載っていたのですが、メガネを掛けている姿がとにかくカッコ良くて、滋賀にもこういうカッコいいメガネ女子をもっと増やしていきたいなと思っていました。

 

 

以前はユニセックスなデザインのモデルが多かったのですが、最近は小顔の女性でも掛けられる小さめのサイズや、丸みのある優しい雰囲気の玉型のモデルも増えて、女性のお客様が掛けやすいフレームが増えてきております。

 

 

メガネを掛けることによってお顔の印象をガラッと変えてくれるメガネフレームです。

(もちろん、良い意味で。)

 

また、デザインだけでなく、掛け心地もとても良いメガネフレームです。

女性のお客様の中には、「掛けやすさ」をとても重視される方が多いので、そういう方にもおすすめです。

 

 

普通のメガネフレームとだいぶ見た目が違うので、最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、掛けてみるとその良さが分かってもらえるかと思います。

売り場コーナーにはいろんなモデルを並べておりますので、ぜひ色々掛けてみて下さい。

 

顔幅が広めの方におすすめ!ゆったり掛けられるメガネフレームです

2020.08.26

スタッフ今堀です。

 

「カッコいいプラスチックフレームを掛けてみたいんだけど、横幅がきつくてなかなか自分に合うメガネフレームがない・・・」

 

そんな経験をされたことがある方もおられるのではないでしょうか?

顔幅が広めの男性の方の場合、結構よくあることです。

 

本日ご紹介するのは、そういう方におすすめのメガネフレームです。

 

MENS MARK(メンズマーク)

XM1192

サイズ:55□16-145

カラー:BK(ブラック)

30,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 37,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 47,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

別色のGR

 

ビジネスシーンでも使いやすく、男性のお客様に大変人気のメンズマークのメガネフレームです。

 

こちらのフレームは、レンズの横サイズが55mmとちょっと大き目のサイズになっております。

目幅が少し広めの方にもおすすめのフレームです。

 

 

フロント(前枠)はプラスチックですが、テンプル(ウデ)にはメタル素材を使用しています。

 

プラスチックフレームは、テンプルもプラスチック素材のものが多いですが、中にはテンプルのしなりが全くなく、ガチっと側頭部を挟み込むような掛け心地のものも結構あります。

 

メンズマークのフレームは、しなやかなバネ性のある金属素材を使用することで、メガネを掛けた時にこめかみ部分を圧迫しないソフトな掛け心地となっております。

 

 

また、使用する素材だけでなく、メンズマークのフレームは、日本人の成人男性の平均的な頭部計測データを基にサイズ設計を行っており、膨大なサンプル数をベースに日本人の頭の形状に合わせて設計されているので、日本人の男性が掛けやすいメガネフレームとなっております。

 

 

スクエア(四角)型の横長のデザインのカッコいいフレームです。

最近流行のクラシックなデザインはちょっと苦手という方にもおすすめです。

 

僕も顔幅が広い方ですが、それでもこのフレームを掛けるとちょっと大きいかなという感じなので、普通のメガネフレームだと窮屈に感じるような顔幅が広めの方でも、ゆったり掛けていただけるのではないかなと思います。

 

気になる方は、ぜひ店頭でお試しになってみて下さい。

 

暑いこの時期にメガネにおこりがちなこと メンテナンスは大事です

2020.08.25

 

スタッフ長尾です。

毎日暑い日が続きますね。

 

例年この時期になるとメガネがたたみにくい、


あるいはウデがカチカチに固まって動かない!

ということで来店される方がとても多いです。

 

汗やほこりがネジと丁番に入り込みそのまま乾くことで

糊のように固まり(錆びることも)動かなくなるなるみたいです。

(メガネ洗浄の後は水分をきちっとふき取ってくださいね)

 

そういうことで、メガネ洗浄機がジージー(ジャージャー?)と

常に稼働状態なのですが、今年はとても少ないです。

 

やはり、この暑さと新型コロナにより外出を控えていらっらしゃる方が多いのでは?

と推察しています。

 

それでも、全く無いというわけではありません。

メガネのウデの動きがぎこちなくなってきたのをそのまま放っておくと

全く動かなくなり、無理やりたたもうとすると折れてしまうこともあります

無理は禁物です!!早めにご来店ください。

 

フチなしメガネの場合、

ウデをたたむ時の力の多くが、レンズを止めているネジの部分にかかってしまいます。

度数にもよりますが、レンズが割れないまでも亀裂(ヒビ)が入ることもあります。

レンズにも負担がかかってしまいますのでご注意ください。

メルマガ会員様も順調に増えております。ご登録ありがとうございます!

2020.08.24

スタッフ今堀です。

 

今年の春からメルマガ(メールマガジン)の配信を開始しました。

 

 

あまり頻繁に送るとお客様にも迷惑がかかると思うので、月に2回、登録いただいたお客様に送らせていただいております。

1回目を僕が担当し、2回目はスタッフ長尾が担当するという感じで、毎回担当者が変わるようにさせていただいております。

 

配信を始めた当初は、ごくわずかなお客様だけにしか配信していなかったのですが、少しずつご登録いただくお客様の数が増えて来ました。

つい先日、最新のメルマガを配信させていただいたところですが、また新たに何人かのお客様が登録して下さっていました。ご登録いただきありがとうございます。

 

 

ブログは不特定多数の方がご覧になられるので、メガネに関連することを中心に書かせてもらっておりますが、メルマガは当店のお客様に読んでいただくものになりますので、より詳しいお店の情報や、メガネとは関係のないスタッフの趣味の話なども書かかせてもらっております。

 

コツコツ続けていこうと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

メガネフレームをパーソナルカラーでグループ分けしてみました

2020.08.23

 

スタッフ長尾です。

人には誰でも自分だけに「似合う色」があって、

その色をパーソナルカラーと呼んでいます。

似合う色をグループ分けをしてそれぞれに

「春」「夏」「秋」「冬」と季節をイメージした名前を付けた

フォーシーズン法でカラー診断を行っています。

 

それぞれのカラーグループを診断用のドレープ(布)などで説明してきましたが

 

春                  夏

 

 

秋                  冬

 

当店は眼鏡店なのでメガネフレームを春夏秋冬のグループに分けてみたいと思います

 

まずは「春」

鮮やかな色や透明感のあるプラスチックフレームはキュートで可愛らしい雰囲気。

カラフルな明るい色が多いグループです。

 

 

「夏」

メタル(金属)フレームもプラスチックフレームもグレーの混じったソフトな印象のフレーム。

さわやかで涼しげな色が多いグループです。

 

「秋」

大人っぽく落ち着いた雰囲気のフレーム。

深みのある和風の色が多いグループです。

 

「冬」

重厚感の中にクールな印象もあるフレーム。透明感もありますが「春」よりも個性的。

コントラストの効いたシャープな色が多いグループです。

 

 

色の特長が分かりやすい太目のフレームを紹介しましたが、

細身のフレームにもカラフルなものがあります。

色々掛け比べてお顔映りなどを試してみてくださいね。

 

カラー選びに迷ったらカラー診断受けてみませんか?

お手軽なクイック診断も行っています。スタッフ長尾までお気軽にお尋ねください。

 

**パーソナルカラー診断のみのサービスは行っておりません**

 

 

お店見学会、親御さんにも好評です

2020.08.22

スタッフ今堀です。

 

当店は認定眼鏡士が在籍している眼鏡店ということもあり、お子様の弱視の治療用眼鏡の相談に来ていただくことが多く、年々子どもメガネのお客様の数は増えております。

 

お客様にきちんとしたメガネをお作りすることは当然として、それ以外に何かお店として出来ることはないかなと考え、ご購入いただいたお子様とそのご家族をお招きし、「お店見学会」というイベントを開催しております。

 

イベントを企画した当初はほとんど反応がなかったのですが(笑)、最近は興味をもっていただくお客様も増え、親子で参加していただいております。

 

 

こちらは、いつも草津市からお越しいただいているお客様。

ご両親と一緒にご参加いただきました。

 

 

実際にレンズを加工する様子を見学していただいたのですが、その時にご両親が、「こんな風に〇〇ちゃんのそのメガネも作られているんだよ。だからちゃんと大事にしてね。」と話しかけておられたのがとても印象的でした。

 

 

こちらは先日ご参加いただいた大津市のお客様。

いつもはお母さんとご来店いただくのですが、この日はお父さんと2人で参加していただきました。

 

お父さんは視力が良くて、今まで一度も目の度数測定を受けたことがないとのことだったので、上の写真のオートレフラクトメータという機械での検査を体験していただきました。

測定中はモニターに目が拡大されて映されるのですが、お子様がそれを見て、「うわっ、おっきい!」とびっくりしている時の写真です。

 

 

ついでに老視(老眼)の擬似体験もしていただきました。

視標を近づくと字がぼやけ、離した方が見やすくなる感じがよく分かっていただけたかと思います。

 

帰り際、「こんなに長い時間メガネ屋さんにいたのは初めてです。僕の方が楽しんでしまいました。」と大変嬉しい言葉をいただきました。

 

お店見学会では、親御さん(特にお父さん)が興味をもってくださることが多く、「子どものために参加してみたけど、意外と面白かったです」と言って下さることも多いです。

個人的には、もっと色々説明したいことがあるのですが、長くなると子どもさんが飽きてしまうので(笑)、あまり長くならないように心がけております。

いつか大人向けのお店見学会もやってみても面白いかもしれませんね。

 

「お子様のメガネをきっかけに、親御さんにも目やメガネのことを知って欲しい」

 

そんな思いで開催しているお店見学会ですが、親子でちょっと面白い体験ができて、日頃、お子様の目のことで色々悩んだり頑張っている親御さんにも、お子様といっしょに楽しい思い出をつくってもらえたらと思っております。

ぜひ、お子様といっしょに、お子様以上に、楽しんでいただけたら幸いです。

 

お客様のメガネのご紹介。掛け心地の良さを考えてご提案させていただきました

2020.08.21

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネのご紹介です。

湖南市からお越しいただいた女性のお客様で、初めて当店でメガネをお作りいただきました。

 

 

フレームは、spec ēspace(スペックエスパス)。

掛けた時のフィット感の良さを大変気に入っていただきました。

 

 

普段はコンタクトレンズを使用されていて、コンタクトを外した時にシルエットのメガネフレームを使っておられます。

 

他店で別のメガネを購入されたそうなのですが、出来上がったメガネがすごく重たくて、すぐに鼻が痛くなってしまってとても掛けていられないということで、シルエットの取扱い店を探されて当店にご来店いただきました。

 

そのメガネを実際に見させていただいたのですが、お客様の仰る通り、かなり重い・・・

 

フレームがクラシック系の大きな丸いメガネだったのですが、以前よりも近視の度数が強くなったことに加え、レンズサイズが大きくなったことによって重量もかなり増えてしまったようです。

 

 

そういった事情があったので、最初はシルエットのメガネフレームを検討されておられました。

 

ただ、今お使いのメガネよりも度数が強くなるので、同じシルエットのメガネフレームでもやはり若干重たくなってしまいます。

レンズが結構重たくなりそうだったので、出来上がった時の重量バランスも気になりました。

 

軽いメガネだと掛けやすいという誤解がありますが、レンズだけが重くなると前荷重になってメガネが下がりやすくなる場合もありますし、重いフレームでもバランスが良いと掛けた時に軽く感じることもあります。

 

また、フチなしメガネはレンズの厚みも目立ちますので、フチがあるフレームにしていただければ、レンズの厚みを目立ちにくくすることもできます。

 

 

フレーム選びの際、できるだけテンプル(ウデ)や先セル部分が細くて華奢なものは避けていただくようにお願いしました。

 

お選びいただいたスペックエスパスのフレームは、テンプル部分がラバー素材になっており、滑りにくく、とてもフィット感が良いです。

 

ラバー素材のテンプルが頭に沿うように当たるので安定感もあります。

フレーム全体で上手くレンズの重量を支えられれば、鼻にかかる圧力を少しでも軽減することができます。

鼻パッドも少し大きめのものに交換もさせてもらいました。

 

 

フロント(前枠)部分のプラスチックは、アセテート素材と軽量の

見た目はちょっと重そうなのですが、実はかなり軽い素材です。

 

レンズについては、近視度数が強くなるため、近くを見る時の目の負担が増えてることも考えて、当初はサポート用レンズのご提案も考えていただのですが、最終的には単焦点レンズでお作りさせていただくことになりました。

 

完全に近視を補正すれば1.5くらいの視力になるのですが、ご自宅でコンタクトを外した時に快適に過ごせ、休日に運転ができるくらいの視力をご希望だったので、運転に支障が出ないところまで度数を少し弱くし、それによって近くを見た時の目の負担も軽減できるようにさせていただきました。

 

快適に掛けられるメガネが欲しいというお客様のご要望にお応えしつつ、ちょっとイメージチェンジもしていただけるメガネになっております。

お買い上げいただきありがとうございました。