トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お客様メガネのご紹介。度なしの『ルティーナ』レンズでお作りいただきました

2019.08.31

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが出来上がりました。

 

フレームは今年から取扱いを始めた新しいブランド、

BCPC (ベセペセ)

 

できるだけレンズの上下の幅のあるフレームをご希望だったので、

こちらのフレームをお選びいただきました。

 

デスクワーク(主にパソコン)用のメガネをご希望でしたが、

最近、白内障の手術をされたそうで、

パソコンを見る時には裸眼でちょうどよく見えるとのことでした。

ただ、術後に少し眩しさを感じたりするのと、

このブログでも何度かご紹介しているルティーナに興味を持たれ、

デスクワーク用のメガネを作ろうと思われたそうです。

 

(東海光学株式会社の冊子より)

 

ルティーナは、目の健康予防を考えて開発されたアイケアレンズ

紫外線だけでなく、目に有害な短波長光をカットして、

目の中のルテイン(色素)劣化を抑えてくれます

 

 

普通のメガネレンズのように透明ではなく、わずかに着色してあります。

光の当り具合によっては少し青紫っぽい色に見えます。

ただ、フレームにレンズを入れるとそれほど目立たないかなと思います。

 

 

実際に僕もルティーナを使っています。

フレームに入った状態でどんな風に見えるのか、

気になる方は気軽にお尋ね下さい。

 

 

普通のメガネレンズのようにブルーライトカットコートを付けることもできます。

今回のお客様もブルーライトカットコートをご希望だったので、

ルティーナにオプションで付けさせていただきました。

 

パソコン作業などのデスクワークが主な仕事の方の場合は、

作業する机や椅子にこだわるという方も多いのではないかと思います。

同様に、デスクワークをする時のメガネも大切だと思います。

長時間デスクワークをされる方は特に、

作業がしやすかったり、疲れにくいメガネが大事ですよね。

 

新しいメガネでお仕事がんばって下さいね。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

見る距離、ちゃんと意識していますか?近づき過ぎには要注意です!

2019.08.30

スタッフ今堀です。

 

テレビ等でスマートフォンによる目への影響が指摘される機会も増え、

最近はお客様からも尋ねられることが多くなってきました。

こちらからもお客様に「注意して下さいね」とお話しています。

 

ご存じの方もおられるかもしれませんが、

スマートフォン(以下スマホ)で問題となるのが、

スマホを見る距離です。

 

 

スマホの画面が小さいためにとても近い距離で見てしまうことになり、

結果的に目への負担が大きくなり、様々な問題を引き起こします。

 

通常、近くを見る時には、

 

輻輳(左右の目を内側に寄せて見たいものに視線を合わせる)という反応と、

 

調節(目の中のレンズを厚くしてピントを合わせること)という反応が起こります。

 

この輻輳と調節は、見る距離が近くなればなるほど量が大きくなります。

それだけ目の負担が大きくなるということです。

先ほどのイラストでは、

本を読んでいる時とスマホを見ている時で10cm以上距離が違っていますが、

この距離の差が目への負担になってきます。

ものすごく近い距離で見続けることは、目には大変な負担になるのです。

 

とはいえ、最近は生活の中でスマホは欠かせなくなってきています。

「見ないようにしましょう」というのは現実的には無理な話ですので、

パソコンやタブレットなど少し大きな画面で見られる場合には、

なるべくそっちを使って(その時も近づき過ぎず)見てもらうようにし、

スマホを見る時には、

「できるだけ離して見て、そして長時間見続けないようにして下さいね」

とお客様にはお話しています。

 

 

 

ちなみに、老眼が始まっている方の中には、

離して見ないと見にくいので、

「いつも離して見ているから大丈夫」

という方もおられるかもしれませんが、

(実際にそういう方がおられました)

これは目の調節力が足りなくなってきているということなので、

ちゃんと自分の老眼に合わせたメガネを掛けることをおすすめします。

 

 

お客様のメガネのご紹介。聞いてみて「なるほど!!」と思った購入理由

2019.08.28

スタッフ今堀です。

 

新規でご来店いただいたお客様のメガネが完成しました。

当店のブログをご覧いただき、彦根からご来店いただきました。

最近は県内のいろんな場所からご来店いただいておりますが、

彦根からの来店は珍しいので、ちょっと嬉しかったです。

 

TITAN ELEMENTS (チタンエレメンツ)

 

フレームはオーストリアの眼鏡ブランド、シルエット。

このチタンエレメンツは、愛用者も多い人気のモデルです。

ただ、残念ながら廃版になることが決まっており、

そのことを先日のブログでご紹介したのですが、

その時の記事をご覧いただき、お問い合わせをいただきました。

ちなみにその時のブログの記事はこちらです。

 

・人気のフレームも残りわずかとなりました

 

 

ご購入いただいたのは、6058 Black-kiwi Partyというカラーで、

明るめの(黄)緑のフレームです。

お電話でお問い合わせをいただいた時からこのカラーをご希望でした。

僕は緑色が好きなので、個人的にも良い色だと思うのですが、

こちらのカラーを選ばれたのは、ちょっと意外な理由からでした。

 

その理由は・・・・

 

お客様が東京ヤクルトスワローズのファンだから。

 

ユニフォームなどに使われているチームのカラーが、

ちょうどこんな感じの緑色なんだそうです。

試合を観戦しにいく時に、チームカラーのメガネを掛けられたらと思い、

こういうカラーのフレームを探しておられたようです。

 

僕は野球は全然分からないのですが、

後からヤクルトのウェブサイトを調べてみたところ、

確かにこんなカラーでした。

もっと早くに知っていれば、

「ヤクルトファンにおすすめのフレーム!」

なんて感じで紹介していたのですが(笑)

 

そういえば、キッズメガネのトマトグラッシーズでも、

 

 

黒黄カラーが大阪では人気があるというのを聞いたことがあります。

(そこのお店だけなのかもしれませんが・・・・)

自分の好きなチームのカラーのメガネを掛けて観戦すれば、

観戦がより楽しくなること間違いなしです。

ぜひ、このメガネを掛けてヤクルトの応援に行って来て下さいね。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

お渡しまで少し多めに日数をいただいております

2019.08.27

スタッフ今堀です。

 

8月前半は暑さのせいなのか、ヒマな日が多かったのですが、

お盆明けから急にバタバタしております。

お一人お一人とじっくりお話しながらメガネをお作りしたいと思うのですが、

なかなかうまくいきません・・・・

せっかくご来店いただいても、お待ちいただくことが多く、

申し訳ないなと思っております。

 

そんなわけで、現在、メガネの加工も大変混み合っております。

普段であれば2、3日でお渡しできるケースでも、

少し多めにお渡しまでの日数をいただいております。

お客様にはご不便をおかけしておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

お客様のメガネのご紹介 軽い室内用メガネ

2019.08.26

 

スタッフ長尾です。

軽いメガネを探して大津市外からお越しいただきました。

 

当店で一番軽いフレーム、といえばオーストリアのシルエット

NASAのミッションでも使用されたフチなしフレームが知られています。

 

ですが、

今回お作りいただいたのはこちらのぐるっとフチがあるタイプのフレームです。

SPX樹脂という軽~いプラスチックで出来ています。

 

軽いフチなしフレームが色々あるのに

なぜわざわざフチ有フレームにしたのか?

 

それはお客様の使用目的とレンズ度数が関係します。

 

お作りしたのは、

パソコン作業やミィーティング等、室内で便利に使える室内用メガネです。

 

レンズの中心が厚くなる凸レンズ私と同じ遠視系の方です。

 

この凸レンズは

使用するフレームに入れられるギリギリまで小さくする特殊加工をおこなうと

 

 

 

レンズの厚みを抑えることができるのですが、

この極限まで薄く出来ることがフチなしフレームには不利に働いたのです。

 

フチなしフレームはレンズに穴をあけ

ピンを差し込んだり、太めのネジを入れ固定します。

 

 

しっかり固定するためレンズの端(ネジ等を差し込む位置)には

一定以上の厚みが必要となります。

 

ですが、特殊加工で薄くなったレンズではしっかり固定できず

緩みやガタツキが起こりやすくなります。

また、薄すぎるレンズは穴をあけた部分に力がかかった時に

欠けたり割れたりすることもあります。

 

そのためレンズの厚みをわざわざ増やさなくてはなりません

その結果、重いメガネになってしまうのです。

 

なるべく軽いメガネをお探しなのに

軽いフチなしフレームを選ぶことでかえって重いメガネになる。

矛盾したことが起きてしまいます。

 

 

フチがぐるっとあってもシルエットのプラスチックフレームはとても軽いこと。

とてもぶりの玉型なので、よりレンズを薄く出来ること。

カラーも色々あって、似合う色でメガネを作れますとご説明し、

 

SPX樹脂製フチ有りフレームになったわけです。

 

テンプル(ウデ)も耳に合わせ調整致しました。

鼻と両耳と3点で支えると重さも感じにくくなります。

軽いお仕事用メガネ出来上がりました。

 

 

はじめての室内用メガネ。

会議など、少し離れたホワイトボードを見ながら、

手元の資料も読めちゃいます。

最初にちょっと違和感があるかもしれませんが

慣れるととても便利なメガネなんですよ。

良い相棒になると思います。

お買い上げありがとうございました。

 

書き遅れましたが(?!)

レンズ表面にはブルーライト(青色光)カットが施してあります。

反射光が青っぽいのがお判りいただけるかと思います。

 

 

軽くするにはフチなしが一番!と思われる方も多いのですが、

そうじゃないこともあります。

レンズやフレームに関する事なんでもご相談くださいね。

最適のメガネ作りをお手伝い致します。

お客様のメガネの紹介 色の変わるレンズと跳ね上げフレーム

2019.08.25

 

スタッフ長尾です。

先日色の濃さが紫外線によって変化するサングラス用のレンズを紹介したのですが、

この度、そのレンズを使ってサングラスをお作り頂きました。

レンズカラーはグレー、本日の天候ではこの程度の濃さになりました。

 

 

「サングラスでありながら室内でも使えるメガネが有ればなぁ」

と考えておられたそうです。

 

室内ではほぼ無色、

 

屋外では紫外線量によって色が濃度が変化する調光レンズ

ご希望にピッタリのレンズですね!

(*紫外線量、温度・湿度により濃度には違いがでます。)

 

 

そしてレンズを入れたフレームはちょっと特殊な構造になっています。

 

パカッとレンズを跳ね上げることができるのです。

 

 

 

お客様は近視の方で

読んだり書いたりの手元の作業は

メガネを外してご覧になっておられます。

自分の目で見るのが一番すっきり楽に見えるということで

遠近両用メガネや室内用メガネは使っておられません。

(近視あるあるですね)

 

でも、掛け外しが多くなって面倒ではありませんか?

こんなフレームもありますよ、といろいろご紹介しました。

 

色の濃さのが変化するレンズに

レンズを跳ね上げて近くが見えるフレームで、

お出かけ先でも、お仕事でも

遠くから近くが見えてサングラスにもなる

素敵な一本が出来上がりました。

お買い上げありがとうございました。

お客様のメガネのご紹介。天地サイズが広いフレームを希望される方にもおすすめ

2019.08.24

スタッフ今堀です。

 

お盆明け早々にご来店いただいたお客様。

数年前に石山に引っ越して来られて、

それを機に当店で眼鏡をお作りいただいております。

今回ご購入いただきたのはこちらのフレーム。

 

TAYLOR WITH RESPECT (テイラーウィズリスペクト)

hati (ハティ)

 

メガネを数本お持ちなのですが、

全てのフレームが、わりと細め(レンズの上下幅が狭い)なので、

上下幅が広めのフレームをご希望でした。

 

 

この上下幅のことを業界用語では「天地(てんち)サイズ」と言ったりしますが、

公式サイトでhatiの天地サイズを調べてみると、

39.4(mm)とかなり大き目のサイズになっておりました。

 

 

また、これまでがずっと軽いフレームをお使いだったので、

今回も軽くて掛けやすいフレームが良いというご希望でした。

hatiは、テンプルが細めで、全体的に軽いフレームなので、

掛けやすさという面でも気に入っていただけました。

 

実は、前回メガネをご購入いただいた時に、

「こんなブランドを取扱い始めたので、良かったらどうですか?」

TAYLOR WITH RESPECTをご提案したのですが、

その時は、「こういうのは若い人が掛けるメガネやしな・・・」

と残念ながら購入には至らず、別のメガネになりました。

今回も最初は同じことを気にしておられたのですが、

掛けて試しておられる内に、「これにしよう!」と決断されました。

 

若い世代を中心にクラシックなデザインのメガネフレームが流行っており、

TAYLOR WITH RESPECTのフレームも、

一見するとそういうフレームと同じように思えてしまいますが、

フレームの作りや掛け心地にすごくこだわって作られてメガネフレームです。

デザイン的にも、若い方だけでなく、

少し上の世代の方でも無理せずに掛けられるデザインになっています。

(4万円以上のフレームが多いので、

10代や20代の方にはなかなか手が届きにくいということもありますが・・・)

 

 

レンズはルティーナの遠近両用レンズ。

青色光をカットする特殊な素材が練り込まれたレンズですが、

さらに、レンズのコーティングもブルーライトカットコートが付いています。

紫外線だけでなく、青色光対策もばっちりのレンズとなっております。

 

お買い上げいただき、ありがとうございました。

ラフォンの日本限定のモデルが入荷しております。

2019.08.23

スタッフ今堀です。

 

先日のブログで、フランスの眼鏡ブランド、lafont.(ラフォン)の

新作フレームをご購入いただいたお客様をご紹介しましたが、

その新作とともに、こんなフレームも入荷しております。

 

EAU DE ROSE (オドゥローズ)

サイズ:53□18-126

カラー:5150J

51,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 57,200円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 66,800円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

カラー:1040J

 

こちらのフレームは日本限定のモデルだそうです。

ラフォンはフランスのブランドなのですが、

最近は日本の代理店から、

「こういう色やデザインにして欲しい」という要望が出され、

日本限定のカラーやモデルが発売されるようになりました。

 

日本限定モデル第1弾 VENDOME

 

日本限定モデル第2弾 COQUELICOT

 

日本人の好む色やデザインをベースにできたモデルなので、

当然、日本限定モデルはよく売れます。

EAU DE ROSEも間違いなく売れるだろうなという予感がしています。

 

 

モデル名のEAU DE ROSEは、「バラのしずく」という意味だそうで、

テンプル(ウデ)のモチーフはバラの花をイメージしています。

メガネというよりは、“作品”という感じのラフォンのフレーム。

 

 

フロント(前枠)の表と裏でプラスチック生地の色を変えてあります。

表から見ると、濃いめのはっきりしたカラーですが、

裏側を明るいカラーにすることで、お顔が暗くならないようになっています。

また、まつ毛が当たる心配がないように鼻パッドも付いています。

(お客様のお鼻の形状に合わせて調整させていただきます。)

 

 

リフトアップ効果とお顔の引き締め効果も期待できるフロントデザイン。

上下の幅も程よくあり、遠近両用レンズや室内用レンズも大丈夫です。

 

 

横からの印象も、決してケバケバしい感じではなく、

繊細で、品の良さを感じさせる、そんな印象になっています。

 

入荷したフレームを見たスタッフ長尾が、

「いいなあ、これ。欲しいな・・・」と呟いておりました。

(展示会には僕一人で行ったので、こちらのモデルは初見でした)

もしかすると、“スタッフ長尾、動きます”となるかもしれません(笑)

こちらのフレームにつきましては、早めの完売が予想されますので、

気になる方はどうぞお早目に。

 

 

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。ラフォンにすっかり夢中です

2019.08.21

スタッフ今堀です。

 

本日も完成したばかりのお客様のメガネのご紹介です。

 

lafont.(ラフォン)

EVORA

 

フランスの眼鏡ブランド、lafont.(ラフォン)のフレーム。

フロント(前枠)の上側が二重になった面白いデザイン。

さらに、上と下でカラーが違うツートンカラーになっています。

 

一応、レディースラインにはなっているのですが、

男女ともに掛けられるデザインなので、

小顔の男性なら問題なく掛けられます。

(サイズは小さめです。)

お買い上げいただいたのも男性のお客様です。

 

 

前回ご購入いただいたフレームもラフォンです。

(上の写真のフレームの色違いです。)

ただ、このフレームがアクシデントで壊れてしまったため、

新しいメガネを作りに来ていただきました。

 

ご本人は以前のラフォンのフレームを大変気に入って下さっていて、

今回もラフォンのフレームになりました。

 

前回ご購入いただいた時に、

「このフレームを掛けていたら、

そのメガネが素敵ですね。どこで買ったんですか?

って絶対聞かれますよ。その時はうちの名前言って宣伝しておいて下さい」

と僕が話をしていたのですが、

その時は、「ほんまかいな」と笑っておられたのですが、

その後、お店に来られた時に、

「こないだ飛行機に乗っていたら、隣の人に話しかけられて、

素敵なメガネですね。どこで買われたんですか?

ってほんまに尋ねられたわ!」と、

ご夫婦で嬉しそうに話しておられました。

「ちゃんとこの店の名前言っておいたで」と、

しっかり宣伝もして下さったようです(笑)

 

ちなみに、お客様が、滋賀県の大津にあるお店と説明されたところ、

「大津にそんなおしゃれなメガネを取り扱っているお店があるんですね!」

と言われたそうです(笑)

あるんですよ~、大津にも(笑)

 

そんなこともあり、ラフォンをすっかり気に入っていただき、

今回もラフォン一択でフレームをご覧いただきました。

 

 

売場に出ていないフレームも全てご覧いただいたのですが、

実は、この日の朝、お客様の来店を予期していたかのように、

ラフォンの新作が入荷しておりました!!

その中のEVORAを気に入っていただき、ご購入いただきました。

実はこちらのフレームはラフォンの新作なのでした。

(ブログで紹介する間もなく売れていってしまいました。)

 

 

レンズは遠近両用レンズが入っておりますが、

ただの遠近両用レンズではなく、

有害な光から目を守り、目の中のルテインの損傷を防ぐレンズ、

ルティーナが入っております。

(なので、レンズのフチが少し青みがかかって見えます。)

当店では最近、このルティーナがよく売れるようになってきて、

お客様からお問い合わせをいただくことが多くなってきました。

 

今度のラフォンもとてもお似合いだったので、

きっとまた誰かに声を掛けられるのではないかと期待しております。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

ちなみに、

ご来店いただいてすぐ、僕を見るなり、

「それ、ええメガネやな。」

と僕が掛けているメガネを褒めてくださったのですが・・・

 

 

こちらのフレームもラフォンでした。

(最近、店で仕事をしている時はこのフレームを掛けています。)

すっかりラフォンに夢中。

ラフォン以外は目に入らないご様子です。

 

 

 

 

色の濃さが変化するレンズでサングラスはいかがですか

2019.08.20

 

スタッフ長尾です。

 

出かける時用に度付のサングラスは欲しいのだけれど、

 

「外に出かける時だけしか使わない」って言うのも・・・。

と考えていらっしゃる方にご提案です。

 

外出時紫外線により色が変化する(濃くなる)というレンズがあります!

  

室内                 屋外

室内では無色屋外ではサングラスになるという便利なレンズです。

 

 

カラーも色々選べるので、

        

いかにもサングラスみたいな濃い色は苦手という方にもおすすめできます。

 

 

また、紫外線量によって色の濃さが変わるので

曇りの日や夕暮れ時は色があまり濃くなりません。

お帰りの時間が遅くなってもレンズの色が薄くなっていくので

レンズの色が濃くて周りが見えにくい!なんて心配もありませんよ。

(自転車であちこち出かけているスタッフ長尾はとても重宝しています。)

 

この色の濃さが変わるレンズ、調光レンズと言いますが

遠近両用レンズでもお作りすることできますよ。

 

実際に使っていると色が濃くなっていくことに(薄くなる時も)

自分では気が付かないんですよね(^_^;)

テストレンズがありますのでいろいろ試してみてくださいね。