トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

メガネについてあれこれ

大人の遠視     遠視のメガネ

2019.07.09

 

スタッフ長尾です。

遠視矯正には凸レンズを使います。

レンズの端より真ん中が膨らんだレンズで、

 

 

虫眼鏡のように対象物が大きく見えるレンズです。

 

 

メガネの処方箋には

 

数値前が+記号表記されます(数値前がで凸表記されていることもあります。)

近視の人の処方箋は数値前が-記号で表記されます。

 

これは老眼鏡にも使われるレンズと同じなので、

「私、この齢で老眼なの!?」

と勘違いされショックを受けられる方がありますが、

遠視老眼は全く違うものです。

 

 

遠視は網膜より後ろで焦点が結ばれる状態で

角膜や水晶体の屈折力の違い等で起こります

 

遠視                正視

 

本来であれば遠くがぼやけてよく見えないはずですが

見えるように自分の力で無意識にピント合わせをしています。

 

遠視の人は遠くを見るのにピントを合わせ

近くの物を見るために、

さらにピントを合わせの力を使わなければならない

疲れやすい目なのです。

 

遠くを見るためのピント合わせの力を使わなくて済むようにするのが

遠視のメガネの目的の一つと思っていただければいいと思います。

 

そうすれば、

近くを見る事だけにピント合わせの力を使えるので、

目がグッと楽になります。

(年齢が若いとあまり自覚が合ないかもしれませんが)

 

近くが見えやすいメガネだから老眼鏡というわけではないのです。

 

 

 

 

老眼はというと

近くを見るためにピントを合わせる力、調節力が衰えることを言います

 

老眼鏡はあくまで近く(30~40cm)を見るための物で、

 

遠くはぼやけて見えません。

 

 

遠視のメガネと老眼鏡の違い

それは、

遠視のメガネは遠くから近くまでがちゃんと見える

ということです。

毎日使うメガネ、できることなら軽い方が良いですよね!

2019.07.08

スタッフ今堀です。

 

メガネを作る時、多くの方が気にされるのが、

レンズの厚みと重量です。

たかだか数グラムのレンズですが、

鼻の一部分で支えることになるので、結構な重さに感じます。

少しでも薄く軽く出来れば鼻への負担も減らせますし、

メガネがズレ落ちにくくなります。

(レンズの重さだけでなく、フレームの調整の問題もありますが。)

 

レンズを少しでも薄くするための方法として、

高屈折、つまり屈折率の高い素材のレンズを使うといいう方法があります。

そういった高屈折のレンズを使うのも一つの方法ですが、

当店では、遠視のメガネや老眼鏡を作られるお客様には、

薄型加工という方法をおすすめしています。

 

 

こちらは先日お手元用のメガネをお作りいただいたお客様のレンズ。

屈折率1.60のレンズで、超薄型レンズというわけではありませんが、

薄型加工をしたことによってこんなに薄く仕上がりました。

 

遠視などのメガネにはプラスレンズ(凸レンズ)を使用しますが、

プラスレンズは中心部分が一番厚くて、端にいくほど薄くなります。

中心部分の厚みは度数とレンズサイズによって決まっています。

小さめのフレームを選んでいただいても、中心の厚みは変わりません。

 

 

そこで、メーカーにレンズを注文する際に、

「もっと小さいサイズのレンズで良いから、

そのかわりに中心の厚みをもっと薄くしてよ」

そんな風にあらかじめ必要なレンズサイズを指定しておけば、

それに合わせて中心厚の薄いレンズを作ってくれます。

薄くなるので当然重量も減ります。

 

 

最近はこの加工技術がさらに進化し、

使用するフレームのレンズの形を専用の機器で測定し、

そのデータをレンズの度数といっしょにメーカに送信すれば、

最適な厚みを計算してその通りのレンズを作ってくれます。

これが当店でおすすめしている薄型加工です。

 

 

 

 

標準でレンズを注文した場合のレンズの中心の厚みと重量、

薄型加工をした場合のレンズの中心の厚みと重量、

それぞれを比較することもできます。

 

使用するフレームのレンズの形や度数によっては、

正直あまり効果が出ない場合もあるのですが、

その場合は無理におすすめしたりはしませんのでご安心下さい。

シミュレーションをしてみて、それなりの効果が期待できるという場合のみ、

お客様に薄型加工をおすすめさせていただいております。

 

レンズ代とは別に加工料が一組3,200円(税込)必要となりますが、

費用対効果は抜群に良いと思います。

遠視のお子様のメガネの場合などにも、

超高屈折のレンズをおすすめするより、

薄型加工をご提案させていただいております。

レンズの重さをかなり減らせるので、鼻への負担も少なくできます。

お財布にもやさしいですしね。

 

老眼鏡が重たくてお悩みの方でも、

もしかすると、もう少し軽いメガネにすることができるかもしれません。

気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

遠近両用レンズの見やすさを左右する大事なポイント。

2019.07.03

スタッフ今堀です。

 

先月、名古屋でセミナーがあったので休みを取って行って来ました。

JOA(日本オプトメトリック協会)という組織が開催しているセミナーで、

年2回開催されております。

 

今回は眼鏡レンズ、特に遠近両用レンズの設計のお話がありました。

外面設計、内面設計、両面設計など、

最近はいろんな設計のレンズがメーカーから発売されており、

テレビなどを見ていると、

「歪みの少ない両面設計の遠近両用レンズです!」

なんてCMが流れていたりします。

 

消費者だけでなく、普段レンズを販売している眼鏡店のスタッフでも、

何となく両面設計の方が良いレンズなのかなと思いがちですが、

そうした外面、内面、両面といった設計による差よりも、

収差バランスをどのように設計するかの方が、

装用性能(メガネを掛けた時の見え方)への影響が大きいという内容でした。

ただ、残念ながらレンズの収差バランスはメーカーの極秘情報なので、

一般の消費者はもちろん、僕たちでも知ることができません。

 

ただ、レンズの収差バランス以外にももう一つ、

遠近両用レンズの装用性能に大きな影響を与える、

重要なポイントが指摘されていました。

 

それがフィッティング(フレームの調整)です。

 

 

メガネのレンズは、レンズそのものの性能だけでなく、

メガネを掛けた時の装用条件によっても見え方が変化します。

レンズの傾く角度や目とレンズの間の距離などが、

設計時に想定されている値よりも大きくずれてしまうと、

見にくさや装用時の違和感につながることもあります。

 

 

お客様に実際にフレームを掛けていただいた状態で、

これらの値を確認することがとても重要になります。

どのメーカーの何のレンズを使うかも大事ですが、

顔に合わせたフレームフィッティングが行われていることも大事です。

フレームによって装用条件も変化しますので、

安さにつられて通信販売や安売り店で購入するのではなく、

しっかりとお店で眼鏡技術者に調整してもらう方が後々得をします。

(レンズ代にはこうした技術料も含まれています。)

 

 

今回のセミナーを聴講してみて、

フィッティングがこんなにも見え方に影響するのだということが分かりました。

(正直、自分が考えていた以上のデータでした。)

これまで以上に丁寧にフィッティングを行っていこうと思っています。

メガネをお作りいただく際には少し時間がかかってしまいますが、

お客様が快適に使えるメガネをお作りしたいと思っておりますので、

どうかご協力よろしくお願いいたします。

 

はじめてのメガネ  お手入れ方法

2019.07.02

 

スタッフ長尾です。

はじめてのメガネ。

きょうはメガネのお手入れ方法です。

 

メガネのお手入れ、先ずは水洗いです。

 

なぜなら、

一日使ったメガネレンズの表面はきれいに見えても

ゴミやほこり(砂粒)などの細かくて硬い異物が付いていることもあります。

いきなり乾拭きをすると、

レンズのキズやコート剥がれの原因になってしまうからです。

 

フレームも水洗いOKです。

「えっ!メガネって水で洗っていいんですか?!」

と初めての方はビックリされることもありますが、

汗などが付いたままだと錆びの原因にもなりますので

水でジャバジャバ洗ってください\(^o^)/

 

バシャバシャと水洗いした後は、

ティッシュペーパーなどで水気をよく拭き取り、

メガネ拭きで優しく拭いてください。

 

両手で拭くほうのレンズを持って拭いてください。

 

この拭き方がフレームに負担が掛かりにくく、長持ちします。

 

ゴシゴシ強く拭く必要はありません。

サンドイッチをつまむくらいの力で大丈夫です。

最近のレンズのコート(反射防止などの膜)は撥水加工等が施してあります。

汚れが付きにくく、汚れが付いても拭き取りやすくなっています。

 

*水気はしっかり拭き取ってください。

レンズ表面に水分が残ったままにしておくと

水あとがシミのようになったりして見にくくなったりします。

 

 

また汚れがひどい時(油性の汚れ等)は水洗いした後

専用のクリーナーを使うときれになります。

当店おすすめはメガネのシャンプー。

お試しも出来ますので、お気軽にお声かけください。

 

一度レンズについてしまったキズやコートのハガレは元に戻りません。

こまめなお手入れでメガネを長持ちさせてくださいね。

 

はじめてのメガネ お手入れ方法

スタッフ長尾でした。

はじめてのメガネ  取り扱い方と置き場所

2019.06.30

 

スタッフ長尾です。

 

はじめてのメガネ。

今日はメガネの取り扱い方と置き場所についてです。

 

 

先ずはメガネの掛け外し

メガネはテンプル(ウデ)を両手で持って

 

ゆっくりと掛け外しをしてくださいね。

 

 

ドラマや漫画などで

片手でメガネ(サングラス)を外すシーンがありますよね。

 

おっ、格好いい!!と昔は思ってましたが

この片手外しはNG、やってはいけないやり方です。

 

なぜなら、

どちらか片方に力がかかるので、メガネが歪んだり変形しやすくなります。

特にテンプル(ウデ)が外側に広がり、メガネがズレやすくなります。

 

 

フチなしメガネだと、

レンズに穴をあけてネジでとめている部分に力が加わりやすいので

レンズが割れることがあります。

 

歪みや変形は見え方や掛け心地にも影響して来ます。

両手で優しくゆっくり掛け外ししてくださいね。

 

 

次にメガネの置き場所です

 

メガネは掛けて使用している時よりも、

使わないでどこかに置いている時に

歪んだり壊れたりすることが多いんですね。

 

何故そんなことに?

それは、

テーブルの上に置いていたメガネが落ちてしまったのに気付かなくて・・・

椅子の上に置いていたのを忘れて・・・

蹴とばした!

踏んだ!!

座っちゃった!!!

というパターンが多いのです。

 

メガネを置く時は踏む可能性のない場所、

机や棚の上などに置くようにしてください。

 

定位置を決めてそこにケースを置いておけば安心です。

 

大切なメガネ、

床の上や椅子の上、ベッドの上など置かないようにしてくださいね。

 

はじめてのメガネ、取り扱い方と置き場所

スタッフ長尾でした。

 

 

治療用眼鏡って普通の眼鏡と違うの?一体何を治療しているの?

2019.06.28

スタッフ今堀です。

 

当店には弱視の治療用眼鏡を作りに小さいお子様が来られます。

ところで、「治療用眼鏡」って普通の眼鏡と何が違うのでしょうか?

基本的には普通の眼鏡と同じです

レンズに目を治療する特別な素材が使われているとか、

フレームに薬が塗り込んであるとか、そういうことはありません。

 

では、眼鏡を掛けることで何を治療しているのでしょうか?

 

 

弱視というと、目(視力)だけの問題だと考えられがちですが、

弱視は、「大脳皮質視覚野の二次的な発達障害」と言われています。

遠視や乱視があることで網膜上の像がぼやけてしまい、

それによって脳(視覚を司る部分)の発達にも影響が出てしまう。

それが弱視です。

 

 

乳幼児期に遠視などによって視力が出ていない状態にもかかわらず、

治療用眼鏡を掛けずに放置しておくと、

成人になってから眼鏡やコンタクトレンズを使っても、

視力が良くならない(1.0以上出ない)可能性が高いことは、

ご存じの方が多いと思います。

 

乳幼児期から常にぼやけた像しか見ていなかったことで、

適切な視覚刺激が目から脳に十分に伝わらず、

視覚の司令塔である脳の発達に影響を与えてしまいます。

これは数値化できて客観的に評価しやすい視力だけでなく、

ものの形を正確に捉える能力や、

左右の目で見た物を脳で一つにまとめて奥行きを捉える能力など、

そういった視力以外のさまざまな視覚にも問題が出てしまう、

そういう可能性もあります。

 

 

視覚刺激に対する脳の処理能力、

そのネットワークは大体8歳くらいまでに構築されると言われています。

(治療用眼鏡の保険の対象が9歳未満までとなっているのも、

そうしたデータがあるからではないかなと思います。)

 

その間に視力を低下させている原因(遠視や乱視)などを補正し、

目から鮮明な像(適切な視覚刺激)を脳へと送り、

視覚に関わる脳のネットワークを構築していく。

こうした役割を果たしているのが、治療用眼鏡です。

(もちろん、しっかりと視力が出るようにするという目的もあります。)

近視を補正する普通の眼鏡や老眼鏡のように、

見にくい状態を改善するためだけではないのです。

なので、毎日眼鏡をちゃんと掛けていることがとても大切です。

 

弱視の治療用眼鏡の「治療」という言葉には、

実はものすごく重要な意味が込められおり、

治療用眼鏡は、普通の眼鏡とは違う大事な役割を果たしています。

 

 

 

 

はじめてのメガネ  メガネの名前

2019.06.25

 

スッタフ長尾です。

はじめてのメガネ、

今日はメガネの各部分の名前を紹介します。

 

私たちメガネ店スタッフが口にしている

メガネの部品などの名前は、

はじめての方からしてみれば「何がなにやら?」ですよね。

 

私スタッフ長尾もメガネ店で働くまでは

メガネとは縁のない生活をしていました。

 

今でこそ当たり前にメガネ用語を使っていますが

最初は「メガネの枠」とか「メガネのツル」とか言ってもらう方が

分かりやすかったですね^_^;

 

メガネ用語を使わないように注意はしていますが

つい口にすることがあります。

 

そこで当時を思い起こし

メガネ部品の名前を図にしてみました。(標準的な枠ありフレームです)

①パッド

鼻にメガネをのせるための部品です

・プラスチックやシリコン製のものが多いです。

②テンプル

メガネを耳に掛けるための部品です。

ウデ・ツルという言い方もします。

③リム

・メガネレンズをぐるっと取り囲む枠・フチのことです。

・枠のないフチなしメガネのことをリムレス」と言ったりします。

④先セル

・②テンプルの先端に付いているプラスチック製の部品です。

・肌に当たる接地面積を増やしてずれにくくしてくれます。

「モダン」という呼び方もあります。

⑤ブリッジ

左右のレンズをつなぐ部分のことです。

 

⑥丁番

上の図では分かりにくいので、下の図を見てください

②のテンプルとレンズを入れた前側をネジでつないでいる部分です。

・これでメガネのウデを折りたたむことが出来ます。

・丁番なしのメガネフレームもあります。当然、折りたたみができません。

⑦レンズ止め

・その名のごとくレンズを枠に入れて止める部分(部品)です。

 

 

以上が大まかなメガネの名前です。(他にもまだあります)

メガネの枠はいろいろな部品を組み合わせて作られています。

名前が分かると少し安心しませんか?

電話などでお問合せいただく時の参考にしていただければ、と思います。

 

はじめてのメガネ 「メガネの名前」

スタッフ長尾でした。

はじめてのメガネ  メガネの置き方

2019.06.23

 

スタッフ長尾です。

メガネを使うのは初めて、

どう取り扱っていいのかでよくわからない。

 

それは当然ですよね、初めてなのですから^_^

今日は「メガネの取扱い基本のキ」という風な感じでご説明します。

 

先ずはメガネの置き方です。

当店もそうですが

メガネ店ではこんな風にメガネのウデを折りたたんで並べてあることが多いです。

一番安定した置き方で、(置く場所についてはまた説明いたします)

また手に取る時も取りやすい置き方です。

 

ではやってはいけない置き方、

それはレンズを下向きにすることです。

レンズにキズが付いてしまいます。(スタッフ私物なのでメガネ拭きを敷いています)

 

お手元用メガネ等で、レンズに縦にキズが付いたりしていませんか?

主な原因はこのレンズを下向きに置いてしまうことです。

プラスチックレンズは擦り傷に弱いので下向き厳禁です。

 

 

また、ウデを開い状態での置き方なのですが

これもやってはいけない置き方です。

 

 

メガネはレンズがあるので前荷重になりなって前に倒れやすくなります。

何か(手や本等々)がちょっと触れただけでも倒れることがあります。

 

コロンと前に倒れるとやってはいけないレンズ下向き置きになってしまいます。

 

 

なので、

ウデを開いたままでメガネを置く場合は、上を下にして置いてください。

安定して倒れにくいです。

でも、メガネ置きっぱなしはだめ×ですよ。

メガネって掛けて使っている時より、

何処かに置いている時の方が歪んだり壊れたりすることが多いのです。

使わない時はメガネケースに入れて保管してくださいね。

 

「メガネの置き方基本のキ」

スタッフ長尾でした。

近くを見る時の視力もやっぱり大事です

2019.06.21

スタッフ今堀です。

 

度数測定をする際には、

裸眼(メガネやコンタクトレンズをしていない状態での)視力、

今お使いのメガネの度数での視力、

近視や遠視、乱視などを補正した状態での視力などをチェックします。

(裸眼視力のチェックを省略する場合もあります)

 

基本的には遠くを見た時の視力をチェックしているのですが、

それだけでなく、近くを見た時の近方視力もチェックします。

 

近方視力のチェックは、

 

お客様に手で持って見てもらうタイプの視力表や、

 

検眼器にセットされている視力表や、

 

一定の距離にセットして見てもらう視力表など、

(こちらは主に子どもさんに使っています)

 

このような視力表を状況に応じて使いながらチェックしています。

一応、0.1~1.0まで視標はあるのですが、

遠くの視力と同じように細かく視力を確認していくというよりは、

近くを見た時の大体の見え方をチェックしています。

 

近方視力をチェックしておくと、色々と良いことがあります。

 

遠くを見る時の視力と近くを見る時の視力は、

ほぼ同じくらいになると言われています。(老眼のある人は別ですが)

老眼とは無縁の10代や20代の若い方が、

遠くの視力は1.0以上出ているにもかかわらず、近くの視力があまり良くない。

もし、そういうことがあった場合には、

もしかして遠視なのかな?とか、

近くを見る時に何か問題が起こっているのかな?

と考えることができます。

 

 

 

老眼の症状が出始めている方の場合でも、

最近の新聞のように少し大きめの文字を使ったものや、

ピントが合うように手元から少し離して見るようにすれば、

意外と問題なく読めてしまいます。

 

そうすると、自分は老眼にはなっていないし、

老眼鏡なども必要ないと思われてしまうのですが、

近方視力をチェックする(かなり小さい視標を見る)ことで、

近くの見にくさや、疲れやすくなっていることに気が付いてもらえます。

 

最近は、遠くを見る時よりも近くを見る時に問題を抱えておられる方も多いです。

なので、近方視力の重要性はより高くなっているなと思っています。

ちなみに、近方の視力チェックも遠方の時と同様に、

目を細めて見ないようにご注意下さいね。

 

初めてのメガネ   子ども用メガネ

2019.06.19

 

スタッフ長尾です。

子ども用のメガネは当然お子さまにとって

初めてのメガネになります。

そして、

お母さんお父さんにとっても、

初めてのメガネということもありますよね。

 

家族に誰もメガネ経験者がいないので

何も分からないし、不安で・・・。

そう切り出される親御さんも多いのですが、

 

経験がなければ

知らない

わからない

といのは至極当然で当たり前のことです。

 

誰でも最初は初心者です(*^_^*)

 

メガネのお手入れ方法や

取り扱い方などご説明いたしますので

どうぞ安心なさってください。

パンフレットもご用意しております。

 

また、メガネを使用している私たちが当たり前になりすぎて

普段気付かないこともあるかと思いますので

お気軽に、何でもお尋ねください。

 

例えば、

メガネのウデは右と左、どっちから先に畳んだらいいの?等々

本当になんでも結構ですよ\(^o^)/