トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

AKITTO

お客様のメガネのご紹介。お店で人気のレンズと人気の眼鏡ブランド。

2019.11.01

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが出来上がりました。

 

 

フレームは、今年発売されたばかりのAKITTO (アキット)のcot

レディースフレームなので僕は掛けられませんが、デザインがとても気に入っていて大好きなフレームです。

 

最初はチェーン店で作ろうかなと考えておられたようなのですが、ご家族が「せっかくメガネを作るならちゃんとしたお店で作った方が良いよ」と言われ、当店を紹介して下さったようです。

 

現在お使いの遠近両用レンズの近用部分が見にくくなってきたということで、新しいメガネを作らせていただくことになりました。

 

 

遠近両用レンズの近用度数を強くするだけでも良かったのですが、お仕事はほとんどデスクワークで、近くを見る時間が圧倒的に多いということだったので、室内用タイプをご提案しました。

 

今回のお客様もそうだったのですが、意外と室内用タイプのレンズをご存じでない方が多いです。

レンズメーカーさんにはもう少し頑張ってPRして欲しいところですね。

 

当店のスタッフ長尾も、仕事中は室内用タイプをずっと使っておりますが、室内での作業にはとってもおすすめのレンズです。

最近は女性のお客様を中心に、とても人気のあるレンズとなっております。

 

遠近両用レンズと室内用レンズのテストレンズで見え方の違いを比べてみていただき、室内用レンズになりました。

 

 

フレームは、AKITTO (アキット)に一目ぼれ。

アキットのコーナーでしばらく色々掛けてみてもらい、今年のモデルのcotに決まりました。

 

 

テンプル(ウデ)の装飾がとっても素敵なフレームです。

ゴールドベースに青色のこちらのカラーを気に入っていただきました。

 

ちなみに、10月末時点でアキットは昨年の売上本数を超え、記録更新となりました。

当店で販売しているレディースブランドの中では、人気NO1です。

 

「高いなあ~・・・ でも、やっぱりこれが良いな。」

皆さん、そう言ってアキットのフレームを買って行かれます(笑)

 

当店ではスタンダードからハイエンドまで4つのグレードに分けてレンズを販売しておりますが、今回はフレームの方に金額がかかってしまったので、レンズの方はスタンダードクラスにしていただきました。

 

レンズにこだわりたい方、フレームにこだわりたい方、いろんな方がおられますので、お客様のご要望とご予算をお聞きしながらメガネのご提案をさせていただきます。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

 

アキットの人気モデルが再入荷しております

2019.09.14

スタッフ今堀です。

 

女性のお客様に大人気のAKITTO (アキット)の眼鏡フレーム。

年4回新作が発表されることになっており、

夏に2019年の3rdモデルが発表されました。

 

先月、デザイナーさんから新作のフレームを送ってもらい、

スタッフでどれを仕入れるかチェックしました。

アキットに限らず、どのブランドでもそうなのですが、

新作ならとにかく何でも仕入れるというわけではなく、

当店に来られるお客様に受け入れられるかなども考えて、

どの商品を仕入れるかを決めております。

(お店の地域性や顧客の年齢層も違うので、

その辺りのことも考えながら自店に必要な商品を選んでいます。)

 

そういう事情もあり、今回の新作は仕入れを見送ることにし、

そのかわりに人気があったモデルが再生産されていたので、

そちらを仕入れることにしました。

 

sal

サイズ:4918

カラー:SB(左) WN(右)

48,100円(税込 ※8%)

 

 

scallops(=ホタテガイ)がデザインモチーフのテンプル(ウデ)。

フロント(前枠)とは違った明るいカラーで、

横顔がとっても素敵に見えます。

写真はかなりアップで撮っているので柄が目立ちますが、

実際にメガネを掛けて、少し離れて見ると印象が変わります。

 

デザイナーさんいはく、

アキットのメガネフレームは、メガネが主張するのではなく、

少し離れたところから見た時に、

「ああ、何か素敵なメガネで、とてもよく似合っているな」

という印象を相手にもってもらえて、

近づいてじっくりとメガネを見てみると、

「こんなにお洒落で凝ったデザインだったんだ」と、

その時に初めてメガネが表に出てくるような、

そんなデザインを心掛けているとのことです。

 

ブログなどではどうしてもアップで撮影しているので、

(特徴を分かりやすく伝えなければならないので)

目立ちそうなメガネに思えるかもしれませんが、

実際に掛けて少し離れて見てみると、全然そんなことはありません。

お店に来られた際は、手に取って見るだけでなく、

試着して、少し離れたところから鏡に映った姿をご覧になってみて下さい。

 

こちらのsalは、昨年発売されたモデルなのですが、

当店では初回入荷後にすぐに売れてしまい、

リピート注文した分も今年に入ってまた売れてしまいました。

なので、新作よりもこちらを優先して仕入れることにしました。

 

 

ただし、前回入荷分とカラーだけは変えております。

前回はマット(艶なし)カラーでしたが、

今回は艶ありのカラーをチョイスしてみました。

光沢感があるとまた違った印象になります。

(上の写真の茶色のフレームは過去入荷分。今は在庫がございません。)

 

 

アクセサリーのように女性らしさを引き立てるメガネフレーム。

大人の女性にぴったりの眼鏡です。

アキットに関しては、売れてなくなってしまうことも多いので、

気に入ったモデルやカラーがある場合は、

ぜひ、早めにチェックして下さいね。

 

 

お客様のサングラスとメガネの紹介です

2019.08.18

 

暑い日が続きますね。

夏だからしょうがない!

とはいえ連日の猛暑日で

バテバテ、ヘロヘロのスタッフ長尾です。

 

この夏の暑さのせいかサングラスのご注文が増えています。

今日紹介しますのはこちらのサングラスです。

 

レンズカラーはコパー(ブラウン)

カラー濃度は50%です。

普段使いも出来る濃さになっています。(瞳が見え程度の濃さです。)

 

使用フレームは

AKITTO(アキット)ACO(アコ)

サイズ:46☐19

カラー:LB

 

アキットのフレームは女性の美しさを引き立てるデザインで

当店でもとても人気があり、おすすめフレームのひとつです。

 

でもおすすめポイントはそれだけではありません

それは・・・・

眼幅に合わせて最適サイズが選びやすいということです。

 

 

 

お客様の目幅は広すぎず狭すぎず、標準的な眼幅です。

近視の度数と乱視度数少々強めなので

レンズの厚みが気になるところです。

 

近視用レンズは中心から外側へ離れるほど厚みが増すので

フレームは小さいサイズがおすすめです。

ACOのサイズは46と女性用フレームの中でも小さいサイズです。

 

でもただ小さければ良いというわけではありません。

眼幅に合わせてフレームサイズの46☐19の

☐の後の数字が重要になります。

 

眼幅が狭ければ☐の後の数字が小さいほうが良いですし

眼幅が広ければ☐の後の数字が大きいほうが良いのです。

 

眼幅に対して最適のフレームサイズに

高屈折超薄型レンズを使わせて頂き

フレーム枠ににすっきり収まる素敵なサングラスが出来上がりました。

 

そして、

日常使いには無色レンズでメガネも作っていただきました。

AKITTO(アキット)has2

サイズ45☐20

カラー:1

こちらも小さめサイズで、

レンズの厚みもスッキリのメガネに仕上がっています。

 

 

まだまだ暑い日が続きそうなこの夏。

新しいサングラスとメガネで

颯爽と楽しく過ごしてもらえると嬉しいですね。

お買い上げいただきありがとうございました。

度付にもできます。アキットのサングラス

2019.08.10

スタッフ今堀です。

 

女性のお客様に大人気の眼鏡ブランド、AKITTO (アキット)。

アクセサリーのように身に付けられるデザインのフレームが、

長年メガネを使って来られた女性の方だけでなく、

老眼をきっかけに初めてメガネを作る女性の方や、

コンタクトレンズをやめてメガネにされる女性の方に受けています。

 

そんなAKITTO (アキット)のコレクションの中から、

今の時期にぴったりの素敵なサングラスをご紹介します。

 

SG2

サイズ:52□21

カラー:BR

36,300円(税込)

 

プラスチックのフレームですが、全体がプラスチックではなく、

左右のレンズをつなぐブリッジ部分にメタル(金属系)素材を使った、

コンビネーションタイプのサングラスです。

 

カラー:GY

 

アパレルブランドのサングラスなどには、

「女優さんやモデルさんなら掛けこなせるかもしれないけど、

普段、あまりサングラスを掛けない人にとっては、

これはちょっと抵抗あるな・・・・」

というデザインのものも多いですが、

このアキットのサングラスは、サングラスに慣れていない方でも、

それほど抵抗なく掛けられるデザインではないかなと思います。

 

 

鼻パッドも付いているので調整が可能です。

度付レンズに交換することも可能です。

市販のサングラスを度付にする場合には、

ハイカーブ対応のレンズにしなければならないことも多いですが、

こちらは通常のレンズでも大丈夫です。

度付にされる場合も気軽にご相談下さい。

お客様のメガネ 遠近両用メガネと遠近両用サングラス

2019.07.21

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネのご紹介です。

 

 

現在お使いいただいているのは遠近両用メガネ。

近くはよく見えるが遠くが見にくい

仕事上書類を見ることが多いけど

近くの見え方は特に不自由はない。

 

車の運転が不安なので遠くがすっきり見える遠近両用メガネが欲しい。

旅行用に遠近両用メガネでサングラスも欲しいな。

というご要望でした。

 

どれぐらい度数が進んでいるのか測定の後

先ずは日常使い用のフレームを選んでいたただいただきました。

 

AKITTO(アキット) sal 49サイズ

 

近視度数が進んでいたので、

レンズをぐるっと取り囲むタイプのフレームをご提案しました。

近視矯正用のレンズは

中心から外に向かって離れるほど厚さが増していきます。

レンズを取り囲むフチがある方が厚みをカバーできます。

 

AKITTO(アキット)のフレームは

女性らしさが引き立つアクセサリーのような

おしゃれなデザインで人気ですが

レンズの厚みにも対応できるフレームなんですね。

 

目幅とフレームのサイズを考慮し、薄型レンズを選ぶと

 

      

 

レンズの厚みを抑えることができます。

レンズの厚みも目立たず素敵なメガネ完成です。

 

 

 

お次はサングラス用にフレームとレンズ選びです。

 

夏の旅行はギラギラと太陽の陽射しもきつくとても眩しいですよね。

それに運転をされるなら

路面やフロントガラスの映り込みの反射をカットしてくれる

偏光レンズがおすすめです。

 

 

偏光レンズテスターがあるのでお試しいただきました。

    

 

見えやすいし目も楽な感じがすると好評で

カラーも濃いめのダークグレイに決定しました。(ライトグレイもあります)

この濃さなら眩しさもしっかり防げます!

 

 

選んでいただいたサングラス用フレームは

lafont(ラフォン)のBAGATELLE (バガテーレ)

シンプルなフレームですが、

表がブラック裏が明るいベージュの生地を貼り合わせがおしゃれ。

ちょっと大きめのサイズなので

サングラス用にオススメしたいなと思っていたフレームでした。

 

夏のご旅行の素敵なお供になると思います。

お買い上げありがとうございました。

お客様のメガネの紹介 サポートレンズで大人メガネ

2019.07.14

 

スタッフ長尾です。

本日はお客様のメガネ紹介です。

 

 

 

選んでい頂いたフレームはAKITTO(アキット)です。

rad(ラッド) サイズ:51

 

前枠の両サイドが少しつんっと上がっているので

かっちりとしてちょっとキツイ感じになってしまうのではないか?

と心配されましたがそこは心配ご無用。

優しく可愛いらしい印象そのままに、

お顔のリフトアップ効果もあるフレームです。

 

フレームカラーのイエローベースのブラウンが

相乗効果で顔色をより元気よく明るくしてくれてます。

 

 

テンプル(ウデ)のデザインは

編み込み(brairad)がモチーフになっています。

アクセサリー感覚のアキットらしいフレームです。

 

 

AKITTOのフレームの特長のひとつに

メタル(金属製)でありながら少し太めのリム(レンズを取り囲む枠)があります。

はっきりしたフレームカラーなのでイメージチェンジにおすすめしていますが、

太めのリムがレンズの厚みをカバーしてくれるので、

レンズのフチの厚みが気になる方にもおすすめのフレームです。

 

 

お客様は、近視度数が強めで

デザイン重視だとレンズの厚さが目立ってしまう。

かといってレンズの薄さを追求してしまうと

ただ小さいだけの地味~なフレームになってしまうのがお悩みでした。

 

AKITTOのrodはそんな悩みにぴったりのフレームです。

 

仕上がったメガネのレンズも厚みも抑えることができました。

 

 

 

そして使用したレンズの種類はサポートレンズです。

 

お客様の見え方に関するお悩みをお伺いすると・・・・。

新聞や本、スマートホンの文字などが見えないわけではないけれど。

読んだりすることが億劫、面倒くさくなる。

メガネを外したくなる。

何かすっきりしないし、辛い。

スマホを離して見ているいる。とご家族から指摘される。

もしかして老眼?!(認めたくないけど、)

 

これらの症状は

近くを見るためにピントを合わせる力

調節力の衰えがはじまったサイン

認めたくはないことだとは思いますが、老眼の始まりです。

 

 

頑張れば近くの文字も読めてしまうから無理をする。(無自覚であることが多い)

無理をするからますます疲れ目に悩まされる。

 

そんな40代の

初期の大人メガネ世代におすすめなのがサポートレンズです。

 

レンズの下部分に近くを見やすくするエリアが設けてあります。

無理せずに文字が読めるので

とても楽だわ~。と実感していただけました。

 

レンズの厚みの悩みも、

近くを見るしんどさの悩みもこれで解決!ですね。

 

点検やクリーニング、お気軽にお立ち寄りくださいね。

気になること等ありましたら、どんどんお問合せくださいませ。

お買い上げありがとうございました。

アキットの新作が入荷しました②

2019.05.29

スタッフ今堀です。

 

当店で女性のお客様に大人気の眼鏡ブランド、

AKITTO (アキット)の新作が入荷しています。

先日のブログでradというモデルをご紹介しましたが、

今日はもう一つの新作をご紹介します。

 

cot

サイズ:51□14

カラー:LB(ライトブラウン)

48,100円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 53,500円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 63,100円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

フルーツチョコレートから着想を得たというテンプル(ウデ)の飾り。

「チョコレート chocolate」が名前の由来だそうです。

 

(こちらの写真はアキットのウェブサイトより使わせていただきました。)

 

展示会(新作発表会)でこのフレームを見た時に、

「面白いデザインだな」と思い、デザイナーさんの奥様に、

「これは何がデザインモチーフなんですか?」と尋ねたら、

そのチョコレートを見せて下さいました。

チョコレートの包装紙を両手でキュッキュッと捩じった感じが表現されています。

 

 

先セル(耳のところのプラスチックのパーツ)がないフレームです。

先っぽがどんぐりのデザインになっています。

 

カラー:SC

 

アキットのフレームは、マットタイプ(つやなし)のカラーが多いのですが、

SCカラーはつやありのカラーです。

テンプルはアンティークっぽいゴールドになっています。

LBカラーとはまたちょっと違う雰囲気。

今ならどちらのカラーも店頭にありますので、

ぜひ、両方を掛け比べて見て下さい。

 

 

 

レンズサイズが51mmと少し小さめなことに加え、

鼻幅も14mmと一般的なレディースフレームより短めになっています。

小顔の女性の方や、目幅が少し狭い方におすすめのサイズです。

レンズの厚みが気になる強度近視の方にもおすすめですよ。

先日のradと、本日ご紹介したcot

 

アキットらしいとっても素敵な新作フレームとなっております。

アキットのフレームは、人気のモデルは結構すぐに完売してしまうので、

気になる方はぜひ早めのチェックをお願いします。

アキットの新作が入荷しました

2019.05.27

スタッフ今堀です。

 

当店で女性のお客様に大人気の眼鏡ブランド、

AKITTO (アキット)

先日のブログでも、スタッフ長尾が、

お客様のアキットのフレームをご紹介しておりましたが、

今月もすでに数人のお客様にご購入いただきました。

相変わらず大人気のブランドです。

 

今年の4月に東京のアキット直営店で、

展示会(新作発表会)が行われていたのですが、

その時に予約していた新作が入荷しました!

2型入荷しているのですが、本日はその内の一つをご紹介します。

 

rad

サイズ:51□15

カラー:GR(グリーン)

48,100円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 53,500円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 63,100円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

アキットのフレームは、

デザインモチーフとなった“モノ”から名前が付けられているのですが、

こちらのフレームは、「編み込み(braid)」がモデル名の由来。

 

 

テンプル(ウデ)を見ると、

「編み込み」をイメージした素敵な飾りが!

ここまで近づいて見ると、「おぉ~」という感じがしますが、

実際に掛けて少し離れたところから見ると、

全然派手ではなく、程よいアクセントになってくれます。

ご試着の際は、少し離れたところからもチェックしてみて下さいね。

 

 

アキットの最近のモデルは、

先セル(耳の部分のプラスチックのパーツ)がないものが多かったのですが、

このradには先セルが付いております。

「私、先セルがないメガネは嫌なんよ~」

という方にはおすすめです。

 

 

別色のLB(ライトブラウン)は肌なじみしやすく、

特にイエローベース系の方におすすめのカラーです。

フレームの色選びに迷ったら、

スタッフ長尾によるパーソナルカラー診断がおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

※諸事情により、現在パーソナルカラー診断を中止しております。

 6月前半には再開できるかと思います。

 

 

 

アキットらしい程よい丸みのあるやわらかいレンズシェイプ。

通常のメタルフレームよりも少し厚みのあるフロント(前枠)は、

お顔を引き締める効果もあります。

「顔の印象が大きく変わるのは嫌だけど、

ちょっと今までとは違うフレームを掛けてみたい。」

「イメージチェンジをしてみたいのだけど、

プラスチックフレームには抵抗が・・・」

そんな方にぜひおすすめしたいフレームです。

 

 

 

 

お客さのメガネのご紹介 イメージチェンジです

2019.05.26

 

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネのご紹介です。

 

お客様は普段はコンタクトレンズを使用されています。

そのコンタクトを外した時用のメガネを作りたい。

そして、

ちょっとイメージチェンジしてみたいな・・・というご要望でした。

 

 

選んでいただいたのは・・・

太めの枠が多いアキットのフレームの中では珍しい

こちらの細身のメタル(金属)枠です。

 

ATITTO(アキット) pin1 サイズ48

 

ピンクのカラーがアクセントで

フレームの両サイドがくびれているちょっと変わった形。

でもそこが、リフトアップ効果の期待できるかしこかわいいフレームです。

 

 

このフレームに決まるまでには色々お試しいただき、

たくさん、たくさん悩んでいただきました。

 

 

はじめは同じプラスチック製のフレームでの

イメージチェンジを考えておられました。

現在お使いのフレームはプラスチックの赤系統のフレーム。

 

ブルー系の色が好きということでこちらのフレームをお試し。

きりっと引き締め効果がある濃いめの色ながら、

鼻パッドの白いラインが暗くなりがちな目元を

明るくしてくれるという賢いフレーム。

 

でもちょっと重たい印象になっちゃうかなぁ・・・・

それに今のメガネと同じ上下の短い形だし・・・・

 

そしてこちらのフレーム

 

シンプルなデザインで派手すぎず、丸いレンズの形が優しい雰囲気に。

 

でも、カジュアル過ぎるかな・・・

カラーが今と同じ赤系でもあるし・・・

 

そこで思い切ってメタル(金属)のフレームをお試しいただいたのです。

 

お客様は少し強めの近視です。

レンズの厚みが気になるので、

プラスチック製のフレームを希望されていたんですね。

 

でも、お顔と目幅に合わせて小さめのフレームを選び、

薄型レンズを使えばレンズの厚みを抑えることができる。

ということをご説明しました。

 

 

ここで最初に紹介しましたアキットのフレームです。

48サイズとかなり小さめですが、

鼻幅と言われる左右のレンズをつなぐ部分が少し広めで、

お顔の幅、目幅にしっかり合わせることが出来ます。

 

それから、パソコンでレンズの厚みをシュミレーション。

薄型レンズを使えば厚みも抑えられることが分かりました。

(写真は既にレンズが入っている状態です)

 

今までのフレームとは全く違う素材で違うテイスト。

金属のツヤがキラキラし過ぎて派手じゃないの??

と心配されましたが、

このツヤがお客様の肌を明るくして、存在感を引き立てる効果が大!!

だからと言って派手ってことではありません。

 

あれこれお試しいただき、

たくさんごの質問、疑問に一つ一つ応えてく、

お客様と一緒にフレームを選ぶ楽しい時間でした。

 

お買い上げありがとうございました。

 


フレーム選びの最中。

「誰かに一緒に来てもらって、見てもらう方がいいかな?」

とおっしゃいましたが

「イメージチェンジの最大の敵は身内」

といわれるほどで、

近しい人ほど意見を求めてはダメって言われてるんですね。

 

イメージチェンジを考えている皆さま、

ご家族と一緒にお買い物に行ったら、ダメですよ。

辛口のお知り合いと行ってくださいませね(笑)。

 

 

 

お客様のメガネのご紹介 室内用メガネをお作りしました

2019.05.14

 

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネのご紹介です。

 

使用フレームはATITTO(アキット) Rey

 

アキットはメガネが初めての方から、既に複数本お持ち方まで大人気です。

可愛いけれど甘すぎない、お洒落だけれど奇抜過ぎないところが

女性の心をギュッと掴んで離さないフレームなのです(*^。^*)

 

このreyはテンプル(ウデ)のデザインがポイントです

麦の穂がデザインモチーフです。(今が刈入れ時ですよね)

 

 

そして使用するレンズですが・・・・。

お客様には前回遠近両用メガネをお作り頂いていて、

次は室内用(中近両用)メガネを作りたいなとおしゃっていました。

 

お客様は少し強めの近視です。

お家ではメガネ無しでも新聞や本は読んだりできるんだけど、

やっぱりメガネがないとパソコン作業やお料理がちょっと不便なの。

ということでした。

 

 

遠近両用メガネがあれば問題ないのでは?

と思われるかもしれませんが、

実は遠近両用レンズは長い時間近くの物を見るのにはちょっと不向き。

 

遠くはすっきり見えますが、

近くが見える範囲が狭く

その位置もレンズのかなり下になります。

 

 

 

顎を少し上げた状態で視線を下げることになるので

長い時間この姿勢では目も首も疲れやすくなります。

 

 

テレビの画面もメガネの遠くを見る部分よりもちょっと下の

中間(図の黄緑色の部分)と言われる部分で見る方が楽だったりします。

料理をしたり、テレビを見たり。

パソコン作業の時も顎を上げてるのって疲れますよね。

「中近を作りたいな」とおっしゃるのはよくよく分かります。

 

 

室内用メガネなら真直ぐ正面を向いた時に

   

中間距離(テレビ等)が良く見える度数に視線が入ります。

右の遠近両用レンズの図と比べるとよくお分りいただけると思います。

 

近くを見る時も

うつむくと自然に近くが見える部分(ピンクの部分)に

視線が通るので無理な姿勢をしなくて済みます。

今回はより近くが見やすい20mmタイプの室内用レンズをおすすめしました。

 

お出かけには現在お使いの遠近両用メガネを。

お家では室内用メガネを使えばストレスなしの日常生活も可能です\(^o^)/

ご感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

お買い上げありがとうございました。

 

 

室内用メガネでは車の運転はできません。

便利なメガネですが苦手なこともあるのでご注意ください。