トップページ > お知らせ・Blog

スペックエスパス

汗をかいてもずれにくい、スペックエスパスのサングラス

2018.06.22

スタッフ今堀です。

 

ここのところ雨の日が続いておりましたが、

本日は久しぶりに快晴となりました。

日傘をさして歩いておられる方が多いです。

やっぱり紫外線対策は大事ですね。

 

久しぶりに外で撮影ができたので、

本日はこちらのサングラスをご紹介します。

 

spec ēspace (スペックエスパス)

ES-9013

サイズ:62□17

カラー:No.962 red sasa

27,000円(税込)

 

少し大きめサイズのサングラスです。

正面から見ているとあまり分かりませんが、

顔を包みこむようにカーブが付いております。

 

 

スペックエスパスのサングラスというと、

レンズを浮かせるようにして左右に空間をつくる

上の写真のようなデザインのものが代表的ですが、

このES-9013はプラスチック(アセテート)製のサングラスです。

 

 

鼻パッドは調整のしやすいシリコン製のノーズパッドが使われています。

ある程度調整ができるので、鼻への当たりも良いです。

シリコン製なので、汗をかいてもずれにくいです。

夏場にはありがたいですね。

 

 

丸みもあって掛けやすいカタチ。

レンズカラーはグラデーションになっており、

レンズの上と下とで色の濃さが変わります。

 

 

海外製のサングラスでも似たようなデザインのものはありますが、

このサングラスは安心の日本製。

鼻パッドを調整することによって、

しっかりと鼻の上にのせることができます。

せっかくカッコいいサングラスを掛けても、

ズルズルと下がっているとカッコ悪いですもんね。

 

当店の在庫はこちらのカラー一本のみとなっております。

気になる方はぜひお早めに。

 

 

 

2本目ありがとうございました

2018.05.12

スタッフ今堀です。

 

 

フレームによて空間を作り出す眼鏡・・・・

 

spec ēspace (スペックエスパス)

 

フレーム本体とレンズの間に意図的に設けられた

「空間」が印象的なこちらのフレーム。

昨日、男性のお客様にお買い上げいただきました。

 

実は、こちらのお客様・・・

当店でこのブランドの取扱いをスタートして、

最初にお買い上げいただいたお客様でもあります。

当店にとっては、記念すべき

spec ēspace (スペックエスパス)第1号のお客様です。

 

 

今では、たくさんのお客様にご購入いただいている

非常に人気のある眼鏡ブランドですが、

実は、ブランドを取り扱う際には、社長から猛反対されました。

デザインが斬新すぎて、

社長にはこのようなフレームが売れるとは到底思えなかったようです。

事前に導入をしたいという話はちゃんとしていたのですが、

デザイナーさんがお店に来られてフレームを見せてもらう段階になり、

態度が急変し、それはそれは大変でした(笑)

 

その反対を押し切るかたちで導入を決めたので、

最初は売れるかどうか、気が気ではありませんでした。

なので、お客様に初めて気に入っていただいてお買い上げいただけた時、

非常に嬉しかったのを覚えております。

 

そして、新しいメガネにもスペックエスパスを選んでいただきました。

 

 

先ほどの写真のようなユニークな形状のテンプル(腕)が特徴的な

スペックエスパスのフレームですが、

こちらのモデルはこのようにネジで折りたためるようになっております。

時々、こういったモデルも発売されるのですが、

結構人気があって、気が付くとなくなってしまいます。

 

 

テンプルにはプラスチック素材が使用されています。

カッコいいです。

このフレームに遠近両用レンズを入れさせていただきます。

 

2本目お買い上げいただき、ありがとうございました。

 

明るいカラーが目を引くスペックエスパスのサングラス

2018.04.15

スタッフ今堀です。

 

これからの季節におすすめのサングラスのご紹介です。

本日ご紹介するのは、

spec ēspace (スペックエスパス)のサングラスです。

 

ES9604R

サイズ:61□16

カラー:blue gray / green

38,900円(税込)

 

レンズの周辺とテンプル(腕)の部分に

明るいカラーが使われていて、

とても面白いデザインになっています。

 

 

 

実は表側と裏側で異なるカラーになっています。

表側は青みの入ったグレーなのですが、

裏側は鮮やかなグリーンになっています。

 

 

spec ēspaceのフレームではおなじみですが、

ネジによってテンプルを折りたたむヒンジと呼ばれる部分がなく、

フロント部分に引っかけるようにして折りたたみます。

 

サングラスというと、

デザイン重視で掛け心地は二の次というものが多いのですが、

こちらのサングラスはフレーム同様、

非常に軽くて掛け心地も良いです。

 

 

正面から見るとそれほどグリーンは目立ちません。

デザインもちょっと近未来的な感じがしてカッコいいです。

 

カラー:blue gray / red

 

でも、グリーンはちょっと・・・・という方には、

こちらのレッドはいかがでしょうか?

 

ES9604

 

初期のカラーも在庫があります。

先ほどの2本と同じ型なのですが、

カラーリングが違うので印象がずいぶん変わりますね。

 

お出かけの際に、車の運転に、スポーツに、

いろんな場面で活躍してくれること間違いなしのサングラスです。

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

 

同じように見えるかもしれませんが、実は違います

2018.03.25

スタッフ今堀です。

 

当店で人気の眼鏡ブランドの一つ、

spec ēspace (スペックエスパス)

 

一般的なメガネフレームの価格に比べると、

ちょっと高いフレームにはなるのですが、

それでも気に入ってお買い上げいただいております。

 

 

一枚のチタンシートから作り出されるフレームで、

テンプルを折りたたむのではなく、

レンズとフロントの間にできた開放部分に

テンプル(ウデ)を引っかけて収納するというユニークな構造です。

初めて見られた方は大抵、

「これ何?どうなっているの??」

という反応を示されます。

 

上の写真のように、フレームを並べた時に、

非常に“ディスプレイ映え”するフレームでもあるのですが、

そのユニークなデザインにばかり目が行ってしまい、

何となく全て同じフレームのように錯覚されるお客様もおられます。

 

でも、この4本とも全て異なるモデルで、

よく見ると、レンズのシェイプ(玉型)が違います。

 

ES-6088

カラー:11p

 

こちらはレンズの上下幅が浅めのモデルです。

今回ご紹介する4本の中では一番細身のモデルです。

 

ES-6094

カラー:28

 

こちらのモデルは上下幅が深めです。

遠近両用レンズなども十分入るサイズですね。

ブリッジ部分にスリットのような切れ目が入っていて、

ツーブリッジのようなデザインになっています。

 

ES-6095

カラー:04

 

こちらもES-6094同様、

上下幅が深いモデルなのですが、

レンズの横幅はちょっと小さめになっています。

全体的に丸みをもたせたレンズシェイプになっていて、

シャープな感じのデザインが苦手な方におすすめです。

 

ES-6093

カラー:44

 

上記のモデルは全て

レンズに溝を掘ってナイロンの糸で固定するタイプですが、

こちらの6093は、レンズを入れるためのリムが付いています。

写真では分かりにくいのですが、

フロント部は濃いめの茶色で塗装されていて、

リム部分は明るい茶色になっています。

それにより、リムの色が良いアクセントになっています。

 

フレームの構造は同じでも、

モデルによってレンズの玉型はけっこう違いますので、

ぜひ、色々見比べたり、実際に掛けて試してみて下さい。

 

ちょっとレアなモデルです

2018.02.19

スタッフ今堀です。

 

男性、女性、両方のお客様に支持されている眼鏡ブランド、

spec ēspace (スペックエスパス)

本日はそのラインナップの中でもちょっと珍しいフレームをご紹介します。

 

ES-6582(左)

カラー:91P

38,900円(税込)

 

ES-6581(右)

カラー:28P

38,900円(税込)

 

どこが珍しいのかと言いますと、

こちらの2本のフレーム・・・

 

どちらもテンプル(腕)の部分がプラスチック(アセテート)になっています。

 

ほとんどのモデルではラバー素材がテンプルに使用されていて、

フロント部分に引っかけるかたちで収納するようになっています。

 

 

ES-6581はフロントの裏側が明るいグリーンになっており、

(正面はブラックです。)

それに合わせたグリーンのプラスチックのテンプルがとてもきれいです。

ラバー素材のものとはまた違う良さがあります。

 

 

ES-6582はコロンと丸い可愛いレンズシェイプになっており、

サイズも小さめ。

女性におすすめのモデルです。

店頭には3色あったのですが、

すでに2本は女性のお客様にお買い上げいただいております。

 

 

両モデルとも、プラスチックのテンプルを使用していますので、

ラバータイプのように折り曲げて収納することができません。

変形したり、割れたりする心配があります。

ですので、このような専用の巾着袋が付いております。

折りたたむことができないというのが欠点といえば欠点ですが、

常時掛けっぱなしという方なら大丈夫かなと思います。

 

どちらも残り一本だけとなっています。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

これまでとはちょっと違う、スペックエスパスのNEWモデル

2018.02.05

スタッフ今堀です。

 

スタッフ今堀の大好きな眼鏡ブランド、

spec ēspace (スペックエスパス)のNEWモデルが入荷しました。

 

spec ēspace (スペックエスパス)

ES-1763

サイズ:54□16

col.05 brown/gold/cafe

38,900円(税込)

 

秋の展示会で予約した際には、

納期は1月頃になると聞いていたこちらのモデル。

入荷の時期が少し遅れてしまいましたが、

ようやくお店に入ってきました。

 

 

秋冬モデルのカタログの表紙にも使われているフレームで、

展示会でも注目度の高かったモデルです。

 

col.02 black/gold/black

 

これまでのモデルとの大きな違いは、

フレームとレンズの間にあった空間がないこと。

 

 

スペックエスパスのフレームといえば、

フロント部分にテンプル(腕)を引っかけるようにして

フレームを収納していました。

 

展示会で僕もこのフレームを初めて見た時、

「どうやって収納するんだろう?」と疑問に思いました。

 

その答えがこちら。

 

 

左右のレンズをつないでいるブリッジと呼ばれる部分、

(鼻当ての金属が付いている部分です。)

この部分に引っかけるようにして収納します。

 

実際にやってみました。

こんな感じになります。

 

ケースに入れるとこんな感じです。

 

説明書にも書いてありますが、

これまでの方法に比べると引っ掛かりは少し甘いので、

テンプルがはずれやすそうです。

ですので、折りたたむのはケース収納時のみで、

普段は折りたたまずにそのまま保管していただく方が良さそうです。

 

間もなく店頭に並びます。

ぜひ、実物をさわってみて下さい。

頑張ったご褒美に

2017.12.11

 

スタッフ長尾です。

今年一年頑張ったご褒美に、

新しいメガネはいかがでしょうか?

 

おすすめフレームの一つがスペックエスパスです。

男性用?、女性用?!。そんなことをこえたカッコいいフレームです。

 

こちらは、ES-7090 52サイズ 女性に人気。

 

透明感のある明るいカラーのアセテートが

チタンのリム(フレーム枠)を挟みこんでいます。軽そうでしょ?!

見た目に違わず実際、本当に軽いんですよ。

女性に人気なのはこんなところにも理由があります。

 

そしてちょっと注目していただきたいのが

ブリッジと呼ばれる左右のレンズをつないでるところ。

 

真直ぐつながずちょっと湾曲、アーチ状になっています。(橋だけに・・・^_^;)

細かいところですがおしゃれ度がピッとupしますよね。

カッコよくておしゃれ、お顔を立体的に見せてもくれるスペックエスパス。

 

紹介したモデルはただ今店頭三角コーナーでクリスマス仕様で展示中です。

他にピンクとパープル、ブラウンとグレーのツートンもございます。

試着も出来ますので気軽にお声かけくださいね。

 

スペックエスパス 2017NEWモデル入荷しました

2017.11.27

スタッフ今堀です。

 

先月の東京の展示会で予約していた新作が続々入荷しています。

本日ご紹介するのはspec espace (スペックエスパス)のNEWモデル

ES-1772

サイズ50□18

43,200円(税込)

 

最近のプラスチックフレームの多くは、

アセテートという素材が使われることが多いのですが、

こちらは軽量な特殊ナイロン系樹脂の素材が使用されています。

なので、非常に軽く仕上がっています。

 

別色のピンクもあります。

フロントはグラデーションカラーになっているのですが、

これがとってもきれいな色になっておりまして、

展示会の時にブース前に置いてあったサンプルを見て、

「これ、きれいな色やわぁ」と

スタッフ長尾が声を上げて絶賛していました。

 

レンズの玉型は柔らかみのある「ボストン」シェイプ。

小ぶりなので、女性に特におすすめのフレームです。

 

スペックエスパスといえばこれです。

フレーム本体とレンズの間にあえて空間を作り出すことによって

立体感を生み出します。

少し横を向いた角度で顔を見た時、

正面から見ている時とはまた違った表情が現われます。

ぜひ、実際に掛けて試してみて下さい。

 

エスパスの人気モデルのNEWカラーが入荷しました

2017.10.27

スタッフ今堀です。

 

先日の東京の展示会で予約していたフレームが入荷しました。

入荷したのはスペックエスパスのフレーム。

 

ES-7090

サイズ:52□17

43,200円(税込)

 

こちらのフレームはNEWモデルというわけではなく、

以前からあったモデルなのですが、

以前の4色に新たに2色が追加されました。

今回入荷したのはその新しいカラーです。

 

チタンのシートにアセテートリムをはめ込んでいます

丸みのある柔らかなレンズシェイプと透明感のある生地が目を引き、

当店では特に女性のお客様に人気があったモデルです。

非常に軽くてかけ心地も良いです。

 

先ほどご紹介したのが、

カラーNO5 light brown/light blue

そしてもう一色、

カラーNO6 purple/pink

 

どちらも爽やかなカラーです。

 

スペックエスパスといえば、フレームとレンズの間のこの空間。

フロントの左右の空間がお顔を立体的に見せてくれます。

ぜひ、実際に掛けてみて、鏡をご覧になってみて下さい。

 

年末から年明けにかけてNEWモデルも続々入荷する予定です。

また入荷次第ご紹介したいと思います。

 

 

ものづくりの現場にふれて

2017.10.15

スタッフ今堀です。

 

今週、眼鏡の聖地鯖江では、

漆器と眼鏡の産地・鯖江市河和田地区で開かれる体感型マーケット

「RENEW」というイベントが開催されています。

 

 

以下は公式のウェブサイトの説明です。

 

歩いて周れる産地・河和田の空気を感じながら、

職人のものづくりを見て、知って、体験できるイベントです。

工房見学や実演のほか、漆塗り、木工雑貨、眼鏡素材のアクセサリーづくりなど、

様々なワークショップもRENEWの醍醐味。

普段見ることのできない、ものづくりの背景に触れる4日間です。

 

 

恥ずかしながら、僕自身、こんなイベントがあることは全く知らなかったのですが、

当店で取り扱っているspec ēspace (スペックエスパス)という眼鏡を

デザイン・企画されているopt duo (オプトデュオ)という会社も

このイベントに参加されているそうで、

先日そのオプトデュオから電話をいただきました。

 

オプトデュオに見学に来られた方が、

スペックエスパスのフレームをすごく気に入られたようで、

ご自宅の近くでこのフレームを取扱っている眼鏡店を教えて欲しい

そんな風に言われたため、当店を紹介してもらったそうです。

 

近日中に店に来られるかもしれませんということだったのですが、

電話をもらった翌日、早速買いに来ていただきました。

 

スペックエスパス ES-6094 カラー46

 

たまたま向こうで気に入ってもらったフレームと

同じ品番で同じカラーのものがありました。

 

 

「とっても掛けやすい」と喜んでいただきました。

先日、ブログでスペックエスパスのフレームについて

商品レビューを書かせてもらいましたが、

(興味のある方はこちらをどうぞ。)

デザインもユニークですが、非常に掛け心地の良いフレームです。

 

 

ご夫婦でお越しいただいたのですが、

眼鏡を製造する工程などを実際に見てみて、

「とっても面白かった。」と感動しておられました。

店頭では完成した形しか見ることができませんが、

そこに至るまでにはたくさんの作業工程があり、

大変な手間暇がかけられてメガネは出来上がっています。

 

 

個人的にもこんなイベントがあると知っていたら、

当店のお客様にもご紹介したかったし、

自分自身も見に行ってみたかったのですが、残念でした。

 

もしかすると、

本当はもっとたくさんのメーカーや工場が参加できたのかもしれませんが、

今週は眼鏡業界にとっては一年で一番大きなイベント言っても過言ではない

大きな展示会が東京で開催されています。

どこのメーカーさんも大忙しで、なかなか参加が難しかったのかもしれませんね。

 

すっかり眼鏡に興味をもたれたようで、

話題はテレビで紹介されていたという電子メガネの話題に。

 

やはり消費者の皆様の関心もかなり高いようです。