トップページ > お知らせ・Blog

TAYLOR WITH RESPECT

北欧神話に出てくる狼の名前が付いたフレームです

2018.07.15

スタッフ今堀です。

 

連日、TAYLOR WITH RESPECTのフレームをご紹介してきましたが、

( テイラーウィズリスペクトと読みます。)

本日はNEWモデルをご紹介したいと思います。

 

HATI  ハティ

サイズ:48□21

カラー:04. Mat Black

41,000円(税込)

 

北欧神話で、月を追いかけて捕えて月食を起こしたとされる狼、

hati(ハティ)の名前がつけられたモデルです。

 

02. Dameged Gold

 

今回の2nd COLLECTIONでは、

デザイナーの新たな試みとして、

「ダメージドカラー」というカラーが加えられました。

 

要素を省く(マイナス)という観点から

使われていくうちに現れる表情に価値を見出す

ダメージドカラーの新しい表現方法を模索しました。 

古来より、日本では古びたものに価値を見出してきました。

今回の展示会にて発表するダメージドカラーは

そうした日本にある美意識をベースにしています。

貴金属メッキの上にさらに異なる貴金属メッキを行い、

その表面にダメージを与えることにより

上下二層二つのメッキが独特の雰囲気を作ります。

(TAYLOR WITH RESPECTのウェブサイトより)

 

 

先日ご紹介したsoleと同じフロント一体型のフルリムデザインを元に、

下部を取り除いたデザインとなっています。

ハーフリムやナイロールと呼ばれるタイプで、

レンズに溝を掘り、ナイロンの糸で固定するタイプのフレームです。

 

(04. Mat Blackを装用)

 

レンズの玉型は少し丸みを帯びた形となり、

カチッとしたイメージのデザインに柔らかさが加わっています。

フロントの下半分がなくなることで、

正面から見た時にすっきりした印象になります。

 

 

フロントとテンプル(ウデ)がつながる

智(ヨロイ)と呼ばれる部分は、

ブランドイニシャルのTをモチーフとしたカッコいいデザイン。

落ち着いた雰囲気と知的な印象を与えてくれるフレームです。

 

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

TAYLOR WITH RESPECTのプラスチックフレーム

2018.07.14

スタッフ今堀です。

 

昨日に引き続き、

TAYLOR WITH RESPECTのフレームの紹介です。

(テイラーウィズリスペクトと読みます。)

 

ブランド名のTAYLOR WITH RESPECTは、

仕立て屋(tailor)という言葉が元になっています。

使う人に合わせて丁寧に洋服を仕上げていく仕立てのように、

頭部によりフィットし、掛け心地がよくデザイン性の高い、

そんなハイスペックなメガネを作りたいという

デザイナーの想いが込められたフレームです。

 

ROOTS/Type-C ルーツ

サイズ:52□17

カラー:02. Blue Sasa Grey Half

 

 

少し丸みもあって、柔らかな雰囲気を醸し出すデザイン。

こちらのカラーは、上側にクールなブルーのカラー、

下側にはグレーのカラーが入ったツートンカラーです。

 

 

昨日ご紹介したsole同様、

このROOTSも昨年発売された1stコレクションのフレームです。

ただ、その時には鼻パッドが付いておりませんでした。

新たにパットアーム(クリングス)と鼻パッドが付けられたのが、

このType-Cです。

 

01. Black

 

定番のブラックカラー。

個性的な02カラーか、定番の01カラーか・・・

実物を見て思いっきり悩んで下さい。

 

(02. Blue Sasa Grey Halfを装用)

 

サイズは52□17ということで、

男性でも女性でも大丈夫なサイズ感となっております。

特に少しほっそりした顔の男性の方におすすめです。

調整をしない状態で掛けると、僕では少しきついです。

男性の方で現在お使いのフレームのサイズが、

54や56という方には少し小さいかもしれません。

 

 

写真では分からないのですが、

こちらのフレームのテンプル(ウデ)を触ってみると、

適度なバネ性があるのが分かります。

実は芯金の素材にステンレスが使われています。

昔はよく使われていたらしいのですが、

かなり高度なロウ付け技術が必要とされるようで、

加工ができる職人さんが今ではほとんどおられないそうです。

 

代々受け継がれてきた鯖江の職人の技術と、

過去になかったものをカタチにしていくデザイナーの感性。

その両方によって生み出された

TAYLOR WITH RESPECTのフレーム。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

人気モデルのNEWカラーです

2018.07.13

スタッフ今堀です。

 

今年の春に東京の青山で開催された

TAYLOR WITH RESPECTの新作発表会。

(テイラーウィズリスペクトと読みます。)

そちらで予約をしていたフレームが入荷してまいりました。

早速今日からご紹介していきたいと思います。

 

本日ご紹介するのは新型ではないのですが、

既存モデルに新たに追加されたNEWカラーになります。

 

sole

サイズ:49□20

カラー:05. Khaki & Gold Gradation (New Color!)

41,000円(税込)

 

 

カーキというカラー表示になっておりますが、

どちらかというと緑に近い色になっております。

下に向かって色が変化していくグラデーションカラーで、

ゴールドとの組み合わせがとても上品で、

個人的には非常に気に入っています。

 

(05. Khaki & Gold Gradationを装用)

 

このsoleは、

1stモデルの中では当店で一番人気のあったモデルです。

一見すると、よくあるウェリントン型のフレームですが、

フロント一体型のオールチタン枠でとっても軽量に仕上がっています。

また、この珍しいカラーなら、

人とはちょっと違うメガネを掛けているという印象を与えられます。

 

 

ブランド名のTAYLOR WITH RESPECTは、

仕立て屋(tailor)という言葉が元になっています。

使う人に合わせて丁寧に洋服を仕上げていく仕立てのように、

頭部によりフィットし、掛け心地がよくデザイン性の高い、

そんなハイスペックなメガネを作りたいという

デザイナーの想いが込められたフレームです。

 

ぜひ、店頭で試着してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーレンズを入れてサングラスにしてみました

2018.07.02

スタッフ今堀です。

 

昨日もご紹介したTAYLOR WITH RESPECTのフレーム。

(テイラーウィズリスペクトと読みます。)

発売されているのはフレームのみでサングラスはないのですが、

当店でカラーレンズを入れてサングラスにしてみました。

 

PLURAL (プルーラル)

サイズ:48□20

カラー:03.Black & Silver

41,000円(税込)

 

 

フロント(前枠)の上側はブラック、

下の方がシルバーというカラーなので、

グレーのハーフカラーを入れてみました。

レンズの上側が少し濃いめのグレーで下にいくほど薄くなります。

サングラスというには少し薄めのカラーですかね。

 

UNION (ユニオン)

サイズ:49 □ 20

カラー:03.Green Sasa

41,000円(税込)

 

 

こちらはイエローのカラーを入れたいなと思っていたのですが、

残念ながらお店にあるカラーレンズの中にはなかったので、

グリーンのカラーを入れてみました。

緑のフレームにグリーンというと、ちょっとベタな気もしますが、

これはこれでなかなかカッコいいのかなと思っています。

 

こんな風に色んなカラーのレンズを入れてサングラスにすることもできます。

もちろん、度も入れられます。

「カラーレンズを入れてサングラスにもできますよ。」と言われても、

なかなか無色のレンズの状態ではイメージがしにくいかなと思うので、

こちらをご覧いただいて参考にしてもらったら良いかなと思います。

 

 

 

ちなみに元の状態がこちらになります。

 

 

ブランドのコーナーに並べおりますので、

お店に来られた際はご覧になってみて下さい。

 

 

入荷はしておりませんが、ウェブサイトで新型が見られます。

2018.07.01

スタッフ今堀です。

 

今年の春に東京の青山で開催された

TAYLOR WITH RESPECT (テイラーウィズリスペクト)の新作発表会。

 

 

そこで発表されたブランドの2ND COLLECTION。

(昨年の秋にデビューしたばかりのブランドです。)

入荷を心待ちにしているのですが、

先日、デザイナーさんがお店に立ち寄って下さいました。

 

実はご自身のブランドのお仕事のほかに、

京都の大学で非常勤講師もされていて、

そこでアイウェアデザインの授業を担当されています。

その関係で京都に来られていて、帰りに寄って下さったそうです。

ありがとうございました。

 

福井県の鯖江の工場の方も今すごく忙しいようで、

予定よりも完成するのに時間がかかっているようですが、

「もうじき完成して出荷できると思います」とのこと。

楽しみです。

入荷したらまたご紹介したいと思います。

 

ブランドのウェブサイトでは既に新しいモデルが紹介されています。

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

 

ブランドのウェブサイトはこちらからご覧いただけます。

 

コンビネーションフレーム

2018.06.17

スタッフ今堀です。

 

メガネのフレームを素材別に大きく分けると、

プラスチック系とメタル系に分けられます。

大抵のフレームはどちらかのタイプになるわけですが、

フレームの中には、この二つの異なる素材を組み合わせて

作られているそんなフレームもあります。

 

 

その名もコンビネーションフレーム

略してコンビフレームと呼んだりもします。

クラシックなデザインのフレームで使われることが多いのですが、

最近はそういうデザインが流行っていますので

見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

本日は当店にあるフレームの中から

このコンビネーションフレームを2型ご紹介したいと思います。

 

isoTope (アイソトープ)

IS-511

サイズ:48□21

カラー:③

37,800円(税込)

 

TAYLOR WITH RESPECT (テイラーウィズリスペクト)

union

サイズ:49□20

カラー:03

41,000円(税込)

 

どちらのフレームも、

フロント(前枠)部分はプラスチックになっています。

 

 

ただし、全体がプラスチックで作られているわけではなく、

左右のレンズをつなぐ真ん中のブリッジと呼ばれる部分、

このパーツには金属が使われています。

 

 

メタルフレームと同じように

鼻パッドを付けるためのクリングスと呼ばれる部品が付いているので、

角度なども調整することができます。

 

 

テンプル(ウデ)部分も金属素材のものが付けられています。

プラスチックで太いテンプルが使われているフレームだと、

テンプルにしなりがなく、がっちりしたホールド感になりやすいです。

頭を締め付けられるような感じがしたり、

こめかみ部分の圧迫感が気になることもあります。

コンビネーションフレームの場合は、

細身の金属素材や弾力性のある金属素材などを使うことで、

程よいホールド感が得られるソフトな掛け心地にすることもできます。

 

見た目はプラスチックフレームに近い感じになるので、

プラスチックフレームならではの存在感や生地の美しさなどを生かしつつ、

メタルフレームのような掛け心地の良さも実現することができます。

ただ、作っているメーカやブランドによって全然違いますので、

一概にコンビネーションフレームだから掛け心地が良い

というわけではありません。

 

また、コンビネーションフレームならではの欠点もあります。

フロントとブリッジ、テンプルが完全に一体ではなく、

ネジなどで固定することになるので、

ネジの緩みによってガタツキが発生したりします。

さらに、オールプラスチックのフレームに比べると値段が高くなります。

 

本日ご紹介した2本のフレーム、

店頭に並んでおりますのでご試着いただくこともできます。

気になった方はぜひお店で掛けてみて下さい。

 

 

 

 

 

春の展示会 Taylor with Respect

2018.04.18

スタッフ今堀です。

 

先週の東京に引き続き、

今週は大阪でいろんな眼鏡ブランドの展示会(新作発表会)が開催されています。

本日も朝から参加してきました。

午後からはレンズメーカーさんのセミナーもあり、

つい先ほど帰って来たばかりです。

本日の内容はまた後日お伝えしようと思っています。

 

昨日のブログで、

スタッフ長尾が先週の東京の展示会の様子を書いてくれていましたが、

今回はいつも以上に厳しい日程でした・・・・

レンズを加工するための機械をメーカーさんに見せてもらう

というのが第一の目的であったため、

新しいフレームを見せてもらったり仕入れたりする時間がほとんどありませんでした。

 

そんな中、昨日のブログで紹介していたAKITTO(アキット)とともに、

なんとか立ち寄れたのが青山にあるこちらの会場でした。

 

 

僕たちのような田舎者には、

ちょっと入るのに抵抗を感じるくらい素敵な建物・・・

気後れしたスタッフ同士で、

「先に入って下さい」と譲り合っていたくらいです(笑)

この建物の中でいくつかの眼鏡ブランドが共同で展示会を開催していました。

 

 

 

お目当ては当店が昨年から取り扱いを始めたブランド、

Taylor with Respect ( テイラーウィズリスペクト)

デザイナーさんに新作を見せてもらってきました。

 

ブランドのメールマガジンで既に新作の概要は説明されていたので、

「今回はこのモデルを仕入れようかな」なんて思って行ったのですが、

なんと、既に初日で完売してしまったとのこと!

リピート分の予約というかたちになりました。

たしかに大量生産していないブランドではあるのですが、

さすがにびっくりしました。

 

リピート予約の分はだいぶ先になりそうですが、

他の商品については連休明けくらいには入荷してくる予定です。

アキット同様、入荷次第ブログとインスタグラムでご紹介したいと思います。

 

 

 

掛けやすさの秘密はテンプルにあった (後編)

2018.04.08

スタッフ今堀です。

 

昨日に引き続き、TAYLOR WITH RESPECT のフレームに

採用されている“Sライン”のテンプルについてご紹介します。

 

フレームをかけた時のデザイン性にもこだわり、

かつ快適なかけ心地が得られるように考え出されたのが、

昨日もご紹介したTAYLOR WITH RESPECT

“Sライン” と呼ばれるテンプルです。

ちなみにテンプルとはフレームの腕の部分のことです。

 

 

テンプルは写真のような形状になっています。

前側(レンズのある方)では横に張り出さずに、

後ろにいくにしたがって広がっているのがお分かりいただるとかと思います。

 

 

デザイナーさんから聞いた話をもとに

僕が勝手にイメージをイラストにしてみたものです。

分かりにくいイラストで大変申し訳ないのですが、

何となくイメージをつかんでもらえるでしょうか?

 

前方部分ではテンプルの横への張り出しを少なくし、

正面から見た時にすっきりと見えるように考えられています。

こめこみの部分では左右のテンプルの間の距離が広くなっており、

テンプルがこめかみ部分に食い込みにくいようになっています。

さらにお客様の顔幅にしっかりと合わせて調整することで

快適なかけ心地が得られます。

 

昨日のブログでも、

日本人をはじめとしたアジア人の顔は、

円形で横が膨らんでいるとお話しましたが、

その特性に合わせたテンプル形状になっています。

 

 

写真の部分は厚みが少し薄くなっており、よくしなります。

メガネの掛け外しの時にテンプルに加わる力を逃がして

根元にできるだけ力が加わらないように考えられています。

とはいえ、テンプル全体がふにゃふにゃしているということもなく、

掛けた時にほどよいホールド感が得られます。

 

 

テンプルを折りたたむための蝶番と呼ばれる部分も

壊れにくいようにしっかり作られています。

なかなか分かりにくい部分ではあるのですが、

細部まで妥協することなく、しっかりと良いものを作りたい、

そんなデザイナーの姿勢が感じられます。

 

TAYLOR WITH RESPECTのフレームは、

“Sライン”のテンプルからも分かるように、

フレームの見た目のデザインだけではなく、

ユーザーが実際にそのフレームをかける時の状態まで考えて

デザインされたフレームです。

 

価格だけをみると高いフレームに思えるかもしれませんが、

価格に見合った手間暇をかけて作られたフレームです。

 

ぜひ、店頭で実際にフレームをご覧いただき、

掛け心地の良さを体感していただけたらと思います。

 

 

掛けやすさの秘密はテンプルにあった (前編)

2018.04.07

スタッフ今堀です。

 

昨年の秋にブランドデビューし、

当店でも取り扱いがスタートした新しい眼鏡ブランド、

TAYLOR WITH RESPECT (テイラーウィズリスペクト)

 

僕自身も現在このブランドのフレームを掛けておりますが、

非常に掛け心地が良いフレームです。

 

 

TAYLOR WITH RESPECTのフレームには、

ブランドのデザイナーさんが考案された

“Sライン”と呼ばれるテンプル(腕)が使用されています。

 

メガネのテンプルというと、

まっすぐなテンプルをイメージされる方が多いかと思いますが、

“Sライン”のテンプルは上の写真を見ても分かる通り、

少し変わった形状になっています。

実はこれ、日本人の顔のある特徴を考えてデザインされいます。

 

 

欧米人と日本人をはじめとしたアジア人の顔を比較すると、

鼻の高さが全然違うというのは多くの方がご存じだと思います。

欧米人が掛けているカッコいい海外製のサングラスやメガネを

日本人が真似して掛けようとしても、鼻にうまく当たりません。

サングラスやメガネがズルズルとずれ落ちてしまいます。

 

それに加え、頭の形(骨格形状)も欧米人とアジア人では異なります。

細い顔つきの欧米人に比べ、アジア人の頭は円形で幅が広いことが多いです。

そのため、メガネを掛けた時にまっすぐなテンプルだと、

テンプル(腕)がこめかみに食い込んでしまうことがあります。

 

 

 

上のAが普通の真っ直ぐな形状のテンプルを掛けた時のイメージです。

メガネのサイズは左右の目の距離など

顔の正面から見た状態を中心に合わせますが、

たとえ顔の正面でサイズがぴったり合っていても、

奥にいくにしたがって横幅は膨らんでいくので、

こめかみの当たりが強くなってしまいます。

目幅は狭いけど、頭の横が膨らんでいるような方ですと、

これが顕著にあらわれます。

 

このような状態でメガネを掛け続けていると

頭が痛くなってしまいます。

それが嫌でレンズサイズの大きいフレームにしてしまうと、

横幅が広くなるので圧迫感は少くなるのですが、

今度は正面から見た時にメガネが大きく見えてしまいます。

 

かくいう僕も、目幅は非常に狭いのですが、

顔の横幅はかなり広いというタイプでして、

なかなか自分に合うフレームがありませんでした。

 

それを解決してくれたのが、

Bのような頭を抱き込むようなテンプル形状のフレームです。

Bのような形状のフレームだと、

レンズサイズの大きなフレームでなくても、

こめかみを強く押さえられることもなく、

快適に掛けることができます。

 

ただし、これにも問題があります。

上のイラストを見ていただくと分かるように、

左右のテンプルと顔の間に大きな隙間が空いてしまいます。

フレームをかけた時のデザイン性が損なわれてしまうのです。

 

そこで、フレームをかけた時のデザイン性にもこだわり、

かつ快適なかけ心地が得られるように考え出されたのが、

冒頭でご紹介したTAYLOR WITH RESPECT のフレームに

採用されている“Sライン”なのです。

(次回に続きます。)

 

 

 

 

 

 

早くもお客様の心をつかんでいます

2018.04.02

スタッフ今堀です。

 

昨日のブログでは、

スタッフ長尾がパーソナルカラー診断を行って

お客様のメガネをお作りした話を載せておりましたが、

実はその間にご主人様にもメガネを作っていただいておりました。

 

お選びいただいたのは、

昨年の秋から新たに取り扱いを始めたブランド、

TAYLOR WITH RESPECT (テイラーウィズリスペクト)

 

SOLE (ソル)

Navy & Silver Gradation

 

落ち着いたブルーのカラーがカッコいいモデルです。

 

別パーツで構成されている様に見えますが、

実はフロント一体型のフレームです。

よ~く見ると鼻パッドにもチタンが使われていたりして、

細かい部分までしっかりとこだわって作られています。

 

クラシックなデザインのフレームが流行しているので、

ぱっと見ただけではそれほどのインパクトはないかもしれませんが、

フレームをじっくりと見てみると全然違います。

 

 

変わった形状のテンプル(腕)が付いておりますが、

これがすごいんです。

この話題に触れると少し長くなってしまいますので、

こちらはまた別の機会に(笑)

 

Antique Silver

 

こちらのSOLEは、写真のAntique Silverのみとなってしまいました。

このカラーもとってもカッコいいです。

気になる方はぜひ店頭でご覧になって下さい。