トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

TAYLOR WITH RESPECT

お客様のメガネのご紹介。スタッフ長尾のブログを見てご来店いただきました

2020.09.21

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

 

フレームは、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)のunion

 

昨日、スタッフ長尾がご紹介したお客様のメガネもテイラーウィズリスペクトでしたが、男性のお客様に大変人気があるメガネフレームです。

 

 

今回ご購入いただいたunionは、ブランド誕生時に発表された記念すべき1stコレクション。

当時は4色のカラーバリエーションでしたが、展示会でサンプルを見て「これは売れるだろうな」と確信し、このunionだけは全色仕入れました。

 

結果的に予感は的中し、その時に仕入れた分は全色完売。さらに追加で仕入れましたが、今回お買い上げいただいた分で店頭の在庫はなくなってしまいました。

 

僕もこのunionを持っておりますが、デザインもカッコいいですし、とっても掛けやすいメガネフレームです。

 

 

昨年、遠近両用レンズでメガネをお作りいただいたばかりのお客様だったのですが、今回は室内用レンズで新たにメガネをお作りいただきました。

 

当店のスタッフ長尾が、ブログで度々室内用レンズのご紹介をさせていただいておりますが、そちらをご覧いただいたようで、「ブログで紹介されていた室内用レンズを試してみたい」とご来店いただきました。

 

 

お客様が、「ブログを見るまでこんなレンズがあるなんて知らなかった」と仰っておられた室内用レンズですが、レンズメーカーの担当営業さんによると、コロナの影響で室内用レンズの売り上げがかなり伸びているようです。

 

しかしながら、当店ではそれ以前から室内用レンズの販売数が伸びており(ちょっとだけ自慢)、室内用レンズでメガネをお作りいただくお客様が増えておりました。

 

今でこそだいぶユーザーが増えて来た室内用レンズですが、以前は遠近両用レンズのユーザーが圧倒的に多く、どちらかというとマイナーなレンズでした。

 

 

遠視系の目のスタッフ長尾は、遠近両用レンズだとデスクワークがしづらいということで、長年室内用レンズを愛用しておりました。

レンズメーカー各社が、まだ「中近レンズ」という名前で販売していた頃から、「室内楽々レンズ」と(勝手に)呼んでお客様に積極的におすすめしておりました。

 

そうした努力の甲斐もあり、当店では室内用レンズのユーザー様を順調に増やしていくことができました。

 

スタッフ長尾のおすすめ。室内楽々レンズ

室内用から始めてみませんか 室内楽々メガネ

 

遠くの見え方は遠近両用レンズに比べると劣るので車の運転には使えませんが、それ以外の場面ではとっても使いやすいレンズでなので、ぜひご活用いただけたらと思います。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

当店では室内用レンズのテストレンズをご用意しておりますので、実際に見え方を体験していただくこともできます。

既に遠近両用レンズをお使いの方で中間と手元の見え方に不満を感じておられる方や、デスクワークが多くて目の疲れを感じておられる方など、気軽にご相談下さい。

お客様のメガネのご紹介 テイラーウィズリスペクト人気上昇中です

2020.09.20

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネの紹介です。

 

 

前回メガネをお作りしたのは5年前で、見え方に特に不満はないけれど何となく近くが見えにくいような気がするとご来店いただきました。

測定したところ度数に変化があり、新しく遠近両用メガネをお作りいただきました。

フレームはTAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)

dig (ディグ)

サイズ:45□21

カラー:02

 

メンズ仕様ですが最近は女性にも人気で、ちょっと渋くてカッコいいフレームです。

お客様は丸いメガネなどレトロな雰囲気がお好みで、今お使いのメガネも丸メガネです。

長年愛用されていますが今回はレトロに少しアレンジを効かせたテイラーウィズリスペクトをおすすめしてみました。

 

いくつか掛け比べていただきましたが、その中でリム(レンズを囲む枠)が少し太めに作られたdigが目に留まりました。

 

一緒に来られた奥様の推しもあって(*^-^*)digに決まりました。

デミブラウンと呼ばれる斑入りの色もフレーム表面だけで、これまたおしゃれです。

今までとはまた違うおしゃれでカッコいいメガネが出来上がりました。

 

そして気になったのが来店時に言われたこの言葉

「見え方に特に不満はないけれど何となく近くが見えにくいような気がする」

お話を伺うとどうやらパソコン作業の時に特に感じるとのこと。

ガーデニング関係のお仕事をされていますが、パソコンを使う事務作業時間も長いそうです。

 

これはスタッフ長尾一押し!室内レンズをお試しいただきました。

私自身も使っていますが、とっても重宝!パソコン画面を見るのが楽!ですし、車の運転以外なら大抵のことはできます。(遠くはすっきり、とは見えません)

 

現在お使いの遠近両用メガネのレンズを室内レンズに交換することになりました。

ブルーライト(青色光)カットコートもお付けしました。

 

メガネの掛け替えが最初は面倒かもしれませんが、目にはその方がいいんですよ。

これで事務作業もはかどると思います。

お買い上げいただきありがとうございました。

お客様のメガネのご紹介 人気のカラーレンズで見やすく

2020.07.14

 

スタッフ長尾です。

大津市内からお越しの女性のお客様のメガネのご紹介です。

お手元用のメガネ、読書用でおつくりしました。

 

フレームは女性の間で只今人気急上昇中の

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)です。

diadema (ディアデマ) サイズ49

 

フレーム上部をスパーンっと真っすぐ切り取ったような形で、

クラウンパントと呼ばれています。

丸みがあるのに角ばっている。

紺色のグラデショーンカラーも変わってて面白い。

カッコいいねぇ!!

お客様の感想の言葉です。

「カッコいい!!」はテイラーウィズリスペクトのキーワードですね。

もちろん掛け心地もとってもいいですよ👍

 

使用レンズは

目の黄斑部にあるルテインを保護するメガネレンズ、東海光学の『ルティーナ』です

目の健康も考えたレンズです。

 

 

ところで紹介したメガネ、カラーレンズが入っていることにお気づきですか。

読書用のメガネにカラーって必要?と思われたかもしれませんが、

実はこれ、昨日スタッフ今堀が紹介しました人気カラーレンズの一つなんです。

詳しくはこちらをご覧ください

ルティーナ専用のカラーレンズフィールカラーのパープルが入っています。

機能カラーとも呼ばれているのですが、

眩しさを和らげる他に新聞や本の文字がくっきりして読みやすくなる効果もあるのです。

 

読書用メガネにカラーレンズ・・・????お客様も最初は半信半疑でしたが、

実際にお試しいただいたところ見え方にはっきりした違いを感じられ、カラーを入れることになりました。

 

 

レンズの種類・メーカーにより使えるカラーが変わってきますが

 

遠近両用や室内用メガネにもこの機能カラーは入れられます。

レンズ選びの際はこの機能カラーもぜひお試しください。

(※見え方や感じ方には個人差があります)

 

出来あっがたメガネをお渡しした日はご夫婦でご来店いただきました。

「カッコいいでしょ!このメガネ。あなたも次はこれにしたら?」

新しいメガネ、気に入っていただけたようです(*^^)v

お買い上げいただきありがとうござました。

お客様のメガネのご紹介 車の中でも色が変わる調光レンズその2

2020.07.05

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネの紹介です。

昨日紹介したお客様のご友人で、当店をすすめてくださった方です。

 

 

使用レンズは車のフロントガラス越しでも色が変わる調光レンズカラーはグレーと決まったのですが

フレーム選びはちょっと慎重に・・・ふたつのフレームで結構悩まれました。

 

悩んで悩んで、決定したのがこちらのフレーム。

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)のpulral(プルーラル)

レンズを囲むリムがグラーデションになった美しいフレームです。

 

テイラーウィズリスペクトは男性に人気のフレームですが、

最近は女性の方の購入も増えて来ました。

カッコいい!!この一言に尽きるようです(*^^)v

「メタリックで艶あり」はレディースフレームにはなかなか無いですもんね。

 

ちなみに悩まれたもうひとつのフレームは

同じくテイラーウィズリスペクトのフレームdome(ドーム)

柔らかなカーブのレンズシェイプにブラウンのグラーデーションカラーのフレームです。

こちらもサングラスにしても素敵です。

 

二週間、トライアルレンズでお試しいただいていたので

完成したたサングラスはご友人とお二人で早速掛けてお帰りになりました。

楽しそうな様子にこちらもうれしくなりました(*^-^*)

お買い上げいただきありがとうございました。

メンテナンスやクリーニングなどお気軽にお立ち寄りください。

ご感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

 

 

レンズの色が変わった様子を写真に撮りたいとお願したところ、

サングラスを装用している写真をブログに使ってもよいと許可をいただきました。

当日はくもりでの天気でしたが、

ほんの数分お店の外に出ただけでここまで濃い色になりました。

 

TAYLOR WITH RESPECT、「擬態」がテーマの新作です

2020.06.08

スタッフ今堀です。

 

本日もTAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)の新作のご紹介です。

 

mimic(ミミック)

サイズ:49□19-144

カラー:03 / BrownDemi & Gold

41,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 48,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 58,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

フロントの上部に眉のようなデザインが施してあるブロータイプのメガネフレーム。

 

モデル名のMimic(ミミック)は、生物学における「擬態」が由来です。

 

 

一般にブロータイプのメガネフレームというと、メタル素材にプラスチックのブローパーツを付けたものが多いのですが、ブロー部分がかなり強調されます。

 

もちろん、「それが良い」というユーザーさんもおられますが、あまりメガネを掛け慣れていない方にすると、ちょっと抵抗感のあるデザインです。

 

 

mimicはブローパーツを取り付けるのではなく、フレーム本体と同じ素材を形状と表面処理によってあたかもブローパーツが付けられているように表現しています。

 

他のものに様子を似せる「擬態」という言葉にぴったりのフレームですね。

 

ブロー部分が極端に強調されることがなく、程よいアクセントになっています。

野暮ったい感じが全くなく、すごくすっきりした印象になっています。

 

 

また、これまでのTAYLOR WITH RESPECTのメタル系のフレームは、レンズの上下の幅が割と広いデザインが多かったのですが、mimicは少し細めのデザインになっています。

 

上の写真の左がmimicで、右がsoleというモデルですが、mimicの方が上下のサイズが小さいのが分かります。

 

とはいえ、カタログ表記では36.5mmとなっておりますので、決して細いフレームというわけではなく、バランスの良いサイズ感と言えます。

もちろん、遠近両用レンズや室内用レンズも十分に入れられます。

 

 

ブローがあることで何となく知的な印象を受けるフレームです。

 

デザイナーさん曰はく、「とてもすっきりした印象にすることで、ブロータイプに手を出しにくいとユーザーにも掛けてもらいたい」とのこと。

確かにこれなら掛けてみようかなという気になりますね。

 

当店でも人気急上昇中のTAYLOR WITH RESPECTですが、その中でも人気のモデルになりそうな予感がしています。

気になるという方はぜひ売れてしまう前にチェックして下さいね。

 

 

 

 

 

TAYLOR WITH RESPECTの新作が入荷しました

2020.06.06

スタッフ今堀です。

 

本日入荷したばかりの新作フレームのご紹介です。

 

ユーザーに合わせて仕立てた洋服のように、ユーザーにしっかりとフィットする、機能とデザインにこだわったオールメイドインジャパンのメガネフレーム、

 

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)

 

その最新モデルが入荷しました。

 

dome(ドーム)

サイズ: 46□21-144

カラー:02 / PinkBrown & Gold Mat Gradation

41,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 48,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 58,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

今年はコロナの影響で東京で開催予定の展示会(新作発表会)が中止となってしまい、デザイナーさんが直接お店に来られることになっていたのですが、各地で感染者の数が増え、県をまたいでの移動が難しくなったため、訪問も中止となってしまいました。

 

そこで、新作のサンプルを送っていただき、デザイナーさん自らが出演して新作について解説されている動画を見ながら仕入れをすることになりました。

 

 

本日入荷したフレームもその時に予約をしていたものになります。

 

今回は感染拡大を予防するためにスタッフだけで行いましたが、常時であれば当店のお客様をお招きし、デザイナーさんにオンラインで解説してもらいながら、一緒にサンプルをご覧いただく・・・

そんな試みも可能かもしれないなと思いました。

 

 

TAYLOR WITH RESPECTではすっかりおなじみのグラデーションカラー

 

このフレームを初めて見た時、僕は「ブラウンだな」と思ったのですが、スタッフ長尾は、「でもちょっと青みも入ってるよね」と指摘しておりました。

カラーをよく見たら、PinkBrownになっており、スタッフ長尾の指摘通り普通のブラウンではありませんでした。

さすが、パーソナルカラーアドバイザーです。

 

 

モデル名のdomeは、優しく上品なドームリングが由来です。

ドーム型の指輪をモチーフとした優しい雰囲気のボストンシェイプ。

 

フレームの形といい、サイズ感といい、こちらのモデルは特に女性におすすめのフレームかなと思います。

 

 

しなやかなカーブを描くテイラーウィズリスペクト独自のSラインと呼ばれるテンプル(ウデ)。

内側に湾曲するため、顔とフレームの距離を極端に開けず、かけた時にスッキリとした印象にしてくれます。

 

(注:撮影のためにやっておりますが、メガネをこのように置くとレンズにキズが付きますので、くれぐれも真似をされないようにお願いします。)

 

 

キラキラした感じがない落ち着いたゴールドカラーのテンプル。

顔を明るく見せ、上品な印象を与えてくれます。

 

テンプルに装飾がいろいろ付いたデザインが苦手な方や、シンプルなデザインのテンプルを好まれる方には、きっと喜んでいただけるデザインかなと思います。

 

 

フレームの色が似あうかどうか不安という方には、カラー診断もさせていただきますので、気軽にご相談下さい。

テイラーウィズリスペクトのコンセプトブックが入荷しました

2020.03.21

スタッフ今堀です。

 

毎年4月には東京や大阪で眼鏡の展示会(新作発表会)が開催されるのですが、今年はコロナウィルスの影響で中止が相次いでおります。

 

当店で取り扱っている眼鏡ブランドの一つ、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)も、東京の青山で開催する予定だった展示会を中止にすることにしたとのことで、展示会中止の案内が届きました。

 

 

展示会が中止になってしまったことは残念ですが、中止の案内とともに新作の紹介と新しいコンセプトブックも同封してくれていました。

 

展示会はなくなりましたが、今春は3つの新型が発売されるようです。

 

 

テイラーウィズリスペクトのデザイナーさんは、メガネのデザインだけでなく、新しい加工技術や塗装方法に意欲的にチャレンジされています。

 

実際に加工するのはもちろんメガネを製造している工場なのですが、「こういうアイデアを思いついたのだけれど、やってみてもらえませんか?」とお願いし、新しいことに取り組んでおられます。

 

今回の新作でも新しいパーツや表面処理の技術が使われているようです。

 

ただ、一般の眼鏡ユーザーの方にとっては、ピンとこないことも多いかと思いますので、それをできるだけ分かりやすくお伝えするのが、取扱店の仕事なのかなと思っております。

店頭でしっかりご説明できるように、がんばって勉強しないといけません(笑)

 

 

新作も載っている新しいコンセプトブックも入荷しております。

残念ながら店頭分しかないのですが、ご来店の際は気軽にご覧下さい。

気が付けば残り一本に。気になる方はぜひお早めに

2020.02.22

スタッフ今堀です。

 

このブログでも度々紹介させていただいておりますが、当店で取り扱いをしている眼鏡ブランド、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)の人気が急上昇中です。

 

ブランドがスタートしてまだ数年しか経っていないのですが、国内だけでなく、海外の眼鏡ユーザーの中にもこのブランドのファンの方がおられるようです。

 

当店のブランド別のブログのアクセス数を調べると、テイラーウィズリスペクトのページを見ておられる方が最近はとても多いです。

現時点では東京や大阪などからのアクセスが多いのですが、いずれ滋賀でも火が付いていくのではと期待しております。

 

そんなテイラーウィズリスペクトのメガネフレームですが、毎年新作も発売されておりますが、既存のモデルもとても人気があり、個人的にもおすすめなのが、こちらのモデルです。

 

union(ユニオン)

サイズ:49□20-144

カラー:04. Brown Demi

41,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 48,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 58,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

フロント(前枠)にプラスチック素材を使用し、ブリッジとテンプル(ウデ)にはメタル素材を使用したコンビネーションフレーム。

 

ブランドが立ち上がった時に最初に発売されたモデルなので、テイラーウィズリスペクトのコレクションの中では古いモデルになりますが、今なお根強い人気のモデルです。

 

 

ちなみに、僕もunionのブラウンデミを愛用しております。

デザインだけでなく、掛け心地もとても良く、とっても使いやすいメガネフレームです。

 

展示会(新作発表会)で初めて見た時にすっかり気に入ってしまい、思わず自分用に購入した思い出深いモデルでもあります。

 

 

初回に製造された際には、レンズ部分が少しグラグラするという問題があったのですが、その後改良が加えられ、ブリッジ部分のネジを1本から2本で固定する仕様に変更となりました。

ちなみに、先ほどの僕のメガネの写真は改良前のフレームなので、ネジが一本しか付いておりません。

 

 

普段フレームの仕入れをする時には、全色全て仕入れるということはなかなかないのですが、unionに限っては初回導入時に全4色全て仕入れました。

(現在は1色追加されて5色展開となっております。)

おかげさまで他の3色は全て売れてしまい、現在残っているのはこのブラウンデミだけとなりました。

 

実は、昨年末に来店されたお客様がこのフレームを気に入られ、「また買いに来ます」と言っておられたので、少し取り置きをしておりました。

ただ、1月末になっても来られなかったので、店頭に出して販売させていただくことにしました。

 

残り一色だけとなりましたが、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)の中では人気があるモデルなので、気になる方はぜひ早めにチェックして下さいね。

 

 

 

 

 

TAYLOR WITH RESPECTの新作が入荷しております

2019.12.23

スタッフ今堀です。

 

当店で人気急上昇中の眼鏡ブランド、TAYLOR WITH RESPECTの新作が入荷しました。(ちなみにテイラーウィズリスペクトと読みます。)

 

diadema (ディアデマ)

サイズ:49□20

カラー:03. Navy & Gold Gradation

41,800円(税込)

 

<このフレームでレンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 48,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 58,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

デザイナーこだわりのグラデーションカラー。

 

フロント(前枠)の正面上側がネイビーで、下側がゴールドになっているのですが、2つの色の変わり目が絶妙なグラデーションになっております。

 

TAYLOR WITH RESPECTのウェブサイトより

 

実はこの染色、人が手で行っているそうです。

僕もデザイナーさんに実際の様子を動画で見させてもらいました。

 

TAYLOR WITH RESPECTのフレームには、他のメガネフレームにはないようなオリジナルのパーツも使用されています。

デザイナーさんは、これまでになかった加工方法や染色方法にもどんどんチャレンジし、新しいメガネをデザインされています。

まだブランドがスタートして2年ですが、この先どんな風に進化していくのか、とても楽しみなブランドです。

 

別色のBlack & Silver Gradation

 

フレーム名の「ディアデマ」は、王冠のもとになった鉢巻(はちまき)のことだそうです。

 

クラウンパントと呼ばれるデザインで、フロント上部が直線的なラインになっています。

本来は結構個性的なレンズシェイプなのですが、顔なじみしやすいように全体のバランスを整えてあります。

 

フロント上部の直線のラインが、顔をキリっと引き締めてくれます。

 

このdiadema ですが、初回出荷分は全て売れてしまったようで、現在在庫がない状態となっております。

 

気になる方は早めのチェックをお願い致します。

 

 

ちなみに、先月入荷したもう一つの新型、fuse

こちらも上の写真のクリアカラーは既に売れてしまいました。

 

 

当店ではこちらのカラーのみの在庫となっております。

 

こちらも気になる方はぜひ早めのチェックをお願い致します。

 

 

 

 

 

お客様のメガネの紹介 室内用レンズとテイラーウィズリスペクト

2019.12.15

 

スタッフ長尾です。

まずはお知らせから。

今週末21日(土)午後3時からパーソナルカラー診断を開催いたします。

少人数でわいわい賑やかで、楽しいもの(ゆるめの感じ)にしたいと考えています。

色の見方や分け方なども説明出来たらなと思っています。

 

スペースと時間の都合上予約をお願いしておりますが、お席まだ余裕がございます。

お電話または当店ホームページの「問い合わせフォーム」より予約をお願い致します。

興味のある方、お時間のある方はぜひご参加ください。

スタッフ長尾が担当させていただきます。

 

 

それでは改めまして、

お客様のメガネの紹介です。

 

今回お作りしたメガネは室内用メガネ、中近両用メガネです。

文字通り室内で使うのにとても便利で見やすいメガネです。(車の運転はできません)

 

最近お家でのんびりゴロゴロしたい時に、

どうもメガネが使いにくいことに気が付いたとのこと。

 

遠近ではテレビは見えるがスマホの画面などの近くが見にくい。

デスクワーク用メガネでスマホ画面は見えるけどは少し離れたところがぼやける。

いちいちメガネを掛け替えるのも面倒、なんとかならないかと思われた時。

 

「次は室内用メガネがいいですよ。

見え方がとても自然で近くが見えやすいのでおすすめです。」

というスタッフ長尾の言葉を思い出していただきご来店いただきました。

 

視力の測定は前回を参考に早速テストレンズでお試し。

 

お次はフレームです。

実はお客様、事前にホームページでフレームの候補を選んできてくださいました。

TAYLOR WITH RESPECT  fuse サイズ: 50□20-144

 

フレームカラーがとても綺麗で素敵!と思われたそうです。

実際に掛けたいただくと、とてもお似合いなのですが

カーキとワインのカラーがどうも賑やかすぎる。

落ち着かない雰囲気になるので別カラーでお試しいただきました。

 

これはクリアカラーなのですが、このクリアちょっと特殊なクリアです。

 

ほんのりピンク色で、乳白色のようなごくごく薄い濁あります。

シンプルなカラーですが、こちらのほうがお顔立ちもスッキリ。

より自然に掛けこなしていただけます。

普段のお洋服などを考慮してこちらのカラーに決定いたしました。

 

 

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)は

男性よりのデザインで、女性には鼻幅が広めになるためズレやすくなります。

そこで鼻幅を狭め鼻パッドも交換して、

きちんとした場所で掛けられてズレにくいように調整しました。

これでゆったりとした休日を過ごしていただけると思います。

ごろごろと何もしない休日の午後、至福の時ですね(*´▽`*)

 

出来上がりまでもう少しおまちくださいね。

お買い上げありがとうございました。

 


室内用メガネは私自身も使っていますが見え方がとても自然で、

掃除洗濯料理に簡単な裁縫(ボタン付程度の作業)もできます。

テレビは見えるし、スマホやタブレットの画面もきちんと見えます。

買い物も行けちゃいますから(歩きが基本)日常生活はほぼ問題なしです。

階段の上り下りもへちゃら、難なくこなしています

ミーティング等で資料見てホワイトボードを見て。なんてことも自然にできます。

 

遠近両用メガネよりも慣れやすいので

遠近両用メガネを敬遠される女性の方にお勧めです。

テストレンズでお試しもできます。お気軽にお声掛けください。