トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

メンズマーク

お客様のメガネのご紹介。オーダメイドレンズでお作りいただきました

2019.05.25

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

当店のホームページとブログをご覧いただき、

兵庫県からメガネを作りに来ていただきました。

遠方からのご来店ありがとうございました。

 

 

フレームはMENS MARK (メンズマーク)のXM1170というモデル。

メンズマークはメタル(金属製)のフレームが多いのですが、

こちらのフレームは、フロント(前枠)にプラスチックが使われています。

 

 

 

以前にブログで紹介させていただいたフレームだったのですが、

その時の記事を読んで下さったそうです。

店頭で実物を試着していただき、こちらに決まりました。

 

メガネにとても詳しいお客様で、

HOYA社のウェブサイトなどもよくご覧になっておられるようで、

レンズの名前や違いなどもよくご存じでした。

新しいレンズが次々と発売されるので、

当店の社長などは最近は全然ついていけなくなっているのですが、

(セミナーなどにもほとんど参加しないので)

こちらのお客様くらいに熱心に勉強してくれたらなあ・・・

そんな風に思ってしまいました(笑)

 

 

 

お客様のご希望もあり、

レンズはHOYAの individual(インディビデュアル)レンズ

HOYA LUX 望(のぞみ)になりました。

実は、その前日にも別のお客様にをお買い上げ頂きました。

インディビデュアルレンズにされるお客様がじわじわと増えております。

 

 

インディビデュアルレンズはオーダーメイドタイプの新しいレンズです。

従来の遠近両用レンズとの大きな違いは、

度数だけではなく、目とレンズの距離や角度など、

メガネを掛けた時の装用データも反映してレンズが設計されます。

 

 

装用条件はフレームによって異なりますので、

お客様に実際にフレームを掛けていただき、

上の写真のような専用の測定器を使って装用状態を測定します。

その後にそれをデータ化し、そのデータをもとにレンズの注文を行います。

(写真のモデルはお客様ご本人ではありません。)

そのため、通常のメガネを作る場合よりも少しお時間をいただいております。

 

 

HOYA LUX 望には、目的によって選べる3つのタイプがあるのですが、

今回は通常の遠近両用レンズよりも中間と近用の見え方を重視した、

City (シティ)タイプになりました。

 

 

先日、出来上がったメガネを取りに来ていただきました。

individual レンズをお買い上げいただいた方には、

特別なレンズクオリティカードが付いており、

こちらもお渡しさせていただきました。

新しいメガネ、気に入っていただけると嬉しいです。

 

お買い上げいただき、ありがとうございました。

 

 

メンズマークの人気モデルが入荷しました

2019.04.26

スタッフ今堀です。

 

当店で男性のお客様に大変人気がある眼鏡フレーム、

MENS MARK (メンズマーク)。

新作ではないのですが、人気のモデルが入荷しましたのでご紹介します。

 

XM1170

サイズ:51□18-140

カラー:GR (グレー)

32,400円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 37,800円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 47,400円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

フロント(前枠)はプラスチックで、テンプル(ウデ)はメタル素材。

フロントのカラーはグレーですが、グラデーションになっています。

 

 

テンプルの一部にバネ性の高い素材が使うことで、

こめかみを圧迫しないソフトな掛け心地に。

この掛け心地の良さが人気の秘密です。

 

連休前ということで(あまり関係ない?)

最近少しバタバタしており、値札もまだ付けられていないのですが、

間もなく店頭に並ぶと思いますので、

興味のある方は、ぜひ、試着してみて下さい。

 

お客様のメガネのご紹介。強度近視用でも掛けやすいメガネができました

2019.03.27

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

MENS MARK  (メンズマーク

XM1180

 

ビジネスシーンに合わせやすい男性用の眼鏡フレーム、

メンズマークをお選びいただきました。

フロント(前枠)の上部にボリュームを持たせたデザインで、

ブロータイプとも呼ばれるフレームです。

 

 

-9.50Dという結構強い近視の度数を入れなければならなかったので、

できるだけ薄く仕上がるように屈折率1.74素材のレンズを使っています。

レンズ周辺部の歪みを抑えた両面非球面レンズです。

単焦点レンズでは最高グレードのレンズをお選びいただきました。

 

度数が強いので、レンズ自体の重量はそこそこあるのですが、

全体的に細身の軽いフレームをお使いいただくことで、

メガネ全体の重量はだいぶ軽くなったのではないかなと思います。

 

 

耳に掛かる先セル(プラスチックの部分)はしっかりと厚みがあるので、

フレームの前側にかかる重さを支える働きをし、

広い面で当たることで摩擦力も生み出してくれます。

先セルまで細いフレームにしてしまうと、

レンズが重いメガネの場合には、メガネがずれやすくなってしまいます。

 

度数の強い(レンズが重たくなってしまう)お客様の場合、

フレームによってメガネの使いやすさが全然変わってしまいます。

単純に軽いフレームなら掛けやすいというわけではなく、

レンズを入れた時のメガネ全体の重量バランスを考えながら、

使いやすいフレームのご提案をさせていただいております。

 

完成したメガネを取りに来ていただき、

店頭で早速掛けてみていただいたところ、

「これまでのメガネよりも周辺がすっきり見える」と仰っておられました。

さすが両面非球面レンズ、値段が高いだけのことはあります。

度数の強い方の場合には、レンズの性能差を感じてもらいやすいですね。

 

いろんな場面で活躍してくれるメガネになっていると思います。

お買い上げいただきありがとうございました!

 

 

本日ご紹介したメンズマークのフレームですが、

ネイビーは売れてしまいましたが、ブラウンはまだ残っております。

興味のある方はぜひ店頭でお試し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

MENS MARKのNEWモデル入荷しました

2018.12.09

スタッフ今堀です。

 

男性用の眼鏡フレームとして人気のブランド、

MENS MARK (メンズマーク)の新商品が入荷しました。

 

XM1180

サイズ:52□17

カラー:NV(ネイビー)

32,400円(税込)

 

フロント(前枠)の上部にボリュームを持たせたブロータイプ。

レンズの縦の幅も、広すぎず狭すぎず、ちょうど良いサイズ感です。

 

 

テンプル(ウデ)のデザイン。

実はテンプルの一部にバネ性のある素材を使用しています。

メガネを掛けた時にこめかみを圧迫しないソフトな掛け心地を実現。

非常に掛け心地の良いフレームです。

 

別色のGD (ゴールド)

 

実はGDカラーはだいぶ前に入荷していたのですが、

いっしょに予約していたNVカラーの入荷が遅れておりました。

折角なら両方ご紹介しようと思い、入荷を待っておりました。

 

 

メンズマークのフレームはスーツにも合わせやすく、

ビジネスシーンやフォーマルでも使いやすいフレームです。

ぜひ、店頭で掛け心地をお試しになってみて下さい。

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。抜群の掛け心地に大満足していただきました。

2018.11.26

スタッフ今堀です。

 

先日メガネを作りに来ていただいたお客様のメガネのご紹介です。

男性のお客様です。

軽い近視なので裸眼でもそこまでは不自由がないけど、

仕事で遠くのスクリーンを見なければならない時があるので、

その時にすっきり見えるメガネが欲しいとのことでした。

 

現在はナイロールタイプ(※)のフレームをお使いで、

今回もそれと同じタイプのフレームを希望されていました。

仕事で使うのであまりチャラチャラした感じではなく、

落ち着いた感じのフレームが良いとのことでした。

(※)リム(レンズが入るフチの部分)の下半分がないフレームです。

レンズに溝を掘ってナイロールの糸でレンズを固定します。

 

決まったのがこちらのフレームです。

 

MENS MARK (メンズマーク)

XM1174

 

デザインやカラーリングがスーツにも合わせやすく、

ビジネスシーンでメガネを使われるお客様に人気のあるブランドです。

 

 

テンプル(ウデ)のデザインも高級感があります。

実は写真のパーツ部分にだけ、特殊なバネ性のある素材が使用されていて、

掛け心地を良くするための工夫が施されています。

 

 

裏からみるとこんな風になっています。

写真では分からないのですが、テンプルを外側に広げると、

上下と真ん中のパーツが互い違いの動きをする構造になっており、

この構造によってこめかみを圧迫しないソフトな掛け心地が得られます。

ギリシャ神話の海神・ポセイドンが持つ三叉槍 「トライデント 」が

モチーフになっているので、

「トライデントパーツ」という名前が付いております。

 

 

さらにこの部分にも秘密が。

耳に掛かるプラスチック部分は、掛けていて耳が痛くなりにくいように

顔の形状に沿うような独自の形状となっております。

幅広の形状なので接地面が多く、耳の後ろに掛かる圧力を分散し、

安定した掛け心地をもたらしてくれます。

お客様も、掛けた時のスッと耳に掛かる感じに驚かれておりました。

 

これで仕事のパフォーマンスも上がること間違いなしです。

お買い上げいただきありがとうございました。

メンズマークのNEWカラーが入荷しました

2018.11.16

スタッフ今堀です。

 

男性用フレーム、MENS MARK (メンズマーク)が入荷しております。

 

最近は、男女問わず掛けられるようなサイズのフレームも多いですが、

メンズマークのフレーム は、男性をターゲットにした眼鏡フレームです。

膨大な数の日本人成人男性の平均的な頭部計測データを集め、

それを基にフレームのサイズ設計が行われています。

まさに「大人の男性のためのメガネ」です。

 

XM1172

サイズ:54□17

カラー:KH(カーキ)

30,200円(税込)

 

こちらのモデルは以前から販売されていたモデルですが、

新たなカラーが追加されました。

写真のカーキは追加色です。

 

 

「ハニカムパーツ」と呼ばれる独自の構造。

自社開発した素材をテンプル(ウデ)の一部に使用することにより、

飛躍的にバネ性を高め、こめかみを圧迫しないソフトな掛け心地となっております。

掛けた時のホールド感が心地良いフレームです。

 

カラー:BR2(ブラウン)

 

 

デザイン的にも様々なシーンで使いやすいデザインとなっています。

スーツともよく合うので、ビジネスシーンでとっても使いやすいです。

機能性の割には価格もお手頃なので、コスパの良いフレームだと思います。

流行っているデザインや自分の好きなデザインのフレームとは別に

こういうフレームを一本持っておくと重宝しますよ。

 

 

営業のお仕事などをされている男性の場合、

相手に与える印象もとても重要になります。

その点、メンズマークのフレームは、

掛けると知的な感じがするものが多いので、

安心してお使いいただけるのではないかなと思います。

 

ぜひ、店頭でお試し下さい。

 

 

 

 

 

 

メンズマーク 新型が入荷しています

2017.12.23

スタッフ今堀です。

 

スーツにも合い、ビジネスシーンにも使いやすい、

男性から大人気の眼鏡フレーム、

MENS MARK (メンズマーク)の新型が入荷しました。

 

XM1173

サイズ55□15

37,800円(税込)

 

こちらのフレーム、実はある特徴があるのですが、分かりますか?

 

左右のレンズをつないでいる真ん中の“ブリッジ”と呼ばれる部分をご覧ください。

実はこの部分が普通のメガネに比べるとかなり上の方にあります。

ここまで高い位置にあるフレームは結構珍しいです。

ブリッジが上にあることで、顔を長く見せる効果が得られます。

 

レンズの上下幅も33ミリと少しゆったりめ。

遠近両用レンズを使う場合でも安心ですし、

「細めのフレームは苦手だけど、でもあんまり大きいメガネもなあ。」

という方にぴったりの程よいサイズ感です。

 

テンプル(腕)の一部に自社で開発した素材、エクセレンスチタンを使用。

こめかみにグッと食い込むような圧迫感もなく、

それでいて、フニャフニャした頼りない感じでもありません。

この絶妙なホールド感が、男性に人気のある秘密です。

 

カラーも定番のグレーやブラックも良いのですが、

ちょっと珍しいカラーがあったので、今回はこの2色を仕入れてみました。

 

BL (ブルー)

 

WI (ワイン)

 

どちらもマット(つやなし)仕上げの落ち着いたカラーです。

ぜひ、店頭で実物をご覧になってみて下さい。

 

メンズマークのNEWモデル 入荷しました

2017.08.04

スタッフ今堀です。

 

「掛け心地が良くて使いやすい」と大人気のメンズブランド、

MENS MARK (メンズマーク)

NEWモデルが入荷しました。

 

XM1170
32,400円(税込)

 

メタル(金属系)フレームが多いメンズマークですが、

今回のモデルはフロント(前枠)がプラスチックで、

テンプル(ウデ)はメタルのコンビネーションフレームです。

 

 

今回入荷したのはBR(ブラウン)カラー。

よ~く見るとフロントの上下で色が違っています。

 

 

製造元である「シャルマン」という会社が、

自社で開発したチタン合金、「エクセレンスチタン」。

そのエクセレンスチタンをテンプルの一部分に使用。

飛躍的にバネ性を高め、こめかみを圧迫しないソフトな掛け心地となっています。

「ハニカムパーツ」という名前が付いてるのですが、

見た目もなかなかカッコいいですね。

 

 

鼻パッドが付いているので、細かい調整も可能です。

遠近両用レンズを使用される方にもオススメです。

メンズマークのNEWモデル 入荷しました

2017.07.24

スタッフ今堀です。

 

当店で男性に大人気の眼鏡フレーム、

MENS MAEK (メンズマーク)のNEWモデルが入荷しました。

 


XM1168
30,200円(税込)

 

金属研究の世界的権威である東北大学金属材料研究所と、

日本を代表するフレームメーカー、「シャルマン」。

この2つがタッグを組み、共同で研究開発を重ね、

しなやかでバネ性に優れた眼鏡のための素材を開発しました。

 

 

メンズマークのフレームには、

ヨロイ・テンプル(上の写真の部分)の一部にこの新素材が使用されていて、

こめかみを圧迫しないソフトな掛け心地を実現しています。

 

テンプル部分をよくよく見ると、このようになっています。

 

 

出っ張りのようなものがあるのがお分かりいただけるでしょうか?

 

 

バネ性のある素材が上手く力を逃がし、

メガネを掛け外しする時などにテンプル(ウデ)を広げる力が加わっても、

出っ張りより前側の部分には力が加わりにくくなっています。

これによりレンズ横の根元の部分の金属の変形を防ぎます。

 

通常のメガネの場合、

掛け外しの時にテンプルを広げる力が加わることで、

根元の部分の金属にも力が加わります。

それを繰り返す内に次第にテンプルが広がってしまい、

それによってメガネがずり落ちやすくなってしまいます。

 

しなやかで弾力性に優れた金属素材を使うだけでなく、

その素材の特性をうまく生かす設計がされているのがよく分かります。

フレームの“見た目”だけでなく、

掛け心地や耐久性についてもしっかりと考えられています。

 

 

カラーは、アンティークブランと、

 

 

ネイビーが入荷しています。

 

メンズマークのフレームは、ビジネスシーンを考慮し、

スーツ姿などにも違和感なく馴染むデザインになっているのですが、

このXM1168は、細身のフレームになっていて、

カラーも落ち着いたカラーを使用していますので、

どんなお仕事の方でも安心してお使いいただけると思います。

 

軽くて掛け心地も良いので、

普段使い用のメガネとしてはもちろんのこと、

パソコン用や読書用、夜や休日に掛けるリラックス用まで、

幅広い用途で使っていただける万能なフレームと言えそうです。

メガネを初めて掛けるという方にもおすすめのフレームです。

ツーブリッジのフレーム

2017.03.21

スタッフ長尾です。

 

最近は横に細長いデザインのメガネフレームが多いですが、

「そういう形は好きじゃないんだよな~」

という男性の方も結構おられます。

 

 

掛け心地抜群で、当店で大人気のMENS MARK (メンズマーク) も、

どちらかというと細身の形が多いのですが、

 

 

上下の長さがしっかりあるフレームも用意してくれています。

その中でも、最近ではちょっと珍しくなってきた(?)

こんなデザインのフレームが入荷して来ました。

 


XM-1147

 

どこが珍しいのか??

それは、左右のレンズをつないでいるブリッジ二本あること!

「ツーブリッジ」と呼ばれるフレームです。

 

お店にあるフレームは、ほとんどが一本タイプなのですが、

(レディースフレームでは、ほぼ皆無)

このツーブリッジが大好きで、

おれは、ツーブリッジしか掛けない」という方がおられるので、

そういうツーブリッジ愛用者のお客様のために時々仕入れています。

 

 

他にもこんなツーブリッジのフレームもあります。

レイバンのサングラスでおなじみの形ですよね。