トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

テレビも見える老眼鏡 それは室内用眼鏡です

2021.09.14

 

スタッフ長尾です。

 

視力が良かった方の初めてのメガネは老眼鏡(近くの物を見るメガネ)だと思います。

その老眼鏡、

 

・デスクワーク(パソコン)用に使っているけど、顔を上げて向かいの人を見るとぼやけてる。

・新聞は読めるけど、かけたままだとテレビがさっぱり見えない。

 

等々、離れた所が見えなくなるのが困るところ。それにメガネを掛けたり外したりと、面倒です。

特に視力が良かった方は、「離れた所が見えないのは許せない!」と感じていらっしゃるかもしれませんよね。(実は私もそうでした)

 

 

そんな方に老眼鏡としておすすめしたいのが室内用メガネです。

本・新聞を読みながらテレビが見えます。

 

 

室内用メガネは累進レンズで、一枚のレンズの中にたくさんの度数が入っています。

 

上の画像の、黄緑色からピンク色のエリアへの視線移動によるぼやけやゆがみが発生して見にくい、というイメージがあるかと思いますが、椅子に座って使用する分には問題ないかと思います。それに初めての老眼鏡の場合は度数もそんなに強くないので、楽々使えると思います。慣れてくれば部屋の中を歩けるようになります(*見え方、感じ方には個人差があります)

 

 

当店でいえば、店内はほぼ見渡せます。

 

パソコン作業、書類記入の手元の仕事も大丈夫です!

(ノートパソコンも大丈夫ですよ。)

 

最近老眼鏡を使い始めたけど、今一つ使い勝手がわるい!!と感じていらっしゃる方、テレビが見える老眼鏡を試してみませんか?まずはテストレンズでお試しください(^O^)/